fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

カルチャーに溢れる渋谷。五感が潤う代官山。独自の個性が映える神泉。色濃い街へと歩いて行けちゃう、魅力的な立地。そんなエリアに、デザイン性と機能性を備えたカウカモプロデュース物件が誕生しました。光と風が通り抜けるまろやかな住まいが、鮮やかなあなたの毎日を後押しします。

渋谷区南平台町(神泉駅徒歩10分)
1LDK / 46.71㎡ / 4,498万円

便利なのに落ち着きも

写真

左上・今回ご紹介する物件の最寄りは、京王井の頭線「神泉」駅。渋谷区内に位置していながら、落ち着いた空気が漂う街です。(徒歩10分)また、徒歩12分でビックターミナル「渋谷」も利用可能! 目的に合わせて便利に使い分けできますね。/右上・オープンな店構えが素敵な「ピッツェリア メリ プリンチペッサ」。石窯で焼いた本格派のピザが、なんと500円からいただけます。連日賑わいを見せる人気店です。(640m 徒歩8分)/左下・物件すぐ近くにある「アート マサシヤ」が提供するのは、材料の全てが無添加という味わい深いラーメン。病みつきになる美味しさです♡(200m 徒歩3分)/右下・コーヒースタンド「ABOUT LIFE COFFEE BREWERS(アバウトライフコーヒーブリュワーズ)」は道玄坂の途中にあります。通勤途中にふらっと立ち寄れそう。(400m 徒歩5分)

お目当の物件に到着!

写真

今回ご紹介するマンションは、交通量の多い首都高と玉川通りから一本奥まった路地に面して建っています。鮮やかなブルーの瓦屋根が印象的な1970年竣工、地上12階建て・総戸数205戸のマンションです。

cowcamo

こちらはファンの多いビンテージマンション、 “秀和シリーズ” の建物です。年数はそれなりに経過しておりますが、2016年にアルミサッシ・玄関扉改修工事、2013年にエントランスの自動ドア設置工事など、メンテナンスはしっかり施されています。

写真

左上・植栽が迎える優雅なエントランスアプローチ。左右にはゆるやかなスロープが備わっています。/右上・ホテルライクな共用ロビーには、集合ポスト、管理人室、宅配ボックスがあります。/左下・敷地内には平置きの駐車場が数カ所あります。2019年10月現在空きありとのことですが、管理組合で駐車場の一部を駐輪場に改装する案が検討されているそう。詳しくは最新情報をお尋ねくださいね。/右下・オートロックの扉を抜け3階へ! ビックコミュニティともあって、エレベーターは2基。

売主さま

こちらのマンションには、住み込み勤務の管理人さんが週6日、平日の8:00〜17:00、土曜日の8:00〜13:00に勤務されています。また、不特定多数の人が出入りをしない事業であれば、事務所としての利用も可能ですよ。

カウカモプロデュース! こだわりの住戸をご案内♡

写真

左・ホワイトで明るい印象の玄関ホール。廊下には、左手に洗濯機置き場と収納の扉が。右手には水まわりと洋室の扉が並んでいます。/右・収納は奥行き約80cmと深め。掃除機や季節家電などもたっぷり収納できそう。

cowcamo

洗濯機置き場の上部にはロールスクリーンが設置されています。下ろせば生活感が抑えられ、廊下をスッキリとみせることができますよ。

まずは 水まわりをご案内

写真

左・シンプル中に収納スペースがしっかり確保されている洗面脱衣所。鏡の裏も収納スペースになっています。/中央・ゆったりとした1316サイズのユニットバス。浴室乾燥機が備わっています。/右・清潔感のあるトイレ。便利な吊り戸棚付きです。

廊下を進みLDKへ!

写真

続いて廊下を進み、約12.6帖のLDKへ。南東向きの掃き出し窓から日差しがたっぷりと注いでいます。右手の壁面にはピクチャーレールが備わっており、お気に入りのアートや写真を飾ることができますよ。

cowcamo

天井部分は躯体を現し、白い塗装を施しています。天井高は約260cmも確保できていますよ。掃き出し窓からは空が覗き、開放的な空間に仕上がっています。

売主さま

ベッドを除き現在配置されている家具などは、このままお付けしてお引き渡しいたします。

収納豊富な ワイドキッチン

写真

キッチンは壁付けタイプ。正面に貼られたライトグレーのアクセントパネルが、空間にほどよいニュアンスを生んでいます。キッチン下にある引き出しの開閉はワンタッチ式! 調理中でも物の出し入れがスムーズにできそうです。

南東向きのバルコニーへ

写真

お次はバルコニーへ。周囲に低層の戸建てが多いため、ご覧のような開けた眺望が叶います。もちろん日当たりは良好です。

写真

横幅・奥行きともにゆとりあるバルコニー。実はこちらのマンションでは、管理規約上バルコニーに洗濯物を干すことが禁止されています。しかし、屋上には住人専用の広々とした物干しスペースが確保されていますよ。

cowcamo

室内の陽当たりは良好なので、部屋干ししても洗濯物は気持ちよく乾いてくれそう。浴室乾燥機もご活用くださいね♪

室内に戻ってきました

写真

明るいフローリングやキッチンのライトグレーなど、素材や色によって空間に表情を与えています。空間を家具で彩る余白がありながらも、飽きのこない素敵な内装にまとまっています。

cowcamo

続いて、正面の室内窓の先を覗いてみましょう!

