fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

都心までのアクセスがよくて、買い物の選択肢も豊富。“一度住んだら離れられない” とウワサの街・荻窪。そんな街に生まれた、日当たり・広さ・風通しのいい、ファミリーサイズの住まい。決して派手ではないが、何をするにも困らない。そんな暮らしに、日々、幸せを感じてる。

杉並区南荻窪(荻窪駅徒歩6分)
3LDK+SIC / 80.66㎡ / 8,980万円

こんにちは カウカモです

写真

左・玄関扉を開けると、廊下の突き当たりにLDKの扉が。左手の折れ戸の中は……/右・シューズインクローゼット(SIC)。手前には、小さめの荷物であれば置けそうなスペースがあります。

約17.1帖のLDK

写真

南東向きの掃き出し窓から、やわらかな自然光が差し込む空間。右手奥にはキッチンがあります。

まずはバルコニーへ

写真

住戸は2階部分に所在。バルコニーの手すりの先には目隠しのグリーンが植わっており、通行人と視線が合う心配はなさそうです。正面の建物とは距離が取れているため、圧迫感もありませんよ。

写真

バルコニーは三角形。

cowcamo

ご家族全員分の洗濯物を一度に干すには、バルコニーはややコンパクトなサイズ感かもしれません。また、近隣には交通量多い環八通りが通っているため、外にいると車の走行音がやや気になりました。いずれも、現地でご確認くださいね。

室内に戻って

写真

LDKの壁の一部とキッチンスペースの床は、グレーのタイル貼り。

cowcamo

ただシンプルな空間ではないところに、遊び心を感じますね!

写真

キッチンはL字型で、3口コンロ・食洗機付き。深みのあるブラウンカラーで、なんだか料理も映えそうです。

写真

リビングダイニングは床暖房を完備しています。

cowcamo

キッチンは対面式なので、調理中もリビングダイニングにいるご家族と向かい合って会話を楽しめますね。続いてはキッチン横の扉から、洋室Aをチェックしてみましょう。

約8.7帖の洋室A

写真

洋室Aは、南東と北東の二面採光。

写真

洋室Aには、折れ戸3枚分のクローゼットと可能棚が備わっています。

cowcamo

洋室Aは3つの洋室のうち最も広いので、こちらを主寝室にするのがおすすめです。

廊下に戻って 水まわりをチェック

写真

左・浴室換気乾燥機付きのバスルーム。/中央・落ち着いた印象のデザインの洗面台。/右・吊り戸棚が備わったトイレ。

cowcamo

それでは、残りのふたつの洋室を見てみましょう。

約5.3帖の洋室B

写真

左・南西向きの腰窓がある洋室B。ただし、窓は開閉できない仕様です。/右・コンパクトな収納付き。エアコンの先行配管済みです。

約5.7帖の洋室C

写真

洋室Cも南西向き。こちらも洋室Bと同じく収納付きで、エアコンの先行配管が済んでいます。

cowcamo

部屋数が足りている場合は、どちらかの洋室をワークスペースとして使うのもいいですね。

フォルムがかわいい 低層レジデンス

写真

チャコールグレーのタイル貼りのマンション。メタリックな質感で、ちょっと凝ったデザインの佇まいです。

写真

左上・エントランスは道路から少し奥まった所にあります。/右上・オートロック付きのエントランス扉。左手に管理人室の窓口があり、右手には宅配ボックスを完備しています。/左下・光沢のある床のタイルや応接スペースから、高級感の漂うエントランスホール。/右下・ご紹介した住戸の玄関扉はこちらです。

歩くのが楽しい 「荻窪」の街

写真

左上・最寄り駅は、JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線が乗り入れる「荻窪」(徒歩6分)。丸の内線は始発駅なので、座れる可能性が高いのは大きなメリット。/右上・駅前の「すずらん通り商店街」は、甲州街道へと続いています。パン屋さんやレストランが並び、グルメの幅が広いのが魅力的! 休日の食べ歩きにぴったりです◎(180m 徒歩3分)/左下・みんなでワイワイしたいときには、“ファミリーでも居心地がいい” と評判のイタリアンレストラン「TRATTORIA Elmo Cielo(トラットリア エルモチェーロ)」へ。(650m 徒歩9分)/右下・ご家族でリフレッシュしたいときには、駅前の「東京荻窪天然温泉 なごみの湯」がオススメ。露天風呂や岩盤浴もあり、癒し効果は抜群です。(500m 徒歩7分)

cowcamo

カウカモ編集部より

JR中央・総武線と東京メトロ丸ノ内線の2路線が乗り入れ、「新宿」駅までは快速で約13分と、交通利便性のいい「荻窪」駅。


南北それぞれに賑わう商店街が複数あり、お店の数や種類はかなりの様子。駅前にある24時間営業のスーパー「西友 荻窪店」、高級ラインの「ザ・ガーデン自由が丘 荻窪店」、八百屋、果物屋、精肉店、鮮魚店が揃った「荻窪タウンセブン」……暮らしを送る上で、スーパーだけでもこれだけの選択肢があるのはありがたいですよね。


そんな「荻窪」にある、専有面積約80㎡を3LDKの間取りに割り振った住まい。LDKは約17.1帖と広く取られており、『大きめの家具やグリーンを置いて、余裕を持って暮らしてみたいな』と感じました。


建物は新耐震基準に適合しており、オートロックや宅配ボックスなどの設備が整っています。一点、総戸数18戸と小規模のわりに修繕積立金の徴収額がやや抑えめなので、将来的な値上げは視野に入れておくといいかもしれません。


最後に、マンションから環八通りを挟んだ向かいには、学区指定(2022年6月現在)の「杉並区立桃井第二小学校」があります(300m 徒歩4分)。校舎は2020年に建て替えられたばかりでまだ新しいので、お子さまも楽しんで学校に通えそうですね。


“交通よし・生活よし・住まいよし” と、三方よしの物件。お問い合わせは、お早めにどうぞ。

writer:清水 駿/editor:軽部 優海

とれたて新着