まずは駅からマンションに向かって散策

写真

左上・JR山手線と京浜東北線が通る「田町」駅までは徒歩11分。駅前はオフィスや飲食店が多く賑やかな雰囲気です。/右上・徒歩8分の「三田」駅からは都営浅草線と三田線を利用できます。また、マンション前にある「桜田通り」を進むと徒歩12分で「白金高輪」駅にも出ることができるアクセス良好な立地。/左下・東京タワーが見える交差点にある「慶応仲通り商店街」のアーケードをくぐると、車が入れないほどの細い路地に。レトロな雰囲気が広がり、気軽に入りやすい飲食店も多くランチ時はサラリーマンや学生で賑わいます。(徒歩7分)/右下・「三田」駅といえば、「慶應義塾大学 三田キャンパス」。「慶應義塾女子高等学校」や「慶應義塾中等部」も隣接しているので、周辺は学生が多く活気があります。(徒歩3分)

「桜田通り」沿いにあるマンション

写真

「桜田通り」に出てしばらく歩くと、今回ご紹介するマンションが見えてきました。どの駅からも人通りが多いので、夜道でも安心ですね。

売主さま

現在築44年、総戸数88戸の12階建てマンションです。こちらマンションの土地権利は旧法借地権のため、地代として毎月5,870円がかかります。ただその分、周辺の所有権のマンションに比べて価格は抑えられておりますし、土地分の固定資産税は不要です。ちなみに地主はお隣りの「大松寺」です。

写真

左上・エントランスは「桜田通り」に面してはいますが、少し奥まった場所にあり、お子さまと一緒でも安心です。左奥には駐車場、右手には駐輪場があります。/右上・エントランスロビーにはメールボックスと管理人室が。管理人さんは月~土曜日の週6勤務と手厚く、共用部は綺麗に保たれていました。/左下・エレベーターは1基なので、朝などの混みあいそうな時間帯は、エレベーターホール横にある階段を利用してもよさそうです。/右下・所在階の4階まで上がってきました。廊下は壁も床も綺麗な状態で、とても清潔感があります。正面が今回ご紹介する住戸です。入ってみましょう!

玄関からダイニングまで
ひとつづきの空間

写真

左・玄関に段差はなく、モルタル仕上げの土間がそのままダイニングへと続いています。住戸のポテンシャルに期待感を膨らませながら、さっそく進みましょう♡ /右・玄関スペースにはオープンタイプの下足入れと、その向かいには洗濯機置き場が。玄関扉まで真っ白に塗装されていて、スッキリと清潔感のある玄関スペースですね。

暮らしの中心には “土間ダイニング”

写真

玄関から土間でつながる約9.9帖のスペースはダイニング。真っ白な壁と扉、そしてモルタル仕上げの土間に南東向きの窓。おしゃれなショップにでも来ているかのような、潔くシンプルな空間です。

売主さま

こちらの住戸は、モルタルやパイン無垢材などの素材をふんだんに使用しているこだわりの内装です。人が集まる場所になるといいなと思い、この土間ダイニングをつくりました。

写真

取材日は晴れていたので、照明をつけなくても十分明るさが保たれていました。玄関を入ってすぐの空間が、自然光に溢れる明るい場所なんて贅沢ですよね。右手にあるふたつの扉は洋室につながっています。そして、その横にはライブラリースペースが!

写真

ライブラリースペースは、天井まであるガラス戸付きの本棚とオープンシェルフの3面収納。オープンシェルフをデスク使いして、パソコンなどを置いてもよさそうです。

洋室Aを見てみましょう

写真

約6.1帖の洋室Aは、フローリングにパイン無垢材を使用していてナチュラルな雰囲気。二面採光で日当たり◎ です。右側の窓の先に視線を向けると・・・

写真

実はこちらのマンションのまわりには墓地が広がっています。室内でも立っているとお墓が視界に入ってきます。そのおかげで、日当たりを邪魔するような建物がないのがいい点ともいえますが、許容できるかはあなたの気持ち次第!

