「SELEC」って?

写真

暮らしのイメージを基にした「ライフスタイルデザイン」から物件を選び、「間取りアレンジ」であなたの欲しい暮らしにより近づけられるサービス。出来上がったものを買うだけではない、自由な住まいの選び方ができます。もっと詳しく知りたい方は、SELECの紹介ページをチェックしてみてくださいね!

cowcamo

現況は改装工事前、表示されている販売金額は改装工事前の物件価格です。物件価格に加えてリノベーション工事の費用がかかりますので、ご留意くださいね。

現在の間取りは こんな感じ

写真

地下1階付き・地上5階建てマンションの3階部分に所在する、専有面積約45㎡の住戸。既に内装や設備を解体した、スケルトンの状態です。

仕事も趣味も充実する 「ライフワーク」プランへ

写真

大きなウォークインクローゼット(WIC)のある、1LDKの間取り。窓際にワークスペースを設けて、日当たりのいい場所で仕事や趣味を楽しんでいただけるようにしました。

cowcamo

ここからは、改装後のイメージCGとともに詳しくご紹介します! ただし、画像で表現されている色や部材などの仕様については、変更となる可能性があります。また、画像内の家具やペンダント照明・小物類は物件に付属しませんので、ご留意ください。

まずは 約14.7帖のLDKから

写真

キッチンを壁付けに配した、縦長のLDK。床はブラウンでキッチンはマットなブラック、天井は躯体現しと、異なる色や素材が心地よく調和した空間です。

cowcamo

キッチンは3口コンロのものを採用する予定です。別途費用はかかりますが、アレンジオプションで食洗機を設置できますよ。詳しくはお問い合わせくださいね。

やわらかな陽を浴びる ワークスペース

写真

窓際の特等席には、デスクとオープン棚を備え付けたワークスペースを設けます。床と天井の素材の切り替えが、オンとオフの緩やかな境界線です。ベージュのタイルカーペット敷きで、まるでここだけオフィスのような雰囲気。

cowcamo

リモートワークで忙しい時間を過ごしていると、『今日はずっと家にいたなぁ』なんて日もあるあるですが……この住まいなら、お仕事しながら日光浴できちゃいます♡

写真

ワークスペースから振り返ったカット。室内窓の裏にあるベッドルームには、右手の開口から回り込むようにしてアクセスします。

cowcamo

画像中央にある扉の中はWICです。こちらは後ほどご紹介しますね。

約4.7帖の洋室

写真

洋室は、大きいサイズのベッドも余裕を持って置けそうな広さ。

写真

掃き出し窓から入る光で、心地よく目を覚ませそう。室内窓がアクセントになっています。

収納はLDKに ギュッとまとめて

写真

左・L字に枕棚とハンガーパイプが備わった、大きなWIC。収納が洋室ではなくLDK(そして洗面室のお隣!)にあることで、身支度を済ませた後にパッとお洋服を選べそう。/右・キッチンの近くに並んだ折れ戸の中は、左から洗濯機置き場と可動棚付きの収納です。

cowcamo

どうしても生活感が出やすいランドリーまわりは、扉で隠しました。バルコニーまで一直線で、お洗濯物を干すときの動線がスムーズなのもポイント。収納はキッチンに近くにあるので、パントリーのように使ってもいいと思います。

水まわりは スタイリッシュに

写真

左・黒のラインが印象的な洗面台。左横には1216サイズのユニットバスを設けます。/右・吊り戸棚付きのシンプルなトイレ。

cowcamo

こちらのマンションはセントラル給湯方式のため、浴室に追焚き機能はありません。あらかじめご了承くださいね。

最後に 玄関スペースをチェック

写真

居住空間を最大限に確保できるよう、玄関はミニマルに抑えます。それでも、トールタイプのシューズボックスとオープン棚を設置するので、靴をたくさんお持ちの方もきっと満足いただけるはず。

