fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

窓から望むのは四季折々の景色。満開の桜、鮮やかな新緑、室内までも彩る紅葉、年の瀬を香らせる落ち葉の山。 そんな我が家があるのは、都内屈指のターミナル「品川」駅からほど近い「御殿山」の高台。都会のここには、そんな自然に恵まれた豊かな窓辺がある。

港区高輪(品川駅徒歩10分)
3LDK+WIC / 116.28㎡ / 11,000万円

東京を代表するターミナル駅 「品川」

写真

左上・JR各線と新幹線に加え、空港へのアクセスにも便利な「品川」駅へとやってまいりました! 駅前には大型の商業誌施設やビルが建ち並ぶ、都会的な風景が広がっています。(徒歩10分)/右上・本格フレンチをカジュアルに堪能できると人気の「AUX BACCHANALES(オーバカナル)高輪店」。ファミリーでもくつろげそうな、広々とした店内です◎ (850m 徒歩11分)/左下・ツタに覆われた外観が目を惹く「高輪蕎麦茶房」。ランチタイムには手作りの美味しいお惣菜がバイキング形式で並ぶとのこと。つい食べすぎてしまいそうです!(260m 徒歩4分)/右下・坂道の多いエリアですが、こちらの「高輪南町児童遊園」内にある階段を登るルートを進めば坂道を極力迂回できますよ。(100m 徒歩2分)

このエリアにお似合いの モダンな外観

写真

今回ご紹介するマンションは、歴史ある邸宅街として知られる “御殿山” の高台に位置しています。2019年5月現在築42年、地下1階付き地上5階建て、総戸数22戸の建物です。

cowcamo

エントランスでは、青々と茂る綺麗な植栽が迎えてくれます。建物左側には、月額23,000円で借りられる屋根付きの駐車場が。現在2台分の空きがあるとのこと。ご希望の方は都度お問い合わせくださいね。

写真

左上・オートロックをカードキーで解除し、マンション内へ。エントランスホール右奥には、応接セットが置かれていますよ。写真には写っていませんが、左側には管理人室の窓口も。/右上・各住戸へはエントランスホール中央の開口を進みます。こちらにはふたつ目のオートロックが。/左下・共用廊下はホテルライクな内廊下仕様。こちらの床もタイル貼りでツヤツヤ! エレベーターはプライバシー性に配慮した造り。共用廊下の離れたところに3基あり、それぞれワンフロアにつき特定の2住戸にしかアクセスできない構造になっています。/右下・2階へと上がってきました。それでは左手の白い扉を開けてみましょう!

売主さま

住み込みの管理人さんは週6日、平日の8:00〜17:00、土曜日の8:00〜9:00に勤務されています。2007年に大規模修繕工事、2016年にエレベーターリニューアル工事など、必要なメンテナンスはしっかりとされていますよ。

それでは お邪魔します

写真

左・扉を開けると、玄関の明かりがパッと点ります。両手がふさがっているときにもうれしい、人感センサーで明かりが点く仕組みです。左手には天井まで高さのある大きな下足入れが。艶やかな建具が高級感を漂わせていますね。/右・玄関からは左右に廊下が続いています。まずは右手に進み、LDKへまいりましょう。

約23帖のLDK

写真

天井が高く取られ、開放的なLDK。床に貼られたツキ板のフローリングが内装に温もりを生んでいます。

主役はこのキッチン!

写真

存在感のあるリクシル社製のアイランドキッチン。3口コンロに食器洗い洗浄機と使い勝手のいい設備を完備しており、キッチン下まで収納スペースもたっぷり。

cowcamo

駅周辺には飲食店が豊富にあり、外食に困ることはなさそう・・・ですが、自宅にこんなキッチンがあるなら迷わず自炊を選択しちゃいそう。 お料理上手のママも腕がなりますね!

写真

キッチンからの眺め。窓の外に緑を望み、なんだか別荘地にいるみたい・・・♡

窓の外へ

写真

キッチン正面の窓からは奥行き約50㎝ほどのコンパクトなバルコニーへ出られます。南向きで日当たり◎ 眼下には、先ほどご紹介した公園の緑が。春には満開の桜が楽しめそうですよ♪  高台に位置しているので、所在階以上の高さを感じることができました。

cowcamo

窓を開けると、鳥のさえずりまでも聞こえてきました♡ つい深呼吸したくなる、癒される景色が広がっていますよ。

室内へ戻ります

写真

キッチンは対面側にも、たっぷりの収納が備わっています。食器棚を設置する必要がなさそうなほど、深い懐です。 またキッチン左側は、少し凹んだ造りになっています。ソファをこちらに配置して、少しおこもり感のあるリラックススペースとするのはいかがでしょうか。

それではメインのバルコニーへ

写真

こちらのバルコニーからは、マンションの植栽を挟んで低層の住宅が向かい合っています。日差しを遮るような背の高い建物はなく、太陽の光がサンサンと注いでいますよ。

写真

方位は西向き。屋根付きで奥行きも深いため、急な雨でもお洗濯物が濡れる心配はなさそうですよ。

再び室内へ

写真

右手の壁には、マットな質感のアクセントタイルが貼られています。シンプルな空間にほどよい変化が生まれていますね。

cowcamo

キッチン背面には、冷蔵庫や調理家電を置いてもまだゆとりあるスペースが確保されています。家族みんなで調理を楽しめそう。キッチン右側には気になる引き戸が・・・

約2帖のパントリー

写真

扉の中には大容量のパントリースペースがありました。 食べ盛りのお子さまがいても安心できそうなほど、食材はこちらにたくさんストックできますよ! 

