fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

長く暮らす住まいで大切なのは、木の香りや肌触りのような目に見えないもの。削ぎ落とされたシンプル空間には、自分らしさで色を付けて。そこに光や風を招き入れて、心が安らぐ暮らしを。緑に恵まれたゆったりとした環境で、住んでみて気付く心地よさを味わい尽くしてください。

武蔵野市中町(三鷹駅徒歩13分)
3LDK / 76.55㎡ / 5,699万円

cowcamo

今回ご紹介するのは、緑豊かな “三鷹エリア” の大型マンション。JR中央線、総武線、「三鷹」駅前から続くバス通りを真っ直ぐ歩いて13分の場所に建っています。それでは行ってみましょう。

写真

三鷹通りに面して建つ、総戸数161戸のビックコミュニティ。1階にはテナントがいくつか入っています。

ゆとりのある共用部

写真

左上・コの字型の建物で、敷地内には平置きの駐車場(月額22,000円)と駐輪場(年額2,000円)があります。/右上・エントランスは幅も広くゆとりたっぷり。/左下・続いてエントランスロビー。写真の左手の事務室には、管理人さんが常駐しています。右手の奥には郵便ポストがあります。では、エレベーターで住戸が所在する5階へ上がりましょう。/右下・こちらがご紹介する物件の玄関扉。エレベーターからは少し距離があります。

売主さま

2021年6月現在、駐車場も駐輪場も空きがございます。

cowcamo

共有部はしっかりと手入れされていてピカピカ! 親切な管理人さんが住人の方と気さくに話をされていました。

それでは室内へ

写真

左・玄関から見て右手の壁は、グレーの珪藻土仕上げ。湿度調整をしてくれる効果があり、空気をきれいに保ってくれる自然素材です。/右・奥行きが深い下足入れ。可動式の棚なので、ベビーカーやアウトドアグッズの置き場としても使えそう。棚受け板はこれから追加される予定です。

cowcamo

玄関扉を開けるとほのかに感じる木の香りは、無垢フローリングならでは。この香りを感じただけで、自宅に『帰ってきた』とほっこりする気がします。使用されている木はパイン材。柔らかく、素足にぬくもりと心地よさを感じさせてくれますよ。

LDKへ向かいましょう

写真

廊下突き当たりのドアを開けると、まずキッチンが。汚れが目立たなそうなダークカラーです。

cowcamo

キッチンの床に使用されているのはコルクタイル。火や水に強く、保温性に優れているため冬でも足が冷えません。クッション性が高く足の負担を軽減してくれるので、毎日の料理がはかどりそう。エコな自然素材で人にも環境にも優しい! 内見の際に、ぜひ体感してみてくださいね。

写真

左・キッチン背面は棚が少なめなので、お持ちの料理器具に合わせてラックを用意するとよさそう。/右・キッチンの隣にはデスクとしても使えるスペースが。コンセントが付いているので、キッチン家電を置くこともできますよ。

cowcamo

チェアを設置すれば、お子さま用の簡易デスクになりますね。ただ、高さが約70cmと一般的なデスクよりも低いのでご注意を。

写真

システムキッチンのリビングダイニング(LD)側は収納がたっぷり。キッチンを囲んで、家族みんなで食事の準備ができそうですね。

写真

白基調のシンプルなLDKは約13.6帖。南向きの掃き出し窓から自然光が入る、明るい空間です。写真のように洋室Aと仕切る引き戸を開けるとさらに明るく広々!

バルコニーからの眺望

写真

正面に建物があるものの、距離が取れているため空をしっかり仰ぐことができます。

cowcamo

右手に見えるのは三鷹通り。車の走行音は多少聞こえますが、そこまで気にはならないと思いました。

写真

ゆとりのあるバルコニー。物干し竿金具も付いていて、洗濯物をたくさん干せそうです。

室内に戻ります

写真

LDKと洋室Aを仕切る建具が上吊戸のため、フローリングにレールがなくフラットにつながっています。

cowcamo

戸を開け放てば、約19.7帖の広々空間に! 洋室Aの奥に見える大きな収納が気になりますね。

リビングから続く 約6.1帖の洋室A

写真

収納の中は、右手に上下可動式の棚とハンガーポール、左手には簡易デスクがこんにちは。デスクまわりが散らかっていても、扉を閉じればスッキリ隠すことができますね。仕事のオンオフがしっかり切り替えられそう♪

cowcamo

棚としても使用できる汎用性の高いデスクは使い勝手◎。 しかし、キッチン横にあるデスクと同様、床からの高さが約70cmと少し低め。デスクとして使用する場合は、座面の低いものや、高さの調整ができるチェアをチョイスしましょう。

