感度の高いスポットが集まる「中目黒」

写真

左上・最寄りは、東急東横線、東京メトロ日比谷線が乗り入れる「中目黒」駅。通勤にも休日のお出かけにもアクセス良好です。(徒歩8分)/右上・駅高架下の「蔦屋書店」は、ふらりと立ち寄れる気軽さが魅力。コーヒー片手に時間が過ぎるを忘れてしまいそう。(徒歩7分)/左下・打ちっぱなしのコンクリートが目を引く、おしゃれなコーヒースタンド「SIDEWALK STAND(サイドウォークスタンド)」。ホットサンドやクラフトビールも楽しめます。(徒歩3分)/右下・駅近くのスーパー「LIFE 中目黒店」は日々のお買い物に便利。日用品も揃います。(徒歩7分)

歩くだけで気分がアガる目黒川沿い

写真

左・「中目黒」駅から目黒川沿いにまっすぐ歩き、マンションに到着。徒歩8分。川沿いの道にはおしゃれなショップが並び、マンションまでの道のりも短く感じられます。建物は地上12階建て・総戸数83戸。平成30年現在築47年ですが、平成25年に大規模修繕工事を実施しており、古さを感じさせません。/右・反対側から見た様子。駐車場は月額25,000円と、近隣の相場と比べるとうれしい価格設定。マンションから一本通りを挟んだところには山手通りが走っており、マイカーでの遠出もしやすそう。駐車場は平成30年2月23日現在空きがありますが、空き状況は変動するので都度お問い合わせ下さい。

写真

左上・目黒川に面しているエントランス。エントランス左手奥は駐輪場になっており、月額800円で借りられます。平成29年9月現在空きあり。/右上・エントランスを入ると管理人室と集合ポスト。管理人さんは平日8時~17時、土曜日8時~12時に勤務されています。/左下・エレベーターホールからは桜並木が見渡せます。エレベーターは2基あり、朝の通勤時間帯も安心です。/右下・今回ご紹介するのは5階の住戸。共用廊下からの眺望は開けており、心地よい風が流れます。見下ろすと桜並木。“中目黒に住んでいるんだな~” と毎朝実感できますよ。

いざ、おじゃまします

写真

左・まっすぐに伸びる外廊下。玄関ドアは平成25年の大規模修繕工事で取り換えられており、メンテナンスが行き届いていることが感じられます。/右・ドアを開けると、LDK入り口のガラス戸から光が差し込む、広々とした明るい玄関。左手にはカウンターがあり、ちょっとしたものを置いたりインテリアを飾ったりできそう。右手の姿見は、お出かけ前の身だしなみチェックに大活躍の予感。

玄関入って左手のドアを開けると・・・

写真

大きなシューズインクローゼット(SIC)が! 土足のまま入れるので、スーツケースやベビーカーなどの収納にも◎ 収納棚は可動式なので、無駄なくスペースを活用できそうです。写真には写っていませんが、棚の向かいには小さな窓があり換気もばっちりです。

売主さま

玄関まわりを広く確保することを心がけました。SICもこだわってつくっています。

写真

左・振り返って玄関側を見た様子。土間が広く取られていることがお分かりいただけますでしょうか? 左奥のドアは洋室A、左手前のドアはトイレへの入り口です。/右・トイレの壁にはキラキラした柄入りのタイル調クロスが貼られています。床はシックな色で、汚れが目立ちにくそう。クロスは貼り替えが可能なので、購入後にお気に入りのものへ変更するのも楽しいと思いますよ!

玄関入って右手の洋室A

写真

約4.3帖の洋室A。北向きですが大きめの窓があり、柔らかい光が注ぎます。左手にはクローゼット。こちらのお部屋は寝室によさそうです。

いよいよLDKへ

写真

玄関正面の扉を開けた先には、ゆったりとした約13帖のLDK。南向きの窓からはさんさんと太陽光が差し込みます。天井と壁が白色で統一されており、明るく清潔感がありますね。木目調のフローリングは優しい印象です。

キッチンを拝見

写真

左・木目調のおしゃれなキッチン! まるでカフェのような見た目にテンションが上がります。オープンなのでお料理中でも会話が楽しめますね。作業スペースはややコンパクトなので、作業台を追加するとさらにお料理も捗りそうです。/右・キッチン奥のパントリー。写真には写っていませんが、可動棚の向かいには奥まった収納スペースがあります。お客さま側から見えないので、ごちゃごちゃしがちな家電類をまとめて置くのによさそう。ちゃんとコンセントも用意されていましたよ。

写真

LDKの窓側からダイニングキッチンを振り返ります。床、キッチン、壁の一部が木目調に統一されていて、スタイリッシュながら温かみのある空間が広がります。木目調の壁部分は、冷蔵庫やテレビなどの大型家電を置いたり、ちょっとした書斎スペースとして活用することもできそうです。

