周辺環境

写真

左上・東急田園都市線「駒沢大学」駅が最寄りです。/右上・世田谷区と目黒区にまたがる、「駒沢オリンピック公園」は413,573㎡もの広さ。東京都の公園では、8番目の広さを誇ります。ドッグランも備えており、盛況とか。/左下・最寄りのスーパー「オオゼキ 野沢店」までは徒歩約4分。/右下・パン屋さん「パンテコ」は、レストランやカフェにもパンを卸しているそう。

「駒沢大学」駅?それとも「三軒茶屋」駅から?
気分によって使い分け!

写真

東急田園都市線「駒沢大学」駅から徒歩約7分、「三軒茶屋」駅から徒歩約11分。どちらからでも国道246号線に沿って歩いていると、こちらの14階建てマンションに到着です。築浅なのでまだまだキレイな外観ですね。

写真

左上・曲がり角の先にあるエントランス。植栽に導かれながらアプローチします。/右上・オートロックはもちろん、宅配ボックスも充分な個数が設置されています。/左下・オートロックを抜けると待合スペースがあるロビー。このゆとりがうれしいですね。/右下・エレベーターで4階に上がり、一番奥のお部屋が今回ご紹介する物件です。こちらのフロアはちょうど首都高速道路と同じ高さ。防音壁があるので、走っている車がギリギリ見えない高さです。

売主さま

こちらは都度都度、適宜修繕工事を行っております。来年には建物検査を行い、必要に応じて大規模修繕工事を行う予定となっております。

純白で爽やかな空間

写真

左・扉を開けるとグリーンが映える、真っ白な空間が広がっていました。右壁には扉3枚分の下足入れ。/右・玄関を見返すとこんな感じ。玄関土間部分まで伸びた廊下部分には、小さなベンチを置いてもいいですね。

L字型に配された廊下

写真

左・廊下を進み、まず右手に見える両開き扉は収納スペース。奥行きが深く、たっぷり収納できそうですよ。/右・その奥がトイレ。こちらにもちゃんと収納があるのはうれしいですね。

ひとつ目の洋室A

写真

廊下のつきあたりには、約5.6帖の広さの洋室A。クローゼットとオープン棚がついています。こちらは国道246号線側のお部屋になるので、車の音が少し聞こえてきます。

売主さま

こちらの建物は音を軽減するため、遮音性能T2等級の防音サッシを使用しております。

廊下に戻り水まわりへ

写真

左・トイレの角を曲がった先の廊下。右手の扉は先ほどの洋室A、正面に見えるスリット扉はLDKへと続きます。まずは左手の扉、水まわりからご案内しましょう。/中・収納がたっぷりついたシステム洗面化粧台。鏡に映っていますが、背面には洗濯機置き場があります。/右・1418サイズのゆったりしたユニットバス。洗面台と浴室は、既存のものをクリーニング・再利用しています。

光あふれる白の空間

写真

リビングへのスリット扉を開けると、明るく光に包まれたLDKが登場。たくさんの窓からの光が、白で統一された床・壁・天井のすべてに反射して、とにかくとっても明るいんです。ゆったり広く取られたキッチンも、大きな窓からの光で明るいですね。

売主さま

浴室・洗面化粧台・キッチンはクリーニングして、再利用しております。気になられる方が多いであろう、レンジフードやガスコンロ、浄水器、また浴室換気乾燥機などの設備は新規交換しております。扉には新しくシートを貼っておりますので、新品のようにお使いいただけますよ。

写真

左・キッチンコンロの奥にはうれしい収納。食材をたくさんストックできそうですね。なお、キッチン本体は既存クリーニングの上、再利用。水栓をオールインワン型に交換しています。/右・キッチンの大きな窓は実は扉になっていて、外にはバルコニースペースが。ニオイが気になるゴミの一時保管場所としても最適。

