活気ある街並みが広がる
「用賀」駅周辺

写真

左上・最寄りは東急田園都市線「用賀」駅。駅直結のシンボルタワー「世田谷ビジネススクエア」には飲食店や銀行、郵便局など便利な施設が入っています。(徒歩7分)/右上・駅目の前にあるスーパー「FUJI 用賀店」。マンションから徒歩8分のところには、日用品も取り扱う「オーケー 新用賀店」もあります。(徒歩6分)/左下・「Gian Franco(ジャン フランコ)」は、イタリアのパン職人監修のパン屋さん。天然酵母を使用したパンが美味しく、ハード系のパンの中でも特にバケットが人気です。(徒歩3分)/右下・いま注目されている商店街のひとつである「用賀商店街」。情報発信のための多目的スペースを設置するなど、新しい取り組みをしているそう。野菜中心のお惣菜屋さんやオリジナルバッグのアトリエなどイマドキのお店に、かんざしの専門店や創業約150年の酒屋さんなど、古さと新しさが混じり合っています。(徒歩5分)

徒歩圏内には約40万㎡の
広さを誇る「砧公園」

写真

「砧公園」の自慢は広さだけではありません! 約930本ものソメイヨシノやヤマザクラが植わっており、春にはお花見を楽しむご家族で賑わいます。お子さま用の遊具も充実、ピクニックができる芝生広場あり、桜の名所あり、小川ありと、1日中遊んでも飽きなそうですね。徒歩14分のところには約20㎡の「馬事公苑」も! 現在、2020年の東京五輪に向けて改修工事中です。(徒歩18分)

マンションのお隣には「用賀北小緑地」

写真

全42戸、現在築38年の建物です。お隣には、キャッチボールができるくらいのこぢんまりとした公園があります。ベンチが設置してあるので、ちょっと外でリフレッシュしたいときに使えそうですね。

売主さま

「用賀」は東名高速や第三京浜のインター、環状8号線、国道246号が近いのも特徴のひとつです。現在駐車場に空きはないのですが、近くに駐車場を借りている住人の方もいらっしゃいます。車があると、お出かけする場所がグッと増えますよ。駐輪場には現状空きがあり、月額500円で使うことができますのでぜひご活用くださいね。

写真

左上・エントランス手前には、ベビーカーを使う際に便利なスロープ。両脇の植栽はきれいに剪定されていました。/右上・左奥のカウンター部分が管理人室となっています。管理人さんは住込み管理で、月・火曜は9:00〜17:00、水〜金曜は8:00〜16:00までいらっしゃいます。/左下・エントランスからエレベーターへ向かう途中の共用廊下からは、「用賀北小緑地」の緑を眺めることができます。/左下・今回ご紹介する住戸の玄関前に到着。角部屋なので玄関前をほとんど人が通らないのはうれしいですね。

写真

左・玄関扉を開けると、すーっと長い土間と廊下がお目見え! 白を基調とした内装と、木目調ダークブラウンのコントラストがいい感じ。/右・収納力たっぷりの下足入れ。家族みんなの靴をしっかりと収納できそうですね。

約7帖の洋室A

写真

玄関スペースに一番近い居室、洋室Aからご紹介しますね。洋室Aには壁一面のクローゼットと、掃き出し窓があります。L字型のバルコニーはLDKと3つある各居室に面しています。後ほどご紹介しますね。

水まわりをチェック

写真

左・洗面台の幅が広く、後方のスペースもゆったりとしています。洗面台の正面にも収納棚が備わっているので、スッキリとした空間を保つことができそうです。/中央・浴室はシックなダークブラウンのパネルが貼られています。もちろん浴室乾燥機と追い炊き機能付き。/右・独立式のトイレにも、収納棚が。

お待ちかねLDKへ

写真

シンプルな内装のLDKは約13.9帖。LDKに入ると左側にキッチン、右側に洋室Bがあります。まずはキッチンを見ていきましょう。

写真

左・3口コンロが備わっているキッチン。対面キッチンになっているので、ご家族とのコミュニケーションを楽しみながらお料理をすることができますよ。/右・後方のスペースにゆとりがあるので、家電置き場にも困らなそうです。お子さまと一緒にクッキング、なんていうのもいいですね。

売主さま

キッチンは今回フルリノベーションをしました。給排水管もすべて取り替え済みです。風通しのよさが活きるようにと、オープン型のキッチンにしました。

約5帖の洋室B

写真

コンパクトな居室ですが、掃き出し窓のおかげで開放感がありますね。クローゼットも完備されています。

写真

LDKに戻って、キッチンの前から洋室Cまで見渡すと、南向きの掃き出し窓がふたつ並びます。1日中ポカポカと明るい空間になりそうですね。

売主さま

全居室のフローリングに『オレフィンシート』という素材を使用しています。傷や日焼けに強く、ワックスがけも不要なのでお手入れが簡単ですよ。

写真

角度を変えてもうワンカット。洋室の数が足りている場合は引き戸を開け放って、洋室Cもリビングスペースとするのもよさそう。引き戸の横にも、さりげなく収納スペースが備わっています。ご家族共有で使うものはこちらに収納しておけますね。