写真

LDKから洋室Bの方を見てみます。引き戸を開け放つと、合計約18.5帖の広々とした空間に! ダウンライトのおかげで、天井もすっきりした印象です。

洋室Bを見てみます

写真

洋室Bは約5.4帖。窓は南西向きで日当たり良好ですが、プライバシーを守るためくもりガラスとなっています。こちらも玄関ドア同様、平成25年に実施した大規模修繕工事の際に新規交換されています。山手通りに近いため騒音の心配をしていましたが、機密性の高さからか、閉め切っていればほとんど気になりませんでした。

写真

洋室Bの窓際から反対方向を見てみます。クローゼットは奥行きがあり、容量たっぷり。

売主さま

こちらの物件は収納スペースを確保することにこだわっています。SIC、パントリー、洋室A・Bに充分な収納スペースを設けました。

写真

LDKと洋室Bは3枚の引き戸で仕切れるようになっています。開け放つと扉が壁に収まってすっきり、閉め切ると完全な個室空間の完成です。

LDKからバルコニーへ

写真

バルコニーに出てみます。所在しているのが5階部分と低層階のためビルが目につきますが、真向かいの建物は高さがないので圧迫感はありません。

写真

洋室BとLDKに面したバルコニー。南西向きで日当たりがいいので、洗濯物もよく乾きそうです。バルコニーに出ると山手通りの走行音が聞こえますが、通り沿いの背の高いビルたちのおかげで、ある程度騒音が遮られているように感じました。

LDKに戻ります

写真

太陽光がキッチン側まで長く差し込んでいます。最後に左手中央に写っている扉から、水まわりを見てみましょう。

写真

左・洗面脱衣室。三面鏡の後ろは収納スペースになっています。足元の空間は高さがあるので、カゴを置いたり、かさばるアイテムをしまう場所として活用できそう。写真には写っていませんが、洗面台の向かいには収納棚と洗濯機置き場があります。/右・照明を暖色と蛍光色に切り替えできるユニットバス。横長の鏡がアクセントになっています。浴室乾燥機能付きなので、雨の日のお洗濯もノープロブレム。

近所を散歩

写真

左上・緑が豊かな「菅刈公園」。区民の憩いの場です。(徒歩4分)/右上・厳選したカカオ豆から作り出すチョコレートやスイーツが人気の「green bean to bar chocolate」。友達へのプチギフトにも最適。(徒歩1分)/左下・人気のパン屋さん「MEGUROGAWA LOTUS(目黒川ロータス)」。天然酵母や自然素材を使ったこだわりのパンが並びます。イートインもできるので、お散歩がてら立ち寄ってみては。(徒歩9分)/左下・牛のオブジェが印象的な本屋「COW BOOKS」。「暮しの手帖」の編集長、松浦弥太郎氏によって厳選された良書が揃います。

cowcamo

カウカモ編集部より


話題のショップやオシャレなカフェがひしめき合う「中目黒」。東急東横線と東京メトロ日比谷線が乗り入れるため、通勤や休日のお出かけにも便利な駅です。話題のスポットやおしゃれなブティックだけでなく、古きよきお店や豊かな自然も残っており、“成熟した大人の街” という印象です。


今回ご紹介したマンションは、そんな「中目黒」でも屈指のおしゃれスポット、目黒川沿いに建っています。平成30年現在築47年ながら、平成25年の大規模修繕工事をはじめ、定期的にメンテナンスが行われているため古さを感じさせません。玄関ドアやサッシなどの共用部までリフォームが行き届いていることからも、住民の方々の意識の高さを感じます。エレベーターホールには、今年開催された住民同士による餅つき大会の様子が掲示されていました。良好なコミュニティが形成されているんですね。また、細則はありますがペットの飼育が可能なので、目黒川沿いを毎日のお散歩コースにすることだってできますよ。


今回ご紹介した住戸は5階にあり、眺望の抜け感はあまり望めませんが、南西向きで日当たり良好。LDK、洋室Bともにサッシはくもりガラスではありますが、太陽光を感じつつもしっかりとプライバシーを確保できます。また、サッシの遮音性が高く、交通量の多い山手通りの音がほとんど気にならないレベルです。そして、なんといっても特筆すべきは収納スペースの多さ! 玄関隣のシューズインクローゼットをはじめ、パントリーや各居室のクローゼットなど、各所充実しています。それでいて居住スペースもしっかり確保されており、まさにバランスのいい間取りだと感じました。


中目黒らしい暮らしが叶うこちらの物件。約52㎡の2LDKなので、DINKSの方々や小さなお子さまがいらっしゃるファミリーにぴったり。気になった方はぜひお問合せください!