fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

ブラウンの艶感あるフローリングに、天然石仕上げの床。造り付けの棚には花瓶を置き、季節にあわせて花を挿す。由緒正しき花房山の地に暮らしのベースを置き、住まいには自分の感性を活けていく。土台があるから、暮らしは華やぐ。ベースがあるから、花は咲く。

品川区上大崎(目黒駅徒歩9分)
1LDK / 44.80㎡ / 5,280万円

売主さまのご紹介

写真

Iさま

リノベーション済みで販売されていたこちらの物件を、2016年に購入。内見した際に、住戸全体の雰囲気にひと目惚れして決めたのだそう。お気に入りの住まいではありますが、この度はご縁があってお住替えされることになりました。

さっそく お邪魔しましょう

写真

左・扉を開けると見えるのは、淡くグリーンがかった色味が印象的な天然石仕上げの床。LDKへと続く突き当たりのドアには大きなガラスがはめ込まれており、視線が奥までスッと抜けていきます。/右・シューズラックは、手前と奥の二重構成になっています。奥には季節のアイテム、手前には普段使いする靴を置くと使いやすそう。

売主さま

廊下のほかに、洗面室とトイレも天然石の仕上げになっています。住んでみてから気が付いたのですが、お手入れがしやすくて、液体をこぼしてもさらっと拭けてしまうので便利ですよ。

約14.2帖のLDKへ

写真

ブラウンの艶感あるチーク材のフローリングが美しいLDK。西向きの掃き出し窓を通して入る光がやわらかく床に反射して、なんとも言えない素敵な雰囲気です。

cowcamo

内装のテイストにあわせて、木やブラックレザーを使ったヴィンテージ感のある家具を置いてもGOOD◎

写真

壁一面に貼られた無垢のパネル材と、この部屋のために造られた一点ものの造り付けの棚。

cowcamo

テレビボードとして使うのはもちろん、売主さまのようにお花を飾ったり、音響機器を置いて趣味のスペースにしたりするのもよさそう。コンセントが棚の中にあるので、コードを隠すことができます。

売主さま

リビングスペースのソファでくつろぐのが好きです。木の色味に惹かれてこの物件の購入を決めたので、『好きな色やグリーン、木の質感に囲まれて毎日を過ごすのは、本当に心地いいな』と感じています。

では、バルコニーへ でてみましょう

写真

住戸は4階に所在。目の前には道路を挟んでマンションが建っているので、視線の気になるタイミングがあるカモ。

cowcamo

このあたりは現地でご確認を! 西向きの住戸なので、目の前に建物があることで “西日ガンガン” の状態にならないのはうれしいポイントです。

写真

バルコニーは幅・奥行きともに余裕のある広さ。

cowcamo

近くに線路が通っているため、バルコニーでは音が届きます。掃き出し窓のサッシには追加でインナーサッシを設けているため、室内にいるとほとんど気になりませんよ。

室内に戻って

写真

それでは、奥のキッチンを見てみましょう。

写真

キッチンはちょっとめずらしい足付きのタイプ。壁のタイルが空間にアクセントを生んでいます。

売主さま

親戚や友人を呼んでみんなで料理をするのが好きで、休日にはよくゲストを招いています。壁付けのキッチンはダイニングスペースを広く取れるので、ゆったりと過ごすことができていいですよ。

廊下に戻り 洋室へ

写真

約4.5帖の洋室。窓は東向きで、共用廊下に面しています。

写真

反対側から。引き戸3枚分のクローゼットが備わっており、おひとり暮らしであれば余裕ある収納量です。

最後に 水まわりをチェック

写真

左・洗面室は奥行きが深めの造り。入って左手に洗濯機置き場と浴室、正面に洗面台がある配置です。/中央・浴室乾燥機・追焚き機能付きのバスルーム。/右・上部に棚が備わったトイレ。

cowcamo

洗面台にも、LDKの床とお揃いのチーク材を使用。下部の棚は約30cmの高さを確保しており、市販のボックスなどを使用して収納できるようになっています。

由緒正しき 土地に建つ

写真

古くからの高級住宅街・城南五山のひとつ “花房山エリア” に立地する、1987年竣工のマンション。1階が事務所フロア、2階以上はエントランスを分けて住居になっています。

写真

左上・傾斜地に建っているため、住居のエントランスは2階部分に所在します。/右上・オートロック付きのエントランス扉。宅配ボックスを完備しています。/左下・ロビーを抜けると、中庭をぐるっと囲む共用廊下が出現。吹き抜け構造になっているため、とても明るく、気持ちのいい空間です。/右下・ご紹介した住戸の玄関扉。

cowcamo

2018年に全戸サッシの改修工事を実施済み。また、2019年には大規模修繕工事を完了しています。総戸数78戸と規模がしっかりしており、共益費のバランスも適正に保たれている印象なので、安心感を持ってお住まいいただけそうですよ。

「目黒」を舞台に

写真

左上・最寄り駅は、4路線が利用可能な「目黒」。お買い物には駅ナカの商業施設「アトレ目黒」が便利です。(徒歩9分)/右上・ベーカリーレストラン「Bread&Coffee Ikedayama(ブレッドアンドコーヒー イケダヤマ)」。売主さまが息抜きに普段よく訪れていたそう。近くに雰囲気のいいカフェがひとつあると安心しますよね。(900m 徒歩12分)/左下・レストラン「gicca(ジッカ)池田山」では、世界の家庭料理やケーキが楽しめます。3フロアある店内には、めずらしい調味料などを扱うショップコーナーも。(600m 徒歩8分)/右下・筆者おすすめのピザ屋「PIZZA CHECK(ピザ チェック)」。もちもちとした食感が特徴のピザは、生地を50時間以上かけて熟成させているんだそう。(1km 徒歩13分)

Iさま

「五反田」駅も、目黒と同じく徒歩9分の距離です。都営浅草線で「銀座」や「日本橋」方面まで一本でアクセスできるので、便利ですよ。

cowcamo

カウカモ編集部より

ご紹介したマンションがあるのは、城南五山のひとつに数えられる “花房山エリア” 。由緒ある住宅街に建っており、周辺は閑静な住宅街です。


新耐震基準適合の建物で、外観や共用部、中庭などからは細やかにメンテナンスされていることが見て取れます。1階にはテナントとして事務所が入っていますが、2階以上は住居のみと、きちんとエリア分けされているのもポイントです。


住戸は、専有面積約45㎡の広さを1LDKにした間取り。艶感のあるチーク材のフローリングと、色味をあわせて用意したキッチンや棚、建具などが印象的な空間は、インテリア次第でぐっと輝きを増してくれそう。照明にはダウンライトやスポットライトを採用することで、落ち着きある空間に仕上がっています。


LDKが約14.2帖と、平米数に対してとても広く確保しているので、お越しになっていただくと驚かれるかもしれません。ぜひ、この驚きは現地にて。

writer:清水 駿/editor:軽部 優海

とれたて新着