再び廊下から

写真

左・廊下左手に目を向けるとカーテンで隠されたスペースが。/右・その向かいには、天井いっぱいまで高さのある大容量の収納が! 奥行きが深く、中にはハンガーパイプやラックまで備わっていました。これは頼もしい◎

小上がりのベッドルーム!

写真

カーテンをさっと開けてみると、中には約4.3帖の小上がりスペースが♡ 奥にはオープンラックがあり、フレグランスや本などを並べて快適なベッドスペースが演出できそう。

写真

LDKと玄関ホールへ続くふたつの引き戸を閉じてみると、約6帖ほどの個室へと早変わり。左手の引き戸には姿見が備わっています。クローゼットにずらりと並ぶ洋服を一望して、まるで衣装部屋のような気分が味わえますよ♪ こちらの小上がりスペースは、シーンに合わせてさまざまな使い方ができそうですね。

cowcamo

ベッドスペースに扉をあえて設けないことで、空間は広々と使えています。また、LDKに注ぐ日差しが室内窓を介してここまで届くこともあって、閉塞感もありませんでした。朝は気持ちよく目覚められそうです。

最後にソファから 室内を見渡しましょう♡

写真

LDKのソファに腰をかけると、このような眺めが広がります。なんだか絵になる光景ですね。朝は爽やかに日光を取り入れて、夜は間接照明で雰囲気のある空間に。朝夜ともにくつろぎのスペースになってくれそう。

通いたくなるご近所さん

写真

左上・ベーカリー併設のレストラン「ベーカリー&ビストロ Seven Clover」は、マンションのすぐ裏に。7:30からオープンしているので、モーニングに通うのもおすすめです。(90m 徒歩2分)/右上・ボリューム満点のカツサンドが人気の「Tokyo Kenkyo」は住宅街に潜む、穴場のカフェです。(400m 徒歩5分)/左下・マンションのすぐ横には、結婚式場「Angepatio(アンジェパティオ)」が。レストランは一般利用も可能で、本格的な美味しいイタリアンが味わえます♡(40m 徒歩1分)/右下・開発が進む「渋谷」駅周辺。これからますます街の変化が楽しみです!(徒歩12分)

cowcamo

カウカモ編集部より

今回ご紹介するマンションは「神泉」駅が最寄り。渋谷区内でありながら、都会の喧騒を感じさせない落ち着きあるエリアに位置しています。徒歩圏内には「代官山」や「渋谷」があり、気分に合わせて異なる街の魅力を楽しむことができますよ。


マンションは、交通量の多い大通りから路地に入ってすぐの場所に建っています。周囲には、閑静な戸建てや低層マンションが多く、そこに紛れて雰囲気のあるレストランやカフェなどが点在しています。


建物は2019年10月現在、築49年。年数が経過していますが、外観を始めとする共用部は綺麗な状態に保たれています。2018年のサッシ・玄関扉更新工事や2011年の排水管改修工事など、必要なメンテナンスがしっかりと施されてきました。その上、オートロックや宅配ボックスの設置などアップグレードもされています。また、マンション全体の修繕積立金が現在1.5億円ほど貯まっているのも頼もしいポイント。


一点事前にご留意いただきたいのが、こちらのマンションの敷地に関して。管理組合と管理会社が分かれて所有している影響から、住宅ローンを使える銀行が限られてしまう可能性がございます。詳しいことはお気軽にお問い合わせくださいね。


住戸は3階に所在する1LDK。カウカモによって内装のプロデュースがされた物件です。内装はシンプルな空間をベースとし、色や素材でアクセントを与えたニュートラルな雰囲気。南東向きの掃き出し窓からは明るい日差しが注ぎ、日中は電気を点けなくても快適に過ごせそうなほど。夜はまたライティングレールの灯りによってリラックス空間が演出されそうです。


また、専有面積に無駄のない間取りというのもこちらの住戸の魅力。室内に壁を極力設けず、段差やカーテン、引き戸などによって、ゆるやかに区切られています。そのお陰で住戸全体に閉塞感は生まれず、収納や寝室など欲しい空間はしっかり造られていますよ。


ぜひ魅力的な周辺環境をお散歩しがてら、遊びにいらしてくださいね。

writer / editor:野原 茂香

とれたて新着

実際に見てみたい