fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

多面的で刺激的な「下北沢」と穏やかな「池ノ上」、ふたつの駅に挟まれた味わいあるヴィンテージマンション。150㎡超えのゆとりある2層の住戸は、水平連続窓と光と風で満たされた空間がご自慢。街と住まいのダブルサンドイッチ、家族にもペットにも “美味しい暮らし” が待っています。

世田谷区北沢(下北沢駅徒歩5分)
3LDK+DEN+WIC / 154.31㎡ / 11,900万円

新参と古参 混ざり合う “シモキタ”

写真

左上・2022年3月にオープンした下北沢駅高架下の商業施設「ミカンSHIMOKITA 」。「TSUTAYA BOOKSTORE 下北沢」や多国籍の飲食店、古着・雑貨店、世田谷区運営の図書館カウンターなど、個性豊かな店舗が集うホットスポットです。(750m 徒歩10分)/右上・ラウンジスペースを中心にした複合施設「(tefu) lounge(テフ ラウンジ)」には、シェアオフィス、ミニシアター、グローサリーショップ、ロースタリーなどが併設されています。サードプレイスとしてぜひ。(450m 徒歩6分)/左下・“演劇の街” の一面もあるシモキタ。無数に点在する劇場の中でも外せないのが「ザ・スズナリ」。小さいながら長い歴史があり、劇場に面白いと認められなければ公演できない登竜門に。(400m 徒歩5分)/右下・音楽やお笑いのライブなど、様々なイベントが催される「北沢タウンホール(世田谷区役所 北沢総合支所)」。役所が近いのは何かと便利ですよね◎(400m 徒歩5分)

cowcamo

小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅。どちらも急行が停車し、新宿までは乗車時間約8分、渋谷までは約4分でアクセス可能です。

レトロモダンな外観

写真

線路脇の傾斜地に佇む、地下1階付き・地上4階建て、総戸数17戸のマンションです。竣工は1973年。白い外壁のアクセントとして貼られたレンガ調のタイルには、歳月を経て仕上がった深みがあります。

売主さま

こちらのマンションでは耐震補強工事が実施されており、耐震基準適合証明書が取得できます。またペットの飼育が可能です(共用部で抱えられるサイズ推奨)。

写真

左上・風合いあるテントを潜り、オートロック付きのエントランスへ。/右上・管理人さんは平日8:00〜16:00と土曜日8:00〜11:00に勤務されています。/左下・中庭を望む渋い応接スペース。/右下・エントランスホールはB1表記で、建物内に入って階段を下りた先にあります。ではエレベーターに乗り住戸へ。

玄関扉から素敵

写真

ご紹介する住戸は、最上階4階のエレベーターすぐ横に所在します。グレーの重厚感ある玄関扉の横には、曇りガラス×アイアン格子が♡

お邪魔します!

写真

左・マーブル模様の土間が広がる、ゆとりある玄関。/右・廊下に上がるとすぐ横には、
アウターなどが収納できる大きなクローゼットが備わっています。

売主さま

玄関のアクセントに、人感センサーで点るアクリルシェードのペンダントライトを採用しています。

cowcamo

こちらは専有面積約154㎡を3LDK+DEN+WICの間取りにした、見応えたっぷりのメゾネットタイプの住戸です。では順番に見ていきましょう。

約26.3帖のLDK

写真

広〜い! 南東向きの腰高窓に面した横長の空間。視線がスーッと抜け、窓越しに空が望めます。

売主さま

水平連続窓は風景を切り取る額縁のようで、季節の移り変わりによって自然のアートをお楽しみいただけますよ。

cowcamo

馬(?)の置物の先にはバルコニーがありますが、外に出るには腰壁を大きく跨ぐ必要があり、かつ物干し金物も備わっていないため、日常的に出入りすることはなさそうです。

窓を開けると

写真

向かいに建物はありますが、距離が取れているので圧迫感はなく、気持ちのいい眺めです。

cowcamo

左手にちらっと見えるは、京王井の頭線の線路です。窓を開けても閉めても電車の走行音はそれなりに聞こえます。また少し先には踏切があり、遮断機音も届きます。音に関しては感じ方に個人差がありますので、内見の際にお確かめくださいね。

室内を振り返って

写真

上品でモダンな内装。大きめのソファセットなどを置いても十分なゆとりがあります。現在ソファが置かれている場所の上部にある室内窓は、階段へと自然光を届けてくれますよ。

売主さま

室内の家具や小物はディスプレイです。よろしければインテリアの参考にしてください。

cowcamo

角住戸で二面採光なうえ、室内窓が備わり風と光が交差します。

続いてキッチンへ

写真

壁付けのワイドなキッチン。上部には吊り戸棚、背面にはカウンターが備わっています。また奥には調理家電用のラックなどを置けるパントリースペースも。

cowcamo

収納も作業スペースも豊富で、お料理好きの方にもきっとご満足いただける仕様です。窓が付いているのもうれしいですね。

キッチンからの風景

写真

家族が食卓を囲む日常、ペットがソファでまどろむ姿、カウンターにお料理を並べるホームパーティーなど、微笑ましいシーンが次々浮かびます。キッチン脇に目をやると……

約3.3帖の書斎(DEN)

写真

コンパクトですが、窓に囲まれ開放的な空間。家事と両立のリモートワークや、趣味の洋裁などアトリエスペースにもぴったり。

cowcamo

食事の支度をしながら様子が見えるので、お子さまの宿題スペースなどにもいいカモ。マルチ使いでき、重宝しそうです。

上階の水まわりをチェック!

