cowcamo

今回ご紹介するマンションの最寄りは、「新宿」駅。た南口の文化学園大学」などがあるO-1出口から徒歩5分なので、使う路線によってはもう少し時間がかかるかもしれません。その点を踏まえると、一番便利なのはJR各線・都営大江戸線が乗り入れる「代々木」駅で、徒歩8分。大通りを直進して細道を少し歩くというシンプルな道のりです。

アドレスは「渋谷区代々木」

写真

左上・「代々木VILLAGE」は、レストランやベーカリー、ライフスタイルショップなど、生活を豊かにする店舗が集まっている商業施設。ゆったりとした敷地に緑が溢れており、ちょっと異国な雰囲気を楽しめます。(650m 徒歩9分)/右上・白×青のさわやかな店構えの「Restaurant Charme(レストラン シャルム) 」。味はもちろん、店内の落ち着いた雰囲気が評判のフレンチレストランです。(300m 徒歩4分)/左下・カジュアルにお酒を楽しみたいときには、スタンディングバー「vivo daily stand(ビーボデイリースタンド)代々木店」がオススメ! フードはall 400円で、どれも絶品◎ あの「パンとエスプレッソと」の商品も買えちゃうようですよ。(350m 徒歩5分)/右下・近所にあったら、通ってしまうこと間違いなしのカレー屋さん「moonbow(ムーンボウ)」。メニューは曜日ごとに異なる1品勝負! セットのチャイも美味しいですよー。(350m 徒歩5分)

堂々たる存在感

写真

閑静な住宅街の大きな敷地に、どっしりと構える凸凹フォルムの建物。地下1階付き地上5階建て・総戸数97戸のビッグコミュニティです。

cowcamo

1977年築(2019年4月辞典現在築41年)の、ヴィンテージマンションをご紹介します。赤茶煉瓦タイル貼りの外観、それを囲んでいる綺麗に整えられた植栽、ちょこんとせり出ている白いバルコニーなどなど、素敵なオーラを放っていましたよ。

写真

左上・建物は塀で囲まれているので、セキュリティ面で安心できそう。外観は角度によって違う表情で、どこから見ても惚れ惚れしてしまいます。/右上・エントランスは、道路から少し奥まった位置に。フラットアプローチなので、歩きやすいですね。/左下・ピッカピカに磨き上げられているロビー。廊下右手には、住込みの管理人さんがいらっしゃる管理人室、左手には集合ポストがあります。/右下・エレベーターは2基、向かいには階段があります。では、今回ご紹介する住戸の所在する3階へ。

売主さま

管理人さんは月〜土曜の8:00〜17:00に勤務されています。また2019年4月時点では、駐車場(月額33,000円)に空きがありますよ。状況は変動しますので、都度ご確認くださいね。

写真

左・“ロの字型” の建物中央には、中庭が広がっています。/右上・共用部はゆとりある造りで、古さを感じさせない美しいデザイン。また隅々まで綺麗に保たれており、管理のよさがうかがえます。/右下・玄関扉の前には、可愛らしい外灯が備わっているアルコーブが。ちなみにこちらにゴミ箱を置いておくと、毎朝管理人さんが回収してくれるそう。ゴミ集積場はマンション内にあるのですが、回収してただけるのはとてもありがたいですよね!

cowcamo

築年数を感じさせないどころか、本来持っているデザインの美しさが歳月を経て風合いが増し、より魅力的になっている印象でしたよ。

いよいよ住戸へ

写真

玄関扉を開けると、雰囲気はガラリと変わります。間接照明が照らす飾り棚に、廊下とひと続きの大理石が貼られた土間。正面の扉の中は、シューズインクローク(SIC)。コートや傘なども納められるスペースがあるので、玄関をスッキリ保てそう。

まずは水まわりから

写真

左・廊下に面して独立してあるトイレ。背面には、吊り戸棚が付いています。/中央・収納がしっかりと備わっている、機能的な洗面化粧台。/右・浴室乾燥機・追焚き機能付きの浴室。バスタブは、身長が高い方でも足を伸ばしてゆったりくつろげるサイズです◎

ではLDKへ

写真

ガラススリットの入った扉を開けると、右奥に南向きの窓がちらりと覗き、手前にはジグザグといくつかの空間が。では順番に見ていきましょう。

まずは洋室Aから

写真

左・LDKに入って右手にある、約4帖の個室。実はクローゼットの中には、アルコーブに面している窓が備わっています。つまり換気が可能。物や洋服などが多いようであれば、こちらは思いきって納戸やワードローブとして使うのもいいでしょう。もちろん扉を閉め個室とすることもできます。/右・フルオープンにして拡張LDKとしたり、セミオープンのワークスペースにするなど、ライフスタイルに合わせたフレキシブルな使い方ができますよ。

