「荻窪」駅からマンションまで
わずか4分の間に誘惑がいっぱい!

写真

左上・JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線・東西線が乗り入れる「荻窪」駅からマンションへは徒歩約4分。北口には24時間営業の「西友」をはじめ、食料品からファッション、生活雑貨や書籍といった幅広い店舗が入る「LUMINE」と「TOWN SEVEN」があります。/右上・マンションが建つのは駅の西側。駅前の「荻窪すずらん通り商店街」を通り抜けるのが最短ルートですが、美味しそうな飲食店がたくさんあり、逆に時間が掛かるかも(笑)。/左下・「荻窪すずらん通り商店街」にある、野菜が主役のケーキ屋さん「Le Coeur Pur(ル クール ピュー)」にはカフェスペースがあり、モーニング・ランチ・ディナーコースまで楽しめます。/右下・住宅街にひっそり佇む一軒家イタリアンレストラン「RISTORANTE DRAMMATICO(リストランテ ドラマティコ)」は創業18年の名店。昨年現在の場所に移転してきました。

売主さま

商業施設が充実していて、複数路線が利用可能な「荻窪」駅から徒歩わずか4分という立地が魅力の物件です。

マンションが建つのは
「荻窪すずらん通り商店街」沿い

写真

左上・ミントグリーンの外壁が目を引く、可愛らしい雰囲気のマンション。1階にはバルや美容室などのお店が入っています。/右上・エントランスは商店街から一本入った通りに面しています。/左下・管理人さんの業務時間外は、オートロックになるので安心。/右下・1階のエントランス横にあるゴミ捨て場。マンションは全体的に古さを感じるものの、綺麗に管理されている印象でした。

売主さま

昭和44年竣工のマンションですが、定期的な修繕工事がしっかり行われ、管理人さんが住込みで管理してくださっているので、手入れは行き届いています。マンションには有料の設備として、月額4,000円の物置と月額200円のロッカーがあります。

天然大理石貼りの
玄関&廊下がお出迎え

写真

左・玄関から廊下までは、天然大理石貼りの床でひと続きになっています。右手には鍵を置いたり物をしつらえたりするのにぴったりなニッチが設けられています。/右・玄関に下駄箱がない代わりに、左手にはふたり入っても余裕な広さのシューズインクローゼット(SIC)があります。ハンガーパイプが通っているので、レインコートを干したりするのに便利ですね。

売主さま

今年の7月にリフォーム工事を終えたばかりのお部屋です。天然大理石貼りの玄関・廊下、天井の間接照明にもこだわり、ラグジュアリーな雰囲気に仕上げました。

白で統一された水まわり

写真

左・廊下右手にあるのは、収納が設けられたウォシュレットトイレ。/中央・廊下左手に洗面室があります。窓があるので湿気がこもらず、明るいのがうれしいですね。/右・浴室は追い炊き機能・乾燥機が備わっています。

廊下突き当りが約5.5帖の洋室A

写真

北と東向きの2面採光で明るい室内。天然大理石貼りの廊下とは打って変わり、明るい色合いのフローリングで仕上げられています。

写真

左・部屋の入り口を入って右手にはウォークインクローゼット(WIC)が設けられています。/右・WICの扉は荷物を出し入れしやすい引き戸で、中は十分な奥行きが取られています。

写真

北向きの窓からの眺めです。目の前に建物がないため、窓を開けると風がすーっと通り、とても気持ちよかったです。

LDKには南向きの大きな開口が!

写真

南向きの大きな開口から陽が入り、明るいLDKは約20.4帖。

売主さま

南東角部屋のため日当たり・通風良好です。こちらの物件は家具付きで販売しておりますので、すぐにお住まいいただけます。

写真

オープンに造られたキッチンからの眺めはこんな感じ。正面の壁は、造り付けのラックや木のパネルで彩られています。写真右手に見えるのが、LDKと引き戸でつながる洋室Bです。

写真

食洗機と浄水器が付いた3口コンロのシステムキッチンで、背後には冷蔵庫を置くスペースが確保されています。

LDKに入って右手にある洋室B

写真

先ほどキッチンから見えた洋室Bは約3.5帖。収納がしっかり設けられています。

写真

引き戸を閉めれば独立しますが、窓がないお部屋なので、お子さまが小さい内やおひとりの場合はプレイルームとして、または来客用のスペースとしてお使いいただくのがよさそうです。

