一度は憧れる “学大住み”

写真

左上・今回ご紹介するマンションは、東急東横線「学芸大学」駅が最寄りです。急行停車駅なので「渋谷」駅までは7分! 東横線は横浜方面へも行けるほか、副都心線への直通があり池袋や新宿にも出やすいですよ。/右上・駅前から東西に向かって商店街が延びており、こちらは「東口商店街」。飲食店や商店、ドラッグストアなどが建ち並ぶ賑やかな通りです。(徒歩7分)また、東口には7:00~24:00で営業しているスーパー「まいばすけっと 学芸大学東口店」もありますよ。(徒歩9分)/左下・コーヒーやスイーツだけでなくお食事メニューも人気の「まさひろ珈琲店」。落ち着いた店内でいただくランチは、和も洋もあっていずれもコスパ高し! もちろん、ランチに付くコーヒーが美味しいところも◎(徒歩2分)/右下・懐かしさを感じる外観のパン屋さん「麦ばたけ」。国産素材を使ったパンが美味しいと、地元の方に人気です。(徒歩2分)

隣に公園があるマンション

写真

駅からフラットな道のりを歩くこと7分。駅前の賑やかさから少し離れたところに、今回ご紹介するマンションが佇んでいました。写真からはわかりませんが、すぐ横に公園がありますよ。気軽にペットを遊ばせられるのがいいですね。

売主さま

こちらのマンションではペットの飼育が可能です。小型犬または猫2匹以内、犬・猫・フェレットなどを一緒に飼いたい場合は合わせて3匹以内なら飼育可能ですよ。

写真

左上・こちらがエントランス入り口。撮影時はちょうど清掃中で、業者の方が丁寧にお掃除をされていましたよ。左側にスロープが設置されているので、スーツケースを使用する際も困りません。/右上・エントランスは温かい雰囲気のデザインでほっこり。管理人さんは月~土曜9:00~17:00と、長時間勤務されているので安心ですね。奥へ進むとエレベーターが2基設置されています。/左下・振り返ってみました。入り口は自動ドアなので、両手に荷物を持っているときに便利ですね。/右下・今回ご紹介する住戸は、7階にあります。エレベーターを下りたら、写真右手の共用廊下を直進します。

売主さま

駐輪場は月額100円で利用できます。自転車を使えば中目黒や三軒茶屋へも気軽に行くことができて便利ですよ。

室内へ入りましょう

写真

左・玄関扉を開けると、正面に大きなガラス入りの引き戸が。南向き窓からの日差しが玄関まで届いています。/右・玄関上がって振り返ったところ。扉3枚分もある下足入れがうれしいですね♪

まずは水まわりをチェック!

写真

左・玄関を入ってすぐ左手には水まわりがまとまっています。洗面台には収納がたっぷり備わっていて、使いやすそうですね。/中央・洗面台の手前、左手の引き戸を開けるとトイレがあります。写真には写っていませんが、扉付きの収納棚を完備していますよ。/右・トイレの向かいにバスルームがあります。ダークブラウンとホワイトの組み合わせで落ち着いた雰囲気。ゆったりくつろげそうです。

売主さま

専有部分の給排水配管は更新済みです。

LDKへお邪魔します

写真

ガラスの引き戸を開けて、LDKへ。縦長のLDKに日光が降り注いでいますね。右側の壁には調湿・消臭性のあるエコカラットが一面に採用されており、どことなく上品なオーラが。ピクチャーレールも付いているので、お好きなアートを飾ることができますよ。

写真

掃き出し窓側から振り返ってみましょう。LDKは約19.3帖あり、とても広々としています。キッチンの前にダイニングセット、掃き出し窓側にソファを置くのがよさそうですね。右側に洋室の入り口がふたつ並んでますが、先にキッチンから確認していきましょう。

写真

セミオープンタイプのキッチンなので、お料理や洗い物をしながらご家族やペットの様子を確認することができますね。天板はカウンターも兼ねるので、スツールを置いて軽食スペースにするのもよさそう。

写真

吊戸棚は付いていませんが、ワイドなキッチン本体には収納力が十分ありますよ。背面に小さなテーブルとイスを置いたら、ちょっと手間のかかるお料理も楽しくできそう。

7階からの眺望をどうぞ!

