fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

山手線沿線だから便利で、山手線沿線だけど静かで自然も身近にある。日当たりのいいバルコニーに出てみれば、遮るもののない空と、光と。植物に水をやれば、虹がかかる。友人たちと乾杯すれば、笑顔が咲く。太陽の季節が待ち遠しい、ここはサマーハウス。

目黒区下目黒(目黒駅徒歩4分)
2LDK / 82.81㎡ / 10,980万円

売主さまのご紹介

写真

売主さま

2020年6月にリノベーションした物件に、パートナーとおふたりでお住まいのSさま。生活拠点を移すことを視野に入れて、こだわりの住まいを売却されることになりました。

桜並木をしたがえた 「目黒」のヴィンテージ

写真

左上・ご紹介する物件は「目黒」駅から徒歩4分。目黒通り(権之助坂)から一本入った場所に、堂々と建っているマンションです。/右上・正面エントランスは、緩やかな坂をほんの少し下った所にあります。/左上・階段の上にあるオートロック扉を抜けると……/右下・広々とした共用ロビーが。管理人室と集合ポストが備わっています。

cowcamo

目黒通り側には居住者専用の出入り口もあり、そちらを使うと駅からほぼフラットでアクセスできます。“目黒エリア” に坂が多いことはよく知られていますが、こちらの物件はキツい坂を避けられますよ。

売主さま

管理人さんは住込みで勤務していらっしゃって、居住者とはいい距離感を保ってくださっています。1979年竣工と築年数は経過している建物ですが、丁寧にメンテナンスされていて、あまり古さは感じませんよ。

こんにちは カウカモです

写真

左・共用廊下は外廊下仕様で、明るく風通しも良好。6階でエレベーターを降りてすぐ目の前に見えるのが、ご紹介する住戸の玄関扉です。/右・玄関スペースの壁は一面が鏡張りになっており、空間がより広く感じられます。お出かけの際に身だしなみを整えられるのもうれしいですね。

cowcamo

玄関扉の正面にはガラス入り戸があり、その先にLDKがつながる間取りです。それでは、気になるLDKから拝見しましょう。

一枚では収まりきらないほど 広いんです

写真

LDKの広さは、なんと約26.1帖! ダイニングスペースの足下には、床暖房が設置されています。

売主さま

内装は “サマーハウス” をテーマにしました。LDKの壁にはボタニカル柄のクロスを貼っていますが、住み継いでくださる方には、ぜひ自分好みに貼り替えていただけたらと思っています。

写真

角度を変えて。中央には大きめの柱がありますが、リビングダイニングを緩やかにゾーニングしてくれています。

cowcamo

ワイドスパンの窓が光をたっぷり取り入れて、とても明るいですね。

売主さま

西向きですが、日中はずっと陽が差し込んでいるので、普段はあまり照明を点けていません。ただ、照明にもこだわっていて、天井の間接照明はシーンに合わせて電球色と昼白色に切り替えられるようにしていますよ。

ステンレストップのキッチン

写真

左・3口コンロと食洗機付きのキッチン。サイズは約2.7m×約0.9mと大きめです。/右・背面にはカウンターと収納が備わっています。14人分の食器が一気に収まるほどの収納量なのだとか!

写真

キッチンに立ってみると、大きな3つの窓の素晴らしさを実感します。外に見える街並みが爽快!

cowcamo

ここから見ると、座る場所を多めに設けていらっしゃるのがわかりますね。

売主さま

ラウンドテーブルにソファ、キッチンカウンターのスツールと、椅子がたくさんありますよね(笑) LDKが広いので、たとえば友人を招いたときにも、それぞれが好きな場所で好きなことをしていられるんですよ。これは気に入っているポイントです。

掃き出し窓から バルコニーへ

写真

バルコニーの幅は約1.4m。ちなみに、隣接する洋室Aにも同じサイズのバルコニーがあります。

売主さま

この物件を選んだ決め手のひとつがバルコニーでした。建物の構造上、空がとても広く見えるんです。水栓が備わっているので植物に水をやるときも便利だし、太陽を浴びて元気に育ちますよ。

cowcamo

あらためて、気持ちのいい眺め……! まわりに背の高い建物も少ないので、晴れた日に外でごはんを食べたり、夜景を眺めながらお酒を飲んだり、大きなバルコニーがある住まいならではの楽しみ方ができそうです。

