買い物に困らない 駅前からスタート!

写真

左上・今回ご紹介するマンションの最寄りは、JR中央本線と西武多摩川線が乗り入れる「武蔵境」駅。駅ビル「エミオ武蔵境」や高架下は飲食店が充実しています。(徒歩2分)/右上・「武蔵野プレイス」は図書館やワークラウンジ等がある市営の施設。図書館の中央にはカフェがあり、17時以降はお酒を飲みながら読書を楽しめます。(徒歩1分)/左下・日々のお買い物は駅前の「イトーヨーカドー 武蔵境店」へ。雑貨店や飲食店、クリーニング店等、テナントが豊富で便利に使えそう。(徒歩1分)/右下・フランスの香り漂う「BOULANGERIE Passage a niveau(ブーランジェリー パサージュ ア ニヴォ)」はハード系のパンが充実したベーカリー。本場フランス仕込みのバケットとクロワッサンは必食です!(徒歩5分)

淡いピンク色が 目を惹くマンション

写真

左上・駅の南口に出て「観音院」のうっそうとした緑を感じながら進むと、徒歩2分でマンションに到着! 建物前は並木道になっているので、新緑の時期には気持ちいい景色を楽しめそう。/右上・マンションの1~2階はゲームセンターや飲食店、美容院等のテナントが入っています。居住者用のエントランスはこの階段の上です。/左下・2階部分にエレベーターが。左奥にはメールボックスと管理人室、右手には飲食店の入口があります。/右下・物件のある10階は最上階! 駅のホームに中央線が入っていく姿が共用廊下からハッキリ見えるほど駅近な立地です。

売主さま

昭和57年築、総戸数65戸のマンションです。管理人さんは月~金の8:00~14:00に勤務されています。また、前回の大規模修繕工事は2007年に行われております。

室内に入りましょう

写真

左・玄関は白と木目を基調とした、スッキリと明るい空間。正面のリビング扉から光がこぼれて視線を誘います。/右・右手前の折れ戸は洗濯機置き場です。

共用廊下沿いの洋室Aを 見てみましょう

写真

玄関を上がってすぐ左手には、約4.6帖の洋室Aがあります。コンパクトではありますが、北向きの腰高窓が大きめなので、窮屈な感じはあまりしませんでした。

写真

この洋室Aには収納がありません。置き棚を用意し、書斎や子ども部屋として使うのがよさそうです。

廊下突き当たりの扉を開けましょう!

写真

こちらは約9.5帖のダイニングキッチン(DK)。最上階&南向きの恩恵をたっぷり享受したこの日当たり!

写真

キッチン側から見てみましょう。視線は窓の向こうに一直線! コンパクトな空間ではありますが、外へと視界が抜けて広がりを感じられます。

武蔵野を見下ろす パノラマビュー

写真

なんて気持ちのいい景色! 前面には高い建物が皆無で、地平線さえ見えそうなこの抜け感。しかも駅と反対側向きのため、駅近なのにとっても静か。

写真

左・外観と同じ淡いピンク色の鉄柵が可愛いですね♪ 太陽の陽を邪魔するものは何もないので、洗濯物はカラッと乾きそう。

室内に戻ってきました

写真

小さめのソファとダイニングテーブルなら、なんとか置けそうですね。テーブルは置かずに、大きめのラグを敷いてソファとローテーブル、というのもよさそう◎

スッキリとしたキッチン

写真

白を基調としたキッチンは壁付けでスッキリ。3口ガスコンロに食洗機、吊戸棚もある収納と、機能性は可不足なしです。

DK隣の洋室Bへ

写真

約6帖の洋室Bはバルコニーに面しているので明るさは◎ 取材日はとっても寒かったのですが、陽が差し込んでいて暖かく感じられました。

写真

窓側から見てみましょう。クローゼットには枕棚とハンガーポールが付いています。大きめの収納はこのクローゼットのみなので、足りなかったら収納家具でカバーするとよいでしょう。

最後に水まわりを まとめてチェック

写真

左・水まわりは廊下からアクセスします。洗面脱衣所は白でまとまってスッキリ。/中央・トイレも白基調でシンプルにまとまっています。/右・バスルームはダークなパネルがアクセントになり、落ち着いた雰囲気。

もう少し周辺をお散歩

写真

左上・昭和の喫茶店のような佇まいの「オズの魔法使」。30年以上この地で営業していて、昔懐かしいオムライスに常連客が通いつめます。(徒歩2分)/右上・甘い香りに誘われて、つい足が向いてしまう「パリジェンヌ洋菓子店 本店」。昔ながらの洋菓子店で、素朴なケーキがショーケースいっぱいに。クリスマスは予約でいっぱいになるそうです!(徒歩4分)/左下・ブリティッシュパブのような雰囲気の「COOKTAIL HAMBURGERS(コックテイル ハンバーガーズ)」は鶏肉100%のパティが自慢のハンバーガー専門店。(徒歩2分)/右下・マンションとは反対側の北口にある「武蔵境すきっぷ通り商店街」。日中は学生の姿も多く活気ある商店街です。(徒歩6分)

cowcamo

カウカモ編集部より

ここは東京23区から少しはみ出た「武蔵野市」。今回ご紹介したマンションの最寄りである「武蔵境」駅には、のんびりとした空気が漂い、都会疲れした家族を優しく受け止めてくれそう。駅からマンションまではあっという間の徒歩2分! 駅ビルや商店街、大型の「イトーヨーカドー」など駅周辺のお買い物事情は良好ですし、徒歩1分の「武蔵野プレイス」も図書館やボルタリングが無料でできるオープンスペース等があり、何かと便利に暮らせそう。徒歩5分圏内で生活が完結しそうな予感さえしますね。とはいえ、「新宿」駅からJR中央本線で約20分なので都心へのアクセスも心配なし。オンとオフをしっかりつけた生活を送りたいご家族にはちょうどいい立地です。

駅からの道のりはフラットで、「観音院」の生い茂る緑を横目に進みます。そして並木道に出たらもう到着。徒歩2分の距離感は便利であるのはもちろんのこと、その短い道のりさえも緑に囲まれているのだから、なんたる幸せ。淡いピンク色をしたデコラティブなマンションは、現在築35年。管理人さんの勤務時間は短めではありますが、共用部は清潔に保たれていました。また、共益費は約2万円と広さの割には抑えられているのも◎

室内は約45㎡の2DKとややコンパクトではありますが “最上階&南向き” というのがこのお部屋の大きなアドバンテージ。これだけのパノラマビューなうえ、正面に高い建物が皆無とくれば、23区内ではなかなかお目にかかれません! また、これだけ駅近で、駅周辺に賑わいや活気はあるにも関わらず、住戸内やバルコニーではその喧噪がまったく感じられないのもうれしいところ。週末は掃き出し窓を開けて腰かけて、緑茶でも飲みながらピンクの鉄柵越しに武蔵野を見渡すとしましょう。

ここだから手に入る景色。ここじゃなきゃ手に入らない暮らし。23区内ではなく “あえて” のここ。幸せや暮らしやすさの物差しは人それぞれです。ちょっと地味なエリアに思えるかもしれませんが、駅近で便利な緑ある暮らしをするのか、それともやっぱり都心で軽快に暮らすのか。選択の時がやってきたもようです。どうぞご相談はお気軽に。お問い合わせお待ちしております。