写真

ガラス引き戸を閉じるとほどよい個室感です。

cowcamo

小さなお子さまがいるご家庭では、キッズルームとしても活躍しそう。お子さまの様子を見ながら家事や仕事ができますし、お子さまもご両親の様子が見えて安心感があります。ただし、透明度の高いガラスなので、気づかずに頭をぶつけないよう気をつけてあげてくださいね。

写真

LDKに戻って引き戸を閉めるとこんな感じ。洋室Aを個室として使用する場合は、ガラスにシートを貼るなど工夫が必要かも。

続いて、 キッチン横の洋室Bへ

写真

約6帖の洋室Bは正方形に近い間取り。LDKと同じ無垢フローリングで足触りがいいです。

cowcamo

掃き出し窓からは、西向きのバルコニーに出ることができますよ。

写真

左・扉の開閉部分が凹んでいるため、家具の配置がしやすそう。/右・クローゼットは可動棚とハンガーパイプ付き。子ども部屋にする場合は、成長に応じて手の届く高さに棚を変えられます。

洋室Cへ参りましょう

写真

約8.4帖の洋室Cは開口部が広く明るい印象。こちらも無垢フローリングが採用されています。

写真

洋室Bと同じクローゼットがふたつ備わっています。壁の凹凸を考慮すると、腰窓の位置にベッドを配置するのがよさそう。

廊下に戻って 水まわりをチェック

写真

左・右手のカウンターは下部がオープンになっているので、廊下の幅にゆとりを感じます。/右・トイレの奥の壁に貼られているのは、湿気や匂いを吸収する効果がある多孔質タイル「エコカラット」。窓が無い分、ありがたいですね。

写真

左・洗面脱衣室は白基調でスッキリとした印象。洗面カウンターの腰壁にはトイレと同様に「エコカラット」が貼られています。/右・浴室は追焚き機能、換気乾燥暖房機付きです。

徒歩圏内の充実感

写真

左上・最寄りの「三鷹」駅には商業施設が多く、買い物にも便利。マンション方面に向かうバスが発着しているので、バス利用も可能です。/右上・マンションの真横にある「中央通り公園」。バスの待ち時間にひと息つけそう。(110m 徒歩2分)/左下・「市立中央図書館」は徒歩5分。気軽に本を借りられますね。(350m)
右下・スーパーも近くにたくさんありますが、売り場面積が広く品揃えが豊富なのは「サミットストア 武蔵野緑町店」。まとめ買いに便利そうです。(500m 徒歩7分)

おしゃれで可愛いお店がたくさん♪

写真

左上・2021年1月にオープンしたばかりの「NING'S COFFEE(ニンカフェ)」。サイフォン式で一杯ずつ淹れるコーヒーと、クラシックプリンが評判です。(190m 徒歩3分)/右上・週末のランチはベーカリー「aoi(アオイ)」で、野菜たっぷりの「吉祥寺キッシュ」はいかがでしょう? キッシュのほかにも素材にこだわったパンや焼き菓子が並び、どれもおいしそうですよ♪(650m 徒歩9分)/左下・ナチュラルな雰囲気の「ニシクボ食堂」。地域の人に愛される和食のお店がすぐ近くにあるのはうれしいですね。(400m 徒歩5分)/右下・ほっこりと落ち着ける「hosanna cafe(ホサナカフェ)」。雰囲気がかわいらしく、気分転換にぴったりです。(500m 徒歩7分)

cowcamo

カウカモ編集部より

住宅街ののんびりした雰囲気と、緑や公園が多い環境が魅力的な物件でした!

最寄り駅の「三鷹」駅から徒歩13分の距離は、三鷹通りをまっすぐ歩くルートなので、それほど遠くは感じません。最寄りのバス停の「市民文化会館入り口」がマンションの目の前にあるため、雨の日や荷物が多い日に便利に使えそうです。

内装はシンプルでありながら、無垢フローリングや珪藻土、コルクタイルなどの自然素材を取り入れていて、香りや足触り、空気など目に見えない住み心地のよさにこだわりを感じました。

無垢のフローリングが家族の成長とともに経年変化し、味わい深くなっていくんだろうな〜。そんな温かみを感じる空間を、ぜひ内見の際に体感してみて下さいね。

writer:濱口 綾子 / editor:酒井 大作

とれたて新着

内見・お問い合わせ