fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

レンガタイルに覆われた、ヴィンテージマンションに一目惚れ。住まいも建物にマッチしたビターな色合いに寄せて。書斎から窓に目を向けると、四季を感じるシンボルツリーと重厚感あるマンションの様子についうっとり。クラシカルなホテルのような佇まいを、目一杯味わえる我が家です。

渋谷区代々木(参宮橋駅徒歩5分)
3SLDK / 101.63㎡ / 12,580万円

品格漂う佇まい

写真

今回ご紹介するのは、赤銅色のレンガタイル貼りが美しい “ペアシティ” シリーズのヴィンテージマンション! 1977年に竹中工務店によって施工された建物です。

cowcamo

現在は大規模修繕工事中。2022年5月に完了予定ですが、延びる可能性もあるそうです。美しさに磨きがかかりそうですね♡

写真

左上・ゲートをくぐり、奥へ進むと広がるゆとりのある共用部。建物は左手のA棟、右手のB棟に分かれています。/右上・A棟の左手には駐車場と自転車置き場が。/左下・メインエントランスと管理人室はA棟の中に。/右下・B棟のエントランスからエレベーターで2階へ参りましょう。

cowcamo

こちらのマンションでは、細則はありますが小型犬(成長時の体重10kg以下)または猫の飼育が可能です。また、セントラル給湯を採用しているため、冷暖房料と給湯基本料が毎月かかりますので、ご留意ください。

プライベート感に 胸が高鳴る♡

写真

左・1フロアに2住戸のみと独立性の高い造り。共用廊下は内廊下で、床はカーペット敷きというホテルライクな仕様です。/右・重厚感のある玄関扉を開けて、住戸の中へ。

cowcamo

いち早くお届けするために、完成間近の住戸のご紹介です。シューズボックスは後日設置される予定で、他にも部材が一部未納品の箇所や、所々に資材が置かれいます。(※2022年3月現在、全ての工事が完了しております。)

写真

玄関の壁には調湿効果のある「エコカラット」のタイルが使用されています。開き戸の中は奥行き深めの収納棚です。

cowcamo

黒×ゴールドの玄関ドアがかっこいい! 室内はマンションの雰囲気と調和する、味のあるタイルや深い色味のフローリングが施されています。右手のガラス入りドアからLDKへ進みましょう。

広い! 約24.5帖のLDK

写真

おお! 扉を開けると、素材感のあるアクセントタイルがどんと迎えてくれます。

写真

奥に見える開口の先はキッチン。奥をダイニングスペース、手前をリビングスペースにするとよさそうです。

cowcamo

室温は、左手に見える置き型の空調機「ファンコイルユニット」で調整します。個別空調への変更は不可ですが、各部屋に備わっているので冬場でも暖かく過ごせますよ。

独立型のキッチン

写真

L字型のキッチンはワイドで収納もたっぷり。3口コンロと食器洗浄機を完備しています。左手のスペースには調理家電用のラックなどを置けそう。

写真

左手は冷蔵庫置き場で、お隣の開き戸の中は洗濯機置き場。お料理やお片付けと同時にお洗濯ができちゃいます。

cowcamo

キッチンは、複数人で作業ができそうなゆとりがありますよ。

LDへ戻って

写真

取材日はあいにくのお天気でしたが、二面採光で日当たりがよさそうなLD(リビングダイニング)です。腰窓からの眺めは……

写真

南向きで、二車線道路に面した腰窓。窓を開けるとそれなりに走行音が聞こえますが、閉めているとほとんど気になりませんでした。

cowcamo

2階に所在するので、道路との距離は近くに感じるカモ。

写真

続いて西向きのバルコニーへ出てみましょう!

人通りがよく見える バルコニー

写真

道路を行き交う人や車がはっきりとうかがえます。眼下の緑の部分はマンションのゲート上です。

写真

斜めになった形状のバルコニー。格子の柵で開放的です。

cowcamo

通りを歩く人と目が合いそうな距離感。気になる方は現地でご確認くださいね。なおこちらのマンションは、美観を保つためにバルコニーでの洗濯物の外干しが禁止されておりますので、ご承知おきください。

写真

それでは廊下に戻り、洋室を順番にチェックしましょう。

約6.4帖の洋室A

写真

左・細長い空間で、LDKの掃き出し窓とつながっています。/右・折れ戸2枚分の収納付き。

+αがうれしい洋室B

写真

左・約8.2帖の洋室B。資材があり分かりづらいかもしれませんが、こちらが一番広い洋室です。/右・腰窓からはマンション共用部の様子をうかがえます。

写真

左・こちらも折れ戸2枚分の収納付き。右手に見える引き戸の先は……/右・約2.2帖のサービスルームでした!

