一度は憧れる街「中目黒」

写真

左上・おしゃれなショップや美味しい飲食店が集まる「中目黒」。日比谷線の始発駅なので、日比谷線ユーザーにはうれしいですね。(徒歩8分)/右上・駅の高架下は再開発で新しいお店がどんどんできており、買い物客やサラリーマンなどで賑わいます。駅前に「蔦屋書店」があるのは便利!(徒歩7分)/左下・目黒川沿いの角にある「SIDEWALK STAND(サイドウォークスタンド)」はガラス張りのおしゃれなコーヒースタンド。種類が豊富なクラフトビールも気になる! (徒歩3分)/右下・日々のお買い物には駅出口からすぐのスーパー「LIFE 中目黒店」が便利。マンションの近くには深夜0時まで営業している「中目黒本店東急ストア」もあります。(徒歩7分)

春の訪れが楽しみになる目黒川沿い

写真

左・「中目黒」駅から徒歩8分。駅からマンションまでの道のりは、ひたすら目黒川沿いをまっすぐ歩くと到着。周辺にはおしゃれなショップや飲食店が多く、まさに憧れの立地です。/右・マンション目の前には桜並木! 気分が晴れない日も緑を見上げながら歩けば、気持ちがスッと落ち着きそうです。

写真

左上・エントランスは目黒川に面しています。反対側は交通量が多い「山手通り」ですが、こちら側は静かで穏やかな空気が流れます。エントランス左手奥は駐輪場です。/右上・エントランスを入ると管理人室と集合ポスト。笑顔が穏やかな管理人さんの勤務時間は平日は8時~17時、土曜日は8時~12時と、長めなのは安心ですね。/左下・エレベーターは2基。エレベーターホールからも桜並木が見渡せます。/右下・今回ご紹介する住戸があるのは最上階の12階。共用廊下からの眺望は抜け感たっぷりで、下を見れば桜並木、遠くを見ると「東京タワー」も!

売主さま

現在築45年ですが、平成14年にエレベーターの交換工事、平成19年にエントランスの改修工事、平成25年には大規模修繕工事を行っており、しっかりメンテナンスされています。駐輪場は月額800円で使用できます。現在空きがありますが、状況は変動しますのでお問い合わせくださいね。

景色を楽しんでから室内へ

写真

左・まっすぐの廊下は風通しもよく、眺望もよし。景色を眺めて一息ついてから室内へ。/右・玄関はシンプルかつコンパクト。土間右手には高さのある下足入れがあります。フローリングはダークブラウンの色味で、落ち着いた印象です。

玄関入ってすぐの洋室A

写真

約4.1帖の洋室Aには、北向きながら大きめの窓があるので、自然光が少し入ります。LDKと面しておらず、少し音が気になる「山手通り」側でもないので、寝室にするのがよさそうです。

写真

奥から振り返るとこんな感じ。扉のすぐ横には、ハンガーパイプ付きのクローゼット。こちらはコンパクトですが、LDKや洋室Bにも、クローゼットが備わっています。上手に使い分けてくださいね。

LDKを見てみましょう!

写真

玄関正面の扉を開けると、LDKにつながります。フローリングと扉の色味で落ち着いた大人の印象になっています。ふと上を見上げると、天井にもアクセントクロスが貼られていてこだわりを感じます。

写真

LDKは縦長で約13.8帖の空間。洋室Bの引き戸を開け放つと、南向きの掃き出し窓から陽の光がたっぷり差し込みます。特別天井が高いわけではありませんが、埋め込み式の照明のおかげですっきりとした空間になっています。

売主さま

こちらの物件は南西向きで日当たり良好です。ダークブラウンで落ち着いた風合いのフローリングに、優しい陽が差し込み、心地よくお過ごしいただけますよ。室内に置いてある照明や小物はディスプレイです。

妄想が膨らむ洋室B

写真

LDKに面した洋室Bは、アクセントウォールと間接照明が採用されており、表情豊かな居室です。こちらのクローゼットもハンガーパイプ付きで、収納力は十分。

写真

引き戸を閉めて、反対側から見てみました。約4.7帖とコンパクトサイズではありますが、バルコニーからの眺望が抜けているおかげで、窮屈さはそこまで感じません。引き戸を開け放って広々LDKとして使ってもいいし、書斎や趣味部屋として使うのもアリ。う~ん、悩ましいですね。

バルコニーからの眺望をチェック!

