写真

「東京都庁」の真ん中を貫く広々とした道路。その突き当たり、緑のカーテンの中央に顔を覗かせているのが、今回ご紹介するマンションです。

昼間からビールも楽しめちゃう
「新宿中央公園」

写真

左上・「新宿中央公園」がマンションのすぐ目の前(徒歩1分)。お馴染みの「東京都庁」がドーンとそびえ、“これぞ東京暮らし!” が楽しめること間違いなし!/右上・休日には公園内の散策へ。樹々が豊かでくつろぎ度満点。ベンチや遊具なども充実し、幼稚園児からおじいちゃんおばあちゃんまで訪れる平和な雰囲気です。/左下・園内に設置されたバスケットコートとフットサルコート。汗を流して運動不足も解消!/右下・「ビール冷えてます」のノボリにテンション上がる! ぜひ休日の昼間からどうぞ。

マンション前の通りからは
バスやタクシーが大充実

写真

大通りに面した立地のマンション。京王バスの「十二社池の上」バス停がマンションから徒歩1分の位置にあり、「新宿駅西口」・「渋谷駅」・「中野駅」方面にもバス1本で行けるアクセス環境は特筆もの! タクシーもバンバン通るのでつかまえやすく、飲み会や残業で遅い夜の帰りにも安心です。またリムジンバスも頻繁に往復しているため、空港へのアクセスも◎ 新宿勤務の方はもちろん、地方に拠点を持ち、東京出張が多い方がホテル代わりに所有したり、事務所としての利用も可能なので、SOHOのように使うのもいいですね。

写真

左上・エントランス。清掃が行き届いており綺麗です。/右上・写真はエントランス奥から振り返った全景ですが、入ると右手に集合ポスト、左手に管理人室があります。緑豊かな「新宿中央公園」を眺めながら毎日出勤できるのはうれしいポイント。/左下・エントランス奥に設置されたエレベーター。2基完備で、朝急いでいるときでも待ち時間が短く済みそうです。/右下・住戸前の共用廊下は吹き抜けになっています。明るく開放感たっぷりなのに、屋根のおかげで濡れずにGOOD。

コンパクトにまとめられた玄関まわり

写真

左・明るいトーンで統一された玄関から廊下。左手には大型ミラーが備え付けられたシューズクローゼット。右手の一番手前がトイレになっています。/右・アクセントクロスが貼られたトイレ。模様がお気に召さない場合は、お気に入りのクロスに貼り替えるのも素敵ですね。。

約5.3帖の洋室A

写真

玄関の左手には約5.3帖の洋室A。大通りに面していない静かなお部屋なので、寝室にするのがオススメですよ!

写真

クローゼットを完備。もうひとつ、奥の洋室にもクローゼットが設置されています。収納力の高さもこのお部屋の魅力のひとつですね。

コンパクトな水まわり

写真

左・トイレの隣には洗面スペースとお風呂。洗面台の下が収納スペースになっていて、タオルなどをしまっておけます。また鏡の中にも鏡と照明・棚が設置されており、身支度の際に便利です。床はトイレと同じテラコッタタイル風で、水まわりの掃除がしやすそう。/中央・ユニットバス。追い焚き機能付きとはいえコンパクトな浴槽なので、湯船につかるよりシャワー派に◎ 。浴室乾燥機を完備していて、雨の日でも洗濯物が乾かせますね。/右・リビングのドアの手前には洗濯機置き場。

LDKから大都会をひとり占め

写真

「新宿中央公園」・「東京都庁」・新宿高層ビル群の圧倒的眺望が目の前にドドン! くーっ! たまらない!! 約5.0帖のDKと約6.0帖の洋室は、間仕切りを開けてひと続きの空間として使った方が快適そうです。

写真

ダイニングキッチン(DK)の全景がこちら。明るいカラーリングのキッチンは、上下ともに大容量の収納スペースと、大型シンク、三口コンロがお気に入りになりそう。引き出し式収納はソフトクローズ仕様。優雅にスーッと閉じて気持ちよし!

