fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

ひとつ:まっすぐ背筋を伸ばすこと。美しく歳を重ねた住まいをお手本に。ふたつ:物事は一方ではなく両サイドから捉えること。二面のバルコニーから風を通そう。みっつ:各人の個性を尊重した上で、響かせ合うこと。収納たっぷりのお部屋で自分の時間を育もう。本日ここに、清いモットーを宣言する。

文京区音羽(護国寺駅徒歩5分)
3LDK+WIC / 90.37㎡ / 8,480万円

音羽通り沿いに佇む 重厚感あるマンション

写真

以前にもカウカモでご紹介したことのある、「護国寺」駅から徒歩5分のマンションにやって来ました! 総戸数は71戸あり、1階にはテナントが入っています。なお、こちらの写真は以前の取材時に撮影したもの。現在はというと……

写真

左上・大規模修繕工事を絶賛実施中! お色直し後の姿が楽しみですね。/右上・クラシカルなデザインのエントランス。1982年築のマンションですが、しっかりとオートロックを完備しています。/左下・こちらはクリスマスの時期に撮影した共用ロビーの写真。ツリーが華やぎを添えてお出迎えしてくれます♡/右下・今回ご紹介するのは3階の角住戸です。

cowcamo

丁寧なお手入れを感じさせる、清潔感ある佇まいが素敵。管理人さんは、ほぼ週7日勤務というとっても手厚い管理体制です!

売主さま

1住戸1匹まで、体長50cm・体重10kg以内のものに限る、などの細則はありますが、ペットの飼育が可能ですよ。

それではお邪魔します

写真

左・余裕ある広さの玄関。右手にシューズボックス、左手には天井までの高さがある収納が備わっています。/右・まずは、廊下の突き当たりにあるLDKから見ていきましょう。

cowcamo

廊下には一部、梁が通っており天井が低くなっている箇所があります。高さは約182cm程度なので、背の高い方は注意が必要カモ。

どどんとLDK

写真

おおー、広々! こちらのLDKは約20.9帖の広さがあり、窓も大きいので開放感がありますね。

売主さま

90㎡超えの専有面積を活かし、ゆったりと余裕を持たせた3LDKの間取りに仕上げました。

写真

窓側から。シンプルな内装なので、どんなテイストの家具もよく映えそうです。

ひらけ、眺望

写真

掃き出し窓からバルコニーへ出てみました。大規模修繕工事のために足場が組まれた状態ですが、その向こうの視界が開けているのが伝わりますでしょうか? 正面はコインパーキングなので、圧迫感のないビューが手に入ります。

写真

横幅、奥行きともにゆとりのあるバルコニー。洗濯物を干すたびにチラリとグリーンが目に入るのもうれしいですね。

LDKに戻って

写真

右手の壁にはピクチャーレールが取り付けてあります。この広さなら、大きめの額装モノを飾ってもかっこよくキマりそう……♡

実力派キッチン

写真

木目調でナチュラルな印象のオープンキッチン。トップはお手入れしやすい人造大理石製で、食洗機を完備しています◎ 背面には冷蔵庫やカップボードを置くスペースが用意されており、快適に使えそうです。

cowcamo

それでは廊下に戻って、3つある洋室を大きい順に見ていきますね!

約7帖の洋室A

写真

まずは、廊下の反対側にある洋室Aヘ。ダブルベッドを置いても余裕なので、主寝室にちょうどよさそう。大きな掃き出し窓の向こうには専用のサブバルコニーが付いています。

サブバルコニーからは 音羽通りビュー

写真

サブバルコニーはちょうど眼下に音羽通りが走っています。交通量の多い道路なので、車の走行音についてはある程度の割り切りが必要かも。あっ、ふと目をやると、すぐ右手にコンビニがあって便利そう……

cowcamo

音の感じ方は人それぞれなので、現地にてご確認くださいませ。後から二重サッシを取り付けるのもアリかと思います!

写真

サブとはいえ、しっかり横幅のあるバルコニー。気分転換や一服にどうぞ。

写真

洋室Aの奥には、セミオープンタイプのウォークインクローゼット(WIC)が。おふたり分の衣類でも収まりそうな、頼もしい収納容量です。

約6.3帖の洋室B

写真

洋室Bは収納自慢! クローゼットと可動棚付き収納の両方が備わっているんです。

写真

左・梁がある部分は天井が182cm程度と低くなっているのでご注意ください。/中央・クローゼットをオープン。/右・可動棚付き収納をオープン。こちらは本棚にしてもいいですね!

約4.4帖の洋室C

写真

3つの個室の中では一番コンパクトですが、正方形に近い形をしているおかげで家具の配置がしやすそう。掃き出し窓の向こうは、ごく奥行きの短い室外機置き場があります。

売主さま

すべての個室にエアコンの先行配管を用意してあります。

最後に水まわりをチェック

写真

シンプルで清潔感あるデザインの水まわり。バスルームは1317サイズで、浴室乾燥機能を完備しています。

由緒正しい 文京の地

写真

左上・東京メトロ有楽町線「護国寺」駅の目の前には、ひときわ存在感を放つ「講談社」旧本社ビルが。(350m 徒歩5分)/右上・鳩山一郎氏によって建てられた私邸「鳩山会館」。現在は一般公開されており、一見の価値アリですよ! (270m 徒歩4分)/左下・名門「筑波大学附属中学校・高等学校」 がすぐそばに。学校や教育施設が多いのも文京区の特徴ですね。(450m 徒歩6分)/右下・由緒ある歴史を持つ「ホテル椿山荘東京」では、四季折々の自然を楽しめる美しい庭園をお散歩することができます。(550m 徒歩7分)

もちろん 美味しいスポットも

写真

左上・大正初期に創業した和菓子店「群林堂」。三島由紀夫らの文豪が愛したという大きな豆大福は、“東京三大豆大福” のひとつとして知られています。(300m 徒歩4分)/右上・駅の裏手にひっそり佇む「coffee trill(コーヒートリル)」。丁寧なハンドドリップと接客に心じんわり♡(400m 徒歩5分)/左下・音羽通り沿いの可愛いフレンチビストロ「TeF(テフ) 」ランチはヘビロテ必至かも。(70m 徒歩1分)/右下・フレンチなら「Bistro Le Soleil(ビストロソレイユ)」も外せません。本格南仏の味がリーズナブルに楽しめちゃいます。(350m 徒歩5分)

cowcamo

カウカモ編集部より

どことなく品のいいムードが漂う “護国寺エリア” の物件です。メインストリートである音羽通り沿いには、歴史ある大手出版社ビルや名家のお屋敷の姿が。建ち並ぶスリムなマンションたちもみんな綺麗に手入れされており、まるで本棚にきちんと収まった書籍のような印象を受けます。

この物件で特にオススメしたいポイントは、マンションの管理のよさです。昭和57年竣工ながらも、メンテナンスを重ねて丁寧に住み継がれています。2021年5月現在も、大規模修繕工事の真っ最中。美しい状態で気持ちよく新生活を迎えられそうですよね。オートロック完備&管理人さんが週7日勤務という入口まわりの手厚さも、暮らしの安心感を高めてくれます。

お子さまの教育環境を重視する方にとって見逃せないこのエリア。環境よし、建物の管理よし、家族みんなに個室よし! となれば自ずとテンションが上がるのではないでしょうか。音羽通り側ではやや音が気になりそうな点と、梁部分は天井が低くなっている点、この2点だけ頭に入れておいていただいて、いざご内見へどうぞ!

writer:小杉 美香 / editor:酒井 大作

とれたて新着

内見・お問い合わせ