fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

我々はバルコニストを唸らす物件が中目黒に現れたとの情報をキャッチした! 目黒川沿いを歩きたどり着いたのは、青い屋根のマンション! “最上階・角部屋” という絶好のポジションを確保した住戸に潜入し、取材班は驚愕する! そこには、室内よりも広い、巨大ルーフバルコニーが待っていたのだ!

目黒区中目黒(中目黒駅徒歩12分)
1LDK / 49.62㎡ / 5,280万円

やっぱりいい街 「中目黒」

写真

左上・今回の舞台は言わずと知れた人気タウン「中目黒」。東急東横線・日比谷線が乗り入れている駅の近くは、飲食店が多く夜でも賑わっていますが、少し足を伸ばせばアパレルショップが並ぶエリアがあったり、公園や戸建て住宅がある落ち着いたエリアがあったり、様々な表情を持っている街なんです。(中目黒駅まで徒歩12分)/右上・ナカメといえば「目黒川」を思い浮かべる人も多いのでは? 春になるとお花見客で賑わいます。今回ご紹介する物件から川沿いの桜並木までは徒歩3分です。(240m)/左下・隠れ家的コーヒースタンド「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)」。ここから1日をスタートできたらかっこいい!(1km 徒歩13分)/右下・洗練された衣食住を提案する「1LDK apartments.(ワンエルディーケー アパートメンツ)」。最寄り駅にこんなセレクトショップがあるなんて考えたら、ワクワクしちゃいますね。(1km 徒歩13分)

cowcamo

カウカモ編集部のオフィスもあり、筆者も毎日利用しているのですが、昼夜問わず利用したいお店がたくさんあって、飽きることがありませんよ。

中目黒駅からまっすぐ 山手通り沿いに佇むマンション

写真

1977年築、青い屋根が特徴でレトロ可愛いマンションが今回の目的地。写真ではちょっと見づらいですが、マンションの目の前にはバス停「目黒警察署前」があり、「目黒」「渋谷」「大崎」「大井町」など主要駅へ向かうバスが発着しています。 そしてお隣には、バス停名通り「目黒警察署」がドーンと構えているんです。これは頼もしい!

cowcamo

ちなみにマンション1階には、コンビニやインド料理店などのテナントが入っています。これまた頼もしいですね〜。

いい響き 最上階角部屋!

写真

左上・レンガ調のタイルが出迎えてくれるエントランス。共用部のちょっとした段差にはスロープが併設されており、細やかな優しさにほっこりです。/右上・広くて、清掃の行き届いた共用ロビーには、メールボックスと管理人室があります。管理人さんは住込みで、平日の8:00〜17:00まで勤務されているとのこと。心強い!/左下・共用ロビーの先にあるエレベーターホール。大きな鏡が設置されているので、マンションを出る前に毎日ここでスマイルと決めポーズを。/右下・エレベーターで最上階である11階に到着。ご紹介する住戸の玄関ドアは、廊下の一番端に位置しています。そう、最上階・角部屋です!

売主さま

2011年に外壁改修や玄関扉交換など、大規模修繕工事を実施。翌年にはエレベーターのリニューアル工事も行い、外観・共用部ともに綺麗に保たれています。

cowcamo

共用廊下は「目黒川」方面を向いており、気持ちのいい風がサアッと吹き抜けます。春には桜並木も眺められそうですね。

それではお邪魔しましょう! ガチャリ

写真

左・コンクリートの土間に、グレイッシュブラウンの壁……玄関ドアを開けた瞬間に伝わる、スタイリッシュな空気。これは期待に胸が高鳴りますね!/右・廊下に上がり土間を振り返ったカット。姿見付きの下足入れが備わっていますよ。

土間からそのままつながる 約12.9帖のLDK

写真

LDKへは土間からドアを介さずに、直接アクセスする造り。市松模様に貼られた無垢フローリングが醸し出す優しい雰囲気を、配管や塗装仕上げの天井が、スタイリッシュにキリッと引き締めてくれていますね。

