赤坂へも六本木へも
アクセス可能な好立地!

写真

左上・徒歩6分の東京メトロ千代田線「赤坂」駅。駅前には商業施設「赤坂サカス」があり、賑わいのあるエリア。/右上・東京メトロ日比谷線・都営大江戸線が利用できる「六本木」駅へは徒歩9分。南北線の「六本木一丁目」駅も、ほぼ同着でアクセスできます。/左下・「東京ミッドタウン」足元に広がる「檜町公園」。池の周囲ではお子さま連れのファミリーからビジネスマンまで、たくさんの人が足を止めて休息する都会のオアシスです。(徒歩5分)/右下・ご紹介するマンションが建つ丘の上には「赤坂氷川神社」が。マンションは、この杜に抱かれるようにして建っています。(徒歩1分)

「赤坂」駅から徒歩6分

写真

左上・まるでキューブを積み上げたような、特徴ある外観。アプローチ沿いの植栽と街灯にキュンッ♡ /右上・とっても立派なエントランス。/左下・驚いたのがこの共用ロビー。インテリアを含め、すごく趣味がよくて現代風。昭和53年に建てられたとは思えません。奥にはオートロックの自動ドアが。/右下・共用廊下もこの迫力。エレベーターは2基あります。

売主さま

閑静な住宅街ながら、「東京ミッドタウン」や「赤坂サカス」などの商業施設とも至近距離にある立地です。

写真

左・玄関ドアは、マンション全体で新しいものに更新されています。/右・玄関ホール。フローリングの木目が、雰囲気を醸し出しています。奥に見えるドアは水まわりです。

写真

左・独立式のトイレは、住戸の形に合わせてちょっとユニークな形状。左手には可動棚付きの収納が用意されています。/中央・タイル貼りに、額縁のようなミラーが少しアンティーク風味な洗面脱衣室。ミラーの中は収納になっています。/右・使い勝手の良いユニットバスには、浴室乾燥機能付き。

写真

左・廊下のLDK側から、玄関ホールを見てみました。左手には、ウォークインクローゼット(WIC)のドアがあります。/右・奥行きも幅もたっぷりなWIC。お洋服だけでなく、シーズン家電などもしまっておけそうです!

LDKまでやってきました

写真

L字型に広がるリビングダイニングキッチン(LDK)。窓の外にはモサモサと豊かな緑が見えます!

売主さま

壁・天井は漆喰で仕上げ、床材にはジャーマンオークの無垢材を使用しました。

写真

入り口側から左手に曲がると、キッチンが登場。キッチンスペースは、足触りのよいタイルが敷かれています。

写真

面材は無垢材、天板にはマーブル柄の人工大理石用が用いられたキッチン。よくあるツルツルのものとは一味違う、表情の豊かさ!

写真

キッチンから振り返ってみました。手前のカウンターは、しっかり棚付き。LDKにある窓と、広々とした約27帖超を見渡す気持ちよさ。床暖房も設置されており、とても居心地がよさそうです。

売主さま

角住戸にあたりますので、日当たり・眺望共に良好ですよ。

写真

丸いガラスシェードを集めた照明がオシャレ。とても広々なスペースなので、どこにソファやダイニングテーブルを配置するか悩みます! 続いては、奥に見えるドアの前に行ってみましょう。

写真

廊下からLDKに入ってすぐのエリアに戻ってきました。ふたつの個室へのドアが見えています。天井の梁によって緩やかなゾーニングができているので、一角を趣味のスペースなどにするのも素敵ですね。

それではバルコニーへ

写真

豊かに木々が茂っているためか、絶え間なく鳥のさえずりが聞こえます。 "ザ・都心" な立地なのに、どこかに旅行しに来たかのような気持ちに。

写真

雁行して続くマンションの外観も美しい。南西向きバルコニーで、日当たりも良好なので、洗濯物もしっかり乾きそうです。

お部屋に戻って
ふたつの個室を見ていきましょう

写真

左・こちらはコンパクトな洋室A。4帖ちょっとの空間です。/右・窓のないお部屋なので、普段はLDKに続く引き戸を開けておいてもいいかも。一般的なサイズ感のクローゼットが設置されています。

