fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

吉祥寺駅から徒歩3分、専有面積約160㎡、LDKは約34帖、井の頭恩賜公園を望むパノラマ・・・これぞ憧れを集めたような住まい。羨望のまなざしが今日も止みません。長く愛される「吉祥寺」の街とお付き合いしながら、まだまだ計り知れないこのお部屋の魅力を引き出してはいただけませんか?

武蔵野市吉祥寺南町(吉祥寺駅徒歩3分)
4LDK / 159.21㎡ / 12,800万円

見どころいっぱいの 「吉祥寺」駅周辺を散策

写真

左上・JR中央本線と総武線、東京メトロ東西線、京王井の頭線が乗り入れる「吉祥寺」駅が、今回ご紹介するマンションの最寄り。大型ショッピングセンターだけでなく、路地には小さなお店も多く軒を連ね、ショッピングやグルメに困ることはなさそうです。(徒歩3分)/右上・駅前で長年の歴史を積み重ねてきた「吉祥寺サンロード商店街」。アーケード付きなので雨の日のお買い物にも便利ですね。(徒歩4分)/左下・立ち飲み屋や雑貨店がぎっしり建ち並ぶ「ハモニカ横丁」。昔ながらの昭和なお店もありつつ、サブカルの香りも感じられる貴重な場所。(徒歩5分)/右下・「丸井 吉祥寺店」はマンションのすぐ隣。婦人服や雑貨だけでなく、無印良品やフードエリアもあります。(徒歩1分)

駅近なのに静かなエリア

写真

今回ご紹介するマンションは「吉祥寺」駅から徒歩3分。南口にある「丸井」のすぐそばに位置していますが、賑わう駅前とは一変、かなり静かな空気が流れています。

売主さま

こちらは大手施工会社により施工された、総戸数155戸の大型マンションです。「吉祥寺」駅は至近ですが、エントランスは「井の頭通り」と反対側にあるので、落ち着いた雰囲気ですよ。

写真

エントランスはゆとりをもった造り。正面に段差はありますが、左手にはスロープがあるのでベビーカーやスーツケース等を利用する際も安心ですね。右手の植栽の向こう側には「吉祥寺南公園」があります。

写真

左上・中に入るとアーチの開口が可愛い玄関ロビーが。右手には管理人室があります。/右上・オートロックの先にはさらに広々としたロビーが続きます。現在築40年とは思えない美しさを保っていました。左奥にエレベーターが3基ありますが、その前に右手を見てみると・・・ /左下・吹き抜けになった中庭があります。共用部はどこも広々としていて贅沢ですね。/右下・所在の13階まで上がってきました。エレベーターを降りてすぐ、写真右側が今回ご紹介する住戸です。写真には写っていませんが、右手には専用倉庫があり、アウトドア用品などもたっぷり収納できそうです。

売主さま

平成21年に大規模修繕工事・エレベーターリニューアル工事・給水管更新を実施しましたが、平成28年時点で修繕積立金は2億8千万円以上貯まっています。日勤の管理人さんは、月~金曜8:00~16:30と土曜8:30~11:00に勤務されています。

ゆとりある玄関ホール

写真

左・玄関扉を開けると、ゆとりある玄関ホールが広がります。ダークなフローリングや建具が使われていて、シックにまとまっていますね。/右・玄関を上がって正面のリビング扉の前から振り返ってみました。大きな鏡がこの空間をさらに広く感じさせてくれます。

写真

左・土間にある下足入れのほかに、玄関扉の横にはシューズインクローゼット(SIC)もあります。靴だけでなく、ベビーカーやゴルフバッグなども余裕で収納できるたっぷりサイズ。/右・玄関上がってすぐのところにトイレが。グリーンのアクセントクロスでさわやかな印象です。

まずはLDKから見てみましょう

写真

リビング扉を開けると、この大空間! 約34.1帖のLDKは、南西向きの二面採光で明るさ良好◎

写真

中に入って違う角度から見てみましょう。カウンター付きのアイランドキッチンはなかなかの大きさなのですが、それすらも小さく見えてしまうこの空間。大きめの家具もゆったり配置できそうです。

南向きのバルコニーへ出ましょう

写真

掃き出し窓からバルコニーへ出ると、この大パノラマ! 木々が連なっているところは「井の頭恩賜公園」で、バルコニーから季節の移り変わりを感じられそうです。

写真

奥行きは標準サイズですが、居室が広い分バルコニーもかなりロング。南向きなので洗濯物はカラッと乾きそうですね。

室内に戻ってきました

写真

太陽が出てくると室内まで陽が差し込んで、シックな雰囲気のなかにもぬくもりを感じられますね。また、LDKには天井埋め込み式のエアコンが2基備わっています。

大型のアイランドキッチン

写真

この大空間に堂々とそびえるアイランドキッチンは、カウンターや作業スペースにゆとりをもたせたビッグサイズ。背面にはカップボードもあり、収納力◎

LDKに隣接した洋室Aへ

写真

廊下からリビングに入ったすぐ左手には、約11.5帖の洋室Aがあります。こちらも南向きのバルコニーに出られる掃き出し窓があり、部屋の奥まで窓からの光が届きます。

写真

左・4つある個室の中で最も広いので、主寝室として使うのがよいでしょう。左側はLDKへつながる扉。そして右側の扉を開けてみると・・・ /右・約2.6帖のウォークインクローゼット(WIC)でした。