写真

DKから約6帖の洋室を眺めてみます。窓の外には緑の樹々が揺れる麗しさ。料理中洋室に匂いが流れないよう、または来客時の目隠しなどで間仕切りを上手に活用して。

バルコニーに出てみましょう

写真

どうです? この眺望。東京ど真ん中感満載でしょう? 交通量の多い大通り沿いのため、窓を閉めていても車の走行音が感じられますが、別途費用で二重サッシにすると多少音が軽減できます。もしくはこの環境を逆手にとり、心置きなく音楽を楽しんでみるとか。日中はLDKで音楽とともに過ごし、夜は静かな寝室でぐっすりと眠る。いいと思いませんか?

写真

左・洗濯物を干すのにも気分が上がりそうな眺め。奥行きはそれほどないとはいえ、横幅があり、布団干しもラクラクです。/右・右を向いても左を向いても「新宿中央公園」と高層ビルが目に飛び込んできます。この眺望が楽しめるというだけでも、このお部屋に住む価値あり!

室内に戻りましょう

写真

約6帖の洋室の全景。クローゼットが大きく使い勝手がよさそうですね。LDKとしてつなげて使えば約11帖の広さになり、ソファーや大型テレビ、オーディオセットなど、家電や家具のレイアウトも思いのままです。

写真

左・間仕切りを開けた状態で、約6帖の洋室からDKの眺め。3枚の引き戸はすべて壁の後ろにスッキリと収まる設計になっています。/右・間仕切りをすべて閉めるとこんな感じ。フローリングもドアも明るいカラーを採用し、圧迫感がなく、思った以上に狭さを感じさせません。

最後に自転車置き場をチェック

写真

エントランス横にある自転車置き場。屋根付きで濡れないだけでなく、整然と並んでいる様子から住民の方々の意識の高さも伝わってきます。立地的に、代々木公園や神宮外苑などの大型公園、代々木上原や千駄ヶ谷などのおしゃれタウンがなんとすべて自転車圏内! 休日のサイクリングが思いきり楽しめそうですね。

マンションの周辺環境をピックアップ

写真

左上・最寄り駅は都営大江戸線の「都庁前」駅で、マンションからは徒歩4分の距離。「東京都庁」では春になると満開の桜が楽しめ、展望台デートもGOOD! /右上・開業以来、宿泊施設はもちろん、レストラン「NEW YORK GRILL」が大人気の「PARK HYATT TOKYO」。周辺には有名高級ホテルが多数集まっています。(徒歩4分)/左下・食材の調達は「マルエツプチ西新宿三丁目店」へ(徒歩6分)。24時間営業なので、いつでも好きなときにお買い物できます。マンションから西新宿三丁目店とは反対側に5分ほど歩くと「西新宿六丁目店」もあり!/右下・西新宿の台湾料理の名店「山珍居(サンチンキョ)」。なにを食べても美味しい!と大評判です。(徒歩6分)

cowcamo

cowcamo report

東京ど真ん中ひとり占め。何度聞いても魅惑の響きです。そんな生活がこの物件なら叶います。

JR各線の「新宿」駅まではちょっと歩くものの、マンション目の前を往来するバス便の多さは圧巻。「新宿駅西口」行きはとにかく頻繁に通りますし、反対方面では「渋谷駅」「中野駅」「中野車庫」行きがそれぞれ停車し、時間帯によって本数変動があるとはいえ、朝6時台から夜11時台までなんと1時間に5本〜12本ほど運行! マンション前から「渋谷」駅まで約17分で到着するため、むしろアクセスのよさを実感することが多いはず。

例えば新宿エリアに勤務されている会社員の方にオススメのお部屋ではありますが、実はおしゃれタウンで遊びたいシティボーイにもピッタリ。なんといっても代々木上原や千駄ヶ谷に自転車で行けてしまうというのは、このあたりの街を闊歩したい男子には大きな魅力といえるでしょう。おしゃれエリアで物件を探すとどうしても物件価格が高くなってしまうからこそ、ここはいっそ新宿に居を構え、『どこでもドア』でどこにでも行けるドラ○もん的ライフスタイルを手に入れてみては?

友人を呼んでワイワイするもヨシ、ひとりで趣味に没頭するもヨシ。思い思いの楽しみ方で東京暮らしにジョイン。そんな憧れの毎日を描きませんか?