まずは「駒澤大学」駅からスタート

写真

左上・最寄りは東急田園都市線「駒澤大学」駅。渋谷までも3駅、約7分とアクセス良好です。(徒歩7分)/右上・地元で愛される「パティスリーナオキ 駒沢店」は、ケーキはもちろん焼き菓子も種類豊富で手土産に最適◎ 深沢にも店舗がある人気のケーキ屋さんです。(徒歩6分)/左下・気軽に立ち寄れるヘルシージューススタンド「Farmers' Juice Tokyo 駒沢店(ファーマーズジューストーキョー)」で、通勤前のビタミン補充をぜひ!メニュー豊富で毎日飲んでも飽きずに楽しめます。(徒歩2分)/右下・店内のテーブル席もワンコ連れOKの「Golden Time Is Yours(ゴールデンタイムイズユアーズ)」は、牛スジ煮込みのデミソースのオムライスがオススメですよ。(徒歩1分)

小さな公園の前に建つ白いのっぽさん

写真

「駒沢大学」駅から7分の道のりは、夜道も安心な「玉川通り」沿いをまっすぐ一本道。建物1〜2階にある店舗は大通りに面していますが、住戸のエントランスは裏手の比較的静かな環境にあります。

写真

左上・館銘版や外灯は可愛らしさのあるモダンレトロな雰囲気。エントランスは通りから少し奥まった位置にあります。/右上・エントランス横には鍵付きの扉がある駐輪場がありますが、現在(2018年1月時点)は空きが無いそうです。/左下・オートロック手前の管理人室には週5日、午前中に管理人さんが勤務されています。/右下・エレベーターの向かいにある掲示板の様子や、ピカピカに磨かれた共用部から管理のよさを感じられます。5年ほど前に大規模修繕工事を行っています。

ではいよいよ住戸へ

写真

左・玄関を開けると思わず「おお〜」と声が出ます。個性的な照明に照らされた変形型の広い土間から、さっそく世界観が全開に!/右・片側にはベンチ付きコートハンガー。上部は棚で、ベンチの下にはちょうど靴をしまえる仕様。もう片側は打放しの天井から下がる自転車用のフックが。

売主さま

自転車があれば渋谷・三茶あたりはもちろん、都内ならフットワーク軽く楽しめる立地です。

まずは水まわりから見てみましょう

写真

サニタリーとバスルームはシャワーカーテンで仕切られ、ゆるくつながっています。オリジナルの洗面台はシンクもカウンターも広々でとても使いやすそう。東向きの窓からは明るい光が差し込み、ゆったりした気持ちのいい空間。休日にはのんびり朝風呂もいいですね。窓があるのは換気にも◎ 。

写真

左・男性でも余裕を持って入れそうな大きなバスタブです。白いタイルに船舶ライト、シンプルながらおしゃれな雰囲気が漂います。/右・サニタリーと扉で仕切られたトイレ。木板のアクセントウォールしかり、ペーパーホルダーまでこだわりを感じるセレクトです。正面には収納棚も付いています。

廊下に出てみましょう

写真

目に飛び込むのは収納力 “大” な壁一面のクローゼット。そして見たことがないかっこいいスライド式の柵!? なんだかわかりますか? 実はドッグゲートなんです。はい、こちらの物件はペット可、しかも体長50cmまでなら2匹飼育可能です。不要な時は壁にスッキリ収まるように造作されていますよ。そしていい味が出ている床はナラの無垢フローリング!