室内に戻って

写真

こちらはリビングスペース。室内窓の裏には、現在ベッドルームとして使われている洋室Aがあります。

売主さま

床材には遮音性能の高いものを使って、足音が下階に響きづらいようにしています。

cowcamo

お子さまがいらっしゃるご家族や、お部屋で軽い運動をしたい方も安心ですね。

約5.1帖の洋室A

写真

洋室Aはダブルベッドを置ける広さ。鏡の裏には、大容量のウォークインクローゼット(WIC)が隠れています。

写真

洋室Aのバルコニーには、物干し金具が備わっています。また、室外機もこちらに置いているそう。

売主さま

バルコニーがふたつあるので、LDKのバルコニーは安らぐスペースに、こちらは洗濯物を干すスペースにと、用途を分けられるのが気に入っています。ちなみに洗濯物はカラリと乾くので、夏場は3回転くらいできますよ。

約4.6帖の洋室Bへ

写真

扉をガチャンと閉めると、あれ? 音が消えた…… と思ったら、洋室Bは防音仕様。窓も二重サッシになっています。

売主さま

こちらは、音楽制作のためのスペースとして使っています。音が部屋の外にまったく漏れないので、リモートワークが多い方であれば、オンライン会議にちょうどいいと思いますよ。

cowcamo

東向きなので、朝日が気持ちよく入ってきそう。こちらも鏡面の裏に大きめの収納があるので、ベッドルームとして使ってもよさそうですね。

廊下に戻って 水まわりをチェック

写真

左・間接照明が温かい光を投げかける洗面室。ガラス扉の先には……/中央・窓付きの浴室が! この光の入り方、明るいうちに入浴するのが好きな方には堪らないのでは?/右・手洗い器付きのトイレ。床はヘリンボーン張りです。

売主さま

浴室のテレビは残していきます。長風呂のお供にどうぞ。

最後にもう一度 LDKを

写真

洋室や水まわりがまとまった廊下側から、LDKを見たカット。ピクチャーレールが多めに、かつ目立たないように取り付けられているので、お気に入りの絵や写真をたくさん飾れます。

cowcamo

リビングスペースのあたりに洋室を新設して、3LDKの間取りに変更できるようにも造られています。追加工事費用は必要ですが、家族の人数や将来のライフスタイルの変化にあわせて、手を加える余地があるのはうれしいですね!

便利で アットホーム

写真

左上・JR山手線のほか3路線が乗り入れる「目黒」駅。駅直結の商業ビル「アトレ目黒」には、スーパーや生活雑貨店などが入っており便利です。(徒歩4分)/右上・ご紹介した物件は、飲食店が多く建ち並ぶ「権之助坂商店街」の近くにあります。(180m 徒歩3分)/左下・レストランやスポーツジム、結婚式場などが入る複合施設「目黒雅叙園」。施設内にある「百段階段」は、東京都の登録有形文化財にも指定されています。/右下・駅の東側には、緑豊かな「国立科学博物館附属自然教育園」が。(1km 徒歩13分)

写真

「目黒川」に沿って30分ほど歩けば、「中目黒」方面へ出られます。桜の時期は、ただ歩くだけでも楽しそう。

売主さま

複数路線が乗り入れる「目黒」駅から近いので、どこへ行くにも便利ですね。飲食店の選択肢もかなり豊富で、ひとりでふらっと入れるお店から大人数で使えるお店まで揃っているので、外食も飽きないと思います。


それから、川沿いを自転車で走ったり、公園を散歩したりできるのは、とてもいい環境ですよ。近くに川が流れていながら水害ハザードマップに指定されていない地域というのも、暮らしを送る上で安心でした。

cowcamo

ありがとうございました! なお、こちらの物件は売主さまが居住中のため、ご内見の日程は事前調整が必要です。あらかじめご了承くださいね。

cowcamo

カウカモ編集部より

売主さまがこちらの物件を購入する際に比較検討した物件の数を聞くと、なんと60以上! それだけ見比べて購入を決めたって……なんだか、ものすごい説得力を感じてしまいました。


住戸は、地上7階建てマンションの6階に所在しています。最上階ではないのですが、上階が少し引っ込んだ構造のため、視界が遮られず空が大きく見えるのです。


専有面積約82㎡を2LDKにした間取りで、LDKは約26.1帖もの広さ。大きな窓が3つあるので、採光を損なわなずにゆったりとした間取りにしたのは、個人的には大正解だと思います。よくご友人たちを招いて、バルコニーも使いながら、賑やかに過ごされているそうですよ(羨ましい……)。


一般的には3LDKにしても余裕のある面積なので、もうひとつ個室を設けて、子ども部屋やワークスペースとして使うこともできます。2020年6月にリノベーションされたばかりの物件なので、内装はまだ新しくてきれい。そのメリットを活かしつつ、自分好みにしたい部分だけ手を加えるのもよさそうですね。


「目黒」は坂道が多いのですが、キツい坂を避けられる立地というのも大きなポイント。それに駅から徒歩4分というアクセスを加えたら……もう、検討に入れてみるしかないのでは?

writer / editor : 軽部 優海

とれたて新着

内見・お問い合わせ