犬も歩けばおしゃれさん

写真

左上・ご紹介の物件は憧れの “神宮前エリア” に! こちらはこのエリアのおしゃれさを語るのには欠かせない「ロンハーマン 千駄ヶ谷店」。アパレルやカフェ、リラクゼーションサロンも併設しています。(350m 徒歩5分)/右上・物件への通り道に現れる可愛いフードトラックは、2018年に日本上陸したばかりの「SUNRISE SHACK(サンライズシャック)」。スーパーフードとコーヒーを組み合わせたオリジナルドリンクをいただけます。(300m 徒歩4分)/左下・牛の人形(牛形?)が迎えてくれるのは、「生クリーム専門店 ミルク」。生タピオカ専門店「モッチャム」とのコラボ店舗が、お隣にもうすぐオープンとのこと・・・行きたかった!(300m 徒歩4分)/右下・インテリアまで本場にこだわったメキシコ料理店「Fonda De La Madrugada(フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ)」。このお店が入るマンションも、ヴィンテージな雰囲気でとても素敵ですのでご注目あれ。(95m 徒歩2分)

cowcamo

JR山手線「原宿」駅から歩くこと8分。通りを一本奥へ入った場所に、マンションが見えてきました!

ヴィンテージ × デザイナーズ

写真

ホワイトとイエローのカラーリングに、はっとします。中心から発光しているみたいじゃないですか!

売主さま

1971年竣工、総戸数25戸のヴィンテージマンションです。建築家の坂倉準三氏による遊び心ある設計で、キューブを重ねたような独特な構造の建物です。

cowcamo

巨匠ル・コルビジェの弟子という坂倉氏の作品は、皆さま一度は目にしたことがあるはず。例えば「新宿西口広場」です! お世話になってます!

写真

左上・建物の正面側は工事中のタイミングでした。ちょっと失礼します〜。/右上・こちらがエントランス。幾何学模様を描くモザイクタイルに胸がときめきます。/左下・ホールの左手には、ぽっかりと月のように円窓が。その上に立体的な幾何学モチーフのゲートが重なって、まるで美術館のような雰囲気です。右手の管理人室では、管理人さんが週5日で勤務されています。/右下・それではオートロックを抜けて、共用の中庭スペースへ・・・

おおお

写真

中庭は吹き抜けになっており、光が降ってきます! そして光の眩しさに負けていない、イエローの力強さ。全然ハデさや色のきつさは感じませんでした。見れば見るほど、ここはイエローしかありえなかった!

売主さま

こちらのマンションでは、ペットの飼育は犬猫いずれか1匹までOKです(成長時の体長50㎝以内・体重10㎏以下のものに限る)。また、理事会の承認を得れば事務所としての利用も可能ですよ。事務所利用の場合は、特別賛助金として月額20,000円がかかりますのでご了承ください。

1階に所在する住戸です

写真

左・ヴィンテージ感溢れる木製の玄関扉。どっしり重みがあります。/右・玄関はL字型で、窮屈感がないのがうれしいですね。右のドアは水まわりへ、左のガラス入りのドアはLDKへ続きます。写真には写っていませんが、さらに左手には背の高いシューズボックスが。

まずはLDKへ!

写真

住戸内はシンプルで落ち着いたトーンの内装でまとめられています。LDKは約16.7帖とゆったりしたサイズ感。

写真

角住戸の特権♡ 南西・南東の二面採光です。右側の大きな窓は、プライバシーに配慮して曇りガラスになっています。掃き出し窓ではありませんが、部分的に押し開けることができるので、しっかり換気することができますよ。そしてキッチンの奥に見える窓からは、住戸東側を囲む専用庭スペースへアクセス可能。ゴミの一時避難場所などに使えそう◎

cowcamo

キッチン左手のドアは何でしょう?

はい マルチクロークです!

写真

おお! 中で歩き回れる、ゆとりある大きさの収納が。可動棚やハンガーパイプが備わって機能的です。季節モノや、お水のストックなども余裕で収まりそう。

キッチンを拝見

写真

食洗機完備の対面式キッチン。背後には冷蔵庫やゴミ箱を置くスペースもあるのでご安心ください。正面に見えるドアは、洋室・サービスルームへつながっています。

cowcamo

それでは、左側のドアから洋室へ行ってみましょう♪

約4.3帖の洋室

写真

ややコンパクトですが、南西向きの大きな窓のおかげで開放感がアップしていますね。

写真

振り向けば、頼もしい大きさのクローゼットが。柱の陰に、賢く可動棚も備わっています。

ジャジャン 専用庭です!

写真

窓の外には、1階の住戸の特権♡ 専用庭が広がっています。建物に囲まれているため “太陽サンサン” というわけではありませんが、緑が見えて心が和みます。水栓があるので、植物への水やりも楽々ですよ。

cowcamo

お隣のマンションの敷地とは、段差と植栽のみで区切られている状態。パブリックな道路に面しているわけではないので、ひと気はありませんでしたが・・・ちょっと気になるカモ?

