fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

横浜市北東部に広がるニュータウン。整備された道、豊かな自然に『あっ、住みやすそう』と直感的に頷く。目指すは平成築のマンションの一室。施されたのは、デザインも個性も、使い勝手も妥協しないフルリノベ。『港北ってどこ?』から始まる物語があってもいいじゃない。さあ、新章開幕!

横浜市都筑区茅ケ崎東(仲町台駅徒歩14分)
2SLDK+WTC / 80.00㎡ / 5,050万円

売主さまのご紹介

写真

Kさまファミリー

お子さまとご夫婦、3人暮らしのKさまファミリー。2019年にカウカモで物件購入・フルリノベーションを施されました。この度は転職に伴うお住み替えです。はじめは知らなかったという街も今ではすっかりお気に入りで、とても名残惜しそうな様子が印象的でした。

舞台は “港北ニュータウン”

写真

左上・物件の最寄り駅、横浜市営ブルーライン「仲町台」に到着です。(徒歩14分)/右上・道路はきれいに整備されており、幅も広く歩きやすい印象。/左下・「せせらぎ公園」と「茅ヶ崎公園」が住民たちの憩いのスポット。ふたつの公園を結ぶ緑道「せきれいのみち」を進むと物件が見えてきます。/右下・こちらは売主さまからいただいた秋の緑道写真。趣のあるお散歩道ですね!

売主さま

「仲町台」駅から「横浜」駅までは乗車時間約15分、都内の主要駅までは1時間以内でアクセスできますよ。

cowcamo

ご紹介するマンションでは、細則はありますがペット飼育が可能! 近所の公園や緑道はお散歩コースにもおすすめです◎

お久しぶりです カウカモです!

写真

左・玄関を開けると目に飛び込んでくるのは、オープンなWTC(ウォークスルークローゼット)。ヘリンボーン張りの無垢床がなんとも素敵です。/中央・斜めに切り取られた個性的な土間。壁の有孔ボードとオープンラックを駆使して、バシッと見せる収納をキメましょう!/右・廊下の先には、自然光が差し込むLDKの扉が。

売主さま

土間にはアウトドアグッズやサーフボード、ベビーカーを収納しています。

売主さま

見せたいものは見せ、隠したいものは隠せるよう収納計画を考えました。ちなみに、WTCのカーテンを閉めれば、サッと目隠しすることも可能ですよ。

あっ 好きです

写真

床に無垢のオーク材が用いられた温かみのある空間。南西向きの窓からたっぷりと光が入ります。

写真

LDKの広さは約13.7帖。隣接するサービスルームと合わせると、さらにゆったりお使いいただけます。

売主さま

梁(はり)を活かして、天井を照らす間接照明を仕込みました。

約4.7帖のサービスルーム

写真

上部には欄間(らんま)のような木枠が。カーテンを閉めた場合でも、光や音が届くよう設計されています

売主さま

こちらは息子のプレイルームに使っています。テントやジャングルジムを置いても十分な広さがあり、のびのび遊んでくれていますよ。

cowcamo

では、南西向きのバルコニーへ。

冬で “これ” です!

写真

緑がもりもりに感じられるビュー。なんでも、夏はもっと生い茂っているのだとか。

売主さま

ふふふ、秋には立派な紅葉も見られるんですよ!

cowcamo

街も見渡せて爽快ですね〜。遠くに見える「富士山」にも気分が上がります!

写真

幅・奥行きともにゆったりしたバルコニー。光や風がよく届くので洗濯物はあっという間に乾きそう。

売主さま

バルコニーでのコーヒーブレイクがお気に入り。視線は全く気にならないので、穏やかに過ごせます。

室内に戻って

写真

窓辺に目をやると、床がタイルに切り替わっています。日焼け防止になるだけでなく、夏はひやっとしていて裸足を乗せると気持ちいいんだそう。

cowcamo

お次はキッチンをチェック。飾り棚付きの腰壁はモールテックス仕様です。

収納豊富な ワイドキッチン

写真

左・食洗機と3口コンロを備えています。奥にはバルコニーへとつながる勝手口を発見!/右・背面には、カウンター・オープンラック・扉付き収納が備わっているので、アイテムごとに居場所を用意できそうです。

売主さま

キッチンタイル、壁一面のライトグリーンがこだわりです。アクセントになりつつも飽きない色を選びました。

写真

通常よりも低めに造られたカウンター。キッチンに立ちながら、窓の外やサービスルームを眺めるのにうってつけです。

cowcamo

広めのカウンターは、大皿をズラリと並べられそうでいいですね!

