「目黒」駅からお散歩開始

写真

左上・今回の舞台はJR山手線、東京メトロ南北線、都営三田線、東急目黒線が乗り入れる「目黒」駅。ショッピングセンターの「atre(アトレ)目黒」が駅ビルとして入っています。(徒歩15分)/右上・ご紹介する物件までは、魅力的な飲食店がズラリと並ぶ「権之助坂商店街」を通るルート。和洋中、さまざまなジャンルのお店が軒を連ねています。(800m 徒歩10分)/左下・目黒通り沿いにあるカレー屋さん「LAND(ランド)」。たくさんのスパイスがバランスよく混じり合った絶品カレーをどうぞ。(550km 徒歩7分)/右下・東京で次世代のレストランシーンを担っていくと話題の「kabi」が、目黒通りを挟んで物件の目の前に。若きシェフがソムリエが振る舞う独創的な料理とドリンクをご賞味あれ。(170m 徒歩2分)

安心してください バスもスーパーもありますよ

写真

左・『駅から距離があるな〜』と思った方、安心してください。ご紹介するマンションの真下にあるバス停「元競馬場前」を利用すれば「目黒」駅はもちろん、「渋谷」駅や「東京」駅、さらには「二子玉川」方面まで一本でアクセス可能なんです。これは、電車いらずの毎日が送れちゃうかも?/右・そして、便利なものがもうひとつ。なんと、マンション1階には22:30まで営業しているスーパー「東急ストア」、2階には100円ショップの「ダイソー」が入っているんです。これはとってもうれしいポイントではないでしょうか?

cowcamo

マンションからほぼ歩かずに、バス停とスーパーを利用できる環境はとっても便利! 「目黒」駅から歩くとアップダウンはありますが、大通りを通るので、深夜におひとりでの帰宅でも安心ですよ。

どーん

写真

目黒通り沿いにどっしりと構える、総戸数89戸の大きなマンションが今回の目的地。レトロなブラウンの外壁が目印です。

売主さま

こちらのマンションでは、ペットの飼育が可能です(細則あり)。また、業種の制限はありますが、事務所として利用することもできます(要承認)。

cowcamo

SOHO使いができて、ペットの飼育もOK。しかも、マンション1階にスーパーと、目の前にバス停。これだけ好条件が揃った物件は、なかなか珍しいと思います!

写真

左上・波打つような形状の屋根が可愛らしいエントランス。スロープもありバリアフリーな造りですね。/右上・ロビーの幾何学模様の床が萌えポイント。赤レンガタイル貼りの壁にズラリと並んだ集合ポストも、なんだかかっこよく見えてきます。奥には管理人室とエレベーターがありますよ。/左下・管理人事務室の前から、ロビーを振り返ってみました。一面ガラス窓になっているので、明るく開放的です!/右下・エレベーターで7階へときました。各階の共用廊下にダストシュートが設けられているので、わざわざ1階まで行かなくても、24時間いつでもゴミ出しができますよ。

高まる期待

写真

外廊下に出ると、抜けのある気持ちのよい眺望が待っていました! 写真ではわかりづらいですが、奥には「東京タワー」の姿も。それではご紹介する住戸がある、廊下の突き当たりまで進みましょう!

cowcamo

これは住戸からの眺望にも期待が高まりますね……!

お邪魔します

写真

左・廊下突き当たりにある玄関ドア。そう、今回ご紹介する住戸は角部屋です。/右・ガチャリ……。玄関ドアを開けると、目の前にガラス引き戸が。

写真

左・廊下から土間を振り返ったカット。右手のドアの中は……/右・収納スペースでした!奥行きが深いうえに、可動棚が備わっているので、下足入れからキャリーバッグやベビーカー置き場として利用できそうです。

ガラス入りドアからLDKへ

写真

LDKに入り、左を向くと、北西向きの掃き出し窓から光が差し込むリビングダイニング(LD)、そしてキッチンスペースが。右手には、洋室A・B、トイレ、水まわりにつながるドア位置しています。

売主さま

LDKの広さは約13.7帖です。洋室や水まわりにつながるドアがある、廊下部分も含めた広さになります。

cowcamo

廊下部分に収納家具を置くなどして、スペースを有効活用したいですね!

まずはLDへ

写真

おお、期待通り。室内からも抜けのある景色が見えていますね! 左手のドアの中は大容量のストレージルームです。

cowcamo

ストレージルームは広さがあるので、季節家電やキャンプ用品など、住戸内で幅を取るものをしっかりとしまっておけますよ。

写真

ストレージルームにつながるドアの前から。LDはそこまで広くないものの、南西側の壁一面に掃き出し窓があるおかげで、とっても開放的◎ 居場所によって、室内から見える景色が変わるのも楽しいですよ。

cowcamo

ああ、夜景も綺麗そう……。続いて、正面のダイニングスペースとキッチンを見てみましょう!

写真

キッチンの腰壁は板貼りでデザイン性◎ ディスプレイのように、キッチンの前にダイニングテーブルを置くのがしっくりきそうです。カウンターがあるので、料理がスムーズにサーブできますね。

写真

左・3口コンロが備わっているキッチン。正面の壁にはタイルが貼られています。/右・背面には調味料などを置いておける可動棚が備わっています。

写真

キッチンからの眺望も◎ この景色を見れば、忙しい家事も頑張れそう!

cowcamo

それではバルコニーへ出てみましょう!

アーバンなパノラマビュー

写真

バルコニーに出てびっくり。そこには期待以上の眺望が待っていました。左手に目黒通り一帯の住宅街、正面に新宿エリアのビル群、右手に「東京タワー」というアーバンなパノラマビューです!

