「四谷三丁目」駅から物件へ

写真

左上・最寄りは地下鉄丸ノ内線「四谷三丁目」駅ですが、総武中央線「信濃町」駅もほど近く、2路線利用可能です。その上JR「四ツ谷」駅も徒歩圏とアクセス良好◎(徒歩5分)/右上・駅前には深夜2時まで営業しているスーパー「丸正食品 総本店」があり、日々のお買い物には困りません。(徒歩5分)/左下・街の人気のパン屋さん「Mammy Bread(マミーブレッド)」は豪華なモーニングが評判。ゆったりとした休日などにぜひ♪(徒歩9分)/右下・「Mammy Bread」のお向かいには、これまた地元で愛される「丸橋珈琲」があります。チェーン店にはないアットホームな雰囲気が人気の理由だそうです。(徒歩9分)

売主さま

交通アクセスに加え、周囲の環境トータルで非常に利便性の高い立地です。

「外苑東通り」に面したマンション

写真

「四谷三丁目」駅からは、夜道も安心な大通りを歩くいてマンションにたどり着きます。1階に飲食店やクリーニング店などのテナントが入り、どっしり構えたタイル貼りの外観は、周囲の建物と比べてもなかなかの存在感があります。

写真

左上・通りに面したマンションエントランスから少し奥に進むとオートロックがあります。/右上・便利な宅配ボックス完備◎ 築年数は経っていますが、随時必要なアップグレードが施されていることがわかりますね。現在、エントランス付近を改装中。/左下・エレベーターホールにある掲示板の様子などから、きちんと管理されている様子がうかがえます。/右下・内廊下などの共用部は、レトロな雰囲気のものが非常に状態よく残っていて、長年大切にされてきた建物だと感じます。

それではいよいよお部屋へ

写真

左・玄関ドアを開けると、白を基調とした空間にゆったりとした土間が広がります。/右・マットな質感の黒塗装された玄関ドアの内側がキリリっと空間を引き締め、とてもカッコイイです。

写真

左・玄関入るとすぐ手前にウォークインクローゼット(WIC)があります。たっぷりとした広さがあるので衣類のみならず、季節家電など不要なものをしまっておく場所として活躍してくれそうです。/右・廊下に面して独立してあるトイレ。床は思わず目を惹く柄のフロアータイルが採用されています。

写真

左・大きな洗面ボールは機能性も高く、デザイン的にもおしゃれな雰囲気です。/右・バスルームにもアクセントカラーのマットブラックが効いています。

売主さま

コンセプトは “カリフォルニアスタイル” です。水まわりは特に女性に好まれそうなアイテムをセレクトしています。

それではいよいよお待ちかねのLDKへ

写真

南東向きの明るい室内は、よくある真っ白なのっぺりした空間ではなく、比較的コンパクトなスペースにギュッとおしゃれなデザイン要素が詰まっている、そんな印象を受けます。さっそく順番に見ていきましょう。

まずはキッチンから

写真

左・フローリングと色味が近いナチュラルウッドのシステムキッチン。天井から二灯下がるライトが空間を演出していますね。/右・セミオープンの対面式キッチンは、見せると隠すのバランスが取りやすく、とても使いやすそうです。

写真

キッチンからの眺め。お料理をしながらリビングでくつろぐ家族が見渡せるっていいですよね。会話も弾む程よい距離感。ちょうど目線の先に窓があり、自然光が感じられるのも心地よいです。

続いてリビングへ

写真

ヘリンボーンのアクセントウォールや天井の木板貼りなど、デザイン性の高くオリジナリティ溢れる空間は、住めば住むほど “これぞ我が家” と愛着が湧きそうです。 

売主さま

間取りやデザインは20〜40代の若い層の方々に好まれるよう仕上げています。

バルコニーへ出てみましょう

写真

すぐ目の前には交通量のある「外苑東通り」があります。バルコニーに出ればそれなりに音はしますが、室内では所在が5階で高さがあるのと、二重サッシの効果で音についてはほとんど気になりませんでした。ただし、感じ方は人それぞれなので内覧の際にご自身で確認してみてくださいね。