2way動線の 洗面脱衣室

写真

左・洗面脱衣室は、キッチンと廊下からアクセス可能。洗濯物をスムーズに運べる家事動線が見事です。/右・バスルームは1418サイズ。浴室乾燥機付きです。

廊下に戻ってきました

写真

既にご紹介した洗面脱衣室やサービスルームのほか、トイレも廊下からアクセスします。

cowcamo

続いては、突き当りにある扉の先へ。

約3.1帖の洋室A

写真

壁の一部が斜めで、どこかワクワクするような洋室A。個室が足りていれば、趣味や仕事用の部屋にするのもアリです。

WTCから洋室Bへ

写真

左・WTCには扉付きの収納も。中は可動棚になっているので、日用品や書類などを収められます。奥に進むと……/右・洋室Bが。左手の壁のうっすらとしたグレーがアクセントに。

写真

窓を背にパシャリ。広さは約3.9帖で、ダブルサイズのベッドを置くとこんな感じです。

売主さま

壁面のモルタルの風合いが気に入っています。

北東向きのサブバルコニー

写真

左・眼下には、バラやみかんが植えられた中庭が。/右・サブバルコニーとは思えないサイズ感。洋室Bの前まで延びています。

ご紹介した棟は 緑道向き!

写真

全10棟からなる大規模マンション。ビッグコミュニティの恩恵を受けて、共益費が控えめなのがうれしいところ。

cowcamo

2000年竣工で新耐震基準に適合しています。なお、管理人さんは週7日間勤務に加え、平日は夜間勤務もされており安心感があります。

売主さま

敷地内には毎週キッチンカーが来てくれます。外出が億劫な時にうれしいですよ〜。

写真

左上・エントランスの様子。階段のほかスロープも備わっているので、ベビーカーと一緒でも◎ /右上・ホールにはオートロックと宅配ボックスを完備。管理人さんは別棟で勤務されているので、こちらに事務室はありません。/左下・ご紹介した住戸が所在するのは5階。エレベーターの目の前に住戸があります。/右下・2022年1月現在、駐輪場・駐車場には空きがあります。

売主さま

駅まで距離はありますが、自転車を使えばかなり楽に移動できます!

のんびりした雰囲気の 「仲町台」を散策

写真

左上・公園ビューのイタリアンレストラン「Fresco(フレスコ)」。かなりの人気店で、売主さまは気になっているものの行けていないそう(笑)(1km 徒歩13分)/右上・ネパール料理店「スパイスHUB(ハブ) 仲町台」。公園で遊んだ後には、スパイシーなお料理はいかがですか?(900m 徒歩12分)/左下・木の看板が目印の喫茶店「K’s Cafe(ケーズ カフェ)」。オールシーズン食べられるかき氷やピラフなど、サイドメニューが豊富です。(850m 徒歩11分)/右下・日常のお買い物は「文化堂 仲町台店」で。店前にはどこかローカルな空気が漂っています。(900m 徒歩12分)

売主さま

より都会的な「センター南」駅(徒歩15分)も利用可能です。大型ショッピングモールや公共施設が充実していて、子育て世代の強い味方! “港北ニュータウン” は、電車に乗らなくても暮らしを完結させられる利便性があるんですよ。

cowcamo

カウカモ編集部より

個人的に初めて訪れた「仲町台」駅。ニュータウンらしく、道や街路樹はきれいに整備されていました。所々にこぢんまりしたお店が佇んでいて、親しみやすさも感じられます。若い子育て世代が多いこの街では、公園での見知らぬ人同士のご挨拶も日常茶飯事だそう。


住戸は無垢材とモルタル、ニュアンスカラーのクロスに彩られています。室内のどこを切り取っても絵になるなあ、と楽しみながら撮影させていただきました。さらに、回遊性のある間取り、広々としたWTCや土間など、使い勝手の配慮もなされているのがgoodです!


建物はとてもきれいでした。比較的築年数が浅いことに加え、管理人さんが毎日清掃されているそうですよ! なお、ペット飼育可&駐車場空きアリということで、多様なライフスタイルのファミリーを受け入れてくれることでしょう。


ネックを言うのであれば駅距離でしょうか。「仲町台」駅まで徒歩14分、「センター南」駅まで徒歩15分の道のりです。とはいえ、緑道ルートを選択したり自転車利用をすることで、気持ちよく駅まで向かうこともできます。ご内見の際は実際に歩きながら、イメージを膨らませてみてくださいね。

writer / editor : 高山 翔矢

とれたて新着