「SELEC」って?

写真

リノベにちょうどいい “ハコ(未改装物件)” と、住戸にぴったりの “デザインと間取り” を組み合わせることができるサービスです。もっと詳しく知りたい方は、「SELEC」の紹介ページをチェックしてみてくださいね!

cowcamo

ご留意いただきたいのは、現況は改装工事前であることと、販売金額に加えて各プランの工事費用がかかること。表示されている金額は、改装工事前の物件価格です。

生まれ変わるのを 待っているのは……

写真

地上7階建てのマンションの4階に所在する、専有面積約63㎡の住戸。現在の間取りは3LDKです。東向きに備わった大きなふたつの掃き出し窓が、いい仕事をしてくれそうな気配♡

cowcamo

こちらの記事でご紹介するのは、「自由が丘」という立地と住戸の広さに合わせたふたつのプランです。さて、ひとつめのプランは?

カウカモプロデュース! 「ライフワークプラン」

写真

LDKに寄り添うようにワークスペースを設えたプラン。“暮らす” と “働く” が心地よく溶け合いそうな、リモートワークにぴったりの内装です。【工事費は1,140万円(税込)】

cowcamo

……って、間取りだけ見てもなかなか想像がつかないですよね。ここからは、CG画像をご覧ください。ただ、画像で表現されている色や部材などの仕様については変更となる可能性があります。

写真

左上・躯体現しの天井に、マットなブラックのキッチンがピリッと効いたLDK。広さは約13.5帖です。/右上・こちらのプランの主役であるワークスペースは、日当たり良好な特等席。天井と床にはLDKと異なる素材を用いることで、空間がゆるやかに分かれているのがポイントです。/左下・リビングとダイニングのスペースをそれぞれゆったりと設けられそうな広さ。オンとオフの切り替え上手になれるカモ!/右下・すっきり収まるL字型のキッチン。シンクの上部にはニッチ棚が備わっています。観音開きの扉の中に隠れているのは洗濯機置き場。お料理とお洗濯を同時にこなせちゃいますね。

写真

左上・LDKと隣接する約4.5帖のサービスルーム。室内窓を通して光が入るので、個室のように使うことができます。大きめのウォークインクローゼット(WIC)も備わっていますよ。/右上・こちらは約4.2帖の洋室。腰窓は共用廊下に面しています。/左下・水まわりは既存の間取りを活かして、シンプルで清潔感のあるデザインに生まれ変わります。右手にある四角い箱の部分にはガス給湯器が設置されますよ。浴室はゆったりとした1418サイズを採用します。/右下・白を基調とした明るい玄関スペース。シューズボックスはたっぷり収納できるトールタイプです。

cowcamo

画像で表現されている家具や照明・小物類は、物件に付属しません。イメージを膨らませながら、お好きなアイテムを設えてみてくださいね。

もうひとつは 「スタンダードプラン」

写真

こちらは2LDKの間取り。引き戸をオープンにして、LDKと隣接する洋室をつなげて使うこともできそう。キッチンは対面式で、ご家族の顔を見ながらお料理ができますよ。

写真

こちらのプランでは、フローリングと建具を4つのカラーからお選びいただけます。画像は各カラーのイメージなので、詳しくはご相談くださいね。サンプル素材等をご覧に入れながら、ご説明させていただきます。

cowcamo

ちなみに、上記以外にもカウカモがプロデュースする「SELEC」のプランをご用意しております。気になる方はお気軽にお問い合わせください♡

現在の住戸を拝見

写真

左上・玄関を上がって左右に、洋室と水まわりがあります。いずれのプランでも、この位置関係は活かしながら改装されますよ。現状のキッチンはポップなライトブルー。これはこれで可愛らしいのですが、デザインに合わせて新しいものに交換されます。/右上・LDKの奥には洋室がふたつ。現状は、扉を閉めてしまうと光が入らない間取りですが……/左下・改装後は、こちらの掃き出し窓がLDKにたっぷりと光を取り入れますよ〜!/右下・ワイドなバルコニー。まわりは住宅に囲まれているので、視線は多少気になるカモ。心配な方は、現地でお確かめくださいね。

cowcamo

リノベーション工事は、プランをお選びいただいたあとに実施します。施工する工務店には指定がありますので、あらかじめご留意ください。工事費用は、選ぶプランによって変動いたします。

