のんびりと路面電車が走る街
世田谷線「松陰神社前」

写真

左上・2両編成で走る世田谷線は、東急田園都市線「三軒茶屋」駅と京王線「下高井戸」駅を結ぶ路線です。途中、小田急線「豪徳寺」駅から世田谷線「山下」駅に乗り換えも可能。(徒歩4分)/右上・駅から数十秒の距離には、ふらっと立ち寄りたくなる商業施設「松陰PLAT(プラット)」が。築50年以上の木造アパートをリノベーションし、お花屋さんやパンとクラフトビールのお店、カフェ、雑貨店などが入る街のプラットホームのような建物です。(徒歩5分)/左下・実はパン屋激戦区の世田谷線。徒歩圏内にも美味しいお店が目白押し! 駅近くの「Boulangerie Sudo(ブーランジェリースドウ)」は、食パンが予約必須の人気商品です。(徒歩5分)/右下・南北に伸びる「松陰神社通り商店街」には、新旧入り混じる店舗が並びます。写真は右手からオシャレ古本屋「nostos books(ノストスブックス)」、牡蠣をメインに扱う居酒屋「マルショウ アリク」。そのお隣にはラテアートが可愛い「cafe Lotta(カフェ ロッタ)」があります。(徒歩5分)

売主さま

周辺にはお買い物に便利なお店や緑も多く、住み心地のよい立地にあります。

「松陰神社」に向かって商店街を北へ進みます

写真

「松陰神社」を横目に、小道に入ると今回ご紹介するマンションが見えてきます。タイル貼りが鮮やかな全15戸のこぢんまりとした建物です。

写真

左上・エントランスには半円の庇が付いていて、可愛らしい印象。/右上・エントランスの近くにはゴミ置き場があります。入り口近くではありますが、茶色の扉の中に入れるので見た目はスッキリ。/左下・さらに奥へ進むと無料で利用できる駐輪場があります。/右下・建物内はシンプルにメールボックスのみ。巡回管理なので、管理人室もありません。階段で物件のある2階まで行きましょう!

売主さま

昭和57年に、新耐震基準に基づいて建てられたマンションです。平成27年には大規模修繕工事を行っています。管理人さんは月に1回の巡回管理ですが、週4日2時間の日常清掃が入りますよ。

さっそく住戸へ
おじゃましまーす!

写真

左・玄関扉を開けると、フロアタイルの貼られた土間スペースが登場。コンパクトなので壁面収納などを設置するのもいいですね。/右・右手へ進むと全身鏡の付いた収納があります。靴などはこちらにしまえば玄関スペースが圧迫されることもなし! 右奥は洋室へ、左手はLDKへとつながっています。

居室のご紹介の前に
水まわりをチェック

写真

左・真っ白でシンプルな独立式のトイレ。上部には飾り棚も。/中央・ガラスモザイクタイルが素敵な洗面台は、3面ミラーキャビネットとなっています。足元にはラックなどを用意して、収納も自分らしく楽しめそうです。/右・浴室乾燥機付きのバスルームで雨の日も安心!

お次は洋室をチェック!

写真

約5.7帖の洋室は、2面に窓が付いています。残念ながらお向かいにはお隣マンションの共用部が迫っているので、曇りガラスを採用しています。とはいえ2面開口なので、明るさはしっかり確保!

写真

クローゼットはビッグサイズで、おひとり分ならお洋服以外も収納できそうでした。衣装持ちさんにもうれしい大きさですね。

LDKに行ってみましょう

写真

扉を開けるとまずはキッチンスペースがお出迎え。キッチン部分はタイルがアクセントとなっていますし、浄水器内臓のシャワー水栓が付いています。デザイン性も機能性も◎ ですね。窓が近くにあるので換気にも便利! 位置としてもLDKの風通しがよくなりそうです。

写真

キッチンからはリビングダイニングを見渡せます。3つの窓から気持ちいい光を感じられますねー。

写真

LDKの広さは約12.7帖。キッチンの前をダイニングに、こちら側をリビングスペースにしてジャストフィットなサイズ感! 奥に見えるバルコニーは、ふたつに分かれています。

売主さま

居室にはナラ材の無垢フローリングを使って、ナチュラルな雰囲気に仕上げました。給排水管も新規交換しているので、安心してお住まいいただけますよ。

バルコニーを見てみます

写真

左・ひとつ目は北側にあるバルコニー。住宅に囲まれるエリアなので正面に建物が建ち、抜けはありません。ただ、ほどよく距離があるので日当たりには問題なさそうです。/右・もうひとつは東側にあるバルコニー。洋室にある窓と同じ向きで、お隣マンションの共用部に面しています。洗濯金具はこちらに付いていますが、気になる方は北側のバルコニーか浴室乾燥機を使うのがよさそう。

