ふたつのリビングを持つ 100㎡越えの住戸

写真

ドカーンっと広いLDKの横には、 子どもたちがはしゃぐセカンドリビングが。玄関ホールには手洗い器、キッチンにはパントリーなど、適材適所に “あるとうれしい” 設備が備わっています。ご紹介するマンションは、ローカル感が楽しい “松陰神社前・若林エリア” の住宅街に位置していますよ。

「梅ヶ丘」駅から 徒歩12分

写真

駅前から落ち着いた住宅街を抜けると、今回ご紹介するマンションが見えてきました。地上7階建て・総戸数85戸、タイル貼りの外観が印象的な建物です。

写真

左上・メインのエントランスはこちら。/右上・オートロックの手前には、宅配ボックスが備わっています。写真には写っていませんが、右側に管理人室の窓口があります。/左下・オートロックの先に進むと、広々とした共用ロビーが。応接セットも置かれ、グレード感が漂っていますね。大きな窓からは、パティオの緑を望めます。/右下・所在階の6階へ。お目当の住戸は、正面の扉を抜けたすぐ目の前に位置しています。

cowcamo

今回ご紹介するのは2020年6月現在、築34年大手ゼネコン清水建設によって施工されたマンションです。

売主さま

管理人さんは平日は9:30〜17:30、土曜は9:30〜15:30に勤務されています。また、こちらのマンションでは成長時の体長50cm未満・体重10kg以下の犬猫2匹まで、ペットの飼育が可能です。

帰ったらまず 手洗い!

写真

左・玄関扉の前には住戸専用のポーチが。ゆとりがあってうれしいですね。/右・扉を開けると、オッ!? なんだかすごく広そう。右手には収納がズラリと並んでいます。ここだけでもかなりの収納量。

写真

左・玄関土間の横には、シューズインクローゼット(SIC)が。ここで手洗いも完了できるんです! 広さがあるので、ベビーカーやスーツケースも収納可能。/右・土間スペースの下足入れだけでもこの容量! 室内にもまだまだ収納が続きますよ。

cowcamo

玄関から、まず収納の豊富さに圧倒されます。土間と室内の境目には、大きなガラス入りの引き戸が取り付けられていますよ。いわゆる廊下部分を設けず、専有面積を有効的に使った間取りです。

大・大・大リビング

写真

玄関から入ってすぐのLDKへ。広ーいっ。家具を置いてもまだまだスペースがありますね。こちらのリビングダイニング(LD)だけで約27帖の広さ。窓際の壁面には、本や小物を飾れる備え付けの収納があります。

売主さま

家具はディスプレイとして配置しています。インテリアの参考としてご覧ください。

バルコニーへ

写真

左右を見渡しても、ご覧のように空を大きく仰げます。周囲に広がるのは低層の住宅街で、ところどころに樹々がこんもりと見えますよ。時折小鳥のさえずりが聴こえてくるほど、とっても静かな環境でした。

写真

バルコニーは、LDの前だけでなく後ほどご紹介する洋室AとBの前までつながっています。

cowcamo

バルコニーからは三軒茶屋の「キャロットタワー」まで見えました!

室内に戻って

写真

これだけの広さがあっても、奥までたっぷりと光が届いていますね。右奥に見える壁は有孔ボードになっているので、自由にフックを追加できます。ペットグッズや日々使うモノの収納場所にぴったりですね。

売主さま

LDKの天井には埋込型のエアコンを、床下には床暖房を設置しています。一年を通して快適にお住まいいただけますよ。

cowcamo

天井にはライティングレールも備わっていました。インテリアに合わせて照明を追加したり、位置を自由に変えられますよ。

まとめ買いもOK 収納たっぷりのキッチン

写真

続いてキッチンスペースへ。幅約2.7mのシステムキッチンには食洗機が備わっています。コンロの奥には冷蔵庫置き場が、またキッチン背面には電子レンジや炊飯器を置ける造作の収納があります。

cowcamo

キッチン前はシンクからコンロまで視界が開けています。カウンターにはタイルが貼られ、まるでカフェのような雰囲気♡

写真

左・冷蔵庫の背面には扉付きの洗濯機置き場が。収納スペースにランドリーバッグなども置いておけそう。/右・キッチン背面から出入りするパントリースペース。カウンターが備わっているので、さまざまなキッチン家電を常時並べて収納できますね。もちろん家事コーナーとしてスツールを置くのもよさそう。

cowcamo

ディスプレイのように複数のゴミ箱やウォーターサーバーの置き場所として使うのもいいですね。

写真

キッチン前から見たLD。右の開口から奥のプライベートスペースへと進みましょう。

第二のリビングへ

写真

足触りがサラサラ……なんと足元には人工芝が敷かれています! こちらのリビングは約7.4帖。左側に見える開口部には子ども部屋に最適なふたつの個室が、正面の開口の先にはウォークインクローゼット(WIC)が設けられていますよ。さらに右側には洋室Cと水まわりへの扉があります。順を追ってご紹介しますね。

cowcamo

子どもやペットが大喜びしそうな空間ですね!