写真

左・キッチン横にある洗面台。シンクが広く、ちょっとした手洗いの洗濯などもできそうです。/右・奥へ進むとランドリールームが。バルコニーには物干し金物が備わっていないため、こちらのハンガーパイプか浴室乾燥機をご利用ください。スペースにゆとりがあるため、乾燥機も置けそうです◎

写真

左・白で統一されたスタイリッシュなトイレ。手洗器横のカウンターにグリーンなどを置いても映えそう。/右・では、階段で下階へ。

売主さま

上階のパブリック空間はフローリング、下階のプライベート空間は落ち着けるカーペット敷きにしています。

cowcamo

メリハリの効いた間取りで、暮らしやすそうですね。

約11.5帖の洋室A

写真

幅広の大きな腰窓から、日差しがたっぷり注がれます。

写真

左・最も線路に近い洋室A、窓からはこの距離感で電車が見えます。/右・シングルベッドをふたつ並べても、まだチェストなどを置く余裕があります。奥へ進むと……

約4.2帖の ウォークインクローゼット(WIC)

写真

左・両側にハンガーパイプと枕棚が。衣類以外の大物も丸っと収納できそうですし、窓があるので換気面も心強い。/右・引き戸の先には水まわりが。洋室Aは、廊下と水まわりにアクセスできる2WAYです。

下階の水まわりをチェック!

写真

左・横長のキャビネットミラーが備わった洗面脱衣室。奥には階段下スペースを利用したオープン棚が。日用品のストック置き場などに重宝しそうですね。/中央・1620サイズのゆとりあるバスルーム。浴室暖房換気乾燥機が備わっています。/右・吊り戸棚が備わったトイレ。

廊下へ出て 約6.7帖の洋室Bへ

写真

左・階段途中の小窓から自然光が差し込みます。洋室B・Cの出入り口はこちらの階段横に並んでいますよ。では左の扉から。/中央・すっきりとした長方形の間取り。窓際にはカウンターが。/右・折れ戸2枚分のクローゼットが備わっています。

約8.4帖の洋室C

写真

こちらは柱の出っ張りがありますが、広いので家具のレイアウトには困らなそう。先ほどと同じく、天井まで高さのあるクローゼットが備わっています。

のんびりな 気分の日には

写真

左上・物件の最寄り駅は京王井の頭線「池ノ上」。ほっとするローカル感が漂います。(徒歩4分)/右上・駅前の商店街「池ノ上商栄会」は、日々のお買い物にはもちろん、名店がいくつも潜んでいますよ。(240m 徒歩3分)/左下・手作りにこだわる「台湾料理 光春」は『何を頼んでも美味しい』と評判。メニューが豊富で飽きずに通えそうです。(250m 徒歩4分)/右下・手土産やご家族の誕生日ケーキは、地元で長年親しまれている老舗の洋菓子店「池ノ上ピエール」へぜひ♪(350m 徒歩5分)

cowcamo

賑わいと落ち着き、対照的なふた駅を使い分けられるのはうれしいですね。

cowcamo

カウカモ編集部より

再開発に沸く「下北沢」。駅前には新しい商業施設が続々とオープンしていますが、街を歩けば不偏的なディープカルチャーも健在。多面的で街の魅力が増した印象です。ご紹介したマンションが建つのは、落ち着きある「池ノ上」との間。戸建てが多く、マンションが少ないエリアです。


古きよきものを好まれる方に一推しのヴィンテージマンションです。外観はもちろん、館銘板や玄関横のアイアンなど、胸キュンポイントはいくつも。清潔感がある点も見逃せません。


ただし総戸数17戸と小規模、かつ住戸の平米数が広いため、共益費は重め。電気使用料(共用部使用分/月額9,920円)、水道使用料(使用量に応じて隔月徴収)もかかりますのでご留意ください。修繕積立金は2023年10月より月額30,100円に値下げ予定です。


ペットと一緒に暮らせる戸建てライクなメゾネット住戸。線路からの走行音が許容できるかどうかですが…… 水平連続窓から光と風を取り込んだ気持ちのいい空間。効率的な家事動線や収納の充実、上質な内装など、きっとそれ以上の『いいなぁ』がいっぱいかと。ぜひ内見しご判断ください。

writer:西湖 望/editor:伊勢谷 亜耶子

とれたて新着