「下高井戸」駅から物件へ

写真

左上・どこか懐かしいほのぼのした雰囲気が漂う、京王線と東急世田谷線の「下高井戸」駅。(徒歩4分)/右上・個人商店が多く、お店の人とお客さんの会話が飛び交うアットホームな「下高井戸商店街」で、ぜひ馴染みのお店を作りたいですね。(徒歩2分)/左下・通も絶賛のマニアックなものから王道まで、幅広い作品セレクトの「下高井戸シネマ」。映画好きなら会員になっちゃいましょう!(徒歩4分)/右下・テイクアウトもできるベーグル屋さん「ulalaka(ウララカ)」のもちもちベーグルは種類豊富なので、いっぱい買って家族でシェアがいいですね。

写真

甲州街道を挟んだマンションの向かいには、緑モリモリでマイナスイオン出まくりの「玉川上水永泉寺緑地」があります。近所にちょっと自然を感じられる場所があるっていいですよね。ふらりお散歩すれば、大人も子どもも癒されます。

ちょっと不思議な造りの
マンションに到着!

写真

左・エントランスは交通量の多い甲州街道に面しています。ツートンカラーのタイル張り、築浅で綺麗な印象の13階建て高層マンション。ですが・・・/右・今回ご紹介する住戸はその高層棟裏手、3階建ての低層棟にあります。住宅街の静かな道路に面した様子は、まるで別の建物みたい! ですがちゃんとつながっています。不思議(笑)

売主さま

このエリアには珍しい、新耐震基準を満たしたファミリー向き物件なので、近隣からの住み替えなどにもオススメです。下高井戸在住の方は、「住みやすいこのエリアを離れたくない」とおっしゃる方も多いので。

写真

左上・よく見かけるガラス扉ではなく、木製ドアのモダンなエントランスです。/右上・扉を開けるとオートロックがあります。その手前にある管理人室には、月〜土の8:00〜16:00の長時間に渡り、管理人さんが勤務されているので安心です。/左下・ガラス張りで天井も高く、開放感と高級感のあるロビーです。ご紹介する住戸のある低層棟へは右奥の通路を進みます。/右下・通路途中には屋内駐輪場があり、低層棟から裏の道路に出られる動線があります。共用部はどこを見ても管理状況のよさが伺えました。

それではお部屋へ

写真

左・玄関ドアを開けると長く続く廊下。ナチュラルウッドの建具にマッチした、アイボリーの柔らかい空間が出迎えてくれます。/右・上下に分かれたセパレートタイプの下駄箱のカウンターには、ちょっとお花を飾ったりして楽しめそうです。小さいですが窓も付いているので、風を通すこともできますよ。

さっそく居室を見てみましょう

写真

玄関横にある約6.4帖の洋室Aです。二面採光で、こちらが主寝室に最適でしょう。細かいですが、カーテンボックスが付いているのはうれしいですね。実際にカーテンを取付けてみると、よりしっくりくるんですよね。

写真

左・北側の窓からの眺めです。お部屋の所在は2階にあり、前面に広がるのはこちらのマンション1階にある通路や駐輪場の屋根です。正面に建つのが高層棟で、その脇からわずかに甲州街道が見えます。窓を開けても車の走行音は特に気になりませんでした。/右・こちらの居室には奥行きたっぷりのクローゼットが付いています。

写真

左・続いて廊下を挟んで向かいにある約4.2帖の洋室Bです。/中央・窓からの眺めは低層棟の共用廊下ですが、手前に吹き抜けがありますし、建物の造りから人通りはさほどないと思われます。/右・コンパクトですがクローゼットも付いているので、子ども部屋によいでしょう。

続いて水まわりへ

写真

左・シンプルながら、収納たっぷりで機能的な洗面化粧台。/右・窓付き・追炊き機能付きのバスルームです。

写真

左・廊下に面して独立してある、ゆったりとしたトイレ。/右・廊下のマルチ収納は奥行きもたっぷりあり、頼りになる存在です!

売主さま

室内全体を通して、収納はたっぷりと確保しました。

それではお待ちかねのLDKヘ

写真

南西角部屋・二面採光・約10.1帖のリビングダイニング(LD)は、隣の洋室との間にも大きな室内窓があり、まるで三面採光のように感じる明るい空間です。開放感があるため、実際の帖数以上に広々と感じられました。

売主さま

ファミリー向けに居室をしっかり3つ確保することを意識し、帖数効率を考えてプランニングを行いました。

キッチンを見てみましょう

写真

独立したキッチンスペース(約2.5帖)にある、白×シルバーのスッキリとした印象のシステムキッチン。中心に窓があるのは換気ができてうれしいですね。

写真

左・キッチン背面にはお洒落で機能的な可動棚が付いています。この位置にある棚はすごく使いやすそう! /右・キッチンからのこの眺め、個人的にはとても好きでした。食卓との程よい距離感や奥に見える緑、すべてのバランスが絶妙で素敵です♡

リビングダイニングへ

写真

南向きの大きな窓の先に広がる緑は、まるで額に入った一枚の絵を見ている様です。空間を締めるキリリとしたブラックのサッシと、築浅のマンションらしい大きなFIXガラスが効いていますね。同じティストで室内窓があるのも流石!

