売主さまのご紹介

写真

Sさまご家族

30代のご夫婦とお子さまおふたりの4人家族。いまから8年前に未内装の状態でこちらの物件をご購入され、設計事務所に依頼して室内をフルスケルトンリノベーションされました。

ローカル感がたまらない
池上線「久が原」駅からスタート!

写真

左上・小さな駅舎に乗り入れる東急池上線。今回ご紹介するのは「久が原」駅から徒歩約7分、「御嶽山」駅から徒歩約5分に位置するマンションです! /右上・駅の東側には「ライラック通り久が原」、西側には「すえひろ商店会」。昭和を感じる、味のあるふたつの商店街が広がります。/左下・ライラック通りの5差路には、わざといい匂いを振りまいているとしか思えないブーランジェリー「MONREVE quatre(モンレーブ キャトル)」。/右下・駅前には天然温泉「益の湯」。富士山の壁画がある、正統派 “THE・銭湯” です。

写真

左上・駅を挟んで、東のスーパー「サミット」。営業時間は9:00〜24:00。/右上・西のスーパー「オオゼキ」。営業時間は10:00〜21:00。/左下・線路沿いを歩いていると「大田区立東嶺公園」を発見。お子さまがよろこぶ遊具より、真横をダイナミックに走り抜ける池上線が一番の興奮ポイントかと。/右下・東嶺公園の横にオシャレなカフェがありました。「Cafe Pablo’s(カフェ・パブロス)」で自家焙煎の奥深い珈琲をどうぞ。

写真

線路沿いを歩いていると、ついつい “鉄っちゃん” になって写真をパシャパシャ撮っちゃいますね。池上線、癒されるぅ〜・・・♡

売主さま

「久が原」も「御嶽山」も、駅周辺には小さな商店街があったり、スーパーも夜遅くまで開いていたり、季節ごとにイベントが開催されていたりと、非常に住み心地がいい街です。

環八沿いに出てきました
渋くて味のあるマンション

写真

左上・マンションが建つのは環八道路沿い。1階にはクラシックカーも販売している輸入車専門店とお寿司屋さんが入っていますよ。/右上・エントランスは環八からやや奥まった位置にあります。/左下・清掃の行き届いた共用ロビー! 白いベンチが可愛いんです♡ 今年の7月に交換されたばかりの集合ポストは宅配ボックスと一体になっています。こちらのマンション、平成23年に大規模修繕工事を終えていて、外観を含めとてもきれいな状態です! /右下・住戸の所在階である4階に到着。内廊下で、まるでホテルのような雰囲気。エレベーターも新しいものに交換済みです。

売主さま

管理人さんが素晴らしい方で、日々清掃や管理が行き届いており、共用部の設備も適切なタイミングでメンテナンスがされているマンションです。築年数こそ経過していますが、そうとは思えないくらいきれいに保たれていることが、自分たちにとっても購入の決め手となりました。

覚悟を決めなさい・・・!

写真

ババンッ!! 玄関ドアを開けると、いきなり視界がパノラマに開けます。遠くに武蔵小杉のビル群を望み、とにかく明るい・・・!

売主さま

日当たりがよく、バルコニーが広くて眺望が開けていたことも、ここを購入した決め手でした。未内装の状態で内見しましたが、リノベーションしたら面白いだろうなってピンときたんです。設計担当の方には “広々とした空間使いでありながら、生活空間が程よく区切られた間取りにして下さい” と依頼しました。

写真

左・玄関の片側には大きな姿見。/右・もう片方には奥行きたっぷりの下足入れ。天井にワイヤーが取り付けられているので、来客の際室内が丸見えになるのが気になる方は、薄手のカーテンをかけてもよさそうです。

写真

まず玄関を上がって左に目を向けると、憧れのアイランドキッチン♡ ご自慢のビューを正面に眺めながらお料理ができますよ。とっても広いシンクに4つ口コンロ付き。

写真

横に長い間取りですが、お部屋の端から端まで動線が一本通っています。さすがフルオーダーリノベーション、使う人の視点に立った、細かな設計がなされています。

写真

シンクの前に立つと、ご覧のビュー♡

たまらずこのまま
ルーフバルコニーに出ちゃいます!

