親しみやすい学芸大学と
洗練された自由が丘の間

写真

左上・最寄りは東急東横線の「都立大学」駅。/右上・駅そばには「肉のハナマサ」が。キロ単位のブロック肉やスープ用の鶏ガラなどなど、お料理好きにうれしい食材がたくさんあります。/左下・駅の改札を出たところにはスーパー「東急ストア」があります。/右下・「35North(スリーファイブノース)」は高架下にあるパン屋さん。普段使いできるリーズナブルさが人気。

売主さま

「都立大学」駅は、「渋谷」駅から電車で10分ほど揺られて到着します。各停しか止まりませんが、時間でみればそこまで不便に感じないと思います。住宅地が多く生活利便には優れています。桜並木の美しい「呑川緑道」もあり、穏やかな空気の流れる街ですよ。

駅から歩くこと5分ほど

写真

キューブを積み重ねたような、目を引く特徴的な外観のマンションです!

写真

1階には飲食店・美容室・歯医者さんと、いくつかテナントが入っています。

写真

左上・エントランスは道路から少し階段を下りたところにあります。オートロックドアの手前に管理人室とメールボックスが。/右上・スペースに余裕のあるロビー。/左下・エレベーターホールには季節のお花が活けてありました。管理人さんの愛が伝わってきますね。/右下・エレベーターで所在の3階まで上がりました。左手奥の住戸が今回ご紹介する物件です。

売主さま

マンションまでの道のりは、住宅街を抜けるコースと「呑川緑道」を歩くコースがあります。暖かくなってきたら、緑道をぜひ通ってみてください。建物自体は2014年に大規模修繕工事を終え、綺麗に保たれていますよ。

“コースタルインテリア” のお部屋へ

写真

左・玄関扉を開けると、鮮やかなネイビーとホワイトのタイルが貼られたタタキが。正面には高さのあるシューズボックスが完備。左手に傘立てなどを置いてちょうどいい広さです。/右・右手を向くと、長めの廊下。順番にご紹介していきますね。

売主さま

こちらのお部屋の内装は、“コースタル” というテーマで造りました。イメージとしては、エレガントなサーフスタイルといった感じです。カリフォルニアの海沿いにあるような、マリンテイストにまとめています。

まずは廊下左手にある洋室A

写真

左・南向きの窓のある洋室Aは約5帖の広さ。/右・大きなクローゼットを開けてみると、可愛らしいストライプの壁紙が貼ってあります。写真では伝わりにくいので、ぜひ実際に見てみてくださいね。

売主さま

クローゼットの手前には、コーディネートポールというものを設置しています。こちらにお洋服を掛けて、日々のコーディネートを楽しめますよ。

お次は水まわりをチェック!

写真

左・廊下右手に水まわりがまとまっています。洗面室はコンパクトめですが、造作の天板に陶器の洗面ボウルが取り付けられいい雰囲気。三面鏡も付いています。/右・換気口をドアの上に付けたスキットドアを採用し、汚れにくくお手入れもしやすいバスルーム。もちろん浴室乾燥機付き。

売主さま

浴室の床は端が立ち上がった構造をしていて、汚れがたまりにくくなっています。フロアも特殊シートと合わさった、お掃除がしやすい素材を採用しています。

写真

左・洗面脱衣所のお隣には、独立式のトイレ。背面にはビタミンカラーのアクセントクロス♡ /右・廊下の突き当たりにはブリックタイルが施してあります。その右手に収納スペースもあるので、お掃除道具や生活備品をしまうのにぴったり!

約15帖半のLDKへ!

写真

LDKは細長い形をしています。入って右手にはリイングダイニングスペース。写真中央のカーテンの後ろには窓があるのですが、お隣の建物が迫っているので動かないタイプのカーテンを設置してあります。

写真

入って左手には、カップボードとキッチンスペース。こちらの柱にもブリックタイルがあしらわれて、爽やかな雰囲気にまとまっています。

売主さま

造作のカップボードには、職人さんがひとつひとつタイルを貼ってくれました。手作業とは思えないほど美しい仕上がりになっています。

写真

左・シンプルにまとめられたキッチンには食洗機付き。トップには人工大理石を使っているので、水垢などが目立ちにくいです。右手の棚には調味料などをどうぞ。/右・カップボードの下部は収納スペースになっています。電子レンジやオーブンなどの家電を置くのにちょうどよさそう!