売主さま

各居室にはエアコンを新設しています。

戻って

写真

LDKは、南向きのバルコニーに面しており、広さは約14帖。キッチン、ダイニングスペース、リビングスペースがしっかりゾーニングされています。

ではキッチンへ

写真

左・浄水器一体型水栓・食洗機付きの対面式キッチン。背面には冷蔵庫に加えて、調理家電用のラックなども置けるゆとりがあります。/右・ダイニングスペースとの距離感はちょうどよく、お料理をしながら食卓の様子がよくわかり、会話も楽しめます。配膳の動線もスムーズ。

cowcamo

キッチン前にはカウンターが備わっているので、慌ただしい朝食などはこちらで済ませるのもいいでしょう。

続いてダイニングスペースへ

写真

ご家族や友人と、ゆったりと食事の時間を過ごせそうな空間ですね。奥の飾り棚に季節のお花やお気に入りの器などを飾ったら、より素敵になりそう♡

cowcamo

大人っぽいジャズなどが似合う雰囲気なので、ちょっと奮発していいスピーカーを置いてもいいかも(笑)

リビングスペースへ

写真

窓際にあるリビングスペースは、日当たり良好。凝った照明計画で、夜はまた違った雰囲気を楽しめそうですね。

バルコニーへ出てみましょう

写真

所在は3階と低層階ですが、前面は戸建てで周囲に背の高い建物がないため、空が広々と感じられます。微かにですが、遠くには「代々木公園」の木々も望めますよ。

写真

幅はコンパクトですが、奥行きのあるバルコニー。独立式の物干し台を用意して、洗濯物を干してくださいね。南向きなので、乾きがよさそう。

室内に戻って

写真

家具がディスプレイされていると、暮らしのイメージが湧きますね。落ち着いたベージュ色の質感ある壁紙は、等間隔に縦ラインが入っているシックなデザインです。

お隣の洋室Bへ

写真

南向きの窓に面している、約4帖の個室。窓からは、先ほどのバルコニー同様抜けのある景色を望むことができます。

写真

左・こちらが主寝室にふさわしいでしょう。正面の引戸を開けると・・・/右・コの字型に枕棚とハンガーパイプが備わっている、ウォークインクローゼット(WIC)でした。

もう少し周辺を散策

写真

左上・ハイレゾとアナログレコードが楽しめる隠れ家的バー「Spincoaster Music Bar(スピンコースターミュージックバー)」。充実したラインナップのお酒に加え、ボリューミーなローストビーフカレーも◎(500m 徒歩7分)/右上・テラス席もある「Bun Café E PRONTO 文化学園店 」は、広々したゆったりとくつろげるカフェです。コーヒーやスイーツだけでなく、ヘルシーな野菜のスムージーなどがあるのもうれしい◎(290m 徒歩4分)/左下・都心のオアシス「代々木公園」も徒歩圏内。お休みの日には、ジョギングやピクニックをしても楽しそう♪(650m 徒歩9分)/右下・ご近所には、5つ星のラグジュアリーホテル「パークハイアット東京 」も! せっかくなので、記念日には上階のレストランでお食事♡ なんていいですね。(950m 徒歩12分)

cowcamo

カウカモ編集部より

アドレスは「渋谷区代々木」。3駅利用可能で、交通アクセス上々◎ 加えて、それぞれの駅周辺には飲食店やおしゃれなお店も多く、新宿に至ってはデパートや家電量販店や映画館など、もはや何でもあるという便利さ。そんな都会のど真ん中ですが、マンションのまわりは低層の建物が多く、落ち着いた雰囲気です。「代々木公園」や「新宿中央公園」(800m 徒歩10分)「新宿御苑」(1.1km 徒歩14分)など、3つの大きな公園が徒歩圏内という環境もうれしいですよね。


建物は赤茶煉瓦タイル貼りでオリジナリティのある外観、共用廊下や中庭の美しいデザインなど、造りがとても素敵。それに歳月が重なることより、深みと味わいが増していると感じました。さすが管理体制のよさに定評があるヴィンテージマンション、ですね。現地を訪れて、改めて納得しました。


長期修繕計画書に基づき、2006年に大規模修繕工事、2016年にはエレベーターリニューアル工事を実施済み。また、今年2019年10月までには、大規模修繕工事を行う予定とのことです。これだけ管理がしっかりしているのに共益費が少々抑え目なのは、ビッグコミュニティならではの恩恵と言えるでしょう。


間取りは2LDKなので、3人ご家族でもお住まいいただけそうですが、優雅におふたり暮らしがちょうどいいかも。平日は夕食を近くの行きつけでサクッと済ませ、ちょっと余裕がある日には、美味しいお店を探しにはしご。休日にはのんびり公園へお散歩から、スーパーに寄ってお買い物して、キッチンに並んでクッキング。お気に入りのBGMを流して、優雅なディナータイムを堪能。そして食後は美味しいお酒を片手に、リビングでまったり映画観賞。・・・なんていう暮らしが自然と思い浮かぶような物件でした。


家で過ごす時間が、あくせくした心を、ゆっくり解きほぐしてくれる。 “大人” なマンションで、大人だからこそ楽しめる暮らし。いかがでしょうか?

writer:西湖 望 / editor:外山 友香