fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

ゆったり広がる庭と、約138㎡もの広さを持つ戸建て。『今日はどんな小鳥が遊びに来てくれるだろうか』と庭観察が習慣に。木々を抜ける風がやわらかく感じるのは、あなたがお手入れしているから。愛着を持って暮らせる住まいは、感受性を豊かにしてくれるのです。

世田谷区上野毛(上野毛駅徒歩13分)
3LDK(和室含む) / 138.70㎡ / 11,280万円

道路の奥 チラリと見える戸建てさん

写真

左・今回ご紹介する物件があるのは “上野毛エリア” 。横幅約2320mmのアプローチがあり、こちらは駐車場として利用できます。/右・門扉を開けた先。まずは、写真右手のお庭を見てみましょう!

売主さま

アプローチを駐車場として利用される場合、乗り降りを考えると車幅1800〜1900mmほどのお車が合うかと思います。縦列駐車であれば、2台駐車することもできますよ。

写真

お庭の広さは、なんと約50㎡! 住宅を囲うように広がっています。さまざまな種類の木々が植えられ、飛び石として置かれた大型の石板がモダンな印象。

売主さま

木々や石板で広大なお庭のベースを整えました。石板は移動させることも可能です。余白を残しているので、暮らしに合わせてアレンジを楽しんでいただければと思います。

cowcamo

“庭付きの戸建て” に憧れはありますが、広いほどに使い方の難易度が上がりそう。ゼロからの庭作りもいいですが、ある程度整えられている方が取っかかりやすいですね!

写真

奥からもお庭を見てみました。既存樹を活かしながら、プランニングされているそうです。中には果実がなっている樹木も!

売主さま

既存樹にはヤナギ、カツラ、ブルーベリーの木などがあります。実がなっているのは、ミカンの木ですよ!

cowcamo

庭で採れた果物やお野菜を使って、ご家族でお料理を楽しめるのもいいですね〜!

お待たせしました! 室内にお邪魔します

写真

左・広々とした玄関。正面には、中に可動式の棚が備わっている収納があります。左奥の扉の先はLDK。/右・ほかにも季節のお花や小物を飾るのにぴったりなニッチ収納と、階段下を利用した物入れが!

それではLDKへ

写真

LDKは約20帖の広さがあり、ゆとりを感じられます。天井が高くて、開放感も◎ 2002年に注文住宅として建てられたお住まいです。

売主さま

中古の戸建てとしては比較的築年数が浅く、前所有者さまが細部までこだわってつくっていらっしゃったので、大きな改修や間取り変更はしておりません。もちろん、第三者機関を入れての建物調査や地盤調査、クロスの貼り替え、ハウスクリーニング等は行なっております。

スラッと縦に長い キッチン

写真

左・窓の配置からも、天井が高いことが伝わるかと思います。キッチンは今回新設していて、IHクッキングヒーター付き。右奥の引き戸の先は洗面室です。/右・キッチンの左側には土間があります。スロップシンク付きなので、靴や上履きの洗濯、掃除道具のお手入れなどに使えそうですね。

売主さま

ワンちゃんを飼っていらっしゃれば、お散歩帰りはこちらの勝手口から入って足元を洗ってあげることもできます。

cowcamo

小型犬ならスロップシンク内でシャンプーもしてあげられそうですね! ここなら身震いの水しぶきも怖くない!

LDKに戻って

写真

左奥の棚は備え付けのもので、腰壁の装飾とお揃いのデザイン♡

写真

リビングスペースの奥には、畳の敷かれた小上がりが。ごろんと寝転んだり、お子さまのプレイスペースにしたりと使えそう◎

写真

リビングスペースから、改めてお庭を見てみました。石板は植栽が映えるよう、青みがかった色味の天然石が採用されています!

売主さま

既存樹も含め、樹木類には常緑樹と落葉樹をバランスよく織り交ぜております。視界を遮る役目としてや、新緑や紅葉などから四季の彩りを感じられるようにしました。

写真

小上がりの奥は、掘りごたつのように足を入れることができます。コンセントもあるので、パソコン作業や読書スペースにするのもよさそう。

cowcamo

次は、個室を見ていきましょう。写真右側に進みますよー!

写真

左・洋室Aは約7.6帖の広さで、カーペットは新規貼り替え済み。掃き出し窓の奥は、先ほどのお庭ですよ。/右・折れ戸4枚分の収納が備わっています。右奥はデスクやドレッサーを置くのにちょうどよさそう。

1階の水まわりをチェック

写真

左・窓、手洗い器、ミラー付きのトイレ。/中央・洗面脱衣室にも窓があります。左手の扉の先はキッチン! 間取り図を見ていただくと分かるのですが、1階は回遊できるようになっているんですよ。/右・浴室も大きな窓があって換気面◎ 面格子が付いているので、防犯的にも安心感があります。

2階へ

写真

左・階段にも窓があって、自然光が気持ちよく入ります。/右・2階へ上った先の廊下には大きなウォークインクローゼット(WIC)が。季節家電などの大物をしまうのに重宝しそうです。

ジャパニーズスタイル

写真

和風な扉の先には、約8帖の和室が。畳は表替えを行なっています。2階へ上がることにはなりますが、客間としても使えますね。

掃き出し窓の先 バルコニーへ

写真

庇が長めなので、急な雨が降ってもお洗濯物はある程度守られそう。正面には別の建物があるものの、空は広く感じられます。

写真

2階からもお庭を見てみました。自分で手を入れたあと、こんな風に見下ろすのもいいですね!