写真

バルコニーへ出てみました。空が広くて気持ちがいいですね! 赤と白のタワーは、「NTTコミュニケーションズ 唐ヶ崎ビル」のもの。毎日見ているうちに愛着が湧いてきそう◎

写真

バルコニーへは、LDKの隣にある洋室Bからも出入りできるので、2部屋分の幅があります。洗濯物をたくさん干せていいですね。

LDKへ戻って洋室へ

写真

リビング扉や洋室Aの仕切りは両方ともガラスが用いられているので、帖数以上に広く感じます。次にふたつの洋室を見ていきましょう。

写真

洋室Aに窓はありませんが、LDKからの陽の光がこちらにも届いており、明るい空間です。寝室が足りていれば、書斎や趣味の部屋にするのがよさそうですね。

写真

引き戸を閉めたところを室内から見てみました。引き戸の木製のフレームがおしゃれな印象。約5.4帖とややコンパクトですが、ガラスのおかげで閉塞感はありません。

お隣の洋室B

写真

こちらはLDKに隣接する洋室B。こちらの掃き出し窓からも先ほどのタワーが見えますよ。

写真

約6帖の洋室Bには、洋室Aよりも大きなクローゼットが備わっています。大きい方の洋室なのでこちらを主寝室にするのがよさそうです。

周辺のおすすめスポット

写真

左上・アットホームな雰囲気漂う隠れ家的な「anea cafe(アネア カフェ)学芸大学店」。店内全席でワンちゃんと一緒に食事をすることができ、もちろんワンちゃん用のメニューもありますよ。(徒歩1分)/右上・「OTSU FURNITURE(オツ ファニチャー)」は、日本のアンティーク家具の販売店。明治から昭和初期にかけてつくられた家具を使える状態に修理して販売しています。お気に入りの家具に出会えそう♪(徒歩6分)/左下・ハンバーガーやステーキなどカリフォルニア料理を楽しめる「RESTAURANT INDIGO(レストラン インディゴ)」。黒毛和牛を使ったハンバーガーのほか、前菜やワインも美味しいと評判です。(徒歩3分)/右下・美味しいアジア料理が女性に人気の「biji(ビジ)」。こぢんまりとした可愛い雰囲気のお店でいただけるランチはコスパ◎ デリのテイクアウトもできますよ。(徒歩4分)

cowcamo

カウカモ編集部より

「学芸大学」と言うと、“一度は住んでみたい!” という方も多いのではないでしょうか? 東横線に縁がなかった私はあまりピンと来ていなかったのですが、今回行ってわかった気がしました。渋谷も近いですが、中目黒や自由が丘というおしゃれタウンに挟まれているという好立地。住むにはちょっと背伸びが必要かもと思っていましが、商店街を歩いていると、結構気さくな印象。庶民の味方的なお店がちらほらあり、すれ違う人の年齢層はさまざまですし、ちょっと気の抜けたカジュアルスタイルで歩いても違和感がありません。とはいえ、雰囲気のいいお店もちゃんとある。なるほど、人気があるのもうなずけます。


今回ご紹介したマンションは「学芸大学」駅から徒歩7分。築年数は37年になりますが、外観・共用部ともにとても綺麗でした。部分的に木材を使っている自動ドアやエレベーター、集合ポスト前のアーチや壁・床の色味など、全体的にほんわかした調子の共用部が、この街の雰囲気によく合っていましたよ。総戸数121戸ということもあり、共益費が抑えられているのも好ポイント。2009年にエレベーターの更新工事、2011年に大規模修繕工事が実施されており、長期修繕計画が立てられているので安心ですね。フラット35sの適合証明の取得も可能ですよ。ペットの飼育可能なのもうれしい! ペットは1匹までというマンションもあるので、現在2匹飼ってらっしゃる方には特におすすめです。


住戸は、縦に長いLDKからふたつの洋室につながる間取り。ペットを飼っているおふたりかおひとり暮らしの方にちょうどいい感じがします。こんなお部屋でゆったりとしたひとり暮らしなんて、憧れます。洋室Aは収納付きでシングルベッドを置ける広さは確保されているので、お子さまを考えているご夫婦にも。住戸内は素材や配色のおかげで、どこか上品で洗練された雰囲気。LDKと洋室Bの掃き出し窓は南向きなので、日当たりがよく気持ちがいい! バルコニー正面にそびえ立つ赤と白のタワーは、相棒にしてニックネームを付けちゃいましょう♪


暮らしやすく多方面へのアクセス良好な街で、ペットと楽しめる暮らし。ぜひ、ご検討くださいね。