fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

初めまして、ALUXです。アリュクスと読んでください。都会によく似合うスマートな雰囲気と、異素材を組み合わせた質感のメリハリを大切にしてみました。窓の向こうには、プラチナ通りのイチョウがすぐそこに。もしも「絵になる住まい」と思ってもらえたなら、とてもうれしい。

港区白金台(白金台駅徒歩7分)
1LDK+SIC / 53.46㎡ / 6,780万円

物件の「ブランド」って?

写真

住まい探しがもっと身近で、楽しいものに。服を選ぶように、ブランドから好みの物件と直感的に出会えるようになりました。こちらのブランド「ALUX(アリュクス)」では、街の空気を吸い込んだように刺激的で、アクティブな毎日をさらにアップデートする住まいをお届けします。

cowcamo

このほかにも、いくつかのブランドをご用意しています。気になる方は、カウカモアプリの「出会う」タブから、各ブランドのMIXをチェックしてみてくださいね!

おじゃまします!

写真

玄関はややコンパクトサイズ。土間の横に引き戸があり、中はシューズインクローゼット(SIC)と電気温水器置き場になっています。

cowcamo

廊下がとっても短いですね〜、専有面積を余す所なく有効活用しているのを感じます◎ それではさっそくガラス入りのドアを開けて、約17.8帖のLDKへ。

異素材MIX!

写真

あっ、あっ、気になるところが多い……! キッチンは後ほどゆっくりチェックするとして、まずもう一歩奥へ進みましょう。

写真

窓の向こうが緑色に染まって、のびのびとしたいい雰囲気。足下のフローリングは縦と横を組み合わせたちょっと珍しい貼り方で仕上げられており、 ぱっと目を惹きます。

cowcamo

普通の住まいとひと味違うのに、カフェっぽ過ぎない貼り方ですね〜、素敵!

写真

反対側から。リビングダイニング(LD)の天井にはグレーの繊維素材があしらわれ、キッチンとの間にある梁は板張り。さらに、キッチンカウンターはモルタル風左官材で造作されています。異なる質感を使い分けることで、空間にメリハリが生まれていますね。

プラチナ通りへようこそ

写真

西向きの掃き出し窓からバルコニーに出ると、街路樹の立派なイチョウが迎えてくれました。手を伸ばせば葉っぱに触れられそうなほど! お向かいのビルからの程よい目隠しにもなってくれています。

写真

こちらは6階の角に位置している住戸です。眼下には “白金エリア” らしさをギュギュッと凝縮したようなプラチナ通りが延びています。

cowcamo

車の交通量はさほど多くないようで、室内でしっかり窓を閉めていれば走行音は気になりませんでした。この点は現地にてご確認くださいませ。

LDKに戻って

写真

右手前に写っているのは奥行きの深い収納です。ちなみ追加工事でリビングスペースに壁を建てて、約4.6帖の個室を設けることができます。別途費用はかかりますが、詳細に関してはお気軽にご相談ください!

cowcamo

続いては、左手にあるドアからお隣の洋室へ行ってみましょう。

こちらもグリーンビュー

写真

洋室は約4.6帖の広さ。西と北の二面採光で、実際の帖数以上の広がりを感じます。

写真

掃き出し窓の反対側は、壁ほぼ一面がクローゼットになっています。頼もしい収納容量です!

cowcamo

もともと二面に窓があって採光・通風ともGOODなのに、LDKとの間には開閉可能な室内窓まで……贅沢♡

キッチンを拝見します

写真

キッチンはブラックでまとめて、空間をキリッと引き締めています。特にブラックの水栓がかっこいいので、内見時にはご注目あれ。食洗機完備、さらに背面のスペースもしっかり確保されていますよ。

cowcamo

ガラス入り戸の横に、水まわりへつながる引き戸があります。最後に水まわりをチェックしましょう。

ほんのり さわやかカラー

写真

左・水まわりの壁はほんのりミントがかったグレー。スクエア型の洗面ボウルの奥は、ホワイトのタイルがあしらわれていて可愛い! 下部スペースに余裕があるので、収納を増やすこともできそうです。/中央・浴室乾燥機を完備した1216サイズのバスルーム。/右・トイレもお揃いのアクセントカラーでまとめられています。