売主さま

玄関やバスルームを広々取ったのは、2匹の愛犬と暮らすためでした。お陰でお風呂では中型犬のシェットランド・シープドッグを気兼ねなくジャバジャバ洗うことが出来ました。

続いてキッチンへ

写真

左・セミオープンなステンレス製のキッチンです。横の大きな窓は、勝手口のようにバルコニーへ出られるので、ゴミ箱を外に置くことも出来ていいですね。/右・上部までぎっしり棚で有効活用された、コックピットのようなコンパクトキッチン。背面には洗濯機置き場があり、そのままバルコニーに出て洗濯物が干せるので、家事動線もスムーズです。

写真

キッチンからの眺め。所在は6階、北西向きの角部屋で窓が多く、室内からも抜けを感じられます。やわらかい光の白熱灯の照明が、独特の雰囲気を醸し出していますよ。

いよいよリビングへ

写真

約13.7帖の二面採光の明るいリビング。打放しの天井には夏も冬も心強い業務用エアコンが設置され、ハンモックを吊るせるフックも付いています。室内をぐるーっとまわっているパイプは、ある場所にはカーテンが掛かり、またある場所には照明が吊られ、またある場所にはギターが・・・さてアナタならどうしましょう? グリーンなんかも似合いそうですよね。

売主さま

ガス栓もあるので、ガスストーブも使えますよ。

写真

窓側に寄せられている木の箱は、2台の “可動式小上がり” です。今は縦にふたつ連なっていますが、横並びに置くと正方形になるのでこの上にコタツを置くなんてのも斬新! 中央にテーブルを置いて間を空けて並べればベンチのようにも使えそう。しかも中は収納になっていて、これは便利◎

売主さま

“犬の毛を気にせずゴロゴロしたい!” と考えて小上がりを設け、ベッドルームにも高さをつけました。小上がりは可動式なので気分転換の模様替えも楽しめますよ。中にはドッグフードのストックなんかを入れています。

写真

セミオープンのキッチンの前にはハイスツールを置くとぴったりなカウンターが付いています。パンとコーヒーの朝食をサクッと済ませ、夜は優しく灯る照明の下ゆっくりお酒を呑むのもいいですね。また西向きの窓の前にはPC作業も出来そうなカウンターテーブルが付いています。

売主さま

リノベーション当時、空間のコンセプトは “ビーチハウス” でした。木の風合いなどキッチンまわりは特にそのイメージが出ていますね。

写真

サニタリーとトイレ以外には扉がなく、高さやさまざまなテクスチャーで見事なゾーニングがなされた、広いワンルームのような空間。贅沢にひとり暮らしもいいですし、ふたり暮らしでも快適に過ごせそうな印象です。もちろんワンちゃんも一緒に。

ベットルームを見てみましょう

写真

ベットルームを囲うラフな雰囲気の木板には、ちょっとハンガーを掛けたり、フックを付けてリュックを吊るしたり、見せる収納の機能アリ、通風効果アリ、見た目的に抜け感とこなれ感アリ! 数段上るベットルームの下は、奥まで収納になっています。キャスター付きの大きな収納箱がふたつ付いているので、納戸のように普段は使わない物などをしまうのに重宝しそう。

写真

ギュッとこもり感のある約4.5帖のベッドルームは、妙に落ち着く空間。東側に窓があるので、圧迫感はなく自然光がきちんと入るのも好印象です。天井は低く見えますが高さは180cmほどあるので男性でも立って歩けるでしょう。また幅はセミダブルのベッドをふたつ並べて置ける広さがあるので、思い切ってマットレスを敷き詰めてしまうのもよさそう。ベッドの足元には本棚が付いているのも抜かりないです。

写真

ワンちゃんとの暮らしは抜け毛なども気になりますが、モルタルの床なので掃除機はもちろん、窓を開け放ってほうきを使うのもいいでしょう。ご覧いただいた通り、各所に収納は盛りだくさんなので、リビングをすっきりさせればお掃除はますますスムーズでしょう。

バルコニーに出てみましょう

写真

所在は6階で前面にビルは建ちますが、開放感のある景色が広がります。「玉川通り」の上を走る首都高速道路が目の前なので、バルコニーに出れば走行音はしますが、窓は二重サッシになっているので室内では特に気になりませんでした。ただし、感じ方は個人差がありますので、内覧の際にぜひご自身でご確認くださいね。

写真

14㎡弱あるL字型のバルコニーです。日当たり良好で洗濯物はよく乾くでしょう。水栓も付いているので植物を育てるにもいい環境です。日向ぼっこはもちろん、リビング側の窓とキッチン側の窓を開けておけば回遊もでき、ワンちゃんにとってもお気に入りの場所になっちゃうかも!?