写真

最上階である12階は、さすが見晴らし◎ ですね! 「山手通り」の奥には大きめのマンションが建ち並び、「絶景!」とはいきませんが、抜け感は十分です。取材日は雨模様でしたが、晴れていたらたっぷりの日差しと青空を贅沢に満喫できそう。

写真

洋室BとLDKに面したバルコニーは広すぎず狭すぎず、ピッタリサイズ。柵が格子になっているおかげで、室内から外を眺めるときの開放感も◎ 。バルコニーに出ると、どうしても「山手通り」の走行音が聞こえますが、窓を閉めるとさほど気になりません。

売主さま

こちらの物件は最上階なので、上階からの騒音に悩まされることはありません。東京の街並みを見下ろす、12階からの贅沢な眺望をお楽しみください。

室内に戻りましょう

写真

左手に目を向けると、大きな2枚の扉。こちらは、奥行きがたっぷりあるビッグサイズの収納になっています! 季節家電やレジャー用品はここに収納できそうです。中は可動棚が備わっているので、ボックスをうまく使いながら、細々したものをまとめるのもよさそう。また、奥に見えるキッチン手前の凹みは冷蔵庫置き場です。

キッチンはコンパクトサイズ

写真

キッチンもフローリングや各居室の扉と同じダークブラウンの色味で統一感があります。背面のスペースはそこまで広さがないので、キッチンに立つにはひとりがちょうどよさそう。大きな食器棚や奥行きのある作業台を置くよりは、システムキッチン自体に収納が十分備わっているので、そちらをうまく活用してくださいね。

写真

キッチンからLDK側に視線を向けると、扉がふたつ。手前の扉は洗濯機置き場になっており、奥の引き戸を開けると水まわりがまとまっています。生活感の出るスペースもスッキリと見せてくれますね。

最後に水まわりをチェック

写真

左・ミラーキャビネット付きの独立洗面台の横には、さらにビッグサイズのリネン収納が備わっています。タオルや洗面用具、掃除用品のストックなどをしっかり収納できるのに加え、実は下段に洗濯物を入れておけるバスケットが付いています! /中央・浴室にもダークブラウンが使われており、ホテルのような雰囲気。浴室乾燥機、追炊き機能も付いています。/右・トイレで注目すべきは、大判のエコカラット。除湿、脱臭効果が期待できます。上部に吊り戸棚も備わっていますよ。

もう少しご近所をぶらり♪

写真

左上・桜や銀杏などで季節を感じられる「菅刈公園」。芝生広場や遊具だけでなく、復元庭園もあり、大人ものんびり癒やされる公園です。(徒歩4分)/右上・チョコ好きでなくても訪れたい「green bean to bar chocolate」は、厳選したカカオ豆から作り出すチョコレートやスイーツが人気です。流行に敏感なお友だちへの手土産にもどうぞ。(徒歩1分)/左下・天然酵母や自然素材を使ったパンが人気の「目黒川ロータス」。パープルの庇が目を惹く店舗ではイートインもできるので、休日のブランチにぴったりです。(徒歩9分)/左下・「暮しの手帖」の編集長、松浦弥太郎氏が本のセレクトを手がける本屋「COW BOOKS 中目黒」。時間があるときに立ち寄って、運命の一冊をじっくり探したくなります。(徒歩2分)

cowcamo

カウカモ編集部より

古い街並みを残しつつも、進化を続けるおしゃれタウン「中目黒」。駅まで徒歩8分と利便性の高い立地な上、その道のりは目黒川沿いの桜並木というのだから何たる贅沢。駅まで歩くのがこんなに心地よく、穏やかな気分でいられる立地はなかなかありません。徒歩圏内には、グルメさんが通う飲食店や小さな洋菓子屋、スタイリッシュなコーヒースタンドなど、美味しいお店が目白押し。食べ歩きが趣味の方にピッタリな立地ですね。自転車に乗れば、恵比寿や代官山、渋谷などにもアクセスがよく、都会暮らしを満喫できそうです。


そんな羨ましい立地に建つ今回のマンションは、適宜修繕工事が行われており、管理状態は良好。細則はあるものの、ペットの飼育が可能となっています。


お部屋は、南向き最上階ゆえの日当たりと抜け感ある眺望がイチオシポイント。2LDKの間取りですが、LDKの引き戸を開け放つと、さらに採光がとれてLDKの明るさも開放感もアップ。閉めて書斎や趣味部屋として使うのも◎ 生活スタイルに合わせた間取りを楽しめます。休日はLDKでペットと一緒にのびのびくつろいだり、目黒川沿いをお散歩したり。穏やかな時間を楽しむことができそうですね。


まだまだ進化を続ける「中目黒」。おしゃれタウンでの都会的な暮らしを妄想しに、ぜひ一度足を運んでみてください。1年に一度、桜が満開の季節は、ここに住んでいることをさらに誇りに思えることでしょう。

カウカモマガジン「中目黒」特集記事もチェック!

【 #中目黒 】裏路地にある古民家コーヒー店で繰り広げられる「カフェ文化」 / onibuscoffee