fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

スクリーンの中で生きる映画のスター。軽快な足並みで街を闊歩し、バックには粋なBGM。時には豪快に遊び、ポップコーン片手にソファでくつろぐ姿さえ、なんだか様になる。彼らへの憧れはいくつになっても尽きなけど、人生の主役はただひとり。あなたが主人公となる物語は、間もなく上映開始です。

中央区日本橋蛎殻町(水天宮前駅徒歩1分)
1ROOM+WIC / 37.80㎡ / 3,480万円

売主さまのご紹介

写真

売主さま

Sさま

独身時代に購入された物件を、お子さまの誕生を機に手放すことに決めた売主さま。ひとり暮らしのストーリーが詰まった住まいは、こだわりの意匠と遊び心が満載です。

ご利益がありそうな距離

写真

今回ご紹介する物件は、東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅から、わずか徒歩1分。最寄りの5番出口から、新大橋通りをまっすぐ歩いてすぐの場所に建ってます。通り沿いには、2016年に新しい社殿が造られた「水天宮」が鎮座し、毎日ありがたい気持ちを感じながら過ごすことができそうです。

売主さま

この辺りはとても治安がいいので、女性でも安心して暮らせます。また、交通利便性も優秀で、東京メトロ日比谷線・都営浅草線「人形町」駅(徒歩5分)など計4駅を利用可能でき、いずれも徒歩10分圏内です。


電車でのアクセスだけでなく、「東京」駅八重洲口から浜町〜人形町〜兜町エリアを結ぶ無料の巡回バス「メトロリンク日本橋Eライン」が利用でき、とても便利なんです。水天宮前駅直結の「東京シティエアターミナル(T-CAT)」(写真左下/400m 徒歩5 分)からは羽田・成田空港へ向かうリムジンバスも発着していますよ。

ごめんください カウカモです

写真

それでは、住戸のLDKから拝見。ヘリンボーンスタイルの無垢フローリングにステンレス製のキッチン……ほかにも気になるところがたくさん!

売主さま

スケルトン状態から設計とリノベーション工事を行いました。木材は基本的に無垢材を採用し、床にはチーク、カウンターにはウォールナットを使っています。

写真

間取りは北東向きのワンルームです。天井にさりげなく姿を現すダクトも、グッとくるアクセントになっています。

cowcamo

住戸が所在するのは、地上11階建てのマンションの 7階部分。細則がありますが、こちらのマンションでは1匹までペットの飼育が可能です。

写真

手前の空間をベッドスペース、キッチン横をリビングにするのがよさそう。右手のドアはクローゼットです。

cowcamo

パーテーションや棚で空間を分けるのもよさそう。ワンルームって、自分好みに間取りをアレンジできるのがおもしろいですよね。


おや? なにやらリモコンを発見……(ポチッ)。

まもなく 上映時間です

写真

リモコンのボタンを押すと……リビングの壁際からゆっくりと降りてきたのは、プロジェクター用のロールスクリーン! シェードカーテンを閉めれば、自分だけの映画館に。

売主さま

ロールスクリーンとシェードカーテンはお付けいたします。プロジェクターさえあれば、さながらお店のような雰囲気を家で満喫できますよ。

cowcamo

くぅ〜、これは映画好きにはたまらない仕様ですね……羨ましいっ!

空間の主役 キッチンへ

写真

一段上がった場所に、堂々と構えるⅡ型キッチン。段差の内側で光る間接照明や鈍く輝くステレスが、キッチンを空間の主役へと押し上げています。

売主さま

カウンターに椅子を並べれば、ダイニングテーブルとしても使えます。お料理好きの方にも満足していただけるキッチンだと思いますよ。

写真

食洗機を備える作業スペースはクールなステンレス、カウンターや上部のラックはウッディーな仕様に。

cowcamo

キッチンの足元は、拭き掃除がしやすいタイル貼りになっています。

細部に宿る輝き

写真

間接照明のスイッチには、気分まで “ON” にしてくれるトグルスイッチを採用。作業スペース側の壁には、間接照明が仕込まれたウォールシェルフが備わっています。

どこのバーですか?

写真

いえ、こちらは売主さまが実際に住んでいた時の写真。夜は間接照明の調光を駆使して、バーさながらの雰囲気に。

売主さま

間接照明はすべて調光可能です。昼は温かみを感じるカフェのような雰囲気に、夜はバーのように楽しめる部屋を創りました。

写真

玄関側から室内を見たカット。左手の壁一面には、置物や本を並べられるウォールシェルフが備わっています。続いて、左手の扉から水まわりを見てみましょう!