売主さま

こちらの物件は家具付きでの販売になります。詳細はお問い合わせください。

こんにちは リビングスペース

写真

角度を変え、南東向きの掃き出し窓の前から室内を見ると、左手にリビングスペースがこんにちは。

cowcamo

キッチンのブルーやグレイッシュブラウンの壁など、様々なカラーが邪魔することなく同居していますね。

写真

掃き出し窓に加え、南西向きの腰窓もあるリビングスペース。ポカポカした日中は、ソファでうたた寝したくなるような空間です。

cowcamo

大きめのテレビボードが備わっているのがいいですね〜。それでは、掃き出し窓から外に出てみましょう!

で、でかい! 巨大ルーフバルコニー

写真

これはすごい……ここまで大きいルーフバルコニーは、なかなか見たことがありません(笑) 青空リビング、ガーデニングスペース、ゴルフスペースなど、様々なスペースを設けることが出来そうですね。

売主さま

内装にも力を入れていますが、室内の面積よりも広い、約64.77㎡ルーフバルコニーがこの物件の推しポイントです。

cowcamo

室内よりも広いなんて! 都心でこれだけ広いアウトドアスペースは、外を歩いていても貴重なのではないでしょうか。

パノラマでご覧ください

写真

正面にはほかのマンションが建っていますが、左右には抜けのある景色が。山手通りを通る車の走行音は多少聞こえます。ただ、高さがあるためそれなりに軽減されていますよ。

cowcamo

北東側には長く延びる山手通り、南西側にはちらりと目黒川。このエリアのふたつのシンボルを望めちゃいます。春はルーフバルコニーからでも桜が見えそうですね。

写真

奥からのカット。水栓があるのでガーデニングや水撒きもラクラク出来そうです。ああ、羨ましい。

室内に戻りましょう

写真

巨大ルーフバルコニーに後ろ髪を引かれつつ、再び室内へ。続いて、ダイニングスペースとキッチンを見てみましょう!

写真

さわやかなカラーが目を引くダイニングスペース。西洋のリゾートのような雰囲気を漂わせる、タイル貼りの壁がアクセントになっています。

cowcamo

キッチンの左右にある開口は、回遊できる廊下につながっています。廊下は洋室、水まわりにつながるドアがあるほか、ウォークインクローゼット(WIC)の役割も担っていますよ。

写真

左・ワイドなキッチン。廊下の奥には洋室につながるドアが見えています。/右・キッチン背面には、冷蔵庫だけでなく棚やラックを置けるスペースが確保されていますよ。

LDKからそのままつながる 水まわり

写真

左・ダイニングスペース側から廊下を進むと、洗面化粧台と洗濯機置き場が。左手にはトイレとバスルームにつながるドアが並んでいます。/右・洗面スペースの隣にはWICと、その奥には洋室につながるドアが。さらに左に曲がると、キッチンスペースに戻ることができますよ。

cowcamo

白いリネンが似合いそうな、ナチュラルな洗面スペースですね。洗面化粧台は幅に余裕があるので、女性でしたら椅子を置いてパウダースペースにするのも◎

約5.2帖の洋室

写真

北西向きの掃き出し窓がある洋室。右手の壁上部には気の利いたオープンラックが備わっています。

ふたつ目のバルコニー

写真

先ほどの巨大ルーバルに加えて、洋室にもバルコニーがあるんです!  正面にはほかのマンションが建っていますが、距離が取れているので圧迫感はありませんよ。

写真

こちらには物干し金具が備わっているので、物干し用のバルコニーとして使うのはいかがでしょうか。

室内に戻りましょう

写真

白い壁にウッドの床。個人的にこの潔さが大好きです。

洋室側から廊下をどうぞ

写真

回遊する廊下の構造わかりづらいと思い、こちらからのカットもどうぞ。左手はダイニング、右手はキッチンスペースにつながっています。

cowcamo

室内で仕切られている空間は洋室のみ。土間〜LDK〜水まわりまで、ゆるりとつながるユニークな間取りですね!