売主さま

開口は交通量の多い「桜田通り」には面していないのですが、各居室ともに寺院の墓地が視界に入ります。この点はどうしてもデメリットになりがちですが、気にならない方にとってはこの立地、内装、価格はなかなかないのでオススメできますよ。

続いてお隣りの洋室Bへ

写真

約5.7帖の洋室Bにもバルコニーに出られる掃き出し窓があります。北東向きで洋室Aよりは暗めなので、寝室にするとよさそうですね。

写真

とはいえ、晴れている日はほどよく明るい印象。壁一面が白いうえ、フローリングのパイン材も明るい色味なので薄暗い印象はありません。また、こちらには収納があります。

洋室Bからバルコニーに出てみましょう

写真

こちら側も奥までお墓が見えますが、4階なのにこの抜け感! 写真では影になってしまっていますが、眼下には寺院の池も見えるんです。

写真

こちらのバルコニーは洋室A、洋室B、ダイニングを囲っています。奥行きはコンパクトですが、このバルコニーのおかげでたっぷりと陽を感じられとっても心地よいです!

ダイニングに戻ってきました

写真

この住戸は横に長~い形! 洋室から出るとダイニングの先にある明るいリビングに視線が集まります。そして、その横の四角い穴はなんだろう? と思ったら、ウェルカムカウンターになっていて、その先はキッチンでした! ちょっと奥まっているキッチンにいてもダイニングの様子が伝わるっていいですね♡

タイル貼りカウンターと
大きな窓があるリビング

写真

リビングは約6.8帖の横長な空間。こちらにも大きな窓があり、自然光が差し込みます。そして右手にはキッチンとつながるカウンターが! 白いタイル貼りでとっても可愛い♡ この写真だけ見るともうカフェですね、ここは。

売主さま

こちらのマンションでは昨年から申請いただければペットの飼育が可能になりました。飼育いただけるのは1戸につき2頭まで。この日当たり良好なお部屋だったら、ペットもきっと喜びますね。また、事務所利用をご希望の場合はご相談くださいませ。

料理好きの腕がなる本格派キッチン

写真

カウンターの向こう側にまわってみると・・・そこにはレストランの厨房を思わせる本格派のキッチンが! ステンレスの棚やフックがクールな印象で、コックになった気分で料理を楽しめそうです。キッチンの背面の棚は可動式なので、電子レンジなどのサイズによって高さを調整できるのもうれしいポイント。

売主さま

こちらのキッチンは高さ約92cmと少し高めです。背が低い方は高さのあるスリッパを履くなどされるといいかと思いますが、ぜひ実際にキッチンに立ってお確かめくださいね。

ダイニング側から洋室Cに入ってみましょう

写真

最も南側にあるのが約9.3帖の洋室C。こちらには扉がふたつ設置されていますし、可動式の収納も備わっているのでゆるく仕切った2部屋としても使えそうです。子ども部屋にピッタリですね。

写真

左・南向きの2面採光で日当たりはどの居室よりもいいかも!? 心地いい杉の足場板のフローリングにごろーんと寝ころびたくなっちゃいます。また、こちらの収納の中はハンガーパイプ部分と棚に分かれていますよ。/右・奥側にあるこちらの扉からは、水まわりやキッチンに出ることができます。扉がふたつあると、将来的に2部屋に分けて使うという選択肢も持てていいですよね。

写真

可動式の収納を壁につけると、かなりの大空間が出現! お子さまの友達がたくさん遊びに来ても余裕の広さです。

バルコニーに出てみましょう

写真

洋室Cとリビングに面したバルコニー。3方向角部屋で窓が多く明るさを確保できている反面、どこにいても墓地や寺院が見えます。

写真

こちらのバルコニーも奥行きは狭めですが、南側を向いているので日差しがすごい! 洗濯物はこちら側に干すとより早く乾きそうですね。

最後に水まわりをまとめてチェック

写真

左・トイレはシンプルでコンパクト。/中央・洗面脱衣所もスッキリシンプルですが、ブラックのフレームがアクセントになっていてカッコイイ印象です。洗面台の右側には背の高い収納が備わっているので、リネン類などはこちらへ。/右・バスルームも白を基調とした清潔感のある空間。浴室乾燥機能付きです。