写真

バルコニーの総面積は約54㎡! 室内の面積が約53㎡なので、合わせると100㎡超えなんです!! こんな条件の物件、探してもなっかなか無いですよ。ウッドデッキの上で読書したり、食事したり、あ〜夢は膨らむばかり♡

写真

正面にはスコーーーンと抜けた気持ちのいいビュー。低層住宅街の先に多摩川、その先にビル群っていう配置がまたイイですよね。夜景も楽しみ!

売主さま

眺望が多摩川向きに開けていますので、夏には毎週末どこかの花火大会をここから見ることができるんですよ。

写真

洗濯物だって干し放題。お隣さんはルーフバルコニーの端に背の高い木々を置いて目隠しにしていたので、こちらも植木を並べてガーデニングを楽しみたいですね♪ 上階にも住戸があるので人目がまったく気にならない訳ではありませんが、大きな空の下、う〜んと伸びと深呼吸がしたくなります。

写真

室内に戻り、ダイニングスペース越しにキッチンを眺めてみます。キッチンとダイニングの床はモルタル仕上げですが、リビングスペースに差し掛かるとフローリングへと素材が切り替わります。キッチンの前にダイニングテーブルを置くと “料理をつくるところ” と “料理を食べるところ” がひとつの空間にまとまって、効率的かつ理想的です♡ ここでごはん食べるの、楽しいだろうなぁ。

リビングスペースの全貌

写真

玄関の横には長いデスクスペース。正面には天井まで届いていない、四角い壁が立ち上がっています。実は天井にはプロジェクターが取り付けられており、壁の前にはスクリーンが下ろせるようになっているんです! まるで自分だけのミニシアターのように、映画を愉しむことができますよ。壁の裏側は後でご紹介するのでお楽しみに♡

ナローな通路には・・・

写真

左・先ほど正面から見ていた壁の右側、実は一面が収納になっているんです。両開き戸がふたつ並んでいて、手前には棚が、奥にはハンガーパイプが取り付けられています。/右・さらにその向かいにも収納が! ハッキリと写っていませんが、上段はかなり奥行きが深いんです。お布団などかさばるものをしまいたい場合は、こちらを使うと便利そう。

木目のドアを開けると
中はホテルライクな水まわり!

写真

左・モルタル床の上に浮かぶ丸いフォルムのトイレ。海外でよく見るタイプ! 洗面ボウルも丸みを帯びていて、きちんと世界観が統一されています。ミラーはフラットに見えますが、実は蓋になっていて奥にはたっぷりの収納が♡ 鏡越しにちらっと写っていますが、トイレの対面にはオープン棚と洗濯機置き場がありますよ。/右・バスルームは一般的なユニットバスではなく、職人さんによる “在来工法” の手造り。細かなタイルが可愛い! 壁には使用感がありますが、ご希望のテイストに合わせて修復できますよ。お気軽にご相談くださいね。窓があって換気できるのもうれしい!

四角い壁の内側

写真

リビングスペースに立ち上がっていた壁の中には、なんと小上がりスペースが!! 大きな掃き出し窓ふたつに面した贅沢なスペース。この上にお布団を敷けば、籠り感が心地よいベッドルームに♡ 畳の真ん中にちょろっと紐のようなものが出ていますが、実は畳の下は床下収納になってるんです。季節物などはこちらにしまうといいですよ!

もうひとつのバルコニー

写真

小上がりスペースはふたつの掃き出し窓に面していて、片方からはルーフバルコニーに、もう片方からはこちらの長〜いバルコニーに出られるんです。乗り出して見ると、眼下には環八が。こちらのバルコニーに出ると多少音は気になりましたが、室内にいるとほっとんど気にならないのでご安心を!

LDKの全景

写真

小上がりから出た時に見える景色。床材の切り替えや天井まで届いていない壁のおかげで、室内全体が巨大なワンルームのよう・・・だけど、ちゃーんとゾーニングされている。本当によく考えられたプランだなぁと感嘆の声が止まりませんでした。

ここで売主さまがお住まいだった頃の
写真をプレイバック!

