fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

庭で菜園をしたい君、ガレージでバイクをいじりたいオレ。リビングで "高い高い" をして欲しい息子と娘、階段を駆け上がりたいポチ。夢が夢じゃなくなるのは、諦めたときか、諦めきれなかったときのどちらかだ。諦めたくないご家族さまへ、カウカモより愛を込めて。

杉並区和田(中野富士見町駅徒歩7分)
3LDK / 97.80㎡ / 6,480万円

ちょっとマイナーだけど始発駅
中野富士見町ってこんな街

写真

今回ご紹介する物件の最寄りは、丸ノ内線「中野富士見町」駅(徒歩7分)。「池袋」方面行き電車の始発駅なので、座って乗車できる確率が高い点がメリットです。東側に少し歩くと中野通りにぶつかり、そこには京王バスの「中野車庫」(800m 徒歩10分)が。「中野」「渋谷」「新宿」行きの便が頻繁に発着しているので、バスも便利に使い分けられますよ◎

cowcamo

写真の左手には「東京都庁」が間近に写っていますね。駅前には個人商店が集まった小さな商店街が。散策がてら、物件へと向かいましょう!

写真

左上・駅の西側へ進むと、立正佼成会などの大きな宗教関連施設が密集する、開けたエリアがあります。/右上・総合病院が多いのもこのエリアの特徴。ご紹介するマンションから徒歩10分(750m)の場所には、災害拠点病院に指定されている「佼成病院」(写真)があるほか、徒歩3分(180m)のところにも「救世軍ブース記念病院」があります。/左下・いまホットなお店といえば、駅前の商店街にある「純手打ち らーめん だるま」。注文を受けてから麺を切り出して提供されるラーメンが食通を唸らせているとか。(500m 徒歩7分)/右下・昔ながらの定食屋さん「とんかつ伊津美」。店内は、“昭和” をフリーズドライしたかのような心落ち着く雰囲気です。(550m 徒歩7分)

専用駐車場付き・ペットOK
のテラスハウス!

写真

商店街を通り抜け、戸建て住宅が建ち並ぶ静かな住宅街の中をテクテク。そこへ見えてきたのは戸建てが連なったような造りのテラスハウスです。A棟とB棟の2棟からなっていて、今回ご紹介する住戸はB 棟に所在しています。

cowcamo

こちらのマンションでは、ペットの飼育が可能です。大きさや頭数に制限はなく “常識の範囲内” とされていますが、細則では室内飼いのみという条件になっています。そして、車・バイクユーザーに朗報。住戸前には無料でお使いいただける専用の駐車場が付いています!

写真

共用廊下を進んだ先から振り返ったところ。写真右手がご紹介する住戸の玄関ドアです。駐輪場がないので、みなさん自転車を各住戸の玄関付近に置いているようです。

cowcamo

建物は2019年6月現在、築40年。総戸数は14戸で、管理体制は自主管理となっています。管理人さんはいらっしゃいませんが、週4日清掃員の方が勤務されており、共用部の各所はとてもきれいに清掃されていましたよ。ちなみに、ここから「新宿」駅までは直線距離で約2.6km。自転車やタクシー移動の際にも便利な立地です◎

では、住戸内へ…

写真

おじゃまします! ……と、そこには絶賛工事中の現場が広がっていました。現在、2019年9月頃の竣工に向けて内装工事が進められています。ここからは完成予想CGでご案内しましょう!

改めて玄関から

写真

左・玄関土間には、ワイドな靴箱が。写真左手に進むと、トイレと手洗い場、そして約2.8帖という大容量のウォークインクローゼット(WIC)が位置しています。廊下は右に折れていて、奥へと続きます。/右・スッとまっすぐに伸びる廊下の途中、右手には2階につながる階段が。その対面には水まわりにつながるドアがあります。奥のドアの先へ進んでみましょう。

cowcamo

CGで表現されている部材や色などの細かい部分については、今後部分的に変更がされる可能性があります。予めご了承くださいね。

そこには約8.5帖の洋室Aが

写真

洋室Aには南西向きのコーナーサッシ窓と掃き出し窓があり、明るい日差しが入ります。住戸の中でもっとも広い個室なので、ご夫婦の寝室として最適ですね。左手にはL字型のオープンクローゼットがあり、カーテンで仕切れるようになっています。

企画担当者

元々ここにはリビングダイニング(LD)がありましたが、より明るく開放感が得られる2階に移動して、こちらにはゆったりと落ち着ける個室を設けました。オープン収納の手前は、日差しと風が気持ちいい窓辺のフリースペースとしても使えますよ。

cowcamo

CGのように椅子を置いて、読書ができる “テラス席” にするっきゃないですね!

現実にカムバック
掃き出し窓から外へ

写真

フリースペース前の掃き出し窓から屋外へ出ると、そこには住戸専用の駐車場と緑が茂ったテラスが。車いじりや庭いじりなどに没頭できそうなスペースです◎ 室内に戻って、2階のLDKへ!

LDKの完成予定場所

写真

2階に上がると、なにやら開けた空間がありました。驚かされたのが、天井の高さ。2階建てのメゾネット住戸ならではのメリットです。

ふたたびCGで魔法をかけます

写真

工事後の完成予想がこちら。16.3帖の広々としたLDKです。右手の壁面は状態のいい躯体のコンクリートを現しにした仕上げで、キッチンの造作部分やフローリングの木の表情が加わって、優しいイメージを室内につくりだしています。このキッチンが注目ポイント!