写真

バルコニー側からLDK全体を見てみます。オープンキッチンの部分にはアクセントクロスが貼られ、オシャレな雰囲気に。実は収納スペースもあり、パントリー的に使うにも、生活備品をしまうのにも便利なんです。

紹介しきれないくらい
素敵なお店に溢れる「松陰神社前」駅周辺

写真

左上・駅近くの「松波ラーメン店」では中華そばをいただけます。女性ひとりでも入りやすい雰囲気で、気軽に使いたいお店です。(徒歩5分)/右上・「STUDY(スタディ)」は、夏には縁日・お正月にはお餅つきなど地元に根ざしたイベントを行う、街に開かれたカフェ。このお店を目的に「松陰神社前」に訪れる人も多いんですよ。(徒歩4分)/左下・カフェのような外観の「All About My Croquette(オール アバウト マイ コロッケ)」はコロッケ専門店。ビーツとクリームチーズ、イカスミバジルなどユニークなメニューが揃っています。(徒歩4分)/右下・カジュアルフレンチ「PRES DE SHOIN(プレ ド ショウイン)」は知らないと気づかない、裏路地にあるお店。人気メニューはローストポーク!(徒歩4分)

マンション近くと
“若林エリア” も合わせてご紹介!

写真

左上・駅からの道のりにある「肉の染谷」は、自家製の揚げ物が美味しいお肉屋さん。夕飯の材料にも、小腹を満たすおやつにも、お財布に優しい価格で毎日通ってしまいそう。(徒歩2分)/右上・「松陰神社」のはす向かいにある喫茶店「旭屋パーラー」はゆっくり過ごしたい朝に訪れるのがおすすめ。オープンは7時半! モーニングメニュー以外もサンドウィッチやパフェも人気です。(徒歩2分)/左下・「若林」駅方面に進んだ住宅街にあるパン屋「Petersen(ピーターセン)」。店内は焼きたてパンが並ぶ温かい雰囲気。イートインならコーヒーを無料でいただけるんだとか。(徒歩5分)/右下・ミニサイズピザがいただける「Pizza Stand Poco(ピザスタンドポコ)」は「若林」駅すぐ近く。ちょっと食べたい! いろんな種類を食べたい! を叶えてくれるピザスタンドです。ひとりで食べても、みんなで食べても楽しめますよ。(徒歩5分)

cowcamo

カウカモ編集部より

都会とも田舎とも言い切れない “世田谷線エリア” 。その駅のひとつが今回ご紹介した「松陰神社前」。田園都市線「三軒茶屋」駅からは歩いて20分ほど、「渋谷」駅までは電車でもバスでも20分弱の距離です。昔ながらの商店街に、洗練されたカフェや個性的な商業施設や飲食店などが入り混じる、ひそかに注目を集める街なんです。


いい雰囲気のお店も多いのですが、「サミット」や「q'sマート」、「トップ」と日々のお買い物に必要なスーパーも徒歩圏内にあります。とはいえ、やっぱり立ち寄ってしまうのは八百屋さんやお惣菜屋さん、お肉屋さんといった商店街の路面店。だってやっぱり美味しいし、何よりもお店の人との気軽なコミュニケーションに心温まる。そんな昔ながらのお店に肩を並べるように、センスのいいお店が生まれています。どちらもあるから面白い、ここにしかない “暮らし心地のよさ” があると思います。


この街にひっそりと佇む3階建てのマンションは、平成27年の大規模修繕で生まれ変わったばかり。こぢんまりとした印象でエレベーターもなく、常駐の管理人さんもいませんが、その分共益費がリーズナブルです。とはいえ清掃の方がいらっしゃるので、共用部は綺麗に保たれていましたよ。


住戸は約42㎡の1LDK。ナチュラルなテイストにまとめられ、ちょうどいい広さが確保されるお部屋。派手ではないけれど、無垢フローリングやモザイクタイル、アクセントクロスなどシンプルな下地に彩りを与えてくれています。コンパクトだけど、必要な要素だったり、オシャレさだったりはちゃんと揃っていて・・・なんだかその雰囲気がこの街にぴったりでした。このお部屋を好きな人はきっとこの街のことも好きになるな、と。


緑豊かな神社に、小さな電車と駅とここだからこそあるお店。都心部には近いけれどローカルな街。2面採光でやさしい光に包まれるお部屋。街も家も含めた暮らし心地のよさって、きっとこういうことなんだと思います。内見の際には、ぜひ街歩きも楽しんでくださいね。


カウカモマガジン「松陰神社前」特集記事もチェック!
【 #松陰神社前 】個性的な30代が始めたお店と老舗が共存。4世代が住まう、ほっこり温かい街