写真

お部屋に戻ってこちらは約11帖のLDスペース。キッチンを合わせると約14帖の広さです。中央に見える扉はリビング収納。便利でうれしいポイントですね。

写真

南向きの腰窓は、天井いっぱいまでの高さがあり、光がたくさん入ります。その左手にあるガラス扉からは、バルコニーへ出ることができますよ。

落ち着き感あるバルコニー

写真

3面を壁に囲まれたバルコニー。一般的な開けたバルコニーだと、隣住戸の声が聞こえることもありますよね。こちらは囲まれているので、少しプライバシーのある形になっています。

写真

そして正面の景色がコチラ。246沿いの立地であることを忘れてしまうような、青く広がる空と、低層住宅街が広がる景色。道路とは反対側になるので案外静かです。

写真

コンパクトですが、広めの奥行きがあるバルコニー。チェアを置いて、どこまでも広がる空や、どんどん形を変える雲を眺めるのも素敵です。

部屋に戻ってLDKを再確認

写真

南向き、バルコニー側の窓からLDKを見た様子。キッチンの右横に見える扉は、もうひとつの洋室Bへと続きます。

リビング横の洋室B

写真

広さは約6帖。収納たっぷりで、南向きの掃き出し窓からは、先ほどのバルコニーに出ることができます。洋室Aでは音が気になるという方は、こちらを寝室にすれば静かにおやすみいただけそう。

写真

「おはよう!」と洋室BからLDKへの扉を開けると、朝食を準備する家族の笑顔が見えてきそうですね。

周辺環境

写真

駒沢公園周辺の美味しいカフェ・レストランをご紹介。すべてのお店が、ペット同伴可能です♪ /左上・カジュアルイタリアンの「MIO(ミオ)」は、駒沢公園西口の前。/右上・カフェブームの草分け的存在、「Bowery kitchen(バワリー・キッチン)」。軽食からワインに合うお食事まで、豊富なメニューが揃っています。/右下・一軒家カフェの「adito(アヂト)」は、体に優しいお料理をゆっくりと食べられるお店。/右下・「KOMAZAWA PARK CAFE」は駒沢通り沿いにあります。7時〜23時までオープンしているので、朝の散歩の帰りに立ち寄っても。明るいうちからお酒を飲める雰囲気も素敵。

cowcamo

cowcamo report

平日、仕事に忙しいふたりは東急田園都市線のラッシュを避けて、バスで渋谷へアクセス。週末は可愛いペットを連れて、駒沢公園へお散歩。夜はふたりで、三軒茶屋の隠れ家的お店を発掘・・・。そんな世田谷暮らしを絵に描いたような、幸せな生活を実現してくれるお部屋です。

4階ながら、バルコニー側は低層の住宅街が広がり、気持ちよく抜けた眺望。実はこのマンションが面する国道246号線のような、広い道路に面する場所は、背の高い建物を建てられるのです。つまり、こちらの南向きの窓から見える眺望が、将来的に遮られる可能性は低いかと思われます。

ただどうしても、道路側の洋室Aや西向きの窓からは、少し車の音が聞こえてきてしまいます。バルコニー側・南向きの窓は開け放しても案外静かでしたが、ご自分の感覚でご確認くださいね。

お部屋全体で約61㎡。すごく広い!というわけではありませんが、玄関も廊下もバルコニーも、少しだけゆとりを持った広さで、しっかり確保されています。各所各所にきちんと収納も設けられていて、DINKSはもちろん、お子さまがひとりのファミリーにも、お住まいいただけそうですよ。

同じ専有面積であれば、廊下がない間取りの方が、居室を広くとることができます。でも廊下がないと、なんか “家” という感じがしない・・・という方もいらっしゃるかもしれません。玄関や廊下、収納を充実させたことで生まれる “ゆとり” 。それが “家” という一種の安堵感を生むのかもしれませんね。

築13年でリノベーション物件としては、築浅マンション。オートロックや宅配ボックスはもちろん、ロビースペースもあります。リノベーション物件でも築年数や建物共用部が気になる・・・という方にもオススメですよ。どうぞ一度内見してみてくださいね。