あなたを待っている “リノベの箱”

写真

現在の室内の様子はこんな感じ。バルコニーと正面の建物の窓が向き合っていますが、さほど気になる距離感ではありませんでした。ご内見時に現地でお確かめくださいね。

こんなアレンジができます

写真

基本プランでは、開放感を意識してベッドルームに扉を設けていません。もうちょっとプライベートな空間にしたい場合には、引き戸を取り付けることができます。

cowcamo

間取りアレンジについての詳細は、内見時にエージェントまでお気軽にお尋ねください。なお、アレンジを施す場合は、工事費とは別に費用がかかりますのでご留意くださいね。

静かな路地裏に佇んでいる 大人の品格が漂うマンション

写真

1978年竣工とは思えないほど、美しく品のある建物。大通りからは一本細い路地に入った先にあり、辺りは落ち着いた空気が包んでいます。

cowcamo

こちらのマンションでは、細則に基づいて事務所利用が可能です。また、計14台分の駐車スペースがあり、使用料は月額35,000〜60,000円。2021年8月現在、空きがございます。最新状況についてはお問い合わせくださいね。

写真

左上・エントランスまわりは、2010年に改修工事を実施済み。質感の高いタイル使いから、高級感が漂っています。/右上・エントランス横には駐輪場とバイク置き場が。それぞれの月額使用料は1,000円と5,000円です。/左下・石とミラーの組み合わせがスタイリッシュな共用ロビー。右手の管理人室では、管理人さんが週6日間勤務されています。夜間はオートロックになるので、セキュリティ面に安心感がありますね。/左下・共用廊下も各住戸の玄関扉もリニューアル済みで、ホテルのような雰囲気が漂っています。

日常を刺激する “乃木坂エリア”

写真

左上・ご紹介した物件の最寄りは、東京メトロ千代田線「乃木坂」駅。オフィスエリアにも、「代々木上原」や「表参道」など話題のスポットが集まる街にもアクセスしやすい駅です。(徒歩3分)/右上・東京を代表する複合商業施設「東京ミッドタウン」だってご近所です。最先端のアイテムが揃うほか、飲食店や庭園、美術館も。いつだって刺激に溢れています。(290m 徒歩4分)/左下・「檜町公園」には、適度なアップダウンのある約1.3kmのランニングコースがあります。早朝は緑の中を気持ちよく、夜は街のネオンを眺めながら走れますよ。(170m 徒歩3分)/右下・「国立新美術館」では、一年を通して国内外のさまざまなアーティストによる企画展が開催されています。開放的なカフェを併設しているので、気分を変えてお仕事をしたいときに気軽に利用できそう。(400m 徒歩5分)

cowcamo

カウカモ編集部より

“乃木坂エリア” に、「SELEC」シリーズの物件が登場! こちらの住まいでの暮らしを想い、カウカモがプロデュースしたライフスタイルデザインは、その名も「ライフワーク」。

1LDKの間取りで、本体価格 4,900万円+工事費 950万円
窓際の特等席にワークスペースを設けた、1LDKの間取り。素材の切り替えで空間に緩急を付けた、オンとオフを感じられるプランです。

さらに、ご希望の場合は間取りや収納、設備のアレンジを施すことができます。詳しくは内見時に、担当のエージェントまでご相談くださいね。

ご注意いただきたいのは、冒頭に表示されている金額は「改装前の物件価格」ということ。物件価格に加えて、別途リノベーション工事・間取りアレンジの費用がかかります。また、工事はご契約後に実施しますよ。

この街の雰囲気によく似合う、品のいいマンション。都内のアクセスがいいだけでなく、ご近所には商業施設や緑豊かな公園、庭園や美術館、飲食店…… などなど、刺激的な毎日を送れそうなスポットが目白押し。ご自宅でお仕事をする機会が多い方にこそ、ご検討いただきたい物件です。

writer / editor : 軽部 優海