暮らしの舞台は「自由が丘」

写真

左上・最寄りは東急東横線「自由が丘」駅。最近では “おしゃれタウン” としてのイメージが定着しましたが、駅前は案外ローカルな雰囲気が漂っていて安心感があります。(徒歩11分)/右上・物件までは、通称「インテリアストリート」とも呼ばれる学園通りを進むアプローチ。こちらは1960~70年代のアメリカヴィンテージ家具のセレクトショップ「ACME FURNITURE(アクメ ファニチャー)自由が丘店」。改装後の住まいに似合う家具が見つかりそう♡(550m 徒歩7分)/左下・そのお隣にあるのは、ライフスタイルショップ「TODAY’S SPECIAL Jiyugaoka(トゥデイズ スペシャル ジユウガオカ)」。「今日を特別にする “食とくらしのDIY”」をテーマにした、さまざまな生活道具が並んでいます。(550m 徒歩7分)/右下・最寄りのスーパーは「ザ・ガーデン自由が丘 自由が丘店」。世界各国のワインやこだわりの国産品など、“ちょっといいもの” が手に入りますよ。(57m 徒歩1分)

目黒通りに面して建つ 総戸数42戸のマンション

写真

1974年竣工と築年数は経過していますが、オートロックが備わったエントランスや高級感の漂う共用ロビーはいい雰囲気です。管理人さんは平日8:00〜17:00と土曜日8:00〜12:00に勤務されています。エレベーターを降りてすぐ右手に、ご紹介した住戸の玄関扉がありますよ。

cowcamo

2020年8月現在は駐輪場に空きがあり、年額4,800円でご利用いただけます。こちらのエリア、自転車があるとすごく楽しそう〜! 目黒通りをビューンと走れば、「都立大学」もすぐそこです! ちなみにマンションから徒歩1分の所には、「二子玉川」や「田園調布」方面へのバスが発着しているバス停「八雲三丁目」がありますよ。

写真

こちらは「都立大学」の駅前にある「名店会館」の昭和レトロな看板。昔ながらのお店が元気に営業を続ける中で、おしゃれなコーヒーショップやレストランなどが新しい風を吹かせている街です。ご自宅でお仕事をする日には、お散歩がてらランチなんてよさそう!

cowcamo

カウカモ編集部より

暮らし方でデザインを選び、条件に合った工事前の物件と組み合わせることができるサービス「SELEC」。このたび新たに「SELEC」に仲間入りしたのは、“自由が丘・都立大学エリア” にあるレトロなマンションの一室。4階に所在している、専有面積約63㎡の住戸です。

こちらの物件の特長を踏まえて、ふたつのプランをご紹介します。ライフスタイルに合わせて、お好きなプランを選んでみてくださいね!

【ライフワークプラン】
1LDK+Sの間取りで、本体価格 3,980万円+工事費 1,140万円(税込)

LDKに寄り添うようにワークスペースを設えたプラン。“暮らす” と “働く” が心地よく溶け合いそうな、リモートワークにぴったりの内装です。

【スタンダードプラン】
2LDKの間取りで、本体価格 3,980万円+工事費 820万円(税込)

LDKと隣接する洋室をつなげて使うこともできる、可変性のあるプラン。キッチンは対面式で、ご家族の顔を見ながらお料理ができますよ。

ご注意いただきたいのは、冒頭に表示されている金額は改装前の物件価格だということ。こちらの金額に、別途プランごとのリノベーション工事費用がかかります。お好きなプランをお選びいただいてから、リノベーション工事を行いますよ。

ちなみに、上記以外にもカウカモがプロデュースする「SELEC」のプランをご用意しております。気になる方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

味わい尽くせないほどの魅力が詰まった「自由が丘」。ご自宅でお仕事する時間が増えたなら、そこにいるだけでワクワクするような街に住むことで、毎日がもっと輝きそう。それでいて、「帰ってきた〜!」という落ち着きも感じられそうな街です。


自分でセレクトした内装で、暮らしも仕事も思いっきり楽しんじゃいましょう♡

writer : 軽部 優海 / editor : 平野 翔子