fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

趣のある電車が走り、緑豊かな “世田谷エリア”。そんなほのぼの感とは裏腹に、カスタム心に火をつける個性的な住戸を発見。躯体現しの天井、ブリックタイルにパーケットフローリング、ランダムに貼られた木板の壁……絶妙なさじ加減でMIXされた異素材たち。住みこなしの妄想を描き、いざ!

世田谷区弦巻(上町駅徒歩8分)
2LDK / 51.72㎡ / 3,980万円

暮らしやすい “世田谷エリア”

写真

左上・のんびりとした雰囲気が漂う、東急世田谷線「上町」(徒歩8分)が最寄り駅。同路線の「三軒茶屋」駅は田園都市線、「下高井戸」駅は京王線が利用可能です。/右上・日々のお買い物は、スーパー「オオゼキ上町店」が便利。営業時間は10:00~21:00です。(600m 徒歩8分)/左下・駅前から延びる「桜栄会商店街」、通称 “ボロ市通り” 。近年は中止されていますが、約700店もの露店が並ぶボロ市が年に2回開催されます。(400m 徒歩5分)/右下・桜、新緑、紅葉と、四季折々を楽しめる「馬事公苑」。お散歩スポットにぴったりですよ♪(800m 徒歩10分)

cowcamo

マンションは世田谷通りに面しており、最寄りのバス停「松ヶ丘交番前」(71m 徒歩1分)からは、「渋谷」行きのバスが頻繁に発着しています。

さっそく住戸へ

写真

左・船舶ライトが灯る、雰囲気のある玄関。/右・壁一面にはオープン棚が備わっており、靴や小物をしっかり収納できます。

一歩踏み入れると

写真

躯体現しの天井に艶のあるパーケットフローリング、ランダムに貼られた木板貼りの壁など、気になる要素がいっぱい。順番に見ていきましょう。

約13帖のLDK

写真

玄関まわりはひっそりとした雰囲気でしたが、バルコニー側は日当たりがよく明るい印象です。

パッと目を惹く ピンクのカウンター付きキッチン

写真

キッチンは使いやすそうなセパレートタイプ。コンロ側には窓があり換気性能も良好です。そして、注目すべきは存在感のあるピンクのカウンター!

cowcamo

玄関に入りキッチンに目をやると、隠れ家的バーに来たような錯覚が。お酒とおつまみを用意して、ゲストを招いたら楽しそう!

ガラスに囲まれた リビングダイニング(LD)

写真

南東・北東・南西の3方に窓がある角住戸。洋室Aとの境も大きなガラス戸なので、視線や光が通ります。窓を開ければ風もスーッと。

cowcamo

上部を通る梁(はり)は凹凸ある無骨な塗装仕上げ。空間のいいアクセントになっていますね。

バルコニーに出てみましょう

写真

住戸が所在する3階からのビュー。南東側にはお向かいに建物がありますが、距離が取れているのでそれほど圧迫感はありません。

cowcamo

視線もそれほど気にならない印象です。

写真

奥行きは浅めですが、ワイドなバルコニー。日当たり良好で、お洗濯物の乾きは期待できるでしょう。

おや? L字に続いてる

写真

バルコニーはL字型で、LDの北東側にも延びています。とはいえ隣の建物が近く、視線の抜けはありませんのでご承知おきを。

室内に戻って

写真

続いてはお隣の洋室Aを見ていきましょう。重厚感あるブリックタイルのアクセントウォールがチラリと覗いていますね。

約7帖の洋室A

写真

ガラス戸を開放すると、約20帖の大空間としてお使いいただくことも。

cowcamo

LDKとは異なるフローリングの貼り目にすることで、空間を緩やかにゾーニングする粋なテクニックですね!

写真

左・ガラス戸と付帯のブラインドを閉めれば、独立した個室としても使えます。/右・南西側の窓からの眺め。眼下には屋根付きの自転車置き場が。

cowcamo

壁際に設けられたオープンクローゼットがオシャレ! 服を詰め込みすぎず、少し余白をもたせて収納するとキマりそう。

LD側からの様子

写真

LDKは二面採光なので、ブラインドで仕切っても明るく、ゆとりが感じられます。

cowcamo

続いて、玄関の近くにある洋室Bと、ロールカーテンで仕切られた水まわりを順番に見ていきましょう。

約5帖の洋室B

写真

北東向きの窓からやわらかく光が注がれる、しっぽりとした空間。こちらにもコンパクトなオープンクローゼットが備わっています。

水まわりをチェック

写真

左・スクエアなデザインが美しい洗面台。/中央・バスルームは追い焚き機能付きです。/右・気の利いたペーパーラックが可愛いトイレ。

最後に建物を拝見

写真

左上・世田谷通りの交差点の角地に佇む、地上10階建て・総戸数50戸のマンション。/右上・歩道から緩やかなスロープを上ってエントランスへ。/左下・建物内に入るとすぐ右手にエレベーターがあります。/右下・ご紹介した住戸は3階に所在する三方角部屋です。

cowcamo

1階の奥まったところには管理人室が。管理人さんは週6日間勤務されていますよ。

売主さま

2018年に大規模修繕工事を実施済みです。またフリー区画の自転車置き場(月額150円)は、2022年3月現在ご利用可能ですよ。

住宅街に点在する 粋なラインナップ

写真

左上・マンションすぐそばにある、スパイス香るカレー屋さん「CAMEL(キャメル)」。和風キーマカレーが評判で、シンプルながら小洒落た外観からもそそられますよね。(50m 徒歩1分) /右上・「YOUR DAILY COFFEE(ユア デイリー コーヒー)」では、一杯ずつ丁寧に淹れられたコーヒーをいただけます。ほっとひと息つきたい時には、ぜひスイーツもご一緒に♡(300m 徒歩4分)/左下・美味しくボリューム満点のベトナム料理が味わえる「亜細亜食堂 サイゴン 上町店 」。メニュー豊富なので何度も通いたい!(650m 徒歩9分)/右下・インテリアショップ「HOUSE OF FER TRAVAIL(ハウス オブ フェール トラヴァイユ)」ではインダストリアルなアンティーク家具が数多く取り揃えられています。こちらで新居のお供を見つけてみては?(700m 徒歩9分)

cowcamo

カウカモ編集部より

ほのぼの感溢れるの東急世田谷線「上町」。この辺りは、ゆったりとした穏やかさと街並みに溶け込む緑、そして住宅街に点在する熱量の高い個人店が魅力です。


大通りに面しているため、バス利用がなかなか便利そう! 自転車を相棒にすれば「経堂」や「松陰神社前」、「桜新町」など活気ある街も暮らしのテリトリーになるでしょう。


環境のよさもさることながら、筆者のイチオシはやはり個性溢れる住戸! こだわり満載でインテリアの力量が問われそうですが、『オリジナリティを発揮してセンスよく暮らしたい!』と望まれる方には、もってこいの物件かと。その際は、おうちBarをぜひ開いてくださいね♪


三方角住戸で窓が多く、日当たりも風通し良好。抜けはありませんが、のびのびとしたL字型のバルコニーもうれしいですね。


我こそはと思われる方、お問い合わせお待ちしております。

writer:西湖 望 / editor:高山 翔矢

とれたて新着