最後に水まわりをチェック

写真

左・足元にゆとりがあるトイレ。上部には棚が備わっています。/右・バスルームには浴室乾燥暖房機が備わっています。冬、お風呂場が暖かいって幸せですよね。

マンションの足元から探検

写真

左上・マンションの一階にあるインド料理屋「Sri Balaji(シリ バラジ)」。実はここ、都内でも屈指の味とのこと。以前、カウカモスタッフがランチにお邪魔した際は、チャイが飲み放題だったそうですよ。カレーに目がない筆者からしてみれば天国です。/右上・物件から徒歩5分の場所にある「中目黒公園」。バスケットコートがあったり、運動不足を解消してくる心強いスポットです。(400m)/左下・お腹が減ったら山手通り沿いにあるバーガーショップ「THE BURGER VOWS(ザ・バーガーバウズ)」へ駆け込みましょう! 人気メニューはラムバーガー。臭みがなく、ハマる方が続出しているそう。(270m 徒歩4分)/右下・駅の近くまで戻ってきました。駅のすぐそばにある「目黒銀座商店街」には約230店舗のお店がひしめき合っています。(950m 徒歩12分)

夜も楽しい中目黒

写真

左上・夜になると商店街沿いには、時間を忘れて楽しむ大人たちの姿が。実力派の飲食店が多く、お酒も食も進むのがこの街の特徴です。/右上・目黒川沿いで一際存在感を放つ、カウカモ編集部的・中目黒のシンボル「大樽 目黒川店」。中目黒を代表する大衆居酒屋のひとつです。(400m)/左下・と思いきや、目黒川沿いには、カフェやアパレル、話題のスキンケアショップなどが並ぶおしゃれなエリアも。道ゆく人もおしゃれさんが多いです。/右下・一方、川沿いを物件側に歩くと、やんわりと静かに。とはいえ人通りがないわけではなく、ランニングやお散歩を楽しむ人の姿が多く見られます。これなら夜道でも安心ですね。

cowcamo

カウカモ編集部より

やってきたのは、カウカモ編集部のオフィスがある「中目黒」。問答無用の人気駅なのですが、実際にここに勤めているとその理由がとてもよくわかります。

魅力的な飲食店がそこかしこにあったり、東京を代表するセレクトショップや古着屋さんがあったり、大きな公園がある落ち着いた住宅街があったり。交通の便がいいだけではなく、気分や住み方によって、街の楽しみ方を変えられるからではないでしょうか。

今回はそんな “ナカメ” の魅力にどっぷり浸かりながら、都心とは思えない開放感を味わえる物件をご紹介いたします。マンションが建っているのは、駅前から延びる山手通り沿い。徒歩12分とやや歩きますがフラットな道のりですので、周囲のお店をのぞきながら歩けばあっという間に感じそう。

また、夜遅くでも車通りがあるので、安心感を持って歩けるのは大きなポイントですよね。しかもマンションのお隣は警察署、1階にはコンビニと人気飲食店、さらには目の前にバス停があるんです。街づくりゲームで、自分が暮らしやすいように家を設計したかのようではありませんか! これは本当に便利です。

住戸はというと、最上階である11階に所在する角部屋。「最上階・角部屋」って何度も繰り返して言いたくなるくらい、いい響きです。素材やカラーがふんだんに使われた内装は、それぞれがバランスよく調和していて見応えたっぷり。土間〜LDK〜水まわりまで、回遊できる間取りもユニークです。

そして、なにより忘れてはいけないのが……室内の面積よりも大きい巨大ルーフバルコニー!その大きさ、なんと64.77㎡! 正直、都心を歩いていても、この大きさのアウトドア空間を見つける方が珍しいと思うのですが、無償で利用可能というのだから本当に驚きです(笑)

趣味4つ分なら余裕で詰め込めそうなこの大空間で、なにをするかはあなた次第! しかも場所は中目黒です。探してもなかなか出てこないレアモンスター級の物件見つけちゃいました! どうぞ、お問い合わせはお早めに……。

writer / editor:酒井 大作

とれたて新着

実際に見てみたい
電話
(10:00-19:00)