一度廊下に戻って 水まわりと個室を見てみましょう

写真

左・廊下沿いには水まわりのほか、枕棚とハンガーバーを備えたクローゼットがふたつ並んでいます。/中央・右手前の扉を開けると、ゆとりある洗面脱衣所があります。大型ミラーとツーボウルで、まるでホテルのような雰囲気。/右・バスルームはゆとりある1620サイズで、広々とした洗い場が確保されています。家族で入浴してもゆったりくつろげそうです。

玄関ホールに面した洋室B

写真

左・こちらは約7.4帖の洋室B。東向きに窓があるので、気持ちのいい朝日が差し込みそうですね。/右・奥から振り返ってみました。入ってきた扉の隣にはクローゼットがあります。

続いて洋室Cへ

写真

左・廊下を進んだ正面は、約6.9帖の洋室C。こちらの住戸は二面バルコニーになっていて、洋室Cとこのあとご紹介する洋室Dは西向きバルコニーに面しています。/右・こちらの個室は光沢感のある白いタイルが使われていて、白一色でまとまっています。

最後に洋室Dへ

写真

左・廊下の突き当たりは、約6.3帖の洋室D。こちらも真っ白な空間でより明るさが感じられます。/右・洋室C・Dは同じくらいの広さですし、子ども部屋として使ってもよさそうです。

写真

西向きバルコニーからの眺望は、左側が「井の頭恩賜公園」、右側は「丸井吉祥寺店」。こちらも抜け感があって空を近くに感じられますよ。

もう少し周辺を散策しましょう

写真

左上・「井の頭恩賜公園」はボート池やミニ遊園地、動物園等、子どもと毎週通いたくなる公園です。春には400本の桜が満開になるので、毎日お花見を楽しめそう。(徒歩5分)/右上・「Trattoria e Pizzeria MOTHERS(マザーズ)」は予約しないと入れないほど人気のイタリアン。特に薪窯で焼き上げたピザが香ばしくもジューシーでおすすめです。(徒歩2分)/左下・パン屋であり、ビストロでもある「Boulangerie Bistro EPEE (エペ)」。どのパンも主役である食事に寄りそうように作られていて相性◎(徒歩3分)/右下・「井の頭恩賜公園」のすぐ隣にある「リストランテ プリミ・バチ」。公園の緑を目の前に、季節を感じる一皿を楽しめます。(徒歩3分)

cowcamo

カウカモ編集部より

長年「住みたい街ランキング」の上位にランクインしている「吉祥寺」。駅周辺には大型ショッピングビルと小さな個人商店が混在。さらに駅から少し歩くと、緑と水を感じられる「井の頭恩賜公園」もあり、一日中、そして一年中賑わう人気の街です。住所こそ23区外になりますが「吉祥寺」駅にはJR中央本線や井の頭線が乗り入れており、新宿・東京・渋谷などへのアクセスは良好。 ここなら、緑たっぷりの自然を身近に、さらに賑やかさや便利さも兼ね備えた暮らしを実現できそう。


マンションがあるのは「吉祥寺」駅から徒歩3分、隣には「丸井吉祥寺店」、「井の頭恩賜公園」もすぐ近くという、一見 “繁華街ド真ん中” なエリア。ですが、エントランスは賑やかな「井の頭通り」とは反対側にあるので、意外と静かで落ち着いた空気が流れています。


平成21年に大規模修繕工事やエレベーター更新工事を行っておりますが、それでもなお、平成28年時点で修繕積立金は2億8千万円以上貯まっていて管理状態は良好。加えて、こちらの住戸の共益費は合計47,070円と、約160㎡の広さに対してはかなり抑えられている印象です。どちらも総戸数155戸という規模の恩恵をたっぷり享受した結果ですね。共用部はどこも広々としていて、住戸までの道のりのあちこちに贅沢さを感じられました。


専有面積は約160㎡、約34帖のLDK、6帖超えの4つの個室と、どこをとってもゆとりある贅沢なお部屋。なかでも圧巻なのが、バルコニーから「井の頭恩賜公園」を見下ろすパノラマビュー。駅ビルやホテル等の高い建物が乱立するエリアの反対側を向いているので、駅まで徒歩3分という立地ながら、かなり抜け感のある眺望を手に入れることができます。


「吉祥寺」駅近、高層階から「井の頭恩賜公園」を望むパノラマビュー、30帖超えのLDKをもつ約160㎡の大空間。「吉祥寺」駅でこのスペックが揃ったお部屋はなかなか出会えないのではないでしょうか。賑やかさとは縁が切れない立地ですが、路地に入れば静けさもあるし、自然たっぷりの公園だってある。ここでの暮らしは、きっとおじいちゃん、おばあちゃんになるまでご家族を飽きさせません。「吉祥寺」と共になが~く、伸びやかに生きていきたい方、お問い合わせお待ちしております。

取材・文・撮影:cowcamo

とれたて新着

カウカモ公式 LINE@

LINE

カウカモ編集部から毎日配信。新着やおすすめ情報をお届けします。

実際に見てみたい
電話
(10:00-19:00)