fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

都心でありながら四季の移ろいが身近に感じられ、穏やかな空気が流れるパークサイド。休日は朝風呂に入ってバルコニーでブランチ。回遊できる間取りは、ライフスタイルやシーンに合わせてカスタマイズしよう。小さな幸せを感じながら、思いのままに暮らしを紡ぐ。

文京区大塚(新大塚駅徒歩4分)
1SLDK / 46.44㎡ / 3,499万円

まずは「新大塚」駅からスタート

写真

左上・最寄りは東京メトロ丸ノ内線「新大塚」駅。「池袋」駅までひと駅、乗車時間3分で
アクセス可能です。(徒歩4分)/右上・今回ご紹介するマンション裏手には、緑豊かな「文京区立大塚公園」が。ほっと一息つける癒しのスポットで、四季の移ろいが身近に感じられそうです。(81m 徒歩2分)近所にはほかにも「教育の森公園」(650m 徒歩9分)などもあるので、休日にはのんびり公園巡りもいいですね◎/左下・地元に根付き、地域の方々から愛される「Patisserie Couleur(パティスリー クルール)」。上品に仕上がったケーキはどれも美味しいですが、特に人気なシュークリームを買うこともお忘れなく。(260m 徒歩4分)/右下・都内では珍しい3階建ての大型スーパー「ライフ 新大塚店」。品揃えが豊富と評判です。深夜0時まで営業しているのも助かりますね。(600m 徒歩8分)

堂々たる佇まい

写真

駅から、夜道も明るい大通り沿いを歩くこと4分。重厚感あるタイル貼りのファサードが見えてきます。1階に店舗が入った、地上10階建て・総戸数100戸の大型マンションです。

写真

左上・歩道から少し奥まった位置にあるエントランス。 右手奥の開口を進むと駐車場と駐輪場があり、左手にはゴミ置き場があります。ゴミ捨ては24時間可能。/右上・エントランスホールにある管理人室には、平日8:30〜17:00と土曜日8:30〜12:00に管理人さんが勤務されています。共用部は隅々まで綺麗に保たれている印象です。では、正面のエレベーターで上階へ参りましょう。/左下・遠くに「東京スカイツリー」も望める、見晴らしのいい屋上には、 広々とした物干し場があります。シーツやお布団などの大物を干すのに最適◎ /右下・エレベーターで3階へ。内廊下を進んでご紹介する住戸へと向かいます。

売主さま

2019年11月現在、駐車場(月額24,000円)はあいにく空きがありませんが、バイク置き場(月額1,000円〜)と駐輪場(月額500円)は空きがあります。ただし、流動的ですのでご希望される場合は改めてご確認ください。

cowcamo

玄関扉は高さが約185cmと少々低めなので、背の高い方には気になるかもしれません。内覧の際にご自身でお確かめくださいませ。

いよいよおじゃまします!

写真

左・玄関扉を開けるとセンサーでダウンライトがパッと点り、雰囲気が一変します。/右・奥へ進むとクランクした廊下があります。左手前には先ほど正面に見えたLDKの扉、時計回りにキッチンへ続く引き戸、水まわり、そして写真には映っていませんが、引き戸の向かいにトイレがあります。

まずはLDKから

写真

「おぉ〜!」と思わず声が出る、リノベ感たっぷりな空間! 期待が膨らみワクワクしますね。では、順番に見ていきましょう。

写真

LDKの広さは約13帖、隣にある洋室の引き戸をフルオープンすれば、約18.7帖もの空間になります。

cowcamo

天井は躯体現しで、高いところでは約251cmもあるので、実際の帖数以上にゆったりとした空間に感じました。

キッチンを見てみましょう

写真

シックなブラウンの対面式キッチン。コンロの袖壁やカウンター立ち上がり部分など、さりげないタイル使いが◎

売主さま

冷蔵庫置き場はガスコンロの奥にあります。またキッチンには食器洗い乾燥機も備わっていますよ。

写真

シンク前に立ったときの眺め。東向きのバルコニーに面した窓からは、伸びやかな緑が望め、室内の無機質なテクスチャーとのコントラストが素敵です。

バルコニーへ出てみましょう

写真

公園から聴こえる元気な子どもたちの声、パノラマに広がる豊かな緑。穏やかな空気が流れています。まさにパークサイドの贅沢な環境です◎

写真

東向きで、日当たり風通し共に良好。お洗濯物の乾きも期待できるでしょう。十分ゆとりがあるバルコニーですが、シーツなどの大物を屋上で干せるのはやはり有難いですね。

cowcamo

眼下にはマンションの駐車場があります。所在が3階で少し高さもあるので、駐車場や公園からの視線は特に気になりませんでした。

室内へ戻って

写真

木目の節が印象的な床材。アンカーを打って天井から植物を吊るしたり、窓辺に大きな植木を置くなど、室内に緑を沢山取り入れても相性がよさそう♡

写真

引き戸を閉めるとこんな様子です。右手のTVモニター付きインターフォン前には、ちょっとしたカウンター棚が備わっています。小物を飾るもよし、スツールを用意すればちょっとしたデスクとしても使えそうです。

