fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

機嫌がいい日は念入りに、大きなフォトフレームを磨く。つやつやガラスの透明感が命なのです。キュキュッと拭き上げれば、ガラス越しのみんなの横顔が一層愛おしく見えるはず。あ、じゃあ下のほうはお手伝いしてもらおうかな、やさしくね。それっ、キュッキュッ。

板橋区蓮根(蓮根駅徒歩13分)
2LDK+S / 61.08㎡ / 3,998万円

cowcamo

住宅のデザイン・施工などに定評のある「リノベる。」が設計プロデュースを手がけた物件です。さっそくお邪魔しましょう!

おおっ

写真

まずは約10.2帖のLDKから。こちらの写真は、左手の洋室Aと右奥に広がる洋室B、それぞれの引き戸を開けた状態。空間が拡張していて、とっても広いリビングみたいですね。

売主さま

足元は無垢材を使ったフローリングを採用しております。

写真

洋室Aとの間にある引き戸は、木枠×ガラスの軽やかなデザイン。緩やかに空間をゾーニングすると同時に、内装のアクセントになっています。

cowcamo

透明な引き戸なんて、意味あるの? と思うでしょうか。それが大アリなんですよ♡

約7.2帖の洋室A

写真

洋室AからLDKを見てみました。引き戸がフォトフレームみたいです! 建具にも明るい色味の木が採用され、優しい印象の内装に仕上がっています。

写真

左・南東向きの掃き出し窓の向こうには、洋室A専用のバルコニーが。/右・反対側にはオープンクローゼットを完備。手前にカーテンレールが取り付けてあるので、お気に入りのファブリックで目隠しするのもいいですね。

空とハイウェイと

写真

バルコニーに出ると、空が大きく見える開放的なビュー。こちらの住戸は4階に所在しており、周囲の戸建てより少し背が高いおかげで視線は気にならなさそうです。

cowcamo

右側にはやや距離を置いて、首都高速道路が通っているのが見えます。そして、左手にはちらっと墓地が。とはいえ、言われなければ気づかない程度の存在感だと思います。

写真

晴れた日には陽の光がたっぷり入りそう。バルコニーは比較的コンパクトですが、洋室B側にもうひとつのバルコニーがあるので、洗濯物を干す場所には困らなさそうです。

cowcamo

首都高を走る車の音が聞こえてきますので、音量については現地でチェックしてみてください。個人的には、東京の波音だと思って許容できるくらいだと感じました。

約5.7帖の洋室Bへ

写真

左・LDKの奥に見えていた、洋室Bへやって来ました。掃き出し窓の向こうには、先ほどと同サイズのバルコニーが。/右・北東側にも腰窓があり、二面採光の明るい空間です。クローゼットもしっかり備わっていますよ。

画になりますね

写真

続いて、左奥のキッチンエリアをチェック。そのあとは正面の扉から廊下に出て、サービスルーム〜水まわりへと進みましょう。

売主さま

ご家族との時間を楽しんでいただけるよう、オープンな対面式キッチンに仕上げました。

ちょうどいい開放感

写真

左・ホワイトのキッチンは、白を基調とした室内にしっくり馴染んでいます。足元はお手入れが簡単なフロアタイル仕様。/右・背面にはカップボードなどを置けるスペースが確保されています。冷蔵庫置き場が奥まっているのは、生活感が出にくくてうれしいポイント。

廊下に出ます

写真

左・LDKを背にして廊下を見たカット。右手に水まわりとサービスルーム、左手にトイレがあります。/右・玄関側から見るとこんな感じ。シンプルイズザベストですね。

約5.4帖のサービスルーム

写真

サービスルームと言えど、窓も収納も備わっているので個室として活用できそう。窓は共用廊下に面しているため、プライバシーへの配慮から擦りガラスになっています。

最後に水まわりへ

写真

洗面化粧台やトイレには木製の棚が設えてあり、シンプルなデザインで統一されています。ただ、バスルームが1116サイズとコンパクトなのはちょっと惜しいところ……ここは割り切りが必要かもしれません。

1990年生まれのマンション

写真

建物はカクカクと雁行した、ちょっと凝ったデザイン。オートロック付きのエントランスがきれいなのは、テンションが上がりますね◎ 総戸数48戸という規模に対して、現状の修繕積立金の額は低めに設定されているので、今後の資金繰りにはしっかり意識を向けておくのがよさそうです。

cowcamo

物件の最寄り駅は、徒歩13分の場所にある都営三田線「蓮根」。レンコンではなく、ハスネです。駅までは坂道のないアプローチなので、自転車移動が快適そう!

「蓮根」の街を ちょっとウロウロ

写真

左上・有名ベーカリー「ヴィロン」出身の店主が腕を振るう「&TAKANO PAIN (タカノパン)」。パッと目を惹くスタイリッシュな店構えです。(700m 徒歩9分)/右上・広大な敷地を持つ料亭「よし邑(よしむら)」。日本庭園を眺めて豊かな時間を過ごせます。(750m 徒歩10分)/左下・路地裏に隠れた名店を発見! 「sandwichworks PRISM
(サンドイッチワークス プリズム)」のコーヒー大福サンドは絶品でした。(1km 徒歩13分)/右下・お手頃な価格設定がうれしすぎる「業務スーパー 蓮根店」が物件の徒歩圏内に。羨ましい!(600m 徒歩8分)

バスもあります

写真

マンションのすぐそばにあるバス停「西台交差点南」。どれくらい近いかというと、写真右手にマンションが写り込んでるくらいです。三田線お隣の「西台」駅や、「赤羽」駅にひとっ飛びできますよ!(240m 徒歩3分)

cowcamo

カウカモ編集部より

ややマイナーな「蓮根」の街。おしゃれさ・華やかさはありませんが、日用品は都心に比べてうれしい価格で手に入りそうですし、空気はのんびり穏やか。じっくり腰を落ち着けて生活するには向いている環境だと思います。

『わ、いいな!』と思える内装の住まいが抑えめの価格で手に入るのも、この場所だからこそではないでしょうか。やっぱりLDKのガラス引き戸が忘れられません……♡ 何気ない日常のひとコマも、このフレームで切り取ったら一層大切に感じられそうで、ニヤニヤしてしまいます。内装は明るい木の色で統一されているので、北欧テイストの家具がぴったりハマりそうですよね。

取材前に心配していた首都高からの車の走行音は、さほど気になりませんでした。なので、シンプルに “内装の魅力” と “エリアのローカルさ” を天秤にかけてみてください。もし “好き” が勝ったらGO! ですよ。

writer:小杉 美香 / editor:酒井 大作

とれたて新着