fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

「麻布十番」を半世紀以上も見守り続けてきた “おじさん” 。若者の特権とも言える「オートロック」「宅配ボックス」もさらりと着こなせるのは、しっかりとメンテナンスされた肉体のせいだろう。『この街が似合うようになりたい』なんて悩むなら、まずはこの “おじさん” の元を訪ねてみよう。

港区南麻布(麻布十番駅徒歩5分)
1SLDK+WIC / 67.21㎡ / 6,180万円

「麻布十番」駅からスタート

写真

左上・東京メトロ南北線と都営大江戸線が乗り入れる「麻布十番」駅。周辺には大使館が多く、インターナショナルな空気が漂います。昔ながらの老舗やおしゃれなショップが軒を連ねる商店街も、魅力のひとつ。(徒歩5分)/右上・住宅街にひっそりと佇むベーカリーカフェ「pointage(ポワンタージュ)」。手の込んだ総菜パンの数々に、思わず目移りしてしまいそう♡ イートインもテイクアウトも気軽に利用できるのが人気の秘訣。(300m 徒歩4分)/左下・野菜を使用したフィナンシェやどら焼きなど、オリジナリティ溢れるスイーツが並ぶ「麻布野菜菓子」。手土産に持っていけば一目置かれること間違いなし! 店内のカフェスペースでいただける季節のスイーツも絶品です。(300m 徒歩4分)/右下・リゾート風の雰囲気が漂う「cafekariz(カフェカリーズ)」。こちらの名物は、店内で汲み上げた地下水で淹れたコーヒー。まろやかな味わいがクセになりそう。(260m 徒歩4分)

マンションに到着

写真

今回ご紹介するのは、大通りから一本入った所に佇む白い外観のマンション。地上11階建て・総戸数80戸の堂々とした風貌です。

売主さま

現在築53年の建物になります。2006年には簡易耐震補強工事、2009年には外壁の大規模修繕工事が行われました。 次回は2020年に大規模修繕工事の実施を計画中です。

写真

左上・エントランスは車道から数段下りた先に位置しています。/右上・エントランスの自動扉を抜けるとオートロックが。管理人さんは平日9:00~17:00で勤務されているので安心ですね。右手に見えるのは、1階にテナントとして入っている美容室です。/左下・裏手にまわると広々とした駐車場があり、こちらにもオートロックが備わっています。左側に見えるのはなんと宅配ボックス! この築年数で備わっているのは珍しいので、好感度アップですね◎ /右下・住戸が所在する4階に上がってきました。エレベーターは2基完備しているので、混み合う時間帯の移動もスムーズ。内廊下仕様なので雨の日や暑いときも快適でうれしいですね。左手前の扉から、今回ご紹介する住戸に入りましょう。

売主さま

駐車場は2018年7月現在空きがあり、月額2万2000円から3万5,000円でご使用いただけます。

おじゃまします!

写真

左・玄関扉は珍しい内開き。玄関ホールには、シックで落ち着いた雰囲気が漂います。右手に見えるシューズボックスには全身鏡が付いているので、ファッションチェックをスムーズに行えますね。/右・シューズボックスはご覧の通り大容量! ついつい増えがちな靴もスッキリしまえそう。

写真

左・玄関を上がって振り返ってみました。建具が白で統一され、すっきりとした印象です。右手の扉を開けると・・・/右・玄関には珍しい納戸が! 高さと奥行きがしっかり確保されているので、スーツケースやアウトドア用品などかさばるアイテムをしまっておくのに重宝しそうですね。

LDKから見ていきましょう

写真

廊下突き当たりの扉を開け、室内を見渡してみました。LDKは約17.2帖の広さで、シンプルながら上品で大人の空気漂う空間です。

売主さま

ドアなどの建具やフローリングは、落ち着いた色味でまとめています。

キッチンを拝見

写真

シックな色味でまとめられたクローズドキッチン。背面に冷蔵庫を置いてもまだスペースに余裕がありますよ。

写真

左・キッチンの奥から振り返ってみました。左手に見えるのは先ほどの廊下へ続く扉です。右手に見える白い扉を開けると・・・/右・洗濯機置き場でした! キッチンと隣り合っているので、家事をまとめてこなせますね。

写真

改めてリビングダイニング(LD)を見てみましょう。壁のクロスはグレーで統一されており、シックな色味の家具がマッチしそうですね。北東に面した窓からは、太陽の光が優しく注ぎ込んでいます。

写真

窓を背に振り返ってみました。LDは縦長なので、奥にダイニングセット、手前にソファなどを置いてリビングスペースとするとよさそう。

約6.1帖の洋室

写真

LDのお隣の洋室へ。主寝室にふさわしそうなこちらの個室は、窓が大きくとっても明るい! 朝は陽の光をたっぷり感じながら、気持ちよく目覚められそうですね。

バルコニーに出てみました

写真

向かいにはマンションやビルが建ち並んでいます。ある程度距離が取られているので、視線はさほど気になりませんでしたよ。車の走行音はほとんど聞こえませんでしたが、感じ方は人それぞれですので、気になる方は現地にてお確かめくださいね。