cowcamo

サービスルームはリモートワークにぴったり! 収納が足りない場合はこちらをWIC(ウォークインクローゼット)のように使用したり、洗濯物の室内干しスペースにしたりと汎用性の高い空間です。

ふたつめのバルコニーに 出てみましょう

写真

こちらも西向きのバルコニーで、建物の共用部を見下ろす位置に。マンション敷地内のシンボリックな樹木が目の前で、季節を感じることができそうです。

写真

こちらも変形した形のバルコニーで、洋室Cとつながっています。マンションの雰囲気を満喫できる位置ですね。

約5.5帖の洋室C

写真

コンパクトな洋室。ファンコイルユニットがある分、家具の配置は工夫が必要かも。

写真

左・こちらの収納はWIC。但し容量はそこまでありません。/右・ドア側から見るとこんな感じ。シングルベットと、ミニデスクがギリギリ置けそうなサイズ感です。

cowcamo

各洋室に自然光が届いていて、過ごしやすそうです!

水まわりは改装中

写真

左・シックな色合いのトイレ。手洗いカウンターの一部は後日設置予定です。/右・こちらは洗面脱衣室。タイルがあしらわれた面に洗面台が設置される予定ですよ。

位置関係をチェック!

写真

左・LDK側から見た廊下。左手が洋室B、その奥が洋室Cで、正面の段差の先がトイレ、その右手に洗面脱衣室があります。/右・水まわり側からみたカット。LDKのガラス入りドアがお洒落♪

ちょうどいい住みやすさ

写真

左上・最寄り駅は小田急線「参宮橋」。多摩産材が使用された立派な駅舎は、街の歴史にふさわしい佇まいです。(徒歩5分)/右上・「参宮橋公園」にはバラなど多くの草花が植えてあり、地域の方々の憩いの場になっています。遊具もあり、お子さまの遊び場としても◎(350m 徒歩5分)/左下・2022年3月現在学区指定の「渋谷区立代々木山谷小学校」。校舎も設備も新しく、マンションからも近いのでお子さまもご両親も安心ですね。(150m 徒歩2分)/右下・「まいばすけっと 参宮橋駅前店」は朝7:00〜深夜0:00まで営業していて心強い!(450m 徒歩6分)

cowcamo

「参宮橋」駅は各駅停車しか止まりませんが、「新宿」まで2駅と都心へのアクセス良好です。JR山手線・都営大江戸線「代々木」駅までも歩いて10分、ビッグターミナル「新宿」駅も6番出口まで徒歩12分なので、日々の運動のために歩くのもアリかと。停留所「代々木三丁目」(徒歩2分)からは新宿や渋谷方面行きのバスが発着しているので、目的地に合わせた交通手段の選択ができますよ。

近場に “美味しい” 揃ってます

写真

左上・オーナーシェフの木下氏が営むフレンチレストラン「Restaurant KINOSHITA(レストラン キノシタ)」は、お手頃な価格で本格フレンチが味わえます。(20m 徒歩1分)/右上・「参宮橋商店街」にはワンちゃんと一緒に入れるカフェレストラン「anea cafe(アネアカフェ)」がありますよ。(500m 徒歩7分)/左下・「FLOTO(フロート)」ではこだわりのジェラートと焼き菓子が味わえます。(400m 徒歩5分)/右下・自家製酵母で丁寧に焼かれたパンがいただける「TARUI BAKERY(タルイ ベーカリー)」。隣にあるカフェ「LIFE son(ライフサン)」でイートインすることも可能ですよ。(500m 徒歩7分)

cowcamo

カウカモ編集部より

マンションのゲートをくぐるとその広さ、重厚感に圧倒されます! 照度を抑えたエントランスまわりは外国の古きよきホテルのフロントのようで、胸が高鳴りました♪ 共用廊下ではヒーリングミュージックが流れていて、帰宅する度に癒やされそう。


24時間有人管理&夜間オートロックとセキュリティ面も心強いです◎ 2022年3月現在駐車場は満車ですが、自転車置き場は上段のラックに空きがありますよ(月額800円)。


住戸はマンションの雰囲気にマッチしたビターな色合い。どの洋室にも日が入り、快適に過ごせそうです。但し、マンション敷地内の様子が見えてしまうので、人目が気になる方はカーテンで目隠しをしましょう。距離感は、内見時にご確認くださいね。


最寄りの「参宮橋」駅周辺は、静かで落ち着いた住宅街と大きな通りが入り交じるエリア。坂道が多いですが避けられるルートもありますので、行きやすいルートを見つけてくださいね。新宿から目と鼻の先にも関わらず、歴史を感じる雰囲気や静けさも享受でき、落ち着いた暮らしが送れそうです。

writer / editor : 濱口 綾子

とれたて新着