fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

いただきますとご馳走さまは、三面を窓に囲まれたキッチンで。おはようとおやすみは、窓辺の花に投げかけて。行ってきますとただいまは、ドカンとそびえる「東京タワー」に伝えて。東京の中心で、日々の節目にささやかな幸せ見つけられる。そんな住まいをカウカモがご提案します。

港区三田(三田駅徒歩5分)
1LDK / 54.53㎡ / 5,580万円

ジャーン!

写真

こちらは「東京タワー」のお膝元にある三田通り。通りに出れば、いつでもそこにタワーがドカンと佇んでいます。いやー、貫禄がすごい!

売主さま

そんな三田通り沿いのマンションに、カウカモプロデュース物件が誕生! 三面に窓がある角部屋というわけで、さっそく住戸から見ていきましょう!

窓がたくさん

写真

三方向にある窓から光を取り込む、ナチュラルなテイストのLDK。3面に窓がある上に室内窓まで付いていて、視線が広く抜けていきます。

写真

掃き出し窓側からのカット。天井は躯体現しの塗装仕上げで、ラフな質感と高さを出しています。また、リビングスペースの壁には、アクセントとして木パネルを張っています。

少し角度を変えて

写真

LDにズラリと並ぶ南側の腰窓の先には……残念ながらお隣の建物が迫っています。抜けはありませんが視線が気になることはないので、換気用として考えるのがベターかも◎

DKを見てみましょう

写真

キッチンはやや奥まった位置にあるため、LDを広々と確保可能。中央に見えるドアは水まわりにつながっています。

cowcamo

キッチンの天井にはリビングと同じ木のパネルを張ることで、空間をゆるやかにゾーニングしています。

写真

食洗機付きのキッチンは、横幅2,250mmととっても広々! 背面には北向きの窓があり換気性もハナマルです。また、可動棚に加えてパントリー収納も完備しています。お料理好き&食器マニアの歓喜の声が聞こえてきそう。

cowcamo

キッチンからはリビングダイニングを見渡すことができ、友人やパートナーと会話を楽しみながら楽しく料理ができそうです。続いて、室内窓の先にある洋室をチェックしましょう!

約5.2帖の洋室

写真

​東向きの掃き出し窓と、北向きの腰窓がある洋室。LDKとつながる室内窓を合わせると、三面に窓が付いています!

東向きのバルコニーへ

写真

​洋室からは東向きのバルコニーに出ることができます。7階からの眺望にズバッとした抜けはありませんが、三田通りを挟んでいるため圧迫感はありませんよ。

写真

​バルコニーに出ることができるのは洋室側のみ。LDK側はかなりコンパクトなので、グリーン置き場などとして活用しましょう。

cowcamo

外に出ると、三田通りを走る車の音がそれなりに聞こえました。とはいえ、すべての窓にインナーサッシを設置しているので、室内での音は軽減されていますよ。

室内に戻って

写真

洋室には収納を2箇所設けています。洋服と小物類を分けて収納できるのは便利ですね。​

水まわりをチェック

写真

キッチン横の引き戸からアクセスする水まわり。壁付けのブラケットライトやタオルハンガーは真鍮で揃え、統一感を出しています。浴室乾燥機付きのバスルームには窓が付いていますよ。​

写真

コンパクトにまとめられた玄関には、トールタイプの下足入れを完備。LDKにつながるドアはガラス入りで、土間まで光を運んでくれます。​

マンションをご紹介

写真

左上・三田通り沿いに佇むレンガタイル貼りの建物。右奥には「東京タワー」がチラリ。/右上・一段下がったエントランス横には、ブティックショップがテナントとして入っています。/左下・エントランスホールはこんな感じ。写っていませんが、左手に集合ポスト、右奥にドア付きのゴミ捨て場がありますよ。/右下・​住戸の玄関ドアは外階段のすぐ脇にあります。​

選べる最寄り

写真

​​​最寄りは徒歩5分の都営浅草線・三田線「三田」駅。JR山手線「田町」駅も徒歩7分で利用可能なので、行き先や予定によって使い分けましょう!​

気になる周辺環境

写真

​​​​​​左上・駅からの最短ルートは「慶応仲通り商店街」を通る道のり。レトロな雰囲気が広がり、魅力的な飲食店に胃袋を掴まれます!(60m 徒歩1分)/右上・ダイニングバー「Flag(フラッグ)」は、1964年にオープンした老舗喫茶店「ペナント」の閉店を知った常連さんのひとりが、『店を残し続けたい』と受け継ぎ、2017年に再出発したお店。世の中の情勢が落ち着いたら、ぜひ訪れたい名店です!(150m 徒歩2分)/左下・エアロプレス世界大会のチャンピオンが営む「PASSAGE COFFEE (パッセージコーヒー)」。おいしいコーヒー屋さんが、自宅の目の前で7:30から飲めるなんて。(120m 徒歩2分)/右下・ここにもありました、高級食パン屋さん。朝は「銀座に志かわ 三田慶應大前店」の食パンとコーヒーで決まり!(40m 徒歩1分)​

cowcamo

カウカモ編集部より

「東京タワー」のお膝元にカウカモプロデュース物件が登場! しかも、タワーに負けず劣らずのインパクトがある三面角部屋です。

光を漏れなく取り込むために室内窓を設けるなど、『窓!窓!窓!』な住まいになる予定。内装はSELECシリーズの「キッチンチャット」を採用しており、主役となるキッチンにもしっかり窓がありますよ◎

立地は都内各所にスムーズにアクセスできる “三田エリア”。外出が多い方にもおすすめできる環境ですよ。その分賑やかさはありますが、それも都心のよさ? かもしれません。

writer / editor:酒井 大作

とれたて新着