写真

LDの前まで続くバルコニー。幅が長いので洗濯物をゆったり干せますよ。また、マンションの屋上には共用の物干しスペースがあるので、シーツなどの大物はそちらに干すなど使い分けても◎

室内に戻ります

写真

正面に見えるのはクローゼット。中にはハンガーパイプと枕棚が設置されています。ご夫婦のお洋服をまとめてしまっておけますね。

廊下&トイレをチェック

写真

左・廊下に戻ってきました。天井の梁が少し下がっている部分は約190cmと少し低くなっています。右手前はトイレ、右奥は洗面脱衣所、左手にはサービスルームへと続く扉があります。順番に見ていきましょう。/右・手洗い付きのトイレ。吊り戸棚が完備されているので、掃除用具やストック類はこちらへ。

約4.2帖のサービスルーム

写真

こちらもグレーのクロスと白の建具で、シンプルにまとめられています。正面の引き戸の先はウォークインクローゼット(WIC)です。

写真

左・WICの中には、L字型にハンガーパイプと枕棚が付いています。おひとり分の衣類がちょうど納まるくらいの大きさなので、子ども部屋として使っていただくこともできますよ。/右・WICを背に振り返ってみます。こちらの個室には窓がないので、書斎や衣裳部屋として使っていただいても◎

売主さま

納戸やWICなど、住戸全体に収納スペースを十分確保することにこだわりました。

最後に水まわりをチェック!

写真

左・コンパクトな洗面脱衣所。三面鏡にはライトが付いているので肌のお手入れもばっちりですね。/右・バスルームは浴室乾燥機能付き。雨の日のお洗濯もこれなら安心!

売主さま

専有部分の給排水配管は更新済みなので、気持ちよくお使いいただけますよ。

最後に周辺をぶらぶらおさんぽ

写真

左上・オープンテラスが目を惹くイタリアンレストラン「PIZZA STRADA(ピッツァ ストラーダ)」。専用窯で焼き上げるピッツァの味は格別! その味を求めて国内外からお客さんが足を運びます。(250m 徒歩4分)/右上・センスが光るお花屋さん「Fleuriste aux cerises(フローリスト オー スリーズ)」。オリジナルのボックスフラワーは、大切な人への贈り物にぴったり♡(200m 徒歩3分)/左下・手の届きやすい価格で最高品質のお肉が手に入る「精肉成田」。ご自宅でちょっと贅沢したいときにぜひ。(300m 徒歩4分)/右下・創業100年を超える地元密着型の「スーパー ナニワヤ」。特にお惣菜の種類が豊富。お店で加工しているお肉類の品揃えも◎ 毎日通いたくなっちゃうかも!?(200m 徒歩3分)

cowcamo

カウカモ編集部より

下町情緒とインターナショナルな空気が交差する「麻布十番」。駅前の商店街を中心に個性豊かな店舗が並び、一日中活気溢れるエリアです。「麻布十番」駅からは東京メトロ南北線を使えば目黒・溜池山王・飯田橋方面へ、都営大江戸線を使えば新宿・大門・汐留方面へ乗り換えなしでアクセス可能。バスを使えば渋谷・品川・新橋方面へもスムーズに移動できますよ。通勤の便がいいのはもちろん、休日のお出かけの幅も広がりますね。東京メトロ南北線「白金高輪」駅までは徒歩14分なので、“白金エリア” でのお散歩がてら1駅歩いていくのも楽しいでしょう。


駅近く「二の橋」付近に佇むマンションは現在築53年。“さぞかし年季の入った建物なんだろうな” と覚悟して向かいましたが、外観や共用部はそう感じさせないほど綺麗にメンテナンスがなされていました。加えて、オートロックや宅配ボックスが完備されているのも◎ 駐車場のほとんどが屋根付きになっており、車持ちの方にとってはうれしいポイントですね。マンションは大通りから一本入った所に建っているので周辺は静けさに包まれ、落ち着いた暮らしを求める方にもしっくりきそうです。数軒隣には学区指定の「東町小学校」があるので、お子さまがいらっしゃるご家族にもおすすめできる立地です。


住戸は、専有面積約67㎡で1SLDKの間取り。収納スペースが多いので、つい物が増えがちなファミリーの方にも気に入っていただけそうです。洗濯機置き場がキッチンの隣にあるということで好みが分かれそうですが、洗濯物をバルコニーに干しに行くのがスムーズになるので個人的にはうれしいポイントです。サービスルームには窓がありませんが、ご夫婦で住まわれるときは一室丸ごと納戸にしたり、お子さまができてからは子ども部屋にしたりと、ライフステージによって使い道を変えられる可能性を秘めていますね。


古くからの魅力を残しながら、新しい価値を取り入れて進化していくこの街とマンションで、自分なりの楽しみ方を見つけてみてください。

writer:前川 杏奈 / editor:長澤 豪・外山 友香

とれたて新着

実際に見てみたい