「広尾」が最寄り駅の
“南麻布アドレス”

写真

左上・駅前にある「広尾プラザ」は、雑貨やアパレルのショップ、レストランなどが入る複合施設。/右上・近隣には渓流や池がある「有栖川宮記念公園」もあり、気軽に豊かな自然に触れることができます。/左下・マンション裏手にある「フランス大使館」をはじめ、周辺は大使館が集まる落ち着いたエリア。/右下・輸入食品を扱うインターナショナルスーパー「NATIONAL AZABU」は周辺に住む外国人がよく利用していて、その品揃えからも海外のスーパーに来たかのような雰囲気です。

売主さま

カフェやショップが建ち並び、上品な方や外国人が行き交うおしゃれな街「広尾」の物件です。マンションは緑豊かな「フランス大使館」に隣接し、近隣には「有栖川宮記念公園」もあり、都心でも自然を近くに感じられる希少なロケーションです。

レンガタイル貼りの
ヴィンテージマンション

写真

左上・明治通り沿いに建つ、1979年竣工・総戸数174戸の大規模マンションです。/右上・アーチ型のエントランスは通りから奥まった場所あるので、出入りの際に安心ですね。/左下・オートロックを抜けるとエントランスホールに管理人室があります。とっても朗らかな管理人さんが住込みで管理してくださっています。/右下・エントランスホール横に設けられた応接スペースなど、共用部分はとてもきれいで管理体制のよさが伺えました。

売主さま

三井不動産レジデンシャルが管理しているヴィンテージマンションです。本物件の魅力は、駐車場の専用使用権を保有していること。このエリアでは特に希少な平置きの駐車場で、現在は月額35,000円で貸し出しています。もちろん、お車をお持ちの場合はご自身でお使いいただくことができますし、お車をお持ちで無い方にとってもうれしい特典ですね。

サーフ&フレンチのMIXテイスト

写真

左・エレベーターを降りた後、ワンフロア分だけ階段を下ります。玄関前にポーチがある、独立性の高い造りです。/右・落ち着きあるマンション共用部から一転、玄関扉を開けると素材感に溢れた明るい空間が広がります。

売主さま

2016年10月に水まわりも含めたフルリノベーション工事を終えたばかりのお部屋です。調湿性能がある珪藻土で壁を仕上げています。

写真

左・玄関を上がって振り返ったところ。扉の先はシューズインクローゼット(SIC)です。/中央・SICには可動式の棚があり、十分な収納力。/右・ホワイトオークの無垢フローリング敷きで、幅にゆとりがある廊下には、まるでショーケースのような飾り棚が設けられています。

洋室Aはなんとサンルーム付き!

写真

扉を開けた瞬間、思わず「きゃ♡ 」と声をあげてしまいました! 間取り図だけでは想像ができない、舞踏会が執り行われそうな空間です。約5帖の洋室に約3.5帖のサンルームが加わり、とても広々と感じます。

売主さま

ヘリンボーン張りにしたウォールナットの床が空間を引き締める “感度の高い大人のヴィンテージ空間” をテーマにしたお部屋です。

写真

グリーンを基調にした爽やかなサンルームでティータイムなんて・・・想像しただけで羨ましい! 左側のサッシは、玄関前のポーチとつながっています。

写真

サンルームの反対側には大容量のクローゼットが設けられています。壁や天井にも木があしらわれ、本当に贅沢な空間ですね。

お次は水まわりをチェック

写真

左・ウォシュレット付きのタンクレストイレ。手洗い場と収納がしっかり設けられているのがうれしいですね。/中央・内装のテイストと合わせて造られた、オリジナルの洗面台。鏡に映っているように、洗面台の向かいにある洗濯機置き場の上には、洗剤などを置くのにぴったりな収納棚があります。/右・浴室のパネルもウッド調で統一。浴室乾燥機と追い炊き機能が付いています。

売主さま

浴室にはスピーカーを備えましたので、iPhoneなどとつないでお好きな音楽を聴きながらバスタイムをお楽しみいただけます。

LDKはカリフォルニアスタイル

写真

南向きの窓からしっかり明かりが入るリビングダイニング。キッチンを含め、約11帖の広さがあります。

売主さま

木製のルーバーで覆われた壁面は青空のように塗られていて、夜にルーバー内に設置された照明を点けると隙間から青い明かりが漏れ、室内を彩ります。

写真

窓側からリビングダイニングを見たところ。右手に引き戸でつながる洋室Bと、正面奥に独立したキッチンがあります。

写真

引き戸を閉めてもなお明るく、キッチンや窓へ視線の抜けがあるので圧迫感はありません。でもシングルやDINKSの場合は洋室Aを寝室にして、リビングダイニングと洋室Bとをつなげて広くお使いいただくことをオススメします!