写真

LDKのうち3.5帖を占めるキッチン。クローズアップして見てみると、L型のシステムキッチンが造作の腰壁や室内窓によって軽く仕切られていることがわかります。スペースにゆとりがあり、壁付けでカップボードを置くこともできますね◎

企画担当者

階段の正面に位置するキッチンは、コーヒーショップのテイクアウトカウンターのようなイメージで、軽く囲われた空間にデザインしました。帰宅したご家族とも、LDでくつろぐひととも視線が交わる設計です。

写真

キッチンからLD側をみたところ。この建物は壁や天井に大きな柱や梁がない「壁式構造」なので、室内はスッキリとした印象。壁に棚などをくっつけて設置する際にも、配置がしやすいというメリットがありますよ。続いて、掃き出し窓からバルコニーへ出てみましょう。

バルコニーはリアルでお届け

写真

幅、奥行きともに十分なスペースが有り、ご家族分の洗濯物を一度に干すことができそう。正面には、駐車スペースを挟んでお隣のA棟が見えます。距離が取れているため圧迫感はありませんでしたが、ご近所さんの目線は少し気になりそう。レースカーテンを活用しましょう。

ふたたびCGの室内へ

写真

掃き出し窓を背に、LDK全体を見たところ。天井にはライティングレールが備わっているので、スポットライトなどを活用して、好みのライティングをしてみたくなりますね。続いて階段の方へ戻り、廊下の先にあるふたつの個室をご紹介しましょう。

約6.4帖の洋室B

写真

シングルベッドに加えて勉強机も設置できる広さがあるので、受験シーズンに入ったお子さまでも快適にお過ごしいただけそう。うれしいことに、こちらにも北西向きのバルコニーがついていますよ!

約6帖の洋室C

写真

こちらも、ベッド+机が置ける広さ。写真には写っていませんが、先ほどの洋室Bとこちらの個室には同じサイズのクローゼットが設けられています。

最後に生活環境CHECK!

写真

左上・最寄りの公園は、徒歩3分(200m)の場所にある「和田中央公園」。児童館が併設されていて、園内には小さなお子さまから小学生まで遊べる遊具が。/右上・運動したいときは、人工芝グラウンドのある「本五ふれあい公園多目的運動場」へ。団体利用がない時間には無料で一般開放されています。(800m 徒歩10分)/左下・21:00まで営業している大型スーパー「オオゼキ 杉並和田店」。2階には100円均一ショップ「ダイソー オオゼキ杉並和田店」も入っていて、日常的にお世話になりそうです。(400m 徒歩5分)/右下・徒歩6分(450m)の場所には、写真の「杉並区立和田中学校」と「杉並区立和田小学校」が隣り合う格好で建っています。

cowcamo

カウカモ編集部より

今回ご紹介するカウカモプロデュース物件は、「中野富士見町」に建つタウンハウスの一室。丸ノ内線の各駅停車で「新宿」までの乗車時間は約8分。加えてバスでもタクシーでも、自転車でも華やかな街にサクッと出られる地の利が、ひとつ目の大きなポイントです。


駅前にはこぢんまりとした商店街があり、イタリアンレストランや昔ながらの定食屋さん、和菓子屋さんなどが軒を連ね、のどかなローカル感を漂わせています。一方、大型スーパーやドラッグストアなど、生活に必要不可欠なお店は揃っていて、不便に感じることはなさそう。


タウンハウスが位置するのは、戸建て住宅が建ち並ぶ静かな住宅街のなかを7分ほど歩いたところ。周辺道路は車通りが少ないため、小さなお子さまを連れて歩く際も安心できそうです。


ふたつ目のポイントは、住戸の高い独立性。地上2階建ての戸建て住宅同士がくっついて連なったような構造になっているので、プライベート感がたっぷりなんです。元気なお子さまが家中を走り回っても、上下階に気兼ねする必要はありません。しかも、各住戸の前には専用駐車スペースと小さなテラスが用意されているので、趣味の菜園やバイクいじりにも熱中できそう(笑)


住戸内は現在、内装を全面的に造り直して設備も一新させるスケルトンリノベーションを実施中です。間取りは成長したお子さまがおふたりいらっしゃるご家族にも最適な3LDK。一階には大きな収納と、テラスを眺められるゆったりとした個室、水まわりをレイアウトしました。


内装で特にご注目いただきたいのは、キッチン。階段を上がると、正面にお店のテイクアウトカウンターかのようなL型キッチンが現れるのです。夕食の準備中に帰ってきたお子さまに、『今日のおかずは何?』と聞かれることうけあい。LD全体を見渡すこともできるので、家族の視線がいちばん交差する場所となりそうです。


このフロアにはLDKのほか、お子さま部屋として最適なふたつの個室が。そのどちらにも、ベッドに加えて学習机を置ける広さがあり、収納もしっかりついています。トイレは2階と1階の両方にあるので、朝も渋滞にはならなさそう(笑)


2階建てのメゾネットタイプならではの特徴がもうひとつ。それは、天井がとても高いということ。南東向きのバルコニーからだけでなく、天窓から差し込む光もLDを明るく照らしてくれます。


お分かりの通り、通常のマンションではなかなか叶いにくい条件がたくさん詰まった物件です。きっとその数だけ、ご家族の “こんな暮らしがしたい!” という夢が叶えられるのではないでしょうか。


工事中でもご案内は随時承っていますので、気になったらどうぞお問い合わせくださいね。

writer / editor:中山 宇宴

とれたて新着

カウカモ公式 LINE@

LINE

カウカモ編集部から毎日配信。新着やおすすめ情報をお届けします。

実際に見てみたい