プライベートを満喫できるスポットが充実した
東横線で人気の2駅の間

写真

左上・最寄りは東急東横線「都立大学」駅で、マンションまでは徒歩10分ほど。/右上・お隣り「学芸大学」駅にも歩くこと約13分の距離です。/左下・マンションから「学芸大学」駅へ向かう途中には、テニスコートや体育館など運動施設を備え、池でボートを楽しめる「碑文谷公園」があります。/右下・「都立大学」駅近くにあるシェア工房「Maker’s Base(メイカーズベース)」では、会員になると3Dプリンターなど本格的な機器を利用できるほか、会員でなくても陶芸やアクセサリー作りなどのワークショップに参加することができますよ。

売主さま

人気の「都立大学」駅と「学芸大学」駅、どちらも利用できる立地です。「都立大学」駅からは線路沿いを歩くのが最短ルートですが、住宅街を通る「呑川柿の木坂支流緑道」沿いには桜並木があるので、これからの季節はこちらのルートがオススメです。

タイル張りの高層棟と
低層棟からなるマンション

写真

左上・「環状7号線」沿いに建つ、昭和54年竣工・7階建て・全50戸のマンションです。/右上・エントランスの並びには、介護施設とアンティークショップが入っています。/左下・エントランスホールには平日の朝8時から夕方4時まで管理人さんがいらっしゃいます。エレベーターはテンキーを操作しないと作動しない、オートロックのような仕組みになっています。/右下・環七側に常時ゴミ出し可能なゴミ置場があるほか、裏手は低層棟となっており、こちらには駐輪場が設けられています。

お部屋は3方向角部屋

写真

左・採光窓から光が入り、明るい玄関。左右にオープン収納がたっぷり設けられているので、靴好きさんでも大丈夫です。/右・キッチンとの間に設けられた採光窓には凹凸ガラスが用いられていて、可愛らしい雰囲気。

売主さま

今年3月にフルリノベーション工事を終えたばかりのお部屋で、照明付きで販売しています(家具はレイアウト参考)。白を基調に、黒いアイアンを使い、モノトーンで仕上げました。シンプルな中に、照明がアクセントになっています。

廊下左側が水まわり

写真

左・廊下の突き当たりにも可動棚の収納があります。右側がLDK、左側が水まわりです。/右・シンプルな中に、柄入りの壁紙がさりげなく空間を演出しているトイレ。

写真

左・カウンターが広く、メイクやブローがしやすそうな洗面台。収納は洗濯機置き場上の棚のほか、鏡の裏にもあります。/右・浴室も明るい色で統一。浴室乾燥機と追い炊き機能が付いています。

LDKは3面採光

写真

廊下右側のガラス戸を開けると、天井の黒が空間を引き締める約14帖のLDKです。写真左側、アイアンのガラス格子については後でご紹介するので、どうぞお楽しみに!

写真

LDKに入って右奥がキッチンです。キッチン前には食事をとれるカウンターが付いていますよ。

4口コンロ&広々作業スペースの
料理好きにうれしい充実キッチン

写真

白いタイル張りの清潔感溢れるキッチンは、デザイン性だけでなく機能性も◎ 。4口のガスコンロとこれだけ広い作業スペースがあれば、本格的な料理もストレスなく作れますね! 壁側にラックが設けられていますが、カウンター下にもたっぷり空間があるので、ワゴンやゴミ箱などを使いやすいように置いてアレンジしてみてください。

売主さま

4口のガスコンロを採用し、お料理好きの方にも満足していただけるキッチンに仕上げました。

写真

キッチンからの眺め。窓の外に視線が抜けて気持ちよいですね! 先ほどチラっと見えたアイアンフレームのガラス格子は、隣接する洋室とLDKをゆるく区切る役割を果たしています。

売主さま

バルコニー側にふたつ並んだサッシの間にアイアンフレームのガラス格子を設けることで、洋室を設けても開口部がひと続きに見え、より空間が広く感じられるよう工夫しました。

写真

取材した日はあいにくの曇り空でしたが、西向きの大きな窓から光がしっかり入って明るかったです。

売主さま

お昼過ぎが一番日当たりがいいのですが、アイアンの影が床に落ちてとてもきれいですよ。

写真

窓側からキッチン方向を見返したところ。カウンターを設けることで、リビングスペースをたっぷり取ることができているのがいいですね。

洋室は約5.2帖

写真

アイアンフレームのガラス格子でゆるく区切られた洋室。窓の向かいには壁一面・大容量の収納が設けられています。天井の間接照明がムーディーで、夜のお部屋の表情も楽しみですね。

売主さま

洋室の壁から天井にかけて床と同じ材を使うことで、お部屋に一体感をもたらしました。

写真

洋室からLDKを見たところ。大きな窓とガラス格子のお陰で、帖数以上に広く感じます。

売主さま

天井に下地材が入っているので、LDKと洋室との間に目隠しが欲しい場合は、ブラインドやロールスクリーンを取り付けることが可能です。

バルコニーに出てみましょう!

