fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

黒のタイルが大胆に貼られたワンルーム。フルリノベーションを楽しんだ主人(あるじ)のお気に入りは、素材が際立つエッジの利いた内装だけじゃない。それは窓の先に広がる開放的なルーフトップバルコニー。この住まい、そして進化し続ける街「渋谷」の空、挑み続けるあなたに届け。

渋谷区神泉町(渋谷駅徒歩10分)
1R / 51.70㎡ / 4,980万円

売主さまのご紹介

写真

K さま

おひとり暮らしをされているKさま。2016年にこちらの物件を購入し、カウカモにてフルリノベーションを施しました。現在のライフスタイルに合う物件にお住み替えするため、この度ご売却を決意。またもカウカモにお声かけいただき、こうして次のお客さまへとバトンをつなぐお手伝いができるのはうれしい限りです!

さっそく室内へ

写真

ご紹介するのは、最上階の10階に所在する専有面積約51㎡のワンルーム。二面に貼られたツヤのある黒のタイルと漆喰(しっくい)塗装の壁、そしてバルコニーと緩やかにつながるフローリング……工夫がたくさん詰まった、大人の色気を感じる空間です。

売主さま

ブルーと茶の色味が好きで、空間に取り入れました。壁を取り払ったことで、実際の帖数よりも広く感じると思います。

写真

正面のモルタル仕上げの壁には、一面のオープン棚が。中央に配線があり、テレビを置くことができます。棚にはお洒落なボトルやお気に入りのアイテムを並べたいですね。

cowcamo

左右の壁を同色のブルーに仕上げることで、空間の調和を取りつつ遊び心もたっぷり!色と素材の特徴を大胆に活かした空間です。

売主さま

天井にスクリーンとプロジェクターを設置すれば、映画や動画コンテンツを大画面で楽しむこともできるんですよ。

ブルーエリアを 見てみましょう

写真

左・腰窓に面した造作のカウンターデスクの幅は約2メートル。モニターを数台並べても十分な広さですね。/右・ハンガーポール付きのオープンクローゼット。お気に入りの洋服をお店のディスプレイのように並べたいですね。

売主さま

デスクの前に窓があるため、光がちゃんと入るんです。かつ適度な “おこもり感” があり、作業に集中できました。自宅作業がメインの方にもおすすめです。基本的に “見せる収納” がメインなので、荷物が多い方は収納の工夫が必要になると思います。

cowcamo

なるほど! その場合はクローゼットにロールスクリーンなどを設置して、目隠しをするとよさそうですね。

写真

デスク側から振り返ったカット。空間の広さを感じます。

cowcamo

広い空間に家具をどうレイアウトするか、考える時間も楽しいですね ♪ 売主さまは、写真の右奥にベッド、その手前にソファを配置していたそうですよ。

売主さま

ソファーやベッドからもテレビが観られるので、くつろげてよかったです。

気になるルーフバルコニーへ

写真

間取りを見ると、ルーフバルコニーの手前には「インナーバルコニー」という表記が。実はここ、外とつながりを感じられるように、バルコニーのウッドデッキを室内まで取り入れたようなデザインになっているんです !

写真

奥行きが深く、チェアやテーブルを置いても余裕の広さ。LDKの延長のように使用することができます。

写真

さらに、バルコニー前方には居住者専用の屋上が広がっています。ひ、広い……!

売主さま

このルーフバルコニーは広く開放的でとにかく気持ちがいいんです! 都心ですが、隣の建物はオフィスビルなので、日中や夜も静かなんですよ。夜風に当たりながらここでゆったりと過ごしたり、友人を招いたりと、かなり活用していましたね。

cowcamo

リッチな暮らしを満喫されていたのですね……!(うらやましい!)ぜひ次にお住まいになる方にも、アウトドアリビングとして活用していただきたいです♪

写真

晴れの日の写真がこちら。売主さまが推されるのも納得です!