続きまして サービスルームへ

写真

サービスルームは約5帖の広さがあります。窓がないぶん集中力が高まりそうですので、こちらは書斎やワークスペースとして使うのはいかがでしょうか。

再びLDK

写真

それでは廊下へ戻り、今度は水まわりをチェックしていきましょう。

廊下〜トイレへ

写真

左・左手のドアは水まわりへ。そして右奥のドアは・・・/右・トイレでした。写真には写りきっていませんが、角の落ちた三角形のような形をしており、デッドスペースをうまく収納として活用しています。

cowcamo

ブラウンのアクセントタイルが、ロビーの幾何学模様をリフレインしているようで素敵。

水まわりをチェック

写真

左・洗面化粧台は収納たっぷりで使い勝手がよさそう。お隣に洗濯機置場があるので、背の高い棚はリネン庫として使うのもアリですね。/右・1317サイズのバスルーム。浴室暖房・乾燥・追い焚き機能を備えています。

通り過ぎるなんてできない・・・

写真

左・住戸を出て、共用部の円柱の裏に回り込むとエレベーターが。でもなんだか光が気持ちよさそうなので、奥の階段を使ってちょっと上まで上がってみましょうか。/右・はっ! 階段のリズムに酔ううちに、地上7階建ての最上部、塔のような部分が見えてきました。せっかくなので、螺旋階段も上って・・・

キャー!

写真

気分爽快なビューです! 見渡すと、遠くに建設工事中の「新国立競技場」の姿が。この街はこれからますます熱くなっていくエリアなのだと、改めて実感できます。

キ、キャー!

写真

下を覗き込めば、吹き抜けをズバッと一望。建物の面白さも見渡せていい気分・・・ですが、高所が苦手という方はご注意くださいね。

cowcamo

私は膝が大爆笑してしまい、降りるのに倍の時間がかかりました(笑)まさに行きはヨイヨイ帰りは怖い、です。

魅力をもうちょっと クローズアップ

写真

左・中庭と外を区切っているのは、結晶構造のような幾何学モチーフのゲート。シルエットになってめっちゃカッコイイです!/右上・エントランスゲートもお揃いです。じっと見つめていると、なんだかうっとり・・・。/右下・住戸の玄関横から吹き抜けを見上げたカット。建物の内側は配管を含めてすべてイエローに塗られています。雨上がりだったせいか、艶かしささえ感じました。

余韻を楽しみながら 街歩き

写真

左上・イエローに負けない彩りが欲しいときは、フラワーショップ「les mille feulles (レ ミルフォイユ)」でお花を。(300m 徒歩4分)/右上・こちらはNIGOプロデュースのカレー屋さん「curry up(カリーアップ)」。開店前から待っているお客さんの姿も見られる人気店です。テイクアウトもOKですよ♪(260m 徒歩4分)/左下・セミオープンテラスのある「THE DECK COFFE & PIE(ザ デック コーヒー & パイ)」。テラス席がキマる街、それが神宮前です。(350m 徒歩5分)/右下・佇まいからして西海岸な「San Francisco Peaks(サンフランシスコ ピークス)」。パンケーキやハンバーガーなど、アメリカンでボリュームたっぷりのメニューをガブッとどうぞ。(250m 徒歩4分)

cowcamo

カウカモ編集部より


『このマンションの取材に行けるなんて羨ましい!』前日に、編集長から言われた言葉です。いちライターの私も、訪れたことはなくても、折にふれてその名前や美しさを見聞きして、いつの間にかその人気ぶりを知っていた・・・ここはそんなマンション。取材前夜はいつもより早く寝てみたりして、ちょっとドキドキしてしまいました(笑)

ヴィンテージマンション好きなら『空き住戸が出たら、きっと!』とチャンスを狙っていた方も多いのではないでしょうか? こちらは昭和46年竣工、デザイナーズマンションの先駆け的存在です。設計は、建築家ル・コルビジェの弟子であった坂倉準三氏。記事内でもコッテリお伝えしましたが、訪れればきっとこの色に、カタチに心を奪われるはず。


住まう方々の意識の高さの現れか、築年数を重ねているものの、丁寧にお手入れされてきている建物です。ペットの飼育・事務所利用ともに可能というのも魅力的なポイントですよね♡ ちなみに、トランクルームは2019年3月時点で空きがあり、月額4,200円で利用できるそう。


そして所在地はというと、「原宿」「国立競技場」「表参道」「北参道」「外苑前」これらの駅を線でつないだ星の真ん中あたり。どの駅前からもほどよく距離が取れているので、物件周辺は意外なほど閑静でした。


今回ご紹介する住戸は、1階の角に位置する専用庭付きの1SLDK。洋室約4.3帖・サービスルーム約5帖と、いずれもややコンパクトですが、そのぶんLDKをゆったりと作っています。使用頻度の高いもの以外はマルチクロークに収めて、個室内をスッキリさせるのがよさそうですね。

1階のため、周囲の建物の影響であまり直射日光は入らなさそうですが、窓が多く風通しは良好◎ 南西向きの専用庭からは緑を眺められるのがgoodです! お隣の敷地とあまりしっかり区切られている感じはないので、その点が心配な方は現地にてご確認くださいませ。

共用部の撮影中、お出かけされるマンション住人の方とすれ違ったのですが・・・夢中になってカメラを構えていた私に、すごく温かく微笑みかけてくださいました。まるで『ここ、素敵でしょう?』と言われたような気がして、正直シビれました。

実に、編集長の言う通りでした。『ここに取材に行けるなんて羨ましい』し、“ここに住めるなら、ものすごく、羨ましい”。そんな思いで神宮前の街を後にしました。写真より実物のオーラはもっと力強いです。お好きな方はぜひお早めに現地へ!

writer / editor:小杉 美香