写真

室内に戻ってきました。右側の扉の中は押入れで、中央は床の間っぽくなっていますね。ベーシックに掛け軸や生け花を飾るのもいいですし、今風にアレンジして見せる収納や本棚などを設置するのも◎

cowcamo

何やら右側にも空間が続いていますね!

写真

こちらは約3.5帖の空間で、収納や書斎として使うのに便利そうです。廊下から直接アクセスもできますよ。

マスターベッドルーム

写真

洋室Bは約11.2帖の広さ。カーペットは1階同様、新規交換済みです。別途費用はかかってしまいますが、フローリングにすることも可能ですよ。

写真

左手の扉の奥は、先ほどご紹介したバルコニー。写真中央には造作の本棚が備わっています。

写真

左・そしてズラっと並ぶ収納は、奥まで続いています! 折れ戸を開けると……/右・内部はシステム収納に! なんと収納内には床にレールが通っていて、前面の棚を左右に動かすことができます。追加で家具を買い足さずとも、無駄なくスペースを活用できるのはうれしいですね!

2階の水まわり

写真

左・2階にも洗面脱衣室が備わっています。/中央・そしてシャワールームも! ササッと浴びたい朝などに◎/右・トイレもありますよ。

閑静な住宅地 “上野毛エリア”

写真

物件がある東急大井町線「上野毛」駅は、二子玉川の隣駅。駅舎は2011年に建て替わっており、なんと設計したのは世界的な建築家・安藤忠雄氏! 最寄りの駅舎が建築家による設計……なんだかちょっと自慢したくなりますね。(徒歩13分)

cowcamo

駅舎の側面にはガラスのカーテンウォールが続いていて、スタイリッシュな印象です。

写真

左上・商店街裏路地にある、フランス人シェフによるビストロ「Trois Petits Loups(トワ・プティ・ルー)」は口コミで大人気♡(900m 徒歩12分)/右上・1978年創業のパイとタルトの老舗「ママタルト 上野毛店」。甘いタルトはもちろん、具がギュッと詰まったパイもオススメです♡(750m 徒歩10分)/左下・駒沢通り沿いにあるベーカリー「CASTLE(キャッスル)」。芸能人にもファンがいると噂のシナモンロールが人気です。(280m 徒歩4分)/右下・物件から徒歩5分(350m)の場所には、世田谷の真ん中でいちご狩りができる「世田谷いちご熟」が。トマトなども販売しているようです。のどかな雰囲気が◎

cowcamo

カウカモ編集部より

今回ご紹介するのは、広いお庭のある戸建て住宅です。お庭の面積は約50㎡。2002年に建てられているので、内部に大きな改修は入れず、このお庭にアレンジが加えられています。


好きなお花やハーブを植えてみるのはもちろん、天然芝を育ててみたり、家庭菜園を楽しんだり、砂利を敷いてみたり。楽しめそうな余白がたくさん残されているので、ぜひ現地では妄想を膨らませてみてくださいね◎ お庭には水栓も備わっているので、水やりもスムーズだと思います。


土地面積約198㎡、建物面積約138㎡と、ゆったりと建てられているのも魅力的な要素のひとつ。建物調査や外壁の補修、防水の是正工事などを行なっているのも安心感があります。内装にはややレトロな雰囲気が残るので、追加リフォームも合わせて検討してみるといいかもしれません。


そして、戸建てでは珍しいのですが、こちらのお住まいは免震住宅として建てられています。免震住宅とは、地面と住宅の間に免震装置を設置し、揺れを左右に揺らすことで分散させ、地震対策をする住まいです。室内での揺れを比較的抑えられるため、家具等の転倒を防止でき、二次被害を防ぐ役割を担っていると言われています。


駅から物件までの道のりでは住宅地を歩くのですが、その道幅の広さに “上野毛エリア” のゆとりを感じました。派手さはありませんが、落ち着いた上品さを備えている街だと思います。広大な庭園を持つ「五島美術館」があることでも有名ですね。(勝手ながら “庭つながり” を感じました)


帰ってきたら出迎えてくれるお花や実りを見せる木々から、心癒される日々を送ることができそうなお住まいです。閑静な住宅街で、悠々自適な、戸建てらしい “ゆとり“ を味わいましょう。

writer / editor:平野 翔子

とれたて新着

実際に見てみたい