室内に戻り キッチンへ

写真

キッチンの横には水まわりがまとまっていて、移動がしやすい動線になっています。

写真

キッチンの背面には可動式の棚が設置されています。奥行きがしっかりあるので、ホームパーティーなどで複数人が出入りしてもスムーズです。

写真

キッチンからリビングダイニング全体を見渡せます。

売主さま

照明は落ち着いた色味のものが設置されていますが、交換や追加で明るさをプラスすることもできますよ。

続いて正面のバルコニーへ

写真

左・屋根に覆われたL字のバルコニー。ルーフバルコニーと同じくウッドデッキが敷かれています。/右・周辺には背の高い建物が多いですが、圧迫感はありません。

cowcamo

建物は交通量の多い旧山手通りに面していますが、こちらの住戸は反対向きのため車の走行音は気になりませんでした。二重サッシなので、室内はむしろ静かなくらいでしたよ。

水まわり 行っちゃいましょう

写真

左・白のタイルが明るい印象の脱衣室。建具や棚のブラウンがアクセントになっていて、デザイナーズホテルのようですね。/右・浮いているようなデザインの洗面台。ミラーにはライン照明が入っています。

写真

左・浴室は清潔感のある白を基調とし、黒がアクセントに。追焚き機能も抜かり無く備わっていますよ。/右・トイレも浴室と同様、モノトーンでスタイリッシュに。

最後に玄関まわりへ

写真

左・シューズボックスはオープンタイプで可動棚付き。靴の高さに合わせて調整できます。/右・玄関扉を背にして振り返ってみました。室内へ入った途端に広がるこの世界観! 毎日わくわくしそうですね。

ツートンカラーがレトロな建物

写真

左上・レンガ色と白のメリハリが効いた外観。1階のテナントにはコンビニが入っています。/右上・通りから奥まった場所にあるエントランス。段差が少しあります。/左下・共用部は古さを感じる部分もありますが、丁寧に清掃されている印象です。おひとり暮らしには助かる宅配ボックス付き。/右下・こちらが住戸の玄関扉。共用部は内廊下となっています。

「渋谷」が拠点

写真

左上・流行の発信地であり、常に新しい開発が進む「渋谷」駅のお膝元。(1.1km 徒歩13分)/右上・「渋谷」駅から住戸までは、歩くだけで気分が上がる裏渋谷通りを通ります。お気に入りのお店がきっと見つかるはず。(270m 徒歩4分)/左下・24時間営業のおしゃれなコインランドリー「Baluko Laundry Place NADESHIKO HOTEL SHIBUYA(バルコ ランドリー プレース ナデシコホテル シブヤ)」。WEBで使用状況が確認できるので待ち時間が少なく利用できそう。スニーカーやお布団などのお洗濯にいかがでしょう。(61m 徒歩1分)/右下・せっかく素敵な住まいですから、自炊も楽しみたいですよね。食材の買い物は近くのスーパー「マルエツ プチ 渋谷神泉店」で。(190m 徒歩3分)

売主さまにおすすめ 聞いちゃいました ♡

写真

左上・おしゃれカフェ「Tokyo Kenkyo(トウキョウ ケンキョ)」。豊富なメニューと自家製ソーダが評判です。ペット同伴可能なテラス席も気持ちいい♪(700m 徒歩9分)/右上・老舗の洋食屋さん「BORRACHO(ボラーチョ)」はドラマ「孤独のグルメ」でも登場した有名店! 穴場のお店がすぐご近所に。(400m 徒歩5分)/左下・創作ベトナム料理を展開する「Sugahara pho(スガハラ フォー)」。料理に合うお酒も揃っています。(400m 徒歩5分)/右下・海鮮類を中心とした和食や創作料理のレストラン「開花屋」。賑やかな雰囲気を楽しみたい時に。(300m 徒歩4分)

cowcamo

カウカモ編集部より

「渋谷」が徒歩圏内という立地、ルーフバルコニー付きの最上階角部屋、フルリノベーションならではの効率的な動線、こだわり抜いた内装……。売主さまの暮らしの理想が詰まった “居城” にお邪魔させていただき、何というか筆者も光栄でした。


売主さまがこちらの物件を購入された決め手は、「どこへ行くにもアクセスがいい立地」。ただ、どんなに便利でも雑多すぎる場所は避けたかったのだとか。NEWスポットが続々と建設される「渋谷」駅から少し抜けた “神泉エリア” は、都心でありつつ親しみやすいサイズ感の街です。ふらっと立ち寄りたくなるいい感じのお店が並んでいるので、ぜひ穴場なお店を開拓してみてくださいね。


街も、仕事も、暮らしも、妥協なし! 挑戦を続けるあなたにぜひ、このロケーションを継いでほしい。内見のお問い合わせをお待ちしております。

writer:濱口 綾子 / editor:軽部 優海

とれたて新着

内見・お問い合わせ
電話
(10:00-17:00)