fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

エントランス前には公園、銀行やスーパーなども敷地内にある、ひとつの “街” のようなビッグコミュニティにカウカモプロデュースの住まいが登場! 窓辺から降り注ぐ自然光の先には、約25.8帖のLDKをご用意。ここでの暮らしを想像し、 ファミリートークを弾ませてみてくださいね♡

板橋区中台(志村三丁目駅徒歩10分)
2LDK / 77.30㎡ / 4,980万円

まるでひとつの “街”

写真

左上・ご紹介するマンションの敷地までは、都営三田線「志村三丁目」駅から徒歩10分。複合商業施設「ショッピングスポット サンゼリゼ」が敷地内にある便利さ! 階段を上ると……右上・7時〜23時まで営業のスーパー「ダイエー 板橋サンゼリゼ店」や各種クリニックなどが入居しており、ほとんどの用事を済ませられそうなほど。左奥に見える階段をさらに上ると……/左下・銀行や保育園、学習塾などが。背後にメインエントランスが位置しています。/右下・こちらがメインエントランス。進んでみましょう!

cowcamo

写真には階段が多く写っていますが、スロープやエレベーターも備わっているのでご安心ください。

写真

メインエントランスを抜けた先は、まるで森林♡ 気持ちよすぎてどこかに腰を下ろしたくなりますが、ズンズン進みます。

総戸数1,872戸の ビッグコミュニティ

写真

ご紹介するマンションは複数棟から成るビッグコミュニティで、所在棟の総戸数は192戸です。

cowcamo

細則はありますが、ペット飼育が可能です。お散歩コースは自然たっぷりの敷地内で決まり!

企画担当者

ご紹介するのは、スケルトンの状態からカウカモがフルリノベーションを施した住戸です。

お邪魔します!

写真

左・玄関ドアを開けると、正面にはLDKの扉が。/右・玄関には可動棚が備わったシューズインクローゼット(SIC)があり、ベビーカーやアウトドアアイテムなどもスッキリ収納できそう!

ジャジャーン! 約25.8帖のLDK

写真

たっぷりと広さが確保されたLDKは、さまざまなレイアウトが楽しめそうですね。

cowcamo

家具や小物は付帯しません。レイアウトの参考にしてみてくださいね!

写真

カクカクした形が空間に動きをプラスしてくれる窓辺。デスクスペースはワークスペースや、お子さまのリビング学習スペースにピッタリ。日向ぼっこ用のイスも欠かせません。

長〜いバルコニー

写真

遠くまで眺望が抜けて清々しい! 西向きですがこれだけ空が近いので、時間を問わず自然光が届きそうです。

cowcamo

眼下に見えるのは幼稚園。日中は楽しげな子ども達の声がかすかに届く距離感です。晴れた日には富士山が見えることも!

写真

くの字形をした長いバルコニーは、大量のお洗濯物も一気に干せそう!

LDKに戻って

写真

次は、正面右手に見えるキッチンスペースを見てみましょう。

写真

一段上がったところにゾーニングされたキッチン。段差手前にある扉の中は収納です。この収納が実はかなり便利な予感。

写真

左・お手入れがしやすそうなIH3口グリル付き。/右・背面奥には広めのスペースがあり、カップボードなども置けそうです。奥まっているので、ダストボックスを目隠しすることも◎

写真

キッチンを背にLD(リビングダイニング)を見たカット。天井には3本のライティングレールを配置してある ので、ハンギンググリーンなども楽しめます♡

cowcamo

ソファがある壁面の上部にはピクチャーレールも。天井や壁面をディスプレイして、好みのテイストを空間にプラスしましょう。

写真

右手に見える扉の中はリビング収納。正面の通路を進んで、洋室と水まわりをツアーしていきます。

書斎にピッタリな 約4.3帖の洋室A

写真

左・作業に煮詰まったらバルコニーに出て、気分を瞬間リフレッシュ!/右・コンパクトな収納が備わっています。

cowcamo

成長にあわせて、ゆくゆくは子ども部屋にしてもよさそうですね。

約5帖の洋室B

写真

梁(はり)の凹凸がなくスッキリとした形の洋室Bは、主寝室にオススメです。

写真

左・振り返ると、セミオープンな空間が。進んで見ると、ウォークインクローゼット(WIC)になっていました! 洗濯家事や朝の身支度がスムーズにできそう。

水まわりを ご紹介

写真

水まわりには洋室と同色のアクセントクロスを使用し、さり気なく統一感を出しています。洗面台上部の可愛らしい照明は、個人的にスキなポイント♡

所在棟の共用部分

写真

左上・緑に囲まれたエントランスアプローチ。裏口から回れば、正面の階段は回避できます。/右上・階段を上ると左手にはエントランスホール、右手に進んだ先には自転車置き場が備わっています。/左下・エントランスホール内には広々とした会議スペースが。/右下・住戸が所在する15階のエレベーターホール。エレベーターは全部で3基設置されており、混み合うことは少なさそう。内廊下になっていて上品です♡

cowcamo

24時間有人管理方式で、夜間も警備員さんがいらっしゃいます。セキュリティ面への安心感があるのはうれしいポイント!

それもこれも 共用部分

写真

左上・所在棟エントランスの目の前は、遊具が揃ったプレイスポット。/右上・敷地内にはテニスコートもあります。/左下・空に向かって伸びる竹林。木漏れ日の美しさにウットリ……。/右下・敷地内を歩くだけでも、季節の木々や花々を楽しめますよ。

街グルメから ファミレスまで

写真

左上・ご近所には、筆者が大好きなファミリーレストラン「ロイヤルホスト板橋店」が。お食事はもちろん、コーヒーブレイクもお任せあれ。(170m 徒歩3分)/右上・街のイタリアレストラン「DEL SOLE(デル・ソーレ)」は、お得なパスタランチがオススメです。(180m 徒歩3分)/左下・中華料理店「珍来」。何を食べても美味しいと評判の “街中華” です。(350m 徒歩5分)/右下・複合商業施設「志村ショッピングセンター」には、家電量販店やインテリア用品店などが入居していて便利そう。(850m 徒歩11分)

cowcamo

カウカモ編集部より

ひとつの “街” のようなビッグコミュニティの中にカウカモプロデュースの住まいができたと聞いて、「志村三丁目」駅(通称 “しむさん” (463))で下車し、実際に現地へ行ってまいりました!

※同マンションの別棟別住戸も掲載中です。「463シティライフ pt.2」も、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね!

建物の敷地内にはスーパーや公園、保育施設などが備わっており、子育て世代の方だけでなく、もっと先の、年齢を重ねた未来の自分たちにとってもうれしい利便性が盛りだくさん。

そんな建物だからこそ、より未来を見据えたリノベーションを施しました。LDKの広さと開放感や内装へのこだわりはもちろんのこと、お子さまの成長やご家族が増えた際など、ライフステージに合わせてもうひと部屋追加できるよう、下地補強を仕込んであります。

さまざまな路線への乗り継ぎが便利な都営三田線。「大手町」や「水道橋」、「目黒」といったビジネスタウンへは乗り換えなしでアクセス可能です。ここでの暮らしのイメージができた方は、ぜひこの “街” へ、一度足を運んでみてくださいね。

writer/editor : 守田 可愛

とれたて新着