写真

左・WICには子どもたちの衣類はもちろん、おもちゃもたくさん収納できますね。/右・リビングの一角にはこんなデスクコーナーが。お子さまのお勉強や、大人がデスクワークする際にも便利ですね。

cowcamo

机の上には、スマートホンを置くだけで充電できる電源が設置されていました。対応機種に関しては現地でご確認くださいね。

ふたつ並んだ個室

写真

左・約4帖の洋室A。窓辺にはカウンタースペースが設けられています。/右・約4.2帖の洋室B。窓からは、先ほどのバルコニーに出られますよ。

cowcamo

洋室A、Bともに収納のないコンパクトな個室です。セカンドリビングと洋室A・Bのそれぞれにはエアコンが備わっていますよ。

主寝室にオススメの 洋室C

写真

約7.5帖の洋室C。お子さまが小さい内はベッドを並べて、家族の寝室とするのもいいですね。

写真

腰壁には物干し金物が設置されています。北向きなので直射日光は当たりませんが、風通しがよく雨がかかりにくい構造です。

cowcamo

正面には「世田谷区立世田谷中学校」、その奥には「世田谷区立山崎小学校」があります。またその手前には「補助52号線」として東京都の計画道路に指定されている道路が。現在は用地取得を進めており、今後工事が行われる予定です。詳細に関してはエージェントまでお問い合わせくださいね。

写真

左・室内をバルコニー側から見返してみました。壁面にはズラリと収納が。/右・さらに奥にはウォークインクローゼット(WIC)まで備わっています。

水まわりを チェック

写真

左・ふたつの洗面ボウルが並んだ洗面脱衣室。スペースも広々で、身支度の時間が重なってもスムーズに動けそう。/中央・ゆったりとしたバスルーム。窓があるのはうれしいですね。浴室換気乾燥機が備わっているので、お洗濯物を干すこともできますよ。/右・ふたつのリビングの間に位置するトイレ。独立した手洗い器が備わっています。

楽しいご近所さんを ご紹介

写真

左上・こちらは「梅丘 寿司の美登利 梅丘本館」。常に行列ができる人気店です。(900m 徒歩12分)/右上・ 街の食堂「STUDY(スタディ)」は、居心地のよさと美味しいお料理が人気のお店。昼夜問わず賑わいをみせていますよ。ひとりで入りやすい雰囲気も◎(750m 徒歩10分)/左下・木造アパートをリノベーションして建てられたという複合施設「松陰PLAT(プラット)」。お花屋さんやパン屋さん、カフェ、雑貨店などが入っています。(850m 徒歩11分)/右下・コロッケ専門店「All About My Croquette(オール アバウト マイ コロッケ)」。“ビーツとクリームチーズ” に “エビバニラ” など、オリジナリティのあるコロッケが並んでいます。パッケージも可愛いく、手土産としてもオススメ。(750m 徒歩10分)

お散歩が 楽しい街並み

写真

左上・最寄りは、東急世田谷線「若林」駅。東急田園都市線も通る「三軒茶屋」駅までは、乗車時間約4分!(徒歩8分)小田急線「梅ヶ丘」駅も徒歩12分で利用可能なので、便利に使い分けができますね。/右上・マンションのすぐ裏にある「烏山川緑道」。桜並木はもちろん、新緑や紅葉も素敵です。絶好のお散歩コースになりそう◎(190m 徒歩3分)/左下・住宅街にあるパン屋さん「Petersen(ピーターセン)」。店内には焼きたてのパンが並び、温かい雰囲気が漂っています。(550m 徒歩7分)/右下・ミニサイズのピザを提供する「Pizza Stand Poco(ピザスタンドポコ)」は、「若林」駅のすぐ近くに。 お手軽なお値段で “ちょっと食べたい!” という欲望を叶えてくれますよ。(600m 徒歩8分)

cowcamo

カウカモ編集部より

「三軒茶屋」から「下高井戸」までを結ぶ東急世田谷線。可愛らしいフォルムで走るローカル線で、落ち着いた雰囲気から沿線は住宅街として人気を集めています。途中東急田園都市線・小田急線・京王線の3路線と交わっており、ターミナル駅へのアクセスもスムーズ。


今回ご紹介する物件の最寄りは、そんな東急世田谷線の「若林」駅で徒歩8分。また小田急線「梅ヶ丘」駅も徒歩12分で利用できますよ。


子育て世代にありがたいのは、すぐ近くに大きな公園があるということ。お子さまとのびのび過ごせる環境が整っています。


ご紹介するのは、カウカモで何度も掲載させていただいたことのある、大規模マンション。


2013年には大規模修繕工事、2015年にはエレベーターのリニューアル工事、2019年には鉄部塗装工事など、都度適切なメンテナンスがなされています。オートロックや宅配ボックスも備えられており、修繕積立金もしっかりと蓄えられていますよ。管理面には安心できそうです。


住戸は専有面積約117.6㎡と、ゆとりがあります。室内は、南北2面にバルコニーがあり開放感と明るさがあります。


内装でまず驚いたのが、収納の豊富さ。分散して設置されているので、必要な場所に必要なモノを片付けることができますよ。この収納量で足りないというならば、それは断捨離を決行するべきかもしれません(笑)


また、人工芝が敷かれた第二のリビングがあるのも特徴的。LDKや個室、水まわりともつながっているため、家事をしながらもペットや子どもたちの様子を見ることができますよ。さらに第二のリビングがあるお陰で、メインのLDKにおもちゃが散乱することも防げそう。お子さまでも収納しやすいオープンなWICもありますので、お片付けもラクラクですね。


そもそも広い住戸ですが、廊下という無駄なスペースを無くしたプランによって、専有面積がより有効的に使えています。室内のスペースが充実しているお陰で、家で過ごす時間も快適になりそうですね。ペットやお子さまがいらっしゃるファミリーには、ワクワクできるポイントがいっぱいあると思いますよ。どうぞ足をお運びくださいね。

writer : 南田かおり / editor : 野原茂香