写真

左上・今回撮影したのと同じアングルで、玄関扉を開けたところの写真がありました♡ ブラインドを閉めていてもこんなに明るい! /右上・リビング→ダイニングキッチン側を眺めたところ。/左下・ダイニング→リビング側を眺めたところ。実は竣工当時は、この四角い壁の中にベッドを置いていらしたんです。いまよりも少し、掃き出し窓側の通路が広く確保されています。/右下・キッチンの前にダイニングテーブルを置いた様子。この距離で会話ができるって幸せですね♡ 家族の絆が深まりそうです。

売主さま

住み始めた頃は妻とふたり暮らしでしたが、子どもをふたり授かり、手狭になったので新居へ引っ越すことになりました。1LDKやワンルームを広々と使いたい方や、ルーフバルコニーの開放感を楽しみたい方に住み継いでいただきたいですね。

マンション最寄りの
「御嶽山」駅方面へGO!

写真

左上・ “御嶽山エリア” のシンボル「御嶽神社」。商店街の先にこんもりと生い茂る木々が何とも♡ こういう風景に心奪われる方、きっといらっしゃるんじゃないでしょうか? /右上・取材で足を運んだのは、ちょうど “酉の市” の時期でした。週末には出店で賑わうんだろうなぁ。/左下・御嶽神社の横には巨大な「イオン」! 営業時間は8:00〜24:00。つまり、どちらの駅から帰っても大きなスーパーがあるんです。便利ー! ちなみに線路の向こう側には「オオゼキ」もありますよ。/右下・「御嶽山」の駅舎も味があって心ほんわか♡

最後にグルメスポットを
ちょっとだけご紹介

写真

左上・「御嶽山」駅には池上線しか停まりませんが、実はクロスするような形で東海道新幹線の線路が走っているんです。そんな線路沿いにあるのがこちら、「歩ム」。鳥料理が絶品と噂のお店です。/右上・御嶽商店街には「リヨン 麦の華」。地元に根付いたパン屋さんです。/左下・そのまま商店街を進むと現れた「Icing cookie cafe syrup」。可愛いアイシングクッキーのお店です♡ 中にはカフェスペースもあるので、お買い物中つい寄り道しちゃいそうですね。アイシングクッキーの教室も開催されていますよ。/右下・ “古きよき” という感じがたまらない、洋菓子店「Marimo(マリモ)」。マンションの周りには、心がほっこりする風景やお店がたーくさんありました。

cowcamo

cowcamo report

実はわたし、竣工当時に掲載された某有名雑誌でこちらの物件を見て以来、ずっとずっとファンだったんです・・・! まさかカウカモで販売のお手伝いをさせていただけることになるとは。熱がこもった記事も “そういうことか” と、どうかご理解いただけますと幸いです(笑)。

雑誌で見た際は、とにかくまず間取り図に目が釘付けになりました。「家とルーフバルコニーが同じくらいの面積って! すご〜〜い!! 」と興奮したことを覚えています。そして売主さまがそこで暮らされている様子が本当に素敵で。今回何枚か当時の写真をご提供いただきましたが、ね? 素敵ですよね?? 家具が入ると空間がイキイキして、よりこの物件の魅力が伝わる気がします。こちらの物件をご購入される方も、どうぞ売主さまの家具レイアウトをご参考になさって下さいね。

住空間がルーフバルコニーまで拡張された生活って、どんなに素敵だろうって思います。籠りたい時は室内に入るけど、それ以外は大空の下で過ごす。外で食事をとるのはもちろん、ノートPCを持ち出せば仕事だってできますよね。プランターをたくさん並べて小さな森のようにしたり、野菜やハーブを育てたり。暖かい時期にはテントを出して、星空の下でキャンプをするのだって最高に楽しそう。何気ない日常をスペシャルにしてくれる空間だと思うんです。

マンション自体も管理が行き届いているので、資産としても安心。環八沿いに建っていますが、室内やルーフバルコニーにいる時は、そんなこと忘れてしまうくらい静かです。それにやっぱり街がいい! 決して派手さはありませんが、心がきゅっとなるような風景がたくさん。わたし自身、ぶらぶらと歩きながら肩の力が抜けているのをひしと感じました。ここに住んだら、きっと駅に降りた瞬間「ただいま」って心でつぶやくようになると思います。そのくらい心地いい街です。

8年間お住まいだったので、室内は手直しが必要そうな箇所がちらほら。新規リノベーション物件のようにピカピカではありませんが、それを超える暮らしが待っていると思います。まずはぜひ、現地に足を運んでくださいね。