fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

紳士淑女たるもの、出掛けるときには帽子を被って……なんて時代遅れでしょうか。けれどこの地は、襟を正して訪れたくなるレストランもちらほら。それに、帽子を被ればマンションとお揃いの装いです。この地このマンションで、ゆったり80㎡もの広さの部屋を持てる贅沢。ぜひ味わってみてください。

港区高輪(高輪ゲートウェイ駅徒歩10分)
3LDK / 81.28㎡ / 7,999万円

“高輪エリア” が舞台!

写真

「高輪築堤」の遺構が発見され、史跡に指定された(!)JR山手線ほか「高輪ゲートウェイ」駅は物件から徒歩10分の距離。まだまだ駅前の開発が続いており、今後の発展が楽しみなエリアです。

cowcamo

京急本線・都営浅草線「泉岳寺」駅も徒歩6分の距離でアクセス良好◎ それにしても、高級住宅街 “高輪アドレス” とは心をくすぐられます。周辺はアップダウンが多いですが、古くからの高級地に坂は付き物なのでこれはご愛敬。

赤い屋根の 素敵なマンション

写真

緩やかな坂道の途中にある、地上7階建ての建物です。

cowcamo

1973年竣工。帽子を被ったような赤い屋根で、ある年代にしかないレトロさが素敵です。竣工当時は特に、みんな憧れてこの屋根を見ていたんだろうなぁ……!

写真

左上・アプローチにはお手入れされた植栽と、防犯カメラが。/右上・改修されてピカピカなエントランスには宅配ボックスが備わっています。右手にある管理人室では、管理人さんが週6日間勤務されていますよ。/左下・住戸がある4階のエレベーターホール。左手は外廊下に続きますが、住戸があるのは右手の内廊下側◎/右下・右が住戸の玄関扉です。

cowcamo

2017年、大規模修繕工事に際してマンション全体で借入が行われており、2020年8月時点で約2,850万円の残債があります。完済は2027年を予定しており、現在順調に返済中とのことでしたよ◎

おじゃまします!

写真

左・まず迎えてくれたのは、たくさんの収納たち! 右手前が姿見付きのシューズボックス、奥の折れ戸の中は奥行き浅めの可動棚。左手は枕棚とハンガーポールが備わった収納です。/右・廊下はL字に折れています。左手が水まわり、右手が洋室Cへ続くドアです。まずは突き当たりのLDKへ向かいましょう!

南西角に位置したLDK

写真

広さ約18.2帖! 角部屋なので窓が多く開放感があり、風通しも良好◎

入ってすぐ右手に キッチン

写真

調理台が広々したL字型で、蛇口一体型浄水器・食洗機・3口コンロを完備。背面には冷蔵庫や調理家電を置けるスペースがしっかり確保されています。

cowcamo

コンロが壁側にあるので、まっすぐなオープンキッチンより油ハネを気にしなくてよさそう◎ 文字通り腕を振るってお料理される方にはうれしいのでは!

一歩進んで

写真

リビングダイニングの全貌がこちら。梁(はり)と柱が空間のゾーニングに一役買ってくれています。奥も手前も窓から自然光が取り入れられるのがいいですね。

写真

ちなみに、リビングスペース手前の梁と掃き出し窓のサッシは高さ約180cm、左手のドアは高さ約177cmと低くなっています。背の高い方はご注意くださいませ!

南西向きのバルコニー

写真

手前に敷地内の植栽、奥に「野村証券 高輪研修センター」の緑が見えるバルコニー。ちなみに目の前の建物は、有名大学の学生寮。うーん、名門に囲まれている!