写真

曇りなのが残念ですが、バルコニーの前は低層の住宅街なので、しっかり空が見えますよ。

売主さま

横の道路のお陰で、視線が真っ直ぐに抜けて気持ちよい眺めです。

写真

幅が広いので、一度にたくさんの洗濯物を干しても大丈夫ですよ。

写真

バルコニーから戻って、改めてLDK全景を見渡してみます。窓が3方向にあり、日中は照明なしでも明るいお部屋でした。

モノトーンの中に光る
個性的なディティール

写真

左上・玄関とキッチンの間に設けられた採光窓の凹凸ガラス。/右上・キッチンは白いタイルを黒い目地が引き締めていて、空間とマッチしています。/左下・洗面室の壁のクロスにも表情があって個性的。/右下・ドアノブもスタイリッシュです。

マンションから徒歩10分圏内の
周辺環境をご紹介

写真

充実したキッチンを活かせる、大きなスーパーが近くにふたつもあるんです! /左・2016年末にリニューアルオープンしたばかりの「イオンスタイル碑文谷」は、オーガニック野菜や京野菜、ブランド肉などの厳選素材が揃うほか、お惣菜やワインも充実しています。/右・良心的な価格で新鮮な食材を揃える「オオゼキ」も、売り場面積が広く豊富な品揃えです。

写真

左上・「都立大学」駅のすぐそばにある人気ベーカリー「TRASPARENTE(トラスパレンテ)」。店内とテラスにあるイートインスペースで、休日に “朝カフェ” するのもいいですね。/右上・自転車があればさらに楽しい立地なので、「都立大学」駅の西側にあるお洒落なロードバイクを扱う「le.cyc(ル・サイク)工房」で、お気に入りの自転車を手に入れください! /左下・バームクーヘンが名物の老舗洋菓子店「MATTERHORN(マッターホーン)」は、マンションと「学芸大学」駅との間にあります。手土産を買うのに活躍しそうです。/右下・同じく「学芸大学」駅近くには、鮮やかなお花が目を引くフラワーショップ「Tammy Flower(タミーフラワー)」もあります。ブーケやリース、観葉植物も揃うので、お部屋をアレンジするのにぴったりです!

cowcamo

cowcamo report

落ち着いた雰囲気の「都立大学」と、駅前に6つの商店街があり庶民的な「学芸大学」。人気の東急東横線沿線の中でも上位にランクインする2駅の間にある物件です。

どちらの駅からも、お店が建ち並び賑やかな線路沿いを歩くこと10分強、「環状7号線」沿いにマンションは建っています。環七側の高層棟と裏手の低層棟からなるマンションで、お部屋があるのはオートロックエレベーターが付いた高層棟。平日の朝8時から夕方4時まで管理人さんがいらっしゃり、しっかりと管理や清掃を行っているため、共用部がきれいに保たれていました。さらにこちらのマンション、全体で管理費・修繕積立金の滞納が0と超優秀! 竣工から38年ほど経過していますが、月々の共益費が2万円以内に抑えられているのも魅力です。

お部屋は東・西・北の3方向角部屋、約45㎡の1LDKです。環七側にある玄関やキッチンでは車の騒音がしましたが、反対側に面したリビングスペースや洋室では気になりませんでした。室内はモノトーンの中に、タイルや照明、ガラス格子がアクセントになっていて、大人な雰囲気。収納がたっぷり設けられているので、荷物持ちさんでもこの雰囲気を保ってお住まいいただけるはずです。

こちらのお部屋のポイントは、お料理好きも大満足な4口ガスコンロが備わった広々キッチン!「イオンスタイル碑文谷」と「オオゼキ」、ふたつの品揃え豊富なスーパーが徒歩10分圏内にあるので、ホームパーティーを開き、手作り料理でお客さまをおもてなしするのもいいですね♪

徒歩圏内でも十分楽しめる環境ですが、自転車があれば「自由が丘」や「駒沢公園」にも気軽にアクセスできるので、さらに休日が充実しますよ。モノトーンのお部屋から始まるカラフルライフを満喫してください!