写真

バルコニーはL字形で、洋室Aの前まで続いているロングスパン。これは角住戸の特権ですね。

写真

洋室A側からもパノラマビュー! こちら側からも「東京タワー」が望めるうえに、LDK側からでは見えなかった南東方面の景色が望めますよ。

cowcamo

眼下には目黒通りが通っているため、外に出ると車の走行音が聞こえました。室内では軽減されていましたが、音の聞こえ方には個人差があるので、実際に現地でお確かめくださいね。

室内に戻りましょう

写真

キッチンの横に立って室内を見渡したカット。続いて、洋室Aを見てみましょう!

売主さま

LDと廊下部分の天井には、ライティングレールが備わっています。レール上のお好きな位置に、お好きな照明を設置できますよ。

約3.6帖の洋室A

写真

北東向きの掃き出し窓がある洋室A。こちらからも、先ほどのバルコニーに出ることができますよ。

cowcamo

コンパクトなサイズの洋室Aは、お子さま部屋や書斎として利用するとよさそうですね◎

写真

奥からのカット。左手の折れ戸の中は、ハンガーパイプと枕棚が備わっているクローゼットです。

お隣の洋室Bへ

写真

約5.1帖の洋室Bには北東向きの腰窓が。こちらが主寝室となりそうですね。

写真

奥からのカット。こちらのクローゼットは奥行きが深いので、ご夫婦おふたり分の洋服から、ゴルフバッグなどの大きいアイテムまでしまっておけます。内部に収納家具を置くのもいいかも!

最後に水まわりをチェック

写真

左・足元にゆとりのあるトイレ。収納はないので、突っ張り棒などを活用して設置するとよさそうです。/中央・洗面脱衣室には洗濯機置場がありますよ。/右・ワイドな鏡が備わっているバスルーム。

売主さま

バスルームは浴槽を含めて既存のものになります。2018年に交換されたもので、クリーニング済みのため使用感はあまりありませんが、気になる方は現地でお確かめください。

マンションを出ると そこは “インテリアストリート”

写真

マンションが建っている目黒通りは、通称 “インテリアストリート” と呼ばれるほど、家具屋さんがひしめき合っているんです! 新生活を彩る家具を、数あるショップの中から探してみてはいかがでしょうか?

左上・1900〜70年代のアメリカンアンティークのアイテムが充実する「POINT No.39(ポイントナンバーサーティナイン)」。ニューヨークの雑居ビルをイメージした店内には、古きよきアメリカを思わせる、無骨で味わい深い家具や、遊び心が溢れる雑貨が並んでいます。特に照明器具には定評があるそう。(290m 徒歩4分)/右上・その姉妹店として誕生した「Point No.38(ポイントナンバーサーティエイト)」では、オリジナルのランプも扱っていますよ。(290m 徒歩4分)/左下・「ACME FURNITURE(アクメファニチャー)目黒通り店」にはアメリカンヴィンテージ家具はもちろん、リーズナブルな雑貨やオリジナル商品も豊富なので要チェックです。(550m 徒歩7分)/右下・北欧のヴィンテージ家具を中心にセレクト・修理して販売している「Lewis(ルイス)」。欧米から北欧まで、さまざまなジャンルのお店があるのはうれしいですね!(190m 徒歩3分)

cowcamo

カウカモ編集部より

今回ご紹介する物件が建っているのは、「目黒」駅から山手通りを越え、緩やかな坂道を上りきった場所。通称 “インテリアストリート” と呼ばれるほど、様々なジャンルの家具屋さんが並ぶエリアです。


駅からは徒歩15分ほどと少し離れますが、マンションの目の前にあるバス停「元競馬場前」からは、「渋谷」「東京」「二子玉川」など、多方面に向かうバスが発着しているので、場合によっては電車いらずの毎日が送れるかもしれません。歩いても、個性的な飲食店や家具屋さんがたくさんあるので楽しい道のりになりそう。人通りもあるので、おひとりでの帰宅も安心ですよ。


しかも、建物の1階にはスーパー、2階に100円ショップがテナントとして入っているという贅沢さ。バス停とスーパーをしっかり使いこなせば、駅近の物件よりも徒歩距離が少なく済むのではないでしょうか(笑)


1974年に竣工した建物は、むしろその築年数がいい味となっています。レトロな外壁と、幾何学模様の床が印象的なロビーは見所のひとつです。共用部が綺麗に保たれているだけでなく、適宜メンテナンスも行われています。それでいて、ビッグコミュニティの恩恵を受け、共益費が抑えめなのもうれしいポイントですね。


ここまでご紹介した点だけでもかなり高評価なのですが、推しポイントはまだまだあるんです。実はこちらの物件、SOHO利用とペットの飼育が可能(ともに細則あり)。交通利便性・生活利便性・マンションの使用細則まで好条件な物件って、なかなか出てこないんです。正直、ここまで読んだ時点で、お問い合わせをしていただきたいくらい(笑)


いやいや、住戸だってとっても魅力的! なんと言ってもL字型のロングなバルコニーからは、都心の街並みを約270°見渡すことができるんです。そのアーバンなパノラマビューの中には、「東京タワー」や「東京スカイツリー」の姿も。住戸内からでも、その眺望を楽しむことができるので、パートナーと夜景を見ながらワイングラスで乾杯、なんてこともできちゃいそうです。


専有面積はそこまで広くないものの、各所に設けられた収納スペースを上手く使えば、しっかりスペースを確保できそう。バスルームが既存利用なのは事前にご留意くださいね。


ぜひ、駅からの徒歩分数を恐れず、バスを利用してみたり、生活のシュミレーションをしながらこの物件を訪れてみてください。きっと帰り際には『あれ、とっても便利』なんて口に出していますよ。

writer / editor:酒井 大作