写真

左・バルコニーの長さはそれほどありませんが、奥行きはたっぷり取られています。/右・日当たりがよく洗濯物は乾きやすそうです。

室内に戻りましょう

写真

LDKの広さは約9.5帖ですが、隣の洋室Aとは大きなガラス入りの引き戸で仕切られているので、閉めていても空間に広がりが感じられます。ここでも存在感のあるブラックフレームが効いていますね。

隣の居室へ行ってみましょう

写真

約5.8帖の洋室Aです。リビング同様南東向きの明るい居室です。シンプルな長方形の間取りなので家具のレイアウトがしやすそうですね。

写真

左・もちろん個室としてもお使いいただけますが、DINKSやファミリーでもお子さまがまだ小さいようであれば、リビングの延長でキッズルームや書斎として使うのがいいかもしれませんね。/右・拡張リビングにすると約15.3帖もの広々LDKになります。空間に無駄がなく、フレキシブルな対応ができるのは引き戸の魅力ですね◎

写真

左・東側の窓からの眺めはバルコニーと同様、長く伸びる大通りが見渡せます。/右・前面の建物とは距離があるので圧迫感はありません。またこちらも二重サッシになっているので、騒音も特に気になりませんでした。

もうひとつの居室へ

写真

キッチンの横にある約5帖の洋室Bは、アクセントウォールに可愛らしい花柄の壁紙が用いられた優しい雰囲気の空間です。こちらが主寝室に最適でしょう。

写真

奥行きのたっぷりある大きなクローゼットが付いていて収納力は大。LDKに面した小さな内窓は採光が取れる機能性はもちろん、見た目にもオシャレ度UP!

最後にもう少し周辺を散策しましょう

写真

左上・都会のオアシス「新宿御苑」はお散歩に程よい距離です。時には豊かな自然を楽しみに訪れるのもいいでしょう。(徒歩11分)/右上・炭火焼き鳥とワインのお店「 Gallo(ガッロ)」はワインもお料理も美味しくコスパが高いそうですよ。(徒歩4分)/左下・無性にハンバーガー食べたくなる時ってありますよね。天然酒種酵母で作ったバンズを使ったハンバーガー専門店「Island Burgers(アイランドバーガーズ)」、オススメです!(徒歩7分)/右下・実はこの辺りは焼肉激戦区。その中でも人気が高い「赤身とホルモン焼 のんき」です。ボリューム満点のコース料理を是非お試しくださいませ。(徒歩9分)

cowcamo

カウカモ編集部より

都心にあるマンションは、電車やバスなどの交通機関を利用しなくても、ちょっと足を伸ばせば素敵なお店や街に行けるという魅力があります。例えば四谷三丁目と青山界隈は、路線図をイメージすると距離がありそうな気がしますが、実はマンションからお散歩気分で20分ほど歩けば着いてしまいます。休日にのんびり青山散歩を楽しんで食事をし、帰りはタクシーでわずか約10分! 近いです。


ま、わざわざ青山まで行かなくても、周辺にはグルメ雑誌に取り上げられるような美味しいお店がたくさんあります。なので、グルメな方にオススメな立地です!(笑)特に “四谷荒木町エリア” には美味しいお店がひしめき合い、路地裏散策が楽しいですよ。ぜひ歩いてみてくださいね。


マンションについては、実際に現地に訪れるときちんと管理されていることがよく分かります。管理人さんが月〜土曜の週6日勤務されていて、共用部はとても綺麗な状態が保たれています。前回の大規模修繕工事は2002年に実施済み、その後も長期修繕計画に基づき適切な修繕がなされています。専有部分の広さやこの管理状況を踏まえれば、共益費は妥当な金額と言えるでしょう。

住戸はご覧の通りデザイン性の高い空間です。家具や小物にこだわり、インテリアや暮らしを楽しむことに貪欲なカップルやご家族にぜひ住んでいただきたいですね。下地は十分過ぎるほど整っているので、あとはご自身のセンスで空間を彩り、住み心地のいい唯一無二の “これぞ我が家” をつくり上げてくださいませ。我こそは! と思う方、内覧のご予約お待ちしております。