売主さま

キッチンはコンパクトめなので、カップボードを調理スペースとして使っていただくこともできます。

写真

キッチンスペースからの眺め。廊下から続くこの床は遮音フローリングで、歩くとフカフカしています。

右手に見えていた透明の扉で仕切られたスペース

写真

約4.2帖の洋室Bは、マルチに活躍してくれるスペースでもあります。お子さま部屋や書斎スペース、ワークルームとして家族のスタイルに合わせて使えそうです。

写真

窓のないお部屋ですが、クリアガラスの引き戸のおかげで光が入ってきます。扉を開け放して、LDKを拡張するのもあり。

売主さま

しっかりと個室として使いたい場合には、クリアガラスにシートを貼ることをオススメします。別途費用はかかりますが、こちらで貼ることも可能です。ホームセンターなどでシートをご購入いただければDIYもお楽しみいただけますよ。

写真

お隣には約5.7帖の洋室C。こちらはバルコニーに面した居室です。

そのままバルコニーに出てみましょう

写真

お向かいにはマンションが建っていますが、道路が通るのでほどよい距離が保たれています。

写真

LDKと洋室分の長さがあるバルコニーは西向き。お洗濯物を干す部分の向かいは擦りガラスになっているので、内側からはカモフラージュされますね。

写真

最後にバルコニー側からLDKを見てみました。天井にはネイビーのクロスが貼られ、コースタルリビングを感じさせてくれます。家具はイメージとして置いてあるだけですが、右手のカーテンはそのままお使いいただけます。

物件から徒歩2分圏内をお散歩♡

写真

左上・ピンクの外壁が可愛い「Chaque Jour(シャック・ジュール)」は添加物を使わない焼き菓子屋さん。/右上・「AMERICAN CLUB HOUSE 都立大学店」。醤油ベースのソースで仕上げたスペアリブが大人気のお店です。/左下・「malaccabar(マラッカバー)」は東南アジア料理のお店。本格的な味付けがランチから楽しめます。/右下・住宅街の中の公園としては大きめの「中根公園」。園内には長い滑り台などの遊具が豊富で、小さなお子さま連れと幼稚園の子どもたちで賑わっていました。

マンション近くから駅の北側まで
徒歩10分ほどの距離を歩いてみました

写真

左上・駅から続く桜並木の緑道。歩車完全分離なので、お子さま連れでも安心です。/右上・レトロなコカコーラのグッズがたくさん並ぶ「PENNY'S MARKET(ペニーズマーケット)」。こんな個性的なお店もすぐ近くに。/左下・「sakana bacca(サカナバッカ)」は調味料から雑貨まで、お魚にまつわるいろいろなものを扱う鮮魚店です。/右下・カフェ「PARADE(パレード)」では音楽ライブなどイベントも多数。なんとランチタイムにはラーメンも食べられるという、不思議なお店。

cowcamo

cowcamo report

東急東横線の通る「都立大学」駅。商店街や個人商店で賑わいをみせる学芸大学と、おしゃれなパティスリーや洗練されたお店の多い自由が丘の間。落ち着いてみられますが、緑道があったり、スーパーも多く、高架下には雰囲気のよい飲食店があったりと住環境として心地よく暮らすことができます。カジュアルだけど、センスのよいレストランも多いので、都立大学をよく知らない方なら街の開拓も楽しめそうです。
 
個性的な形をしたマンションは2014年に大規模修繕工事を終えたばかり。駅から近いですし、緑道沿いには歩道が確保され、すぐ近くには公園があり、ファミリーにも安心してお住まいいただけそうです。ポイントとしては、共益費がちょっとお高めなところ。月々4万円強のランニングコストがかかりますので、ご注意くださいね。
 
内装は爽やかなコースタルインテリア。白を基調としたカラーに、天井や玄関タタキのネイビーがいいアクセントになっています。洋室BとLDKの天井には同じクロスを使って、ひとつづきでも気持ちよく使えるようにしてありますよ。クローゼット内側や洗面室に貼られたストライプのクロスもぜひチェックしてみてくださいね♪ 南東向きの窓にお隣の建物が迫ってしまっていますが、お部屋の明るさは保たれていました。縦長のLDKは広さがあるのでゾーニングしやすく、ご家族で仲よく住まえそうでしたよ。
 
都心に近くも緑の豊富な「都立大学」で、ちょっぴり海沿いの住まいを想像させるようなカラーや素材。見に来られる際には、ぜひ周辺もお散歩してみてくださいね。