映画はリビングで 音楽はバスルームで

写真

アンティーク調の水栓が可愛い洗面脱衣室。バスルームには浴室乾燥機に加え、なんとスピーカーまで備わっているんです……音楽好きにはたまらない!

売主さま

浴室スピーカーは、洗面脱衣室にあるジャックにAUXケーブルをつなげば使用できます。バスルーム内にいても音量調整が可能ですよ。


また、単身向けの物件としてはめずらしい1618サイズのバスタブを採用しました。

写真

コンパクトな玄関には姿見付きの下足入れが備わっています。左右にはトイレとウォークインクローゼット(WIC)のドアが。

写真

左・WICにはハンガーパイプと枕棚に加え、ディアウォールで追加された棚が備わっています。/右・ウッド調の壁に民芸品のような手洗い器と、あっぱれなトイレ。

売主さま

トイレも部屋との統一感を意識してデザインしました。

最後にバルコニーへ

写真

北東向きバルコニーのお向かいにはビルが建っています。距離が取れているので、圧迫感はそこまでありませんでした。

写真

バルコニーには物干し金具が備わっています。

cowcamo

バルコニーの左下に新大橋通りが通っていますが、室内では音が気になることはありませんでした。ただ、掃き出し窓の高さが約180cmと低めなので、背の高い方はお気を付けくださいね。

売主さま

サッシやドアなどの共用部分を含め、古さや使用感を感じる箇所は現地でお確かめください。

マンションはこんな感じ

写真

新大橋通りに面して建つマンション。飲食店を含むテナントがいくつか入居しています。エントランスは一本横道に位置しており、オートロックを完備。築年数は感じるものの、その年月がレトロな味になっていました。とくに玄関ドアは、住戸のためにデザインしたのかと思うくらいお似合いです。

売主さま

建物の自体に古さは感じるものの、修繕に充てる積立金をしっかり蓄えており、計画的な修繕が予定されています。24時間ゴミ出しが可能なのもとても便利です。


また、1階にリーズナブルな飲食店が入っているので、買い物が億劫な時には重宝しました。

下町の散歩道 「甘酒横丁」へ

写真

帰りは「人形町」駅方面に向かい「甘酒横丁」をぶらり。歴史的な佇まいが残る趣深いこの通りは、言わずと知れた下町の観光名所です(220m 徒歩3分)。

売主さま

このエリアは、老舗の名店だけでなく新しいお店やチェーン店なども混在しているので、外食のレパートリーが豊富ですよ。

気になるお店しかありません

写真

左上・このエリアといえば「人形町今半 本店」! という人も多いのでは? 言わずと知れたすき焼き&しゃぶしゃぶの老舗です。(300m 徒歩4分)/右上・スタイリッシュな外観と “氷” と書かれた暖簾の組み合わせに、思わずパシャリ。「美氷 ねろの鈴 水天宮前」はかき氷の専門店です。(110m 徒歩2分)/左下・新大橋通りを挟んで、マンションの斜向かいにあるうどん屋さん「谷や」。毎朝足で踏んでいるというコシのある麺と、無添加・無化調にこだわった優しい出汁が特徴的で、何度でも訪れたくなるお店です。(60m 徒歩1分)/右下・ちょっとしたお買い物は「まいばすけっと 水天宮前店」(140m 徒歩2分)へ。ほかにもマンションのすぐお隣に八百屋さんがあるようですので、使い分けてみては。

cowcamo

カウカモ編集部より

売主さまが独身時代に購入されたという、こちらの物件。スピーカー付きのバスルームやプロジェクター用のスクリーンを完備し、趣味や自分だけの時間を楽しむ仕掛けがたっぷり。まさに『独身貴族の城って、こういうことをなのか……』と思わせてくれる住まいです。


設備だけでなく、内装も抜かりないのがにくいところ! 随所に設けられた間接照明が、そのこだわりの意匠を浮かび上がらせてくれます。とくにインパクトのあるキッチンは、一段高さを出すことで空間の主役に。水まわりまで統一感のあるデザインも見所です。


マンションは築年数がそれなりに経過しているものの、しっかりと修繕に充てる積立金が蓄えられており、見た目以上に安心感がありそう。そもそも働き&遊び盛りの方なら、築年数はあまり気にしないかも? 周辺環境も開拓がしがいがありそうですし、交通利便性だってハナマルです。


思い描くライフスタイルにぴったりハマると思った、そこの主人公さん! スクリーンの映画のように華麗に、そして豪快に、ネクストストーリーをここで映し出してくださいね。

writer / editor:酒井 大作

とれたて新着

内見・お問い合わせ