洋室を見てみましょう

写真

左・広さは約5.7帖です。正面の開口の先にはウォークインクローゼット(WIC)があります。/右・こちらが寝室となるでしょう。東向きの掃き出し窓からは朝日がたっぷり注がれ、心地よく目覚められそうですね。

写真

普段は広々とオープンにし、来客時や、おふたり暮らしの場合、パートナーと就寝時間が異なる際には扉を閉めるなど、シーンに合わせてフレキシブルにお使いいただけます。

WICを見てみましょう

写真

左・ハンガーパイプと可動棚がズラリと並んでいます。スーツケースなどのビッグアイテムも収納できそうなフリースペースもたっぷり。なんとも頼もしい収納力です◎ /右・実は2WAYでキッチン側からのアクセスも可能。一部はパントリーのようにもお使いいただけます。

cowcamo

お洒落でお洋服が多い方、お料理が好きでキッチン関連のグッズが多い方、個々のライフスタイルに合わせて、マルチ使いできる仕様になっています。

写真

そしてキッチン奥の廊下へ続く引き戸を開ければ、住戸全体が回遊できる間取りになっています。

売主さま

”WIC + PANTRY” のらくらく家事動線設計です。

最後に水まわりをチェック!

写真

左・廊下に面してあるトイレは、ブルーベースのクロスがアクセントに。/中央・ゆとりある脱衣室には、大きな鏡の備わった洗面台があります。洗濯機置き場横のオープン棚も便利に使えそうですね。/右・1317サイズのゆとりあるバスルーム。追焚き機能・浴室乾燥機完備です。

もう少し周辺を散策してみましょう

写真

左上・マンション1階部分にある中華粥専門店の「たない粥」。食欲のない日や飲み会帰りには、やさしい味のお粥にぜひ癒やされてください。(10m 徒歩1分)/右上・「WORLD NEIGHBORS CAFÉ(ワールドネイバーズカフェ)」は世界各国のメニューが楽しめるカフェ。Wi-Fi完備なので、PC持参でゆっくり滞在するのもいいですね。(350m 徒歩5分)/左下・元来この辺りは将軍由来の敷地が多く、格式高い土地柄だったそう。その広大な大名屋敷跡地は、現在各種学校へと変わっております。そのひとつが「お茶の水女子大学」。敷地内には附属の幼稚園から高等学校までがあります。(500m 徒歩7分)/右下・東京メトロ有楽町線の乗り入れる「護国寺」駅も徒歩圏内。駅名の由来でもあり、駅の後ろに写る「護国寺」は、徳川綱吉の母である桂昌院の命によって建立された寺院です。(徒歩10分)

cowcamo

カウカモ編集部より

数年前から “池袋が変わった” との声を耳にするようになりました。確かに芝生の公園にお洒落なレストランが併設されていたり、年に数回マルシェが行われていたり、なんだか楽しそう。

今回の舞台はお隣、「新大塚」駅。ターミナル駅の隣駅は、交通アクセスのよさはもちろん、お散歩圏内に賑わいのある商業施設や飲食店などが揃い、一方で住居周辺には落ち着きがある。住環境としてはいいとこ取りですね。今回ご紹介する物件はまさにそんなエリアに位置しています。

徒歩4分の駅近にありながら、立地は窓からも豊かな緑が望めるパークサイド。建物は大通りに面していますが、ご紹介する住戸は公園側を向いており、穏やかな空気が流れています。

1979年築の建物。直近には2016年自動火災報知設備更新、2017年屋上防水実施など、適宜必要な修繕が施されています。現地を訪れても、共用部は隅々まで綺麗に保たれており、管理が行き届いていると感じました。共益費の額も妥当な印象です。

リノベ感たっぷりのお洒落な住戸は、角の取られた開口や、ブラックのコンセントプレートなど細部までこだわりの詰まった仕様です。広さ的にはおふたりでもお住まいいただけそうですが、街の雰囲気も含めて、特に『単身女性にしっくりきそう』と勝手に妄想していました……

外食もたまにはいいけど基本は自炊。洗濯物はやっぱり乾燥機でなくお陽さまの下で干したい。植物を愛でて癒され、読書をしながらの長風呂でリラックス。休日はショッピングや友人との食事を楽しみつつ、近所の公園をのんびり散歩したり、スーパーで食材をまとめ買いし作り置きの料理をしたり、一人でまったりも過ごしたい。

そんなマイペースに “暮らし” を大切にしたい方へ、ぜひオススメしたい住戸です。お問い合わせお待ちしています。

writer:西湖 望 / editor:熊谷 緑

とれたて新着

実際に見てみたい