LDKへ戻ります

写真

4人掛けのダイニングテーブルと大きなソファとローテーブル、さらにデスクを置いても余裕の広さです。

バルコニーへ出てみましょう

写真

南向きで日当たり良好です。右手には道路が伸びているため、視線の抜けもあって◎ 。マンションからは環状8号線が近いため、バルコニーに出ると車の音が近くに聞こえました。

写真

途中に柱がありますが、キッチン奥にある洋室Cの窓前までバルコニーが続いています。斜線制限のため屋根がないので、お天気が悪い日は浴室乾燥機をお使いくださいね。

LDKに戻ってキッチン側を見てみます

写真

ダイニングテーブルの上にはスポットライトが配され、食事がより美味しく見えるよう工夫されています。写真中央右寄り、キッチン背後にある扉は、洋室Cへとつながります。

南東向きの2面採光で明るい洋室C

写真

約5.5帖の洋室Cは、2面の大きな開口のおかげで、より広く感じられます。

写真

左・写真左側の引き戸を開けるとWICです。/右・こちらも奥行きが十分にあり、部屋には収納棚を置く必要がなさそうです。

写真

洋室Cにも南東向きの広いバルコニーが付いています。LDKのバルコニーとはつながっていないので、来客時にはこちらに洗濯物を干すといいかもしれませんね。

マンションから徒歩5分圏内の
“美味しいお店” を巡ってみましょう

写真

左上・荻窪といえば “ラーメン” のイメージが強いですが、実は “カレー” でも激戦区となっています。「荻窪南口仲通り商店会」にある欧風カレー屋「トマト」は、ややお高めの価格帯ですが、こだわりの香辛料を使った濃厚な味わいで、常に行列ができているほどの人気店。/右上・2階建ての一軒家を改装した自家製ビール屋「荻窪ビール工房」。常時5種類以上あるオリジナル地ビールを、手頃な価格で楽しめます。/左下・ベトナムサンドウィッチ “バイン・ミー” のほか、ハード系のパンが人気のベーカリー「えだおね」では、開放的なデッキでイートインが可能です。/右下・ソムリエでもある女性シェフが腕を振るうワインバー&イタリアン「Capsula(カプスーラ)」では、旬の野菜をたっぷり使った料理を味わえますよ。

cowcamo

cowcamo report

今回ご紹介する物件があるのは、丸ノ内線は始発駅「荻窪」駅。そのほか、JR中央線・総武線、東京メトロ東西線が乗り入れていて、利便性がよいのが魅力です。さらに駅から少し歩くと「大田黒公園」や「善福寺川緑地公園」といった、周囲の建物が見えないほど自然に囲まれた公園があり、住環境のよさで特にファミリー層から人気のエリアです。

でもやはり荻窪といえばグルメですよね! 今回は美味しいものが大好きなファミリーにもってこいの物件です。「荻窪」駅の西口から歩くこと約4分。しかしわずか4分とはいえ、20軒以上の飲食店が建ち並ぶ「荻窪すずらん通り商店街」を通り抜けるので、油断はできませんよ(笑)。

駅から商店街を抜け切る手前に建つ、ミントグリーンの外壁に “昭和レトロ” を感じるマンション。昭和44年竣工の建物なので共用部分に年季を感じましたが、日頃のメンテナンスをしっかり行うことでカバーできているなという印象でした。

そんな親しみを感じる雰囲気から一転、玄関扉を開けると天然大理石貼りの白亜の空間が広がります。かといって煌びやかではなく、ダウンライトと間接照明のおかげで柔らかな印象でした。玄関にはハンガーパイプも通ったSIC、さらにふたつの洋室にはWICがあり、十分な収納量が用意されています。約83㎡の3LDKは、東南角部屋で日当たり・風通し◎ 。こちらの物件は、広いLDKにレイアウトされた家具が付いてくるので、すぐに新生活を始めていただけます。2箇所あるバルコニーは合計約33㎡と広々していますが、商店街を抜け切ると環状8号線が通っているので、バルコニーに出ると車の音が近くに聞こえました。こちら現地でご確認くださいね。

荻窪は駅前の商店街だけでなく、通りを入った住宅地にもひっそり佇むレストランがあるなど、飲食店が点在しています。また居酒屋系ではなく、家族連れで行けるお店がメインなのも魅力です。 “荻窪を食べ尽くしたい! ” というファミリーからのお問い合わせをお待ちしております。