もう少し周辺を散策してみましょう

写真

左上・新鮮な野菜やフルーツがお安く買える青果店「なかむらや」。「三田」駅や「田町」駅からの通り道にあるので、ちょっとしたお買い物にも便利ですね。(徒歩3分)/右上・朝7時から営業しているパン屋「ベーカリー つむぎ」。こちらも「三田」駅や「田町」駅に向かう途中にあるので、朝の出勤時にお昼ごはんを調達できちゃいます♪(徒歩3分)/左下・イタリアで修業を積んだシェフが腕を振るう「Trattoria Serena(トラットリア セレーナ)」。有機野菜や古代豚などこだわりの食材を使ったイタリアンをクラッシックな雰囲気の中でいただけて、地元でも長く愛されています。(徒歩4分)/右下・なかなか出会うことができない本場イスラエルの料理を味わえる「DAVID’S DELI(デビッド デリ)」。木目調の店内には大きな窓があって、気持ちよく食事を楽しめそう♪(徒歩6分)

cowcamo

カウカモ編集部より


今回ご紹介した住戸を検討いただくにあたって、いくつかの選択が必要になると思います。いい点としては、3駅4路線が使える便利な立地、土間ダイニングを中央に置いた特徴のある間取りに、モルタル仕上げの土間や杉の足場板のフローリングなどこだわりの素材、3方向に窓がある日当たり良好な角部屋ということ。そしてこの立地や内装にしてこの価格! その反面、お部屋からお墓が見えてしまうことや借地であることもポイント。このビューや借地ということが問題なければ、即決もありえそうなほど魅力的なポイントが多いこちらのお部屋。気にならない人にとっては、とても条件のいい物件なんじゃないでしょうか。


「三田」駅と「田町」駅は学生やサラリーマンで終日賑やかな雰囲気の反面、「白金高輪」駅方面へ行くと静かな住宅街が広がっています。交通利便がいいうえ、どちらの雰囲気も楽しめるのでいいとこ取りしちゃいましょう♪ 


マンションは現在築44年といえど、共用部は非常に綺麗に保たれていて、古さをそこまで感じさせません。昨年からペットの飼育が可能になったとのことで、住民や時代のニーズに合わせて変化もいとわないところが好印象ですね。


そしてお部屋に入るとまずは土間ダイニング! という大胆な間取りとこだわりの素材に期待が膨らみます。杉の足場板やパイン無垢材のフローリングで、白を基調とした空間に温かみもプラス。そこに自然光がたっぷり差し込み、どの居室も明るさはしっかり確保されていました。


全体的におしゃれ感が漂う物件ですが、なかでもキッチンとつながるカウンターのあるリビングは、洗練されたカフェような雰囲気。キッチン内に入るとレストランの厨房を思わせるステンレスを多用した空間で、さらにカフェ感が強まります。週末はこのキッチンでたっぷり料理を楽しんだり、ソファにペットと腰かけながら美味しいコーヒーを堪能したりするなど、室内にいながらカフェに来たかのような気分で過ごせそうですね。お友達もたくさん呼びたくなりそうです♡


もっともっと素敵なポイントを語りたいのですが、これくらいにしておきましょう。あとはぜひ実際に足をお運びいただき、物件のポイントを感じてみてください。さあ、あなたの天秤はどちらに傾くか!? 内見のご予約、お待ちしております!


カウカモマガジン「三田」特集記事もチェック!

#【三田 】落ち着き、慶應と大使館と石垣に囲まれた蕎麦屋