fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

木の温もりに包まれる約18帖のLDK、洋室へ光を運ぶ室内窓、効率的な間取りの工夫。リビング・洋室・キッチン越しに、あなたと私目が合って、ふと顔がほころぶ。そんな何気ない一瞬が愛しくて。健やかな時が育まれるマンションの1室で描く、私が大切にしたい日々。

品川区南品川(大井町駅徒歩12分)
1LDK / 59.53㎡ / 5,490万円

丁寧に管理されてきた ビッグコミュニティ

写真

1979年竣工、長谷川工務店によって建てられた総戸数107戸のマンション。建物はきれいに保たれており、植栽も美しく剪定(せんてい)され、長く丁寧に管理されてきたことがうかがえます。

cowcamo

2014年に大規模修繕工事を実施済みで、その後もこまめにメンテナンスが施されています。

写真

左上・第一京浜道路に面したエントランス。/右上・明るく開放感のあるエントランスホール。/左下・共用部には生き生きとした表情のグリーンがあちこちに。/右下・エレベーターは1基のみなので、混み合う時間は早めに家を出るといいかも。それでは住戸が所在する6階へと上がりましょう!

cowcamo

細則はありますが、ペットの飼育が可能なマンションですよ◎ これはポイント!

では、お邪魔します!

写真

左・住戸の玄関前までやってきました。/右・木の風合いを感じる、温かみのある空間。正面奥の扉の先にLDKがありますよ。

約18.8帖のLDKへ

写真

南西向きの掃き出し窓を通して、室内の隅々に光が届きます◎

売主さま

家具や小物はディスプレイです。よろしければインテリアの参考にしてくださいね。

奥へと進んで

写真

ワイドな空間! 大物の家具やグリーンを置いても余裕がありそう。

cowcamo

ブラックのライティングレールやサッシが、ナチュラルな質感の空間をキリッと引き締めていますね!

バルコニーに出て 眺望をチェック

写真

正面の建物とは距離がとれているため圧迫感はなく、晴れた日には気持ちのいい青空を望めます。

cowcamo

近くに第一京浜道路が通っており、バルコニーにいるとやや車の走行音が気になりました。音の聞こえ方には個人差があるため、現地でご確認くださいね。

写真

幅・奥行きともにゆとりのあるバルコニー。物干し台は別途ご用意いただく必要がありますが、お洗濯物の乾きは期待できるでしょう。

室内に戻って

写真

キッチンの腰壁と壁面の一部にあしらわれた白のタイル使いが、空間のさりげないアクセントになっていて素敵◎ 続いてキッチンを見てみましょう。

写真

3口コンロと食洗機付きのキッチン。背面は冷蔵庫やパントリーを設置しても余裕のありそうな広さです。

写真

キッチン腰壁のニッチや可動棚には、グリーンやお好きなコレクションをディスプレイのように飾ると楽しそう。

写真

白とウッドのやわらかな雰囲気が素敵な空間◎ それでは、室内窓の先にある洋室をチェックしてみましょう。

約4.9帖の洋室

写真

窓際にデスクを置いて、自然光を感じながら作業をするのもいいですね。​​室内窓から視線が抜けるので、帖数以上に広く感じますよ。

写真

左・窓際からパシャリ。奥の扉の先には……/右・ウォークインクローゼット(WIC)が! 丈の異なる衣服などをすっきりと収めることができそうです。

最後に 水まわりをチェック

写真

左・キャビネット付きの三面鏡。カウンター下にも収納スペースがあり、散らかりがちな水まわりを美しく保てそうです。/右・1216サイズのバスルームは、浴室換気乾燥機付き。

写真

左・小さな手洗い器付きのトイレ。何かと便利ですよね◎/右・廊下に収納を発見! 電源があり、充電式の掃除機をしまっておくことができますね。こういった細やかな配慮がうれしい……!

下町情緒と歴史を感じる 「青物横丁」

写真

左上・最寄りである「青物横丁」駅。日中は各駅停車のみですが、朝夕の通勤時間帯は特急とエアポート急行も停車するので、通勤や羽田空港方面へのアクセスに便利です。(徒歩3分)/右上・昭和レトロな老舗の喫茶店「カフェ ムジカ」。息抜きのコーヒー1杯におすすめです。(220m 徒歩3分)/左下・街のケーキ屋さん「Les Cinq Epices(レ サンク エピス)」。ケーキの種類が豊富で、ホームパーティーの際には重宝しそうです◎(450m 徒歩6分)/右下・JR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線が利用可能な「大井町」駅も徒歩圏内。隣駅である品川以外にも東京・横浜・自由が丘・二子玉川など、便利で楽しい街に1本でアクセスできるのが魅力的です。(徒歩10分)

cowcamo

カウカモ編集部より

「品川」のほど近くにありながら、下町情緒溢れる「青物横丁」。「羽田空港」へのアクセスがよく、出張や『ちょっと今日はあそこまで』という予定が多い方には特に便利な立地です。加えて、3路線利用可能なうえに街自体に魅力満載の「大井町」も徒歩圏内ときたら、交通アクセス&生活利便性はハナマル。


マンションの管理体制のよさは、修繕履歴や現地を見れば一目瞭然。また、管理人さんが住人の方々と親しげにお話しされている様子も好印象でした。手入れの行き届いた植栽もイキイキとしているように見えて、なんだか空気のいいマンションだなと感じましたよ◎

それでいて、ビッグコミュニティがゆえに共益費はリーズナブル。適宜修繕が施されているにもかかわらず、積立金もそれなりに溜まっており安心感があります。

住戸はそんなマンションの安心感にぴったりとマッチする、木の優しい風合いに包まれた空間。木枠の室内窓やタイル貼りの壁面など、遊び心あるディテールにグッときます。ぜひ現地でじっくりと見ていただき、暮らしの妄想を膨らませていただきたいです!

writer : 清水 駿 / editor : 濱口 綾子

とれたて新着