廊下へと戻ります

写真

左・廊下には右側に洋室A、B、突き当たりに洋室C、左側に水まわりへの扉が並んでいます。/右・トイレには手洗い器が備わっています。タンクレスでお掃除がしやすそう。

約6.3帖の洋室A

写真

右・こちらの個室にも、公園の緑を望む東向きの窓が。大きめの梁と柱の影響で、右奥は少し暗い印象でした。スタンドタイプの照明を設置するのがオススメです。/左・向かいには大きめの収納が備わっています。中には枕棚とハンガーパイプが設置され、使い勝手は◎

cowcamo

梁下でも約2mほどの高さが保たれているので、低い印象はありませんでしたよ。現地でご確認いただきたいポイントです。

約5帖の洋室B

写真

お隣の個室にも、東向きの窓と収納が備わっていますよ。

写真

左・窓の先には、いっぱいの緑と「品川」のビル群を望む美しい景色が。まさに絵になる眺めです。夜景にも期待できそうですね♪/右・柱のない綺麗な四角い間取りなので、家具の配置はしやすそう。

日々の疲れは こちらでリセット

写真

左・ホテルライクな洗面脱衣場。なんと鏡の一部にはタッチパネルで鏡部分の照明を調光できるスイッチが仕込まれています! この機能は是非現地でご体感いただきたい。/中央・洗面化粧台の背面には、可動棚付きの収納と洗濯機置き場が備わっています。/右・1618サイズのユニットバス。シャワーは3段階に切り替えできる多機能タイプ。一日の疲れを、こちらでしっかりと癒してくださいね。

主寝室におすすめの洋室C

写真

約9帖の洋室Cへ。キングサイズのベッドも余裕で置けちゃう広さです。

バルコニーはこちらにも

写真

左側の扉を開けると、コンパクトなバルコニーに出られます。お隣に建つマンションが少しだけ見えてしまうので、視線が気になることがあるかもしれません。

写真

右手のアクセントクロスで、上品な雰囲気が演出されていますね。それでは正面の扉を開けてみましょう。

これぞウォークイン!

写真

なんと、扉の先には約5帖ほどのウォークインクローゼット(WIC)が。衣装持ちさんでもご満足していただけそうな広さです!

cowcamo

今まで多くの物件を取材してきましたが、ここまで広いWICには初めて遭遇しました・・・!お洋服だけでなくゴルフバックやサーフボードなど、趣味の道具もたっぷり置けそう。

バラエティ豊かなご近所さん

写真

左上・ソニーの本社跡地に整備された「御殿山の丘公園」。四季折々の自然が楽しめる、緑豊かな公園です。(260m 徒歩4分)/右上・「品川プリンスホテル」内にはさまざまな娯楽施設が入居しています。プロジェクトマッピングを使ったイルカショーが人気の水族館「マクセル アクアパーク品川」や、計11スクリーンを有する大型の映画館「T・ジョイPRINCE品川」などがあり、ご家族みんなで楽しめますよ。(700m 徒歩9分)/左下・都心でありながらも、緑が多いこともこのエリアの特徴。「原美術館」は主に現代美術を中心に展示する私立美術館。館内には緑を望む開放的なカフェもあり、のんびりとした時間を過ごせます。(500m 徒歩6分)/右下・「Pio 高輪店」は本場さながらのスペイン料理が食べれると人気を集めるお店。少し珍しい、スペインビールも揃っていますよ。(550m 徒歩7分)

cowcamo

カウカモ編集部より

交通アクセスに優れた、大都会「品川」。今回ご紹介するマンションは、そんな都会的な一面に加えて、自然までもが身近に感じられる、豊かな環境に立地しています。


最寄り駅となる「品川」は、JR各線をはじめ東海道新幹線までもが乗り入れる都内有数のビックターミナル。成田・羽田空港へもアクセスしやすく、海外に頻繁に行かれる方には、特に便利に感じていただけそう。


また、駅周辺にはショッピングセンター「Wing(ウィング)高輪」(800m 徒歩10分)をはじめとする商業施設が充実してあるのもうれしいポイント。普段のお買い物に困ることはなさそうですよ。


そんな賑やかな駅前を抜けてゆるやかな上り坂を進むと、周囲の空気は一転します。マンションは、かつて大名のお屋敷街として栄えたとされる「御殿山」の高台に位置しているのです


建物は1976年竣工で、タイル貼りのモダンな外観。年数は経過しているもののセキュリティ面にはご安心ください。各住戸へはエントランスとエントランスホールの2重のオートロックを抜けるアクセス。その上、管理人さんは住み込みで週6日勤務されています。また、エレベーターは3基あり、それぞれ各階2住戸のみにしかアクセスできないという、プライバシー性の高い造りになっていますよ。


住戸は2階に所在する3LDK。大きなアイランドキッチンを主役とした約23帖のLDKは、開放感に溢れています。窓の先には豊かな緑を望み、窓を開けると鳥のさえずりが聞こえてきました。


そんな風景が、3つある個室のどの窓からも望めることも魅力的。また、ユニットバスは1618サイズと大きめで、室内のどこにいても家族みんなが快適に暮らしている光景が目に浮かびました。


そして特筆すべきは、洋室Cには約5帖もの広さがあるウォークインクローゼット(WIC)が備わっていること! 洋服だけでなく、ゴルフにスキーに、サーフィンに・・・多趣味なファミリーでも、趣味道具をすべて受け止めてくれそうな懐の深さです。


都会と自然が互いに引き立てあう「御殿山」で、豊かな暮らしを♡ お早めのお問い合わせをお待ちしております。

writer / editor:野原 茂香

とれたて新着

実際に見てみたい