南西向きL字型バルコニー

写真

左・LDK側の端から見てみるとこんな感じ。手すり部分に物干しが設置してあります。/右・角部分から洋室Aの方向を見てみると、バルコニーの長さがよくわかりますね。中央の凹んだ部分は幅が広くなっているので、ミニガーデンを作って楽しむのもよさそう。

眺望は・・・

写真

住宅街が広がるので高い建物はなく、抜けがある気持ちよい眺望を望むことができます。ただ隣に道路が通っているため、窓を閉めていても少し車の音が聞こえました。感じ方は個人差がありますので、ぜひ現地でお確かめくださいね。

LDKに戻ります

写真

バルコニー側サッシを背に、引き戸を閉めた状態でLDKを見てみました。ダークグレーの壁が、空間全体のアクセントになっていますね。では、洋室Cに入りましょう。

約6.6帖の洋室C

写真

引き戸を閉めれば、独立した空間に。書斎、客間、子ども部屋などフレキシブルに使うことができますよ。

写真

こちらにもしっかりクローゼットを完備! 各空間にしっかり収納スペースが備わっているのはうれしいですね。引き戸を開けた状態だと、約20.5帖の広さになります。

ちょっと特別なときに
立ち寄りたいお店たち

写真

左上・外観から可愛さが滲み出ている「リョウラ」。広々とした店内は、ブルーと白をベースとした鮮やかな内装。お店に並ぶコンフィチュールや焼き菓子、カラフルなケーキは見ているだけでも、幸せな気持ちになれそうです。(徒歩4分)/右上・「EACHIESZ(イーチーズ)」には、体に優しい食材を使ったお惣菜を買うことができます。テイクアウトはもちろん、併設のカフェで食事をとることもできますよ。(徒歩7分)/左下・北欧テイストの「グリル&ダイニング用賀倶楽部」。週末朝にはパンビュッフェやドリンクが付いたお得なモーニングセット、ディナーにはお得感満載のビーフステーキをいただけます。お酒のメニューも充実しており、優雅なひとときが過ごせそうですね♪(徒歩9分)/右下・駅から少し離れた住宅街に店を構える一軒家カフェ「CAFE A DEUX(カフェ・ア・ドゥー)」。毎日手作りしているケーキがおすすめ! 店内の雰囲気はゆったりしているので、ママ友とゆっくりお茶をするのにぴったりです。(徒歩8分)

cowcamo

カウカモ編集部より

“THE ファミリーの街” と名付けたくなるくらい、ファミリーで暮らすのにぴったりな街「用賀」。それだけではなく、電車で「渋谷」まで約12分と、アクセスが “◎” なのもいいですよね。マンションから少し歩けば “家族ぐるみで楽しめる公園” をコンセプトとしている「砧公園」、お隣の駅はファミリー向けのショッピングモールが揃う「二子玉川」と、週末を全力で楽しむことができそう!「砧公園」の敷地内にある「世田谷美術館」では、ユニークな展示のほか、アート関連のワークショップやイベントが行われているので、さまざまな楽しみ方ができますよ。

駅からマンションまでの道のりはフラットアクセス。道のりは車通りが少なく、マンション前の大通りには歩道も確保されているので、お子さまとお出かけをする際も安心です。駅周辺には、日々のお買い物に便利なスーパーがふたつ、100円ショップ、ドラッグストアやついつい立ち寄りたくなるたい焼き屋さんにお惣菜屋さんなどなど・・・毎日不便なく楽しく暮らすことができそうです。マンションの管理体制は住込み管理。どこを見ても清潔に保たれており、撮影をした日にも複数名の方が清掃をしていました。

お部屋は、南西向きのL字型のロングバルコニー付き! なので、LDKと3つの居室すべてバルコニーに面しています。各空間にそれぞれ収納スペースが備わっているので、空いているスペースを贅沢に使えますよ。間取りは3LDKとなっていますが、引き戸を開けて洋室Cをリビングスペースとし、LDKを広ーく使うのもおすすめです。休日にお出かけもいいけれど、日当たりGOODな明るいLDKで家族でまったり過ごすのもいいですね。お部屋が足りなくなったら、引き戸を閉めて寝室にしても◎ 。お子さまの成長に合わせてフレキシブルにお使いいただけると思います。


週末のお楽しみにワクワクしながら毎日を穏やかに過ごせる、アクティブに遊ぶファミリーの拠点にぴったりなお部屋です。

カウカモマガジン「用賀」特集記事もチェック!
【 #用賀 】出版社経営のレストランで知る用賀の豊かさ