写真

家具や雑貨が置いてあると、そのイメージが強くなりますが、可愛らしい雰囲気にまとめて女性の一人暮らしでも案外ハマる気がしますし、キャンプ道具や登山グッツがいっぱいのアウトドアカップルなんかはドストライクかと。個性的でありながら、暮らす人に合わせていかようにも染まりそうな隙があるところが、また魅力的ですねー。

マンションの近くを散策!

写真

左上・緑豊かでサイクリングコースや各種競技場を備えた「駒沢オリンピック公園 」。ランニングやワンちゃんの散歩に最適なスポットで、ドックランも完備です!(徒歩5分)/右上・公園横にある地域密着型がコンセプトのスタバ「Neighborhood and Coffee(ネイバーフッドアンドコーヒー)」はウッディな雰囲気のゆったりとしたカフェで、街の人の居心地よいサードプレイスになっています。ワンコ連れOKの席もアリ◎(徒歩3分)/左下・場所柄おしゃれなブーランジェリー? と思いきや、ほっとする街のパン屋さん「glouton(グルートン)」。休日は種類豊富なお惣菜パンを買って公園ブランチもいいですね。(徒歩3分)/右下・お買い物には深夜23時まで営業するスーパー「西友 駒沢店」が便利でしょう。マンションからは交差点を渡ればすぐの距離です。(徒歩2分)

cowcamo

カウカモ編集部より

ペットと暮らす物件探しを経験された方ならきっと分かるはず。ペットブームと言われる昨今でありながら、現状まだまだペット可の物件は非常に少ない。特にリノベーション済み物件のペット可は、探すのに本当に一苦労。ましてや2匹ともなると・・・そんなアナタに朗報です! ペットと一緒に快適に暮らせるお部屋ここにありです!


立地は、都心へのアクセスよく、ドックランもありワンちゃんとのお散歩に最適な「駒沢オリンピック公園」があることから、ペットと暮らす人も多い街「駒沢大学」。近隣にはペット可のカフェやおしゃれなペット関連のショップが多数。駅は大通りに面していますが、通りをひとつ入れば緑が多く、穏やかな空気感があります。今回ご紹介するマンションも大通り沿いの駅近の割に、エントランス側は落ち着いた雰囲気があり、管理状況も良好な様子です。


不動産やリノベーション関連のお仕事をされている売主さまが、ここぞ! と思う工務店さんとタッグを組んで、2匹の愛犬と暮らすためにつくられたお部屋です。これぞプロがつくった自邸・・・と感嘆する箇所多々。隅々まで抜かりなく考えられ、セレクトされた空間です。ディティールもさることながら、経年劣化がデメリットではなく、“味” になるような素材選びが流石です。廊下の無垢のナラフローリングの風合いは、きっとリノベーション竣工の当初よりいい塩梅になっているはず。


収納の多さ、ペットと人の暮らし動線を熟考したプランニング、心地よい水まわり、見晴らしのいい角部屋の開放感、一点もの感満載の内装などなど、オススメポイント盛りだくさんでつらつら書いてしまいましたが、気になった方はぜひ内覧ください。写真や言葉では伝わらないよさがあります。ぜひご自身の目で見て、感じていただきたい空間です。お問い合わせお待ちしております。


カウカモマガジン「駒沢大学」特集記事もチェック!

【 #駒沢大学 】犬の散歩がてら公園のカフェで地元の野菜を買う。緑とゆとりがあふれる街