奥の洋室を見てみましょう

写真

約4.5帖の洋室Cです。壁に綺麗に納まる引き戸で仕切られているので、開け放っておけばLDKとひと続きの空間としてお使いいただけます。ディスプレイの家具のように子ども部屋として、お子さまの勉強机を並べてもいいですし、家族で使える長いカウンターデスクを置いて、パパがPC作業する横でお子さまが宿題やお絵描きをするのもいいですね。リビングやキッチンにいるママの気配も感じられます◎

写真

左・天井まで届く大きなクローゼットも付いていて、引き戸を閉めてしまえばしっかり個室としてお使いいただけるでしょう。/右・バルコニーに面した、南向きの明るいお部屋です。

売主さま

必要に応じてお使いいただけるように、室内窓の手前にはカーテンレールも取り付けてあります。目隠ししたい場合などにご利用ください。

バルコニーに出てみましょう

写真

左・奥行き・長さともにゆとりのある、広々バルコニーです。/右・所在は2階ですが、南向きで日当たりがよく、洗濯物が乾きやすそうです。

写真

左・周囲は綺麗に剪定された緑に囲まれています。/中央・正面にはこの部屋のシンボルツリーのような1本の木。/右・目の前は車通りの少ない住宅街の道路です。真っすぐ行けば駅前の商店街へと続きます。

室内に戻って

写真

全体的な印象として、広過ぎず狭過ぎずのサイズ感。シャープ過ぎず甘過ぎずの内装のテイスト。さりげなく収納は随所に散りばめられ、緩やかに感じるけど割としっかりゾーニングされているなどなど、心地いい暮らしの根回しがされている。そんなふうに感じました。

最後にもう少し周辺を見てみましょう

写真

左上・商店街もありますが、日々のお買い物には庶民の味方、24時間営業のスーパー「SEIYU」があります。(徒歩3分)/右上・お子さまのおやつなどには安心安全な食材が揃う「バオバブの木」も近所にあるので、買い物の使い分けができます。これは主婦にはうれしいポイントでしょう◎(徒歩4分)/左下・ “今日は家族で外食! ” の日には、お子さまも大好きなピザ♪ が食べられる、「pizzeria TONINO(ピッツェリア トニーノ)」がいいでしょう。(徒歩5分)/右下・休日の夫婦散歩の休憩は、自家焙煎の珈琲がいただける「COFFEE & ROASTER 2-3(ツースリー)」がオススメです。

cowcamo

cowcamo report

駅徒歩4分の道のりは半分以上商店街を通り、あっという間です。しかも商店街の地元の人に愛される “ほっこり感” はたまりません。一方で、京王線の特急停車駅で井の頭線も乗り入れる「明大前」駅までも徒歩9分! こっちを日常的に利用するっていうのも十分アリでしょう。「明大前」なら「新宿」まで特急1駅約5分。渋谷まで急行2駅約6分。はい、都心へのアクセスは申し分ない立地にございます。

甲州街道沿いの建物だと騒音が気になるなぁと現地に伺いましたが、2棟構成で “もはや別の建物では? ” と思えるくらい距離があり、心配は無用でした。甲州街道裏の小道に面する南西角部屋。2階でありながら日当たり良好で、キッチン、お風呂、玄関などにも小さな窓が設けられ、風通しのよさも魅力です。

約63㎡の3LDKだと通常少しコンパクトなイメージですが、秀逸なプランニングでそのような印象はありませんでした。お子さまがおふたりの場合、小さいうちはリビングの横をプレイルーム兼書斎のように使い、成長に合わせてそれぞれ個室を持たせられる。4人ファミリーが末永く快適に暮らせる造りになっています。

築浅のマンションでありながら、修繕積立金をしっかり徴収し、将来を見据えている安心感。マンション全体で滞納金がゼロの優秀さ。長期修繕計画に基づき初回大規模修繕工事は実地済み、次回は3年後の2020年の予定で、積立金もたっぷり◎ マンションの管理状況のよさがわかる要素は盛り沢山です。

“眺望最高ルーバル付き! ” とか “リビング20帖! ” とかの目立つポイントはないですが、穏やかな街、駅近、都心へのアクセスのよさ、センスのいい内装、安心の築浅、良好なマンションの管理状況などなど、淡々と続く日々の暮らしに寄り添って、さりげなくバックアップしてくれる物件です。実はそれこそが有り難いのでは? はい、内覧のご予約お待ちしています。