マンションはこんな感じ

写真

街路樹を従えるように堂々と建っている、ヴィンテージの風格漂う建物です。1977年と築年数は経ていますが、エントランスまわりは改修の手が入り、オートロックを完備した現代的な姿に生まれ変わっています(拍手!)しかも2019年には耐震補強工事も実施済み(拍手!) 暮らす上での大きな安心材料ですね。

cowcamo

こちらの物件の土地権利は所有権ではなく旧法地上権です(残存期間は2076年3月まで)。借地権の場合、土地分の固都税がかからないといったメリットがあります。また、耐震補強工事後は新耐震基準を満たしているため、住宅ローン控除が使えますよ。どちらも詳細に関してはエージェントまでお問い合わせください◎

プラチナ色の毎日を

写真

左上・最寄りの「白金台」駅までは徒歩7分。ちなみに読み方は「しろがねだい」ではなく「しろかねだい」です。/右上・駅から延びる、優雅な雰囲気の「プラチナ通り」。ハイセンスなお店が多く建ち並んでいます。/左下・こちらは肉料理と国産ワインに特化したイタリアン「La Goccia Tokyo(ラ ゴッチャ トウキョウ)」。(450m 徒歩7分)/右下・アーバンなテイストのレストラン「THE Tender HOUSE DINING(ザ テンダーハウス ダイニング)」は結婚式会場としても人気です。(170m 徒歩3分)

引き続き 「プラチナ通り」からお届け

写真

左上・食器探しなら、理を格上げしてくれる和のうつわのお店「雨晴(あまはれ)」へ。(190m 徒歩3分)/右上・「金麦」、といってもビールではありません。地元に愛された可愛いベーカリーです。(500m 徒歩7分)/左下・ご近所に行きつけのショコラティエがある生活って素敵!「Chocolatier Erica(ショコラティエ エリカ)」で、筆者が個人的に激烈にオススメなのはミントチョコです。(110m 徒歩2分)/右下・「BIOTOP NURSERIES(ビオトープ ナーセリーズ)」はソルソファームの親会社が運営するスタイリッシュなグリーンショップ。新生活のおともにぜひ。(130m 徒歩3分)

cowcamo

そのほかにも、「東京都庭園美術館」や「国立科学博物館附属自然教育園」といった自然に触れられるスポットがすぐ近くに♡ 自転車があれば「中目黒」や「恵比寿」もテリトリーにできちゃう距離感ですよ。

cowcamo

カウカモ編集部より

白金のプラチナ通り沿いに住む、と考えるだけで心が弾むのに、住戸に入ってびっくりしました。LDKの窓がちょうどイチョウの樹の高さで、視界いっぱいにグリーンが飛び込んでくるんです! もしかして、秋の紅葉の季節には窓の向こうが黄金色に……? そう想像すると、ますます胸がときめきますよね。

異素材をミックスした内装は甘辛のバランスが絶妙で、アーバンにもナチュラルにも解釈できるのがミソ。ゲストにさりげなく自慢したくなるポイントはたくさんありますが、個人的にはやっぱり床の貼り方が素敵だと思います。デザイン性が高く、なかなか見ない貼り方なので、人とはちょっと違ったモノを手に入れたいという方にバシッとはまりそう!

記事内でもお伝えしましたが、土地権利が所有権ではなく旧法地上権という点はあらかじめご留意ください。それによるポイントを踏まえた上で、ぜひご検討いただきたい物件です。ご内見時には、マンション周辺の品のいい空気感、そして建物自体に漂う清潔感&安心感もたっぷりご堪能くださいませ♡

writer : 小杉 美香 / editor : 軽部 優海

とれたて新着

内見・お問い合わせ