写真

続いては洋室B。L字型になった窓の、ちょうど角部分が南向きに当たっています。一日中、明るそうなお部屋ですね。ふたつシングルベッドを置いても余裕ある、7帖超の空間です。

洋室Bのバルコニーから

写真

お向かいのマンションが見えます。道を挟んでいるので距離も取れており、日当たりが期待できそう!

写真

バルコニーに出ると、こちらも緑が豊かに見えますね。チェアを出して、ゆったりとお目覚めのコーヒーなんて・・・いかがでしょう?

写真

室内に戻って来ました。クローゼットの脇には、ニッチを利用した可動棚が設置されています。

大充実の周辺環境

写真

左上・美食のエリア「赤坂」駅周辺は、予想外にスーパーだて充実。こちらは地元に根ざした「吉池 赤坂店」。(徒歩8分)/右上・ちょっといいものを手に入れたいときは「成城石井 赤坂Bizタワー店」へ。(徒歩9分)/左下・「Lebertable(リベルターブル)」では、こだわりの洋菓子をお買い求めいただけます。(徒歩10分)/右下・お花に囲まれた店内で、お食事やお茶ができる「Aoyama Flower Market TEA HOUSE」。長居したくなる空間です。(徒歩10分)

満足度高めなスポットたち

写真

左上・京都の老舗料亭「菊乃井」の東京店。敷地内のしつらえもスペシャル感が溢れています。特別な日にぜひ。(徒歩4分)/右上・土佐あか牛が名物のイタリアン「VACCA ROSSA(ヴァッカロッサ)」。なんと暖炉を使って、薪焼きをするという調理法なんだそうです。(徒歩4分)/左下・フレンチを楽しみたいときは「Restaurant Ryuzu(レストラン リューズ)」。本格派でリーズナブルなランチもオススメです。(徒歩7分)/右下・ジャズのビッグバンドでのライブが開催されるバー「B flat(ビーフラット)」。お食事を軽く楽しみながら、音楽に身を委ねる夜も素敵です。(徒歩7分)

cowcamo

カウカモ編集部より

「赤坂」というと官庁、オフィス街、料亭・・・そんなイメージが強い方も多いのでは。ご紹介したマンション周辺は坂のある高台。そう、例によってそのような場所は、古くからの高級住宅街が広がっている場所なんですね。"ザ・都心" にも関わらず、とても落ち着きのある、閑静なエリアとなっています。


「赤坂」駅方面はもちろん、「六本木」へも歩ける立地。常にワクワクと刺激をもたらしてくれる街の、ど真ん中ではなくすぐお隣。そんな距離感でお付き合いできるのが、とってもオトナな雰囲気で素敵だなーと思います。それでいて、意外にもスーパーが多いという店も見逃せません。


ヴィンテージマンションが立ち並ぶ一角の中にあっても、ひときわ目を引く外観デザインに、高級感ある共用部の当マンション。以前こちらに来たときは、住戸の玄関ドアがちょっと古いな・・・という印象でしたが、最近新しいものに交換されており好感度アップ! です。耐震補強工事も行われており、しっかりとメンテナンスが施されています。古くてよいものを愛でたい方に、気に入っていただけそうな建物です。

エリアの雰囲気にしっくりとあった内装もポイント。無垢材のフローリングや、漆喰仕上げなど、上質な素材をたっぷり使いつつ、主張しすぎない上品な仕上がりになっています。LDKの面積のように、心にたっぷりと余裕を持ってお過ごしいただけそう。そして目をあげると、氷川神社の杜が広がる眺望。オトナの贅沢って、こういうことじゃないでしょうか!

と、いうことで・・・オトナな貴方がた、皆様のお越しをお待ちしております。