2WAYで独立したキッチン

写真

左・白いタイルが壁に貼られ明るく、キッチンもカリフォルニア感いっぱいです。天板にはライトオークの無垢材が使われています。/右・キッチンへは廊下からもアクセスできますよ。

写真

キッチンの出入り口からリビングダイニングを見たところ。引き戸を開け放っていると洋室Bも含め、ふたつの窓から視線の抜けがあって気持ちいいですね。窓の外には明治通りと首都高速道路が通っているので、リビングダイニングの窓は二重サッシになっています。それでもやはり静まり返った室内では、車の音が聞こえてきました。

洋室Bは約5帖

写真

南側にバルコニーがあり、一面が窓になっているため明るいですね。収納もあるので、ファミリーの場合はお子さま部屋としてもお使いいただけます。

写真

引き戸を閉めればしっかり独立します。

バルコニーは南向きで日当たり良好

写真

この日当たりのよさは、目の前を通る明治通りと首都高速道路のお陰。日当たりを取るか、騒音を取るか・・・都心に暮らす上では割り切りが必要です。

写真

レトロな照明が可愛らしいバルコニーには奥行きがあり、ウッドパネルが敷かれています。小さなテーブルと椅子を出してもいいですし、水栓があるので植物を育てるのもいいですね。

こだわりのディティール&素材感をご紹介

写真

左上・廊下にふたつある飾り棚では、お気に入りのアイテムをライトアップして演出。/右上・白く塗られた廊下の天井が、カリフォルニア感を引き立てます。/左下・玄関やリビングダイニングに使われている、ざらっとした質感が魅力のレンガタイル。/右下・水まわりの扉の鍵にまでこだわっています。

最後にマンションの
すぐ近くをお散歩してみましょう

写真

左上・マンションの地下1階には、老舗イタリアン「APPIA(アッピア)」が入っています。/右上・マンションのお隣りにあるのは、アメリカ大使館&軍関係者用の施設「ニュー山王ホテル」。入り口ではIDのチェックがあるようです。さすが、国際色豊かな街ですね。/左下・明治通りを天現寺橋交差点方面へ歩いていると目に留まるのが「KENZO ESTATE WINERY」。ワイナリーを再現したかのような店内で、グラス一杯から楽しめるワインバーです。/右下・天現寺境内の脇道からアプローチする、趣ある店構えの懐石料理店「青草窠(せいそうか)」は、最新の「ミシュランガイド2017」でふたつ星を獲得しています。

cowcamo

cowcamo report

国際色豊かな広尾の街のように、カリフォルニア&フレンチスタイルがMIXした物件のご紹介です!

明治通り沿いに建つ、クラシカルな佇まいのヴィンテージマンションの一室。エレベーターの停止階は3フロアのみで、お部屋のある6階へはエレベーターで7階まで上り、階段で1階分下ってアクセスします。少し面倒に思われるかもしれませんが、階段を下りる際に広い空の下、東京タワーを望めるので、晴れやかな気持ちになれますよ。

ご紹介する住戸は約62㎡の2LDKで、優雅に紅茶を味わいたくなるサンルームがあります。部屋中どこをとっても他にはないこだわりの空間が広がっていて、“この空間丸ごと欲しい” という方もいらっしゃるはず! そんな方に朗報なのが、こちらのお部屋、なんと家具付きでの販売なんです。つまり、このお部屋のために選んだ家具、そして同じファブリックで揃えられた壁紙とカーテン、クッションなど、この空間が丸々手に入るんです!

さらにこちらの物件一押しのポイントは、平置き駐車場の専用使用権が付いていること。駐車場管理費に月額6,510円かかりますが、現在は月額35,000円で貸し出しています。月々の収支をみると、なんと通常の管理費13,690円・修繕積立金12,450円・駐車場管理費6,510円を支払っても、なお2,350円のプラスに! もちろんお車をお持ちの場合はご自身でご使用いただくことができますよ。

広尾といえば、昔駅近くのコーヒー店でアルバイトをしていたことがあるのですが、休日になると外国人のファミリーやテイクアウトのお客さまが多く、皆さんマンション近くにある「有栖川宮記念公園」でのんびり過ごされていました。広尾に住んだらそんな伸びやかな暮らしを送れる気がします。広尾の街、そしてこだわりに満ちた内装にビビッときた方からのお問い合わせをお待ちしております。