写真

バルコニーは洋室Aの前まで延びています。ちなみに、右端の柵と壁に囲まれた部分はフラワーボックス。鉢植えたちの特等席です。

cowcamo

周りは住宅街で静かな環境。眺望に抜けはありませんが、視線はあまり気にならなさそうでしたよ◎

室内に戻って

写真

LDKに接して、右から洋室A・Bが並びます。その間のちょっとしたスペースは飾り棚兼収納になっていてますよ♪

バルコニーに面した 洋室Aへ

写真

LDKと同じくグリーンが見えて気持ちいい! 寝室として使うなら、柱と柱の間の壁にベッドヘッドを着けるとよさそう。

写真

広さは約6帖。折れ戸2枚分のクローゼットが備わっています。

LDKへ戻って

写真

洋室Bはキッチン横に。引き戸で開閉できるので、お子さまのプレイルームとして使うとお料理中も目が届き、来客時はさっと閉められていいカモ! ちなみにクローゼットは、奥に見えている折れ戸の中と……

写真

もう一箇所、正面左手にも備わっています。引き戸を開閉するとこんな感じ。広さは約4.2帖とややコンパクトです。

cowcamo

クローゼットが二箇所にあるため、ベッドなどは置き方が悩ましいかも。個室として使いたい場合は、あらかじめ家具のサイズ感をご確認くださいませ。


 次は、廊下に出て洋室Cと水まわりを拝見しましょう!

北西側の洋室C

写真

右・広さは約6帖。左手の腰窓の奥には、隣戸の赤い屋根がチラリ……ですが、覗き込まなければ特に気にならなさそう。/左・折れ戸1枚分のクローゼットが備わっています。また、正面に見えている梁もLDKと同じく低めですのでご注意を。

ゆったり水まわり

写真

左・洗面台はシャワー水栓付き、収納もしっかり◎ 背面に洗濯機置き場と棚があります。/中央・浴室は1416サイズで、追焚き・浴室乾燥機を完備。ちなみに浴槽右手のボタンで照明の調節ができます。/右・シックなトイレは、ゆとりが感じられる広さです。

cowcamo

専有面積は約81㎡。ご家族でものびのび使える広さがうれしい住戸です◎ 


 では、帽子を被って出かけましょう!

名店が点々と

写真

左上・「ホテルオークラ」出身のシェフが腕をふるう「TRATTORIA NAKATA(トラットリア ナカタ)」。店内はカウンター席のみ、これはお客様ひとりひとりに合ったサービスをするためなんだそう!(900m 徒歩12分)/右上・家庭料理や沖縄料理のほか、アジア料理も楽しめる「アダン」。落ち着いた大人の雰囲気のお店で、テイクアウトも人気です◎(210m 徒歩3分)/左下・「泉岳寺門前紋屋」は、その名の通り「泉岳寺」の隣にある懐石料理屋。富山の海の幸やコシヒカリを使ったこだわりのお料理がいただけます。(250m 徒歩4分)/右下・パン好きが通い詰める「BOULANGERIE SEIJI ASAKURA(ブーランジェリー セイジアサクラ)」。どれも美味しいけれど、なかでもチーズカレーパンはイチオシ!(400m 徒歩5分)

cowcamo

絶えず行列ができている人気洋菓子店「PATISSERIE RYOCO(パティスリーリョーコ)」もご近所! カジュアルなお店も高級店もテリトリーになる立地です。特別な日は「グランドプリンスホテル高輪」を始めとするホテルのレストランへ伺うのもオススメ◎

cowcamo

カウカモ編集部より

昨年は久しぶりのJR新駅として話題をさらい、最近では遺構まで発見された「高輪ゲートウェイ」駅。“高輪エリア” はこれからの発展が楽しみであるとともに、赤穂義士の話でも知られる「泉岳寺」など歴史も深く、由緒ある高級地です。


徒歩10分圏内で2駅4路線が利用可能で、都内の移動はもちろん「羽田空港」へもアクセスしやすい立地です。新幹線が走る「品川」が近いのも頼もしい限り!

ひとつ言うなれば、住戸は80㎡超の広々サイズ、マンションは総戸数28戸と小規模なこともあってか、共益費は少々重め。けれど修繕積立金に重きが置かれたバランスで、かつ行き届いた管理を見れば納得できそう。そうそう、ゴミ置き場は24時間使えますよ!

便利な立地でありながら、マンション周辺は閑静。住戸は窓からグリーンが見え心地よく、日当たりも風通しも良好……。

落ち着いた暮らしをお求めの方、お問い合わせお待ちしております!

writer / editor:櫻井 統香

とれたて新着