親しみやすい雰囲気を持つ「目黒」駅周辺からご紹介!

写真

左上・JR山手線・東急目黒線・都営三田線・東京メトロ南北線と4路線に乗り入れが可能な「目黒」駅。駅ビル「アトレ」もあり、仕事帰りのお買い物にも便利な駅です。/右上・駅からマンションまでの道のりには、桜の木々が豊かな「目黒川」が流れます。この辺りでのお散歩は、季節の変化を感じられますよ。/左下・目黒には「インテリア通り」と呼ばれる、インテリアショップの多く集まる通りがあります。アメリカンヴィンテージ家具を扱う「ACME Furniture(アクメ ファニチャー)」もその通りにあるお店のひとつ。/右下・フランス語で「優しい」を意味する「gentille (ジャンティーユ)」では、天然酵母を使用したパンがいただけます。オシャレな店内にはカフェスペースもありますよ。

「目黒」駅から歩くこと約15分

写真

先ほどのパン屋さん「gentile(ジャンティーユ)」の角を曲がり歩き進むと、Y字路に建つ優雅な低層マンションが見えてきました。

売主さま

駅までは少し距離がありますが「目黒」駅と「中目黒」駅のどちらも使え、合計6路線を利用できます。

写真

広大な敷地で、きれいに刈り込まれた植栽に囲まれた気品あるマンション。正面には地下駐車場へのゲートが。

写真

左上・徒歩の場合のエントランスはこちら。レンガ風タイルに組み合わせられた外灯や窓のさりげなさが、とても上品です。/右上・中に入ると管理人室とオートロックの扉が。日曜以外の毎日朝9時から夕方5時まで、管理人さんがいらっしゃいます。/左下・今回ご紹介する物件へは、T字のパティオを通り抜けます。こんな景色を横目に進みますが、屋根が付いているので雨の日でも安心ですよ。/右下・奥の建物にあるエレベーターで2階へ。すぐ横にある階段からも上がれます。右奥に見える扉部分が、今回ご紹介するお部屋です。

売主さま

こちらは新耐震基準に基づいて建てられたマンションです。現在、築33年になりますが今までの修繕工事履歴が詳細に残され、ており、管理が行き届いているため丁寧に住み継がれている印象です。次の大規模修繕工事は3月〜6月末に行われる予定ですよ。

ではお部屋を拝見♡

写真

左・玄関扉を開けると、シンプルな玄関ホール。壁面と同じ位置に揃えられた扉3枚分の下足入れが。凸凹せずスッキリですね。/右・玄関を見返すとこんな感じ。左手にある折れ戸部分は収納です。

正面の扉からはリビングへ

写真

広さ約14.6帖のLDK。北向きの窓を覆うような大きな緑に癒されます。

コーナー窓とバルコニー

写真

左・北東向きの角はコーナーサッシ。角の視界が抜けているだけで、不思議と広がりを感じます。/右・コーナーサッシの横の扉からはバルコニーへ出られます。コンパクトサイズなので、少し物を干す程度で浴室乾燥機を使うことが多くなりそう。

写真

窓側から見返すとこんな感じ。壁面にはエコカラットタイルを使用したアクセントウォール。間接照明が仕込まれており、上品に優しく照らしています。

独立タイプのキッチンへ

写真

食器洗浄機とIHクッキングヒーターが付いた、幅約2.2mのシステムキッチン。ワークトップは天然石を思わせるストーン系マーブルの人造大理石で、オリジナルデザインだそうです。扉は光沢あるミディアムウッドカラー。高級感あるキッチンです。

売主さま

ワークトップは傷や汚れが目立ちにくく、特注のデザインなので特別感を持ってお使いいただけます。キッチン横のリビングダイニング側には収納を設置しました。リビング収納としてはもちろん、パントリーのようにストック食材置き場としても便利に使えると思いますよ。

写真

キッチン側からリビングダイニングを見るとこんな感じ。右手に見える扉へと進みましょう。

写真

左・扉の先はふたつの居室と水まわりにつながる廊下です。/右・右手前の扉の先はトイレ。トイレットペーパーなどのストックも置いておける吊戸棚付き。

写真

左・ゆとりある広さの洗面脱衣室。/中央・1418サイズのユニットバス。ストーン柄のパネルがラグジュアリーな雰囲気です。/右・洗面化粧台の隣には洗濯機置き場が。上部に洗剤などをしまえる収納付き。

中央に位置する洋室A

写真

洋室Aの広さは約4.5帖。クローゼットが付いていて、コンパクトながらも使いやすそうなお部屋です。お子さま部屋としても最適。

廊下の突きあたりは洋室B

写真

約7.3帖の広さがあるメインベッドルーム。右手に見えるふたつの扉の先は・・・?

写真

どちらも収納! 左側は奥行きの深いクローゼット。そして右側の扉の先は両サイドにハンガーパイプが付いたウォークインクローゼット。こちらは旦那さま、あちらは奥さま・・・と使い分けられますね。

写真

クローゼット側からお部屋を見返すとこんな感じ。リビングと同じくコーナーサッシがアクセント。左側の窓の外には室外機置き場があります。

帰りは「中目黒」方面へ

写真

左上・マンションの近くには「中目黒南緑地公園」があり、川沿いとはまた違った緑を楽しめます。ほかにも高いネットが張られた「田道広場公園」や原っぱの広がる「中目黒公園」がありますよ! /右上・中目黒に向かう「山手通り」には、旬にこだわる八百屋さん「旬八青果店」が。産地直送の新鮮なお野菜が揃いますよ。/左下・口コミサイトでも人気のフレンチレストラン「Au Coin du Fu(オー・コアン・ドゥ・フー)」。 “あたたかい空間” を意味する店名で、四季を感じるできたてのお料理やワインを楽しめます。/右下・昨年11月にオープンしたばかりの「中目黒高架下」。中目黒駅周辺の高架下空間を約700mに渡り、店舗・事務所など全28店舗が出店する施設です。カフェ併設の「蔦屋書店」は、新たな待ち合わせスポットにもなりそう!

cowcamo

cowcamo report

「目黒」駅から徒歩約15分、「中目黒」駅から徒歩約14分の低層住居が広がる静かな住宅地に建っています。若干駅から距離はありますが、目黒川沿いの緑道や、大通り沿いの可愛いショップを覗きながらお散歩するといつの間にか到着しました。近くにはバス停「田道小学校入口」がありますので、こちらを利用すれば中目黒や目黒はもちろん、渋谷までも行けて便利です。

マンションは現在築33年とのことでしたが、とても綺麗で品格漂う印象。 “若者” というよりは “気品あるマダム” という感じ。その凛とした堂々たる姿に、訪れた私も背筋がピンと伸びる思いでした。でもだからといって敷居が高いわけではなく、おおらかに迎えてくれる印象ですよ。

お部屋は、玄関からまずリビングに入り「ただいま! 」と声をかけてから個室に向かうレイアウト。これから思春期を迎えるお子さまがいらしても、まずは「おかえり♡ 」とコミュニケーションがとれるプランです。外から帰ってきた時のお子さまの表情をチェックするのは、 “気づき” の重要なポイントですよね。いつも心が寄り添っていられる、そんな家族でいたいものです。

「中目黒高架下」のオープンで、ますます注目度の高いナカメ。マンションの周辺にも隠れ家的な小料理屋からお寿司・イタリアン・カレーの店と美味しいお店がたくさんあります。現地を見学しに来られた